2018年05月24日

日本なら黙殺される国際的事件・音波攻撃!

在中国の米政府職員、「異常な」音聞き脳損傷 大使館が注意呼びかけ【AFP=時事】在中国の米国大使館は23日、中国に駐在する米政府職員1人が「異常な」音を聞いて脳に軽度外傷性脳損傷(MTBI)を受けたとして、健康状態について注意するよう呼び掛けた。2018/5/23
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180523-00000034-jij_afp-int

これに関連した同様の国際的な事件が、2017年に一部で報道されていたのですがご存知でしたでしょうか?結果2000名もの専門調査員が現地に派遣されたのです!

脳損傷や中枢神経の損傷、認知症やうつ病状態!
電磁波攻撃で米国大使館員21人が入院状態になったのです!


Newsweek (ニューズウィーク日本版) 2017年 12/26号 [静かな戦争]

2017年12月19日ニューズウィーク
音の兵器は70カ国超で既に実用、ナチスの「音波砲」も現実に?
Using Sound to Attack
キューバの首都ハバナにある米大使館の職員らが相次いで体調不良を訴えたのは、米大統領選が行われた16年11月。原因不明の難聴、頭痛、鼻血、めまい、耳鳴りなどの症状はその後も続き、カナダ大使館の外交官も同じような症状を訴えた。



米国大使館電磁波被曝事件・在キューバ大使館員、大部分撤収=米、「音波攻撃」で措置(2017/9/30)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017093000013&g=int

【ワシントン時事】米国務省は29日、キューバ駐在の米外交官らが「音波を使った攻撃」で健康被害を受けたとみられる問題で、在キューバ大使館員の半数以上を削減することを明らかにした。職員の家族全員の帰国も命じた。



キューバでナゾの「音響兵器」が米外交官を襲った 脳損傷、聴覚障害、吐き気(2017/9/14)
http://www.sankei.com/premium/news/170914/prm1709140005-n1.html

キューバの首都ハバナの米大使館などで、聴覚障害や吐き気、頭痛を訴える外交官が相次いでいる。調査した米政府は「高度な音響装置」による攻撃だと結論付けたものの、装置がどのようなものかが分かっておらず、犯人像や目的についても明らかになっていない。米メディアが「謎の事件」、「謎の兵器」などと報じる事案は、謎が謎を呼ぶ展開となっている。

(以上転載)


Dangerous Sound? (ハバナで被害の原因になった音源が公開されている!?)



ここでの表現は「音波攻撃」とされているが、実際は「電磁波(マイクロ波)攻撃」と表現すべきところである。
耳で感知出来ない音波もマイクロ波も物理学的には同じ電磁波の範疇に入るのだから。

人体頭部、それも堅い頭蓋骨に包まれた脳にまで損傷を与えたというのであれば、こうしたレベルの音波(電磁波)が本当の原因であったのかどうかは不明である。

報道としてそこには意図的にニュアンスを弱めているわけだが、健康被害を受けたとされる米国からみればここはいささか痛し痒しのところであろう。

「電磁波(マイクロ波)攻撃」といえば前世紀の米ソ冷戦時代には両国間ではそうした外交上の摩擦があって、同様の深刻な健康被害を大使館員が受けていたのだから何やらかっての歴史が繰り返されている感じがしないでもない。

それもナチスドイツの大がかりな音波砲を持ち出すまでもないのだ。

ここで「電磁波(マイクロ波)攻撃」などというと、さもハイテクの最先端のテクノロジーがかかわっているのだろうと考えがちであるが、意外にも前世紀のローテクが使われているのである。

それはちょっとした音波発信器や磁電管(マグネトロン)、スピーカーの類いでしかないわけで、それらは簡単に手に入る市販の電子部品や機材でも十分に間に合う代物である。

マイクロ波の危険性 法の外にいる御用学者達



もとより旧式のナチスの「音波砲攻撃」については十分な情報を持っている軍事大国が特別騒ぎ立てることもないだろうが、今回は防御に関しては後手に回っているのは皮肉な展開といえよう。

今回の事件はありふれた民間企業のオフィスで発生した事件ではなく、れっきとした政府機関である米国大使館で起こったものである。

この事件では少なくとも21人の大使館員が1昨年後半から昨年の8月にかけて、難聴や睡眠障害、めまいなどの健康被害を訴えて、さらには重傷の者は入院加療中であるとのニュースであるのだが、実際には被害自体は相当深刻らしく職員らが復帰出来るのかどうかも現在も不明らしい。

しかも米国側はキューバ政府と協力し捜査を継続しているものの、誰が攻撃を行ったか、どのような機器が使用されたのかもその詳細な実態は不明のままだとされている。
何らかの外交上の嫌がらせか報復行為といったところであろう。

米政府はこの事件を重要視していて、すでに現地に2000名もの専門要員を派遣して広範囲にわたって科学的調査を展開しているようだが、まったく手掛かりは得られていないというのも不可解である。

電磁波過敏症対策


「音波攻撃」だろうが「電磁波(マイクロ波)攻撃」であろうが、すべて同じ物理的な電磁波の波動エネルギーが悪用されたのであり、それは目にも見えないし匂いもしないので人に気付かれることはないし、いつどこから誰が仕掛けたのかも皆目判らない。

しかも離れた場所から照射攻撃されているのであれば、いよいよ実態の解明は困難になってくる。
むしろ相手はそうした陰湿な攻撃が可能だから仕掛けてきたというべきであろう。

しかし被害そのものは深刻だ。単なる頭痛や吐き気、めまいだけでは済まない状況にある。
電磁波が照射されている間に次第に職員の間には仕事中に集中力がなくなり、頻繁にイライラしたり情緒も不安定になる人が出てくる。

そうした攻撃が一定期間集中的に行われたのであれば症状も継続し、いずれ自律神経にも異常が現れてくることになる。
不眠症も深刻になり、精神的にもダメージを受け続ければ統合失調症状態で出勤出来なくなったり、日々の大使館業務もままならぬ状況になってくる。
それが数人ではなくて、20人以上にもなれば状況は深刻といわざるを得ない。

同事件についての米CNNテレビ(2017/8/20 電子版)によると、謎の攻撃が始まったのは昨年11月中旬からだというから一年近く攻撃が継続していたことになる。

それ以来10人以上の米外交官と、その家族が治療を受け、そのうち外交官2人は難聴など長期治療が必要な症状だったといい、今年6月にはカナダ外交官5人とその家族も同様の症状を訴えるに至ったという。

米CBSテレビ(2017/8/23 電子版)は、被害を受けた外交官らの診療記録を入手したとしてそれらの症状を詳細に伝えている。
そこでは難聴、吐き気、頭痛、平衡障害が主に訴えられており、中には軽度の脳損傷や中枢神経の損傷が見られるとのことである。

当然発症後に入院状態のままの患者がいるということである。
診断した医師の一人は、現状からみて将来にわたって健康上のリスクが現われる危険性があると指摘したということであるから被害自体は相当に深刻といわざるを得ない。

しかもそうした職員が一人や二人ではなく、二十人以上もの職員が日常業務から離れるとなれば米国政府もこのまま放置しておくことは出来ないだろう。

しかしながらこうした大使館員の健康被害を受けて米国政府が2000名もの専門要員を派遣したということには、いかにも大仰なことではないのか。
これにはどういう背景があるのか、いささか気になるところである。

要するに今回の事件の実態というのは、やはり軍事行動同様の規模で2000名もの特殊部隊を派遣するほどの深刻な被害そのものが実際に発生していたということである。

結局のところ大使館職員の被害状況は、これまで公表されている以上のものがあったとみるべきであろう。

端的に表現するならば、被害を受けた職員は職場復帰出来ないほどの深刻なダメージを受けていたということになる。

彼らは難聴、吐き気、頭痛、平衡障害が主に訴えられており、中には軽度の脳損傷や中枢神経の損傷が見られるということであれば、これらが回復しない限り元の仕事に復帰することはできないことになる。
その深刻度が2000名もの特殊部隊を派遣するきっかけであり、本当の理由であった。

欧米には電磁波による身体ハザード(障害)の医科学論文はたくさんあるわけだから、これらの医学情報を悪用して意図的に電磁波被曝を行えばそうした被害が出るのは当然のことである。

さらには秘密裏に軍事転用された機器の使用も疑われることになる。
そうなるとすでに同様の機器や電磁波照射による群衆鎮圧システム「ADS」を持っている米国からすれば、今回の事件そのものはやはり痛し痒しと表現すべきところであるに違いない。

電磁波攻撃が密かに仕掛けられたこと自体は米政府も確認しているはずであるが、問題は実際にそうした目的に使用されたであろう実行可能なシステム機器を現場近くに持ち込み、こうした狙い撃ち同然の電磁波攻撃が秘密裏になされたこと自体が脅威であるとみられているはずである。

とにかくそうした痕跡が何も発見されてはいない。

電磁波による攻撃やその人体への影響は軍事医科学の専門家には十分な知識はあるはずであるが、その実際の照射システムには違いがあるということになる。

その音源(電磁波)が単一のものか、あるいは複数の照射による物理的な浸透力の強い干渉波エネルギーが使われたのかどうかの事実関係も問われてくるわけで、今後調査現場ではそうした機材の特定作業が集中的に追跡されるであろう。

かっての米ソ冷戦期の電磁波攻撃は今回のケースよりはさらに深刻であって、大使館職員には白血病や悪性腫瘍が発生していたといわれている。

超音波や電磁波攻撃そのものは本来軍事機密に関わるものだけにこれ以上の詳細は外部には公表はされないであろうし、いずれうやむやの外交上の事件として隠されていくはずである。

Vehicle-Mounted Active Denial System (V-MADS)米軍の新しい非殺傷兵器「ADS」とは?


アメリカには一切の電波が遮断された街がある 2015年6月23日


電磁波と不妊症との関連性については以下の情報があります。
[ニューヨーク 2010年 11月 8日 ロイター] ひざの上でノートパソコンを使用 すると、精子の質が低下する可能性があることが、米国の研究で明らかになった。

ニューヨーク州立大ストーニーブルック校のYelim Sheynkin氏が率いたこの研究では、29人の若い男性を対象に、ノートパソコンをひざの上に載せて使用した際の陰のうの温度を計測。これまでの研究で陰のうの温度が1度以上でも上昇すれば精子にダメージを与えることが分かっている
http://jp.reuters.com/article/idJPJAPAN-18055620101108

アメリカの研究所は、強い電磁波を浴びていると、流産や子供の先天性異常を引き起こす可能性が高くなるとの研究結果を公表しました。
イギリスのサンデータイムズでは、携帯電話をポケットに入れて持ち歩く男性は、そうでない男性に比べて、精子数が最大で30%少ないという研究結果が報告されています。

イギリスのエクセター大学のマシューズ博士はさらにこう述べる。
「モバイル機器が一般に広く普及していることと、先進国全体で、ここ10年〜20年ほどの間に精子の質が全般的に低下している現象が見られる点を考慮すれば、早急な研究が必要だということは言えるでしょう」
http://www.huffingtonpost.jp/2014/07/17/story_n_5593985.html



電磁波の危険性について、すでに欧米の医科学者が警鐘をならしています!

屋内、屋外からの有害電磁波の影響に気付いておられますか?
米国上院公聴会の電磁波被曝に関する医科学者の重要な証言とは?!

電磁波過敏症の症状対策

・あなたのその痛みや不快感は電磁波過敏症の症状かも知れません!?
・あなたは知らずに電磁波過敏症の症状を我慢していませんか!?
・電磁波ノイズは簡単にシールドして防げものだとお考えですか?
・電磁波過敏症の症状特有の「不快な症状」をご存知ですか?

あなたは、身近な目には見えない環境汚染というものに関心をお持ちですか?
電磁波が人体に有害だということを耳にされたことがありますか?
電磁波過敏症の症状について
有害な電磁波は分厚いコンクリートの壁さえあれば、簡単に遮断できるのではないかと考えておられませんか?
・電磁波分厚いコンクリート壁さえも突き抜けてきます!?

最近の米国の調査では、市民の健康リスク意識レベルは、1位が「エイズ」、それに続いてこの「電磁波汚染」が第2位に上げられているといいます
欧米では常にしっかりした危機管理とインテリジェンス(英:Intelligence:情報)が選択されます。
海外では電磁波が有害とするマスコミ情報は非常に少ないにもかかわらず、自立的危機管理意識が高く不安を感じている市民は少なくないのです。

米国上院公聴会において、日本国内では絶対に出てこない携帯電話による電磁波被曝についての医科学者による驚くべき証言がなされています。

ケータイ放射線でDNAの二本鎖切断が、すでに米上院公聴会では事実として証言されていますし、同時に何故こうした情報が一般に公表されないのかの事実も示されています。(医科学者達の怒った真剣な表情を確認下さい!)

画面下の歯車マークをクリックし、日本語を選択すると画面に字幕が表示されます。











「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」
経絡論
「日本人奴隷貿易」ノンフィクション

奴隷船
「時代小説短編集・憑依(つく)

tuku










denden3商品詳細
★電磁波中和放電装置「電磁番」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
電磁番使用時の注意事項
★「電磁波中和装置電磁盤」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。

詳細は外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏症や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏症の症状とはなにか
電磁波過敏症の症状経過について
「電磁波中和装置電磁番」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏症の症状関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
米国大使館電磁波被曝事件
































posted by モモちゃん at 09:10| 歴史再発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする