2020年12月04日

稀代の詐欺師は本物のスパイだったのか?

催眠術師サンジェルマン伯爵?

不老不死は人間の最大の夢であるが、それだけに不死に関する逸話は数限りない。

不死ということですぐに思い出すのは、十七世紀を挟んで二世紀近くヨ−ロッパで活躍したというサンジェルマン伯爵である。

san.jpg 一説によると彼は、スペイン王妃マリー=アンヌ・ド・ヌブール (Marie-Anne de Neubourg) と貴族メルガル伯爵 (comte de Melgar) との間の私生児ではなかったかと言われている。

出自がはっきりしないだけではなく、サンジェルマン伯爵はとにかく不思議な人物であった。

いろいろな記録に散見するのであるが、一体彼がどのような素性の人物なのか誰もが知らないのである。

あやふやな風聞があるだけである。

ルイ15世時代のフランス宮廷に突如登場したサンジェルマン伯爵は年令不詳であり、公私にわたる記録によれば八十才半ばでありながら、見た目には四十代にみえた。

社交的なサンジェルマン伯爵の博識ぶりには誰もが魅了されたし、彼の手元にあるいつもの宝石にも惹かれたのである。

サンジェルマン伯爵は裕福であるというだけではなく、人々が関心を抱く錬金術や化学に詳しく、さらには世界中を旅行した経験を持ち、十数か国語(フランス語はもちろんのこと、英語、スペイン語、ドイツ語、ロシア語、ポルトガル語、ヘブライ語、ペルシア語、アラビア語、サンスクリット語、中国語)の多言語に通じており、ヴァイオリンやピアノの名手であり、絵画もプロ並みの腕を持っていたというように多彩な才能をみせていた。

フランスに渡る前のイギリスのロンドンでは、作曲家兼ヴァイオリニストとして活躍していたということである。

彼がパリの宮廷に出入りできるようになったのは、当時社交界を仕切っていたポンパドゥール公爵夫人に引き立てられたからであり、さらに夫人の紹介によりフランス国王ルイ15世とも面識を得ることができた。

サンジェルマン伯爵と接見した国王は、彼の知的で聡明な人柄にすっかり魅了されてしまい、それ以後両者は親しい友情を結ぶこととなった。

ルイ15世との相性がよかったこともあって、以後親しい関係を保つことが出来た。

宮廷サロンに出入りし始めると、やがて伯爵は周囲の宮廷人からwonderman(驚異の男)≠るいは「不死の人」と呼ばれるようになった。

それは彼の周りでは不可思議な話題が絶えなかったからである。

特に有名なのは当時の人々からは、伯爵が不老不死の薬(エリキサ)なるものを所持していると信じられていたことである。

伯爵は、ヴォルテ−ルをして「決して死なず、すべてを知っている人」と評された人物でもあったが、とにかく彼を取りまくこのような一流の文化人らの証言や記録からみても不死の鍵を握る謎の人物としての資格は充分に備わっていたような人物とみられていた。

かって彼が仕えていたプロシア王フリードリッヒ2世は、彼のことを死ねない男≠ニ呼んではばからなかった。

というのも、伯爵がとんでない高齢であることが周囲ではまことしやかに噂されていたからであった。

サン・ジェルマン伯爵自身も実際の年齢は4000歳であり、それは賢者の石を液化した生命の水(エリキサ)≠ナ長寿を保っている」と周囲に漏らしていて、人前では一切食事をしなかった。

事実、彼は丸薬とパン以外は口にしなかったともいう。

そして何年経ってもサン・ジェルマン伯爵の容姿が変わらないという知人らの証言も少なくなかった。

周囲の人々はある種の芝居がかった、そのような演出を見せられていたのかも知れない。

伯爵自身は催眠術の名手でもあったというから、見方によれば多少詐欺師っぽい雰囲気も感じられるところであるが、金銭がらみのそうした醜聞などはまったく聞かれなかったのも事実である。

とにかく彼によって、何らかの被害を被った者はいなかったことだけは確かである。

この辺りが実に面白いわけで、彼自身は裕福なだけで彼の周りではかえって不可思議な人物とし特別な目でみられていた。

同時代の有名なイタリアのカザノヴァはサン・ジェルマン伯爵とも知り合いであったと回顧録に記しているが、疑り深いカザノヴァは伯爵を相当胡散臭い人物とみていたようである。

何やら己と似たような臭いを彼から感じ取っていたのかもしれない。

とにかくどこからそうした経済的余裕を引き出してきていたのかもまったく分からない。

噂では、彼は錬金術によってすべての生活を賄っているということであったが、ある日、サン・ジェルマン伯爵は陰謀絡みのスパイ容疑を掛けられたことで、突如として宮廷からその姿を消してしまった。

彼の特異な立場に嫉妬し、陰では敵対する人物も宮廷のサロン内にはいたのであるが、彼は身の危険を感じて素早くオランダへ逃亡したのだとされる。

その辺りの事実関係は不明である。

たしかに彼はロンドン時代に罪状は何であったのか分からないが、短期間投獄された事実があったということからみて、あるいはそうしたスパイのような諜報活動に関わる前歴があったのかも知れない。

本物のスパイであったのなら、彼はそれこそ優秀な諜報員であったことだろう。

当時のサン・ジェルマン伯爵は世間的にも注目されていただけに、いろいろな伝聞や逸話が残されていて相当に誇張された人物像が勝手に作られた帰来がある。

1784年2月27日に彼は亡くなったと云うことであるが、このとき享年93歳であったという。

不可解なことに彼の死後も各地で目撃談が絶えなかった。

しかも数十年後に姿を現したともいうから面白い。

そうした伝聞からみると彼はまさしく伝説の通り不死の人であり、同時に不思議なタイムトラベラーでもあったことになる。








ブログ読者登録 - にほんブログ村

テレワーク現場のストレスと5G時代に対応した電磁波防御製品(新製品)の紹介

denden3商品詳細

電磁波過敏対策・5G電磁波攻撃防御製品[電磁番AZ]denjiban-1301 (送料無料)
あなたの気になるその不快感は、電磁波が隠れた原因なのかもしれません!
慢性的な疲労感、集中力の低下、頭が重い、耳鳴り、不快なめまい、息苦しさ、眼の奥がいたむ、皮膚が乾燥してひりひりする、すぐ赤くなる、顔がむくんだりほてる、からだが重く疲れる、肩こりや関節の痛みがある、外部から執拗に不快な電磁波、音波攻撃がある・・・etc
あなたはこの苦痛を誰に訴え相談されますか?
市役所、消費者生活センターや公的機関、警察、病院、弁護士?・・・etc
そしてすっきりと解消されましたでしょうか?
原因不明の不快な環境ストレスの原因は、多くの場合目には見えない電磁波ノイズが関係しています。
反射錯乱する電磁波ノンズは遮断だけでは防御出来ないのです?!
電磁波中和装置「電磁番AZ」は多用途の機能的防御が可能です。携帯するだけ、壁に貼るだけ、傍に置いておくだけ!
準静電界レベルの干渉による不快な電磁波過敏、電磁波音波攻撃対策の防御製品として、
「電磁番AZ」はご利用者の皆様から高い評価を頂いております。
★電磁波中和放電装置「電磁番AZ」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。
(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を改善し電磁波レベルで整え防御します。(詳しい取り扱い説明書を添付しております)
★製品サイズ 直径10cm 厚さ 1.5cm 重さ 約80g

電磁番AZ使用時の注意事項

★「電磁波中和装置電磁盤AZ」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。


取り扱いの詳細は
外部サイトリンクページの「電磁波中和装置電磁番AZ」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏や電磁波攻撃対策法については
外部サイトリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番AZについての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏について
電磁波攻撃によるストレス症状について
「電磁波中和装置電磁番AZ」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番AZ」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番AZ」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番AZ」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏の関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
電磁波被曝と準静電界について
米国大使館電磁波被曝事件
迫り来る次世代5Gの脅威とは
電磁番AZのセット価格案内








jyou




「天魔王信長の野望を打ち砕く 我が武略に勝算あり」ノンフィクション

tuku
「戦国日本人奴隷貿易の真相とキリシタン弾圧の背景」ノンフィクション

奴隷船

「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」

経絡論

「時代小説短編集・憑依(つく)」
ミステリアスな題材による時代小説

憑依3
「徐福渡来伝説を検証する」太古の日本に渡来した徐福とは何者か?古代史ドキュメント
cover2
「おいしいりょうりをつくろう」
電子絵本シリーズ

dam
「こわいおばけがでたぞ!」
電子絵本シリーズ

dom
「とおせんぼ」
電子絵本シリーズ・ぬりえができる

tosenbo




















ラベル:カサノバ
posted by モモちゃん at 09:58| 歴史再発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする