2018年01月31日

世界の伝統音楽と楽器演奏を楽しむ

打楽器ダラブッカの演奏を集めてみました

ダラブッカは、タブラ、ドゥンベク、ダラブッケともいい、膜鳴楽器に分類される伝統的な打楽器です。

通常はベリーダンスの伴奏としてアラブ音楽やトルコ音楽でよく使われます。

ダラブッカの伝統的な演奏スタイルは、ベリーダンスの伴奏として発展してきただけにダンサーが踊りやすいように、メリハリの利いた簡潔で力強いフレーズが多く使われます。

通常のベリーダンスの伴奏では、伝統的なエジプトスタイルの2拍子系、4拍子系のものが最もよく演奏されます。




The Greatest Darbuka Jamming of Daood DEBU.MOV

 







Darbuka and Riq Jam Istanbul 2014

  







Raquy and 10 Year Old Darbuka Prodigy Sercan

 







Darbuka Ritim-Solo

 












「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」
経絡論
「日本人奴隷貿易」ノンフィクション

奴隷船
「時代小説短編集・憑依(つく)

tuku










denden3商品詳細
★生体波動測定機器の測定環境も良好に保ちます。ジオパシック・ストレス(風水環境因子)の改善や生体エネルギーのバランス調整にも応用できます。(効果につきましては下記外部リンクのお客様の声をご覧ください↓)
★「電磁番」の広範な効果は生体筋力テスト(Oリング、TL、GSテスト)や波動テストでも確認できます。(関連論文発表)
★「電磁番」はすべて生体波動に同調するようにピアノの調律同様の手法で微調整させて一個づつ手作業で製作していますので、通常の大量生産品とは異なり在庫には自ずと限界があります。
★「電磁番」は治療器具ではありません。防除グッズ、風水グッズとして扱っていただいて結構です。
★製品には詳細な「取り扱い説明書」や健康情報についての資料を添付いたしております。
詳細は外部サイトのリンクページの「環境改善アイテム電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏症や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「環境改善アイテム電磁番」のご案内
電磁波過敏症の症状とはなにか
「環境改善アイテム電磁番」の干渉中和放電効果について
「環境改善アイテム電磁番」を使用されているお客様の声
「環境改善アイテム電磁番」の機能と構造について
「環境改善アイテム電磁番」に関するご質問と解説
「環境改善アイテム電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏症の症状関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
米国大使館電磁波被曝事件








カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
電磁波被曝対策PM2.5汚染・感染症対策ペットの電磁波対策



















































ラベル:打楽器奏者
posted by モモちゃん at 09:30| 現場を見る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月30日

日本には下請け大国という道がある?

意外!永遠のアクタン・ゼロ(英: Akutan Zero)を知らない日本人


二十世紀の「アクタン・ゼロ」をご存知であろうか。

1942年7月11日、先の第二次世界大戦中、アラスカ準州アリューシャン列島のアクタン島に不時着した三菱零式艦上戦闘機二一型(製造番号4593)をほとんど無傷のままアメリカ軍は回収することに成功した。

これが大戦中アメリカ軍が鹵獲した初めてのゼロ戦となったのである。

それまで太平洋上で優位に立っていた日本軍のゼロ戦について、米軍は必死に情報を探索し続けていただけにゼロ戦本体を捕獲できたことはまさに最大級の収穫物であったのだ。

勢力圏外の領域で最高の軍事機密を秘めたゼロ戦を不時着させた事実を確認したのであれば、それが残骸であろうと当然焼却してしまうのが戦時の帝国海軍、あるいは軍人としての対処法であろう。

ゼロ戦の不時着を日本側は確認していたというではないか。
このときのゼロ戦の友軍パイロットらは何を考えていたのか。
何故ゼロ戦の機密を守らなかったのか?

ゼロ戦は米軍が回収後、機体は整備修理されアメリカ軍テストパイロットによって飛行実験が繰り返された。

ゼロ戦の優れた飛行性能と弱点とが徹底的に分析され報告書が作成された。

これによってアメリカ軍は当時強敵であった大日本帝国海軍の主力戦闘機であったゼロ戦の機密のすべてを掌握し、それに対抗する実践的戦術を研究することができたのである。

戦後史でもこのアクタン・ゼロについて、アメリカにとってもっとも価値あるといってよい鹵獲物であり、「おそらく太平洋戦争における最高の鹵獲物の一つ」とまで言われている。

ゼロ戦の機密がアメリカ軍に渡った結果、太平洋上のすべての戦局が日本には不利となった。

その後、このゼロ戦1機の捕獲によって多大な戦略的被害を日本はこうむったわけである。

アクタン・ゼロの事実は歴史教科書にも巷の書籍にもほとんど記述がないのも事実である。

国民には知らされることのない不都合な戦争史ということになる。


manga1
















しかしながら、日本ではこれに似た状況がいまだに続いている。

それは日本のハイテク技術が海外に多くの失業技術者を介して漏れ出ている事実である。

長く続く不況と共にリストラされた日本企業の熟練技術者は、海外企業にスカウトされ続々と海外に流れ続けている。

この結果大方のハイテク技術は国際的な競争力を失ってしまった。

日本企業は従来からこうした現場の技術者を優遇しないし、必然的にこうした状況が生まれる素地があったといえる。

かって日本企業に勢いがあって世界最先端のハイテク技術として脚光を浴びているとき可笑しな風潮が蔓延していた。

「プロジェクトX」という番組があって、日本企業の技術開発の現場がやたらと露呈されたのである。

企業は己の成功に奢って、それこそ自慢げにハイテク技術の開発過程を競うように美談さながらの口調で詳細に解説したのである。

私などはこれを見て、「こいつら馬鹿じゃないの」と思っていたし、終始そうした感覚を抱いていた。

自らシビアなハイテク技術の開発現場を晒す馬鹿がいるのに驚き半分、本当に呆れ返ってしまった。

さも彼らが世界のハイテク産業の先頭を走っているかのように自画自賛していたのだ。

その結果はどうなったのか。

そして当時ハイテク技術開発の成功を謳歌して、「プロジェクトX」で穂とめいていた日本企業の現在の状況はどうなったのか。

「アクタン・ゼロ」というか、まさしくスカタン・ゼロというところではないのか。

ハイテク技術の多くは海外に流出し、体力の弱った企業は外資に買い叩かれ、いまや多くの分野で国際競争力は失墜し凋落しつつある。

まるごと海外資本の傘下に下った企業もあるというのが現状であろう。

もうこの流れ自体は止められない。

もはや日本に残されている道というのは、世界最大の産業大国中国の下請けの地位をどうにか獲得するだけである。
















「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」
経絡論
「日本人奴隷貿易」ノンフィクション

奴隷船
「時代小説短編集・憑依(つく)

tuku










denden3商品詳細
★生体波動測定機器の測定環境も良好に保ちます。ジオパシック・ストレス(風水環境因子)の改善や生体エネルギーのバランス調整にも応用できます。(効果につきましては下記外部リンクのお客様の声をご覧ください↓)
★「電磁番」の広範な効果は生体筋力テスト(Oリング、TL、GSテスト)や波動テストでも確認できます。(関連論文発表)
★「電磁番」はすべて生体波動に同調するようにピアノの調律同様の手法で微調整させて一個づつ手作業で製作していますので、通常の大量生産品とは異なり在庫には自ずと限界があります。
★「電磁番」は治療器具ではありません。防除グッズ、風水グッズとして扱っていただいて結構です。
★製品には詳細な「取り扱い説明書」や健康情報についての資料を添付いたしております。
詳細は外部サイトのリンクページの「環境改善アイテム電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏症や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「環境改善アイテム電磁番」のご案内
電磁波過敏症の症状とはなにか
「環境改善アイテム電磁番」の干渉中和放電効果について
「環境改善アイテム電磁番」を使用されているお客様の声
「環境改善アイテム電磁番」の機能と構造について
「環境改善アイテム電磁番」に関するご質問と解説
「環境改善アイテム電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏症の症状関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
米国大使館電磁波被曝事件








カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
電磁波被曝対策PM2.5汚染・感染症対策ペットの電磁波対策


















































ラベル:不都合な真実
posted by モモちゃん at 08:55| 歴史を先取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

人はなぜ人造人間を敵視するのか!

人造人間をあなたは愛せますか?

 ロボットを殴り倒した男、ロボットに通報され逮捕 ?? シリコンバレー
カリフォルニア州・マウンテンビュー(Mountain View)警察によると、4月19日(現地時間)、マイクロソフトとグーグルのシリコンバレー本社の近くにあるスタートアップKnightscopeの本社・駐車場で、警備ロボットを殴り倒した41歳のハードウエアエンジニアの男性が逮捕された。
https://www.businessinsider.jp/post-33193


「ペッパーの父は孫正義ただ一人」 ソフトバンクが要請2018年1月23日
https://www.asahi.com/articles/ASL1R4WFQL1RULFA022.html



2014年、世界初の感情を認識するヒト型ロボットとして誕生したソフトバンクグループの「Pepper(ペッパー)」は、その翌年には19万8000円で一般に販売された。

Pepperは、声、触覚、感情表現により人とコミュニケーションを図ることを目的に作られ た人型ロボットであり、コンパニオン機能が強調されている。

いよいよ人間と会話が出来るロボットが一般家庭にやってくるというわけで、人造の人型ロボットと共存するSF世界がついに出現したことになる。

動物型ロボットで癒し効果を出すというものもすでに登場してきている。

こうした発想は現代突然発生してきたものではない。

古代からロボットや人造の創造物は考えられていたことである。

SF小説にも度々登場してきたわけで、そうした意味ではそれほど無関心でいられる話題ではない。

人工頭脳を持った自立型AIロボットが人間と敵対する、あるいは人間を支配しようとするSF映画なども少なくはない。

逆に、そうした人造人間に理想的な個性を見出して恋愛の感情を抱くというSF小説も確かにあった。

50年以前、SF小説の専門誌であった「SFマガジン」に掲載されていた「10月の朝」という短編小説がまさにそれであった。

作者名は忘れたが、半世紀経ても記憶に残る鮮烈なイメージを残してくれた。

そこで気付いたことは、人間はロボットの類を好ましく可愛いとイメージできる場合と、それとは逆に不気味だ、怖いと意識して忌避するすることがあるということが考えられるのである。

つまりその仕草や話しぶりが人間そっくりであることがことさら好ましいことなのか、あるいは人間に似過ぎることが何やら得体のしれない異質の存在として認識されてしまうのかどうかということである。

これは人それぞれの受け取り方であろうが、これがロボットや人造人間の本格的な登場と共に人間社会で新たなストレスを発生させることになると予想している。

このことがただの杞憂に過ぎないのかどうか、ここらが近未来的にはもっとも気になるところである。


荒唐無稽な話しだろうといわれてしまいそうであるが、今回はそれに輪をかけたような奇怪な話を紹介したい。

というのは、こうした事例はすでに過去の人類史の記録の中にいくつか散見できるからである。

まずはそれらを紹介していきたい。

不可解な話と思ってはいっても同じような話がたて続けに出てくると、これは一体全体何だというなんだろうということになるのだが、ありふれたSF小説の類ではないのは確かである。

過去の歴史上の有名な人物が登場し、しかも密かに人造人間製造にも関わってい たという意外や意外、何やら奇妙奇天烈な話なのだ。

しかもそれが歴史が古く2千年以上も昔の話だから、当然そこには何の科学的根拠もそれらしい発想さえもなかったのではと誰もが考えがちである。

ところがどっこい話が話だけに、逆にそうとばかりはいえないような部分も出てくるからなお更この話は珍奇でおもしろいことになってくる。

意外なことにそれらの事例は、人造物そのものが画期的な発明であるとかいった前向きな捉え方がされているわけではない。

むしろ人型の創造物が人間さながらの振る舞いをすることに、驚きとともに言いようのない不気味さが醸し出されている。

ここらが現代の人造ロボットの登場とはまったく異なっている。


その1つは、歌人として名高い西行(1118〜1190)が高野山の山奥で修行中に、不思議な「反魂の秘術」を使って密かに人間そっくりの者を造ったという逸話がある。

それこそ人間の姿をした人形かアンドロイドかといったところである。

西行は山中にこもって、ついにその「人間そっくりの者」をどうにか造り上げる。

しかし、ようやく出来上がったその人造人間は顔の色艶も青白く、符抜けた笛のような奇妙な声でぼそぼそ喋るので、なおさらに薄気味悪く思えてとうとう終いには山奥に捨ててしまったのだという。

こうなると西行は、優れた細工師かエンジニアかということになる。

歌人、僧侶というのは仮の姿であったということで、これなどは西行の経歴には多くの謎が隠されているといわれることにも繋がってくるような突拍子もない話なのだ。


西行はその後に京にのぼり、当時の秘術の大家として知られていた伏見前中納言師仲卿のもとを訪ねこのときの経緯を詳細に話す機会があった。

そして自分が試みた「人間そっくりの者」製作過程の手順や材料についてもあれこれと謙虚に教えを請うたという。

中納言は一通り西行の話を聞くと、彼が行った「反魂の秘術」そのものが未熟なのを指摘しただけでなく、さらに技巧的な修行によって奥義を極めれば本物そっくりの人造人間が確実に造れるのだとも語った。

そして実際に、かって中納言が造った人造人間のなかには大臣にまで出世した者がいると言って愉快そうに笑ってみせたのであった。

これは一つのブラックユーモアであろうが、今でいうところの培養されたクローン人間ともとれるわけで何とも恐ろしげな話ではないだろうか。(出典『撰集抄』参照)



実は西洋にもこれによく似た同じような話がある。

十三世紀最大のスコラ哲学者、科学者と して有名なレーゲンスブルクの司教アルベルトゥス・マグヌス(1206〜1280)は、化学、医学、精密機械工学、天文地理学といた科学全般に精通していた著名な学者でもあったが、その彼が20年以上の歳月をかけてついに全自動の機械人間・アンドロイドを造り上げたという不可思議な話がある。

magu.jpg

マグヌスが心血を注いで制作したその画期的機械人間は自ら歩き回り、人を相手に会話し、さらには召使として雑用までこなしたという優れ物であったという。

ところがある時、彼の家を訪ねてきた弟子のトマス・アクィナスと人造人間が会話していたのであるが、どうしたことか人造人間はトマスをひどく怒らせてしまった。

人造人間の応答は少しも面白くなかった上に、トマスにむかって小馬鹿にしたような傲慢な受け答えをしたのである。

激昂したトマスは、終いには傍にあったハンマーでその人造人間を叩き壊してしまった。(出典『太古史の謎』アンドール・トマス著)

一説によると、トマス・アクィナスはおしゃべり好きな人造人間の言葉遣いが原因で怒ったのではなくて、あまりにも人間そのものにしか見えないその者の言い知れぬ不気味さに恐怖を覚えて無我夢中で壊してしまったのだともいう。

不気味過ぎる存在ということでは、何やら西行の人造人間の製造失敗話とも似ているわけで、このあたりは非常に興味深いところである。


似たような話は、実ははるか古代にも事例があった。

古代中国にもこの手の奇怪な逸話が伝わっていて、たとえば魏の二代目明帝(在位226〜238)はこうした機械仕掛けを好むということで広く知られていた。

宮廷内でもいろいろな精巧な機械類を造らせていたが、なかでも曲芸や舞踊、器楽演奏までこなすカラクリ人形がことの他お気に入りであった。

同じ頃、隣国の呉の大帝(229年 - 252年. 姓・諱, 孫権)も明帝と競うようにして自分で歩くカラクリ人形を造らせていたのだが、皇后がその人間そっくりの美男の人造人間にすっかり魅せられてしまい、 これに嫉妬した皇帝は直ちに人造人間を破壊するように命じたという逸話がある。

古代中国ではこうした特殊な工作技術を、一部では「怪術の法」と言われていた。

いまでいうところのロボット電子工学か精密工学の部類である。

王族や貴族階級の間では、こうした特殊なカラクリ技巧が持て囃されていたようである。



さらにこれに繋がる最古の事例として出てくるのが、古典籍『列子』湯問篇に紹介されている3千年近く前の逸話が特に有名である。

ここらもちゃんと文献史料として残っているわけである。

周の五代目天子穆王(? - 紀元前940年)の時代に、偃師という名工が見事なカラクリ人形をつくり上げ、それを王に献上したのだという。

そのカラクリ人形の立ち振るまい、舞い踊る姿を見て穆王は本当の人間ではないかと一瞬錯覚するほどであった。

ところがこの人形は王の寵姫にこっそり色目をつかい、このことで穆王の逆鱗に触れてしまう。

人形は、女性から見れば理想的なイケメンそのものであったのだ。

これに嫉妬した穆王は怒りに任せて、いきなり人形を叩き壊そうとする。

これも無理からぬ話であって、呉の大帝と同様に王様というのは殊のほか嫉妬深いのだ。

これには製作者の偃師も大いに恐れ入って、穆王の目の前で直ちに人形をばらば らに分解してすべての仕掛けを見せたのである。

ただの人形なんですと言うわけである。

現代の人造ロボットであれば、電子部品が胴体にたくさん組み込まれているのと同じである。

その人形の体は、革や木片、にかわ、漆、白黒、丹青など多くの素材を集めて精巧に造ら れていたのであるが、穆王がよく調べると内部には内臓として肝・胆・心・肺・ 腎・腸・胃の五臓六腑が、外部には体を支える構造として筋骨・関節・皮毛・歯髪がそれぞれ似せて造ってあって人体の構造として形が見事なまでに揃っていた。

つまり、それらの各部品を複雑に組み合わせていくと元の人形の姿になるというわけである。

穆王は内部構造を興味深く観察しながら、ためしに人形の胸から心の臓を取り外してみた。

するとどうしたことか、たちどころに人形は舌がもつれた様になってうまく喋れなくなってしまった。

これをみた穆王は、面白いと感じた。

次に王が肝の臓を取り外すと人形の目が、まったく機能しなくなった。

次に腰の脇から腎の臓を取り外してみると人形は、力が抜けたようになって立って歩けなくなってしまったのである。

ここではじめて穆王は精巧で緻密な人形の構造に驚き、思わず感嘆の声を上げたのであった。──。


残念ながら古典籍『列子』自体には、これ以上の詳しい状況説明はされていない。

3千年も前にこのような精巧な人造人間が造れるかという疑問はさておき、こういう話は後世過去の人物の名を借りて創作されたと考えられるわけだが、それにしても愉快である。

なぜこのカラクリ人形は、体内の臓器部分を取り外すと喋れなくなったのか、なぜ目が機能しなくなったのか、なぜ一歩も歩けなくなったのか。

現代人から見るとその理由が判然としない。

残念なことに現代人にはそれを説明できるような情報は持ち合わせてはいない。

実はこれを種明かしして詳しく説明するには、さらに中国医学的謎解きが必要なってくるのである。



zou2.jpg


その謎解きがされると、この話しはさらに奥深いものになり格段に面白くなる。

つまりここでの古典『列子』の記述内容自体は、古代の中国医学の解剖学的な五臓と身体機能との相互の生理的関係がそれぞれに示されていて非常に興味深い部分なのだ。

実際に中国古代の医学書 『黄帝内経』の身体機能に関連する記述内容と逐一符合していて、ここらは一層興味が湧いてくる筋立てとなっている。

要するに、当時の医療に直結した解剖学や生理学の知識が網羅されているということである。

たとえば心臓と舌の生理学的関係は、『黄帝内経』では、「心は舌を主る」(陰陽応象大論)、「心気は舌に通ず」(脉度篇)と書かれている。

心臓と舌とは特別な機能的関連性があるのだという。

心臓機能の異状は、舌の動きにも機能低下をもたらすというのだ。

また肝臓と目については、「肝は竅を目に開く」、「肝は目を主る」、「肝気は目に通ず」、「肝和するとき則ち能く五色を辨ず」、「肝は血を受けて能く視る」というように記述されている。(金匱真言論・陰陽応象大論・脉度篇・五臓生成論)

肝機能の低下は、視力や目の機能の異状をきたすというのである。

このように『黄帝内経』では、五臓六腑の解剖学的情報とともに、これらの内蔵と身体機能との生理学的関連性が詳細に書かれている。

内蔵が病気で冒されると、それに関連した身体機能が低下し失調するという当時の病理観にもそのまま繋がる。

驚くべきことであるが、古代中国では数千年以前にすでにこうした詳細な内蔵の生理的機能と身体の関連性が医学情報として知られていた。

古代の医学書『黄帝内経』はそうした医学情報の宝庫でもあるのだ。

古代中国では、一時期当時の西洋文明をはるかに凌駕した自然科学的な人体考察がされていたということになる。

それらが文献情報として残されているということは、これらの医学的情報が当時の知識人にも伝わっていたということになる。

つまりここでは、心臓の機能が変調をきたすと舌が腫れて喋れなくなったりするという意味である。

またここでは肝機能の異状によって網膜の機能異常や視力の低下が現れるともいうのである。

腎機能と歩行機能との関連でも同様で、古代の中国医学的な情報を求めるならさしずめ「腎は骨を主る」(宣明五 気篇)とその関連性は書かれている。

「腎は骨を主る」とは、腎が正常に機能しなくなると体を支える骨の成長や再生が損なわれ、骨そのものが脆く弱くなるという。

これは腎機能の衰えが老化とも関連があって、骨が次第に脆くなることをも意味している。

さらには、「腰は腎の府、転揺する能わざるは腎将に憊んと す」、「筋骨解堕師、・・・歩行正しからず」(上古天真論)ということで、腎機能が弱れば足腰が衰えて萎えてしまうとされるのである。

つまりこの古代中国の人造人間の話は突き詰めていくと、見事なまでに当時考えれらていた古代中国の医学理論に基づいた生理観や病理情報を直裁に取り入れていることがわかるわけで、これがこの話の肝心な謎解きの部分というわけである。

ここらは奇妙というかミステリアスな展開である。













    「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」
    経絡論
    「日本人奴隷貿易」ノンフィクション

    奴隷船
    「時代小説短編集・憑依(つく)

    tuku










    denden3商品詳細
    ★生体波動測定機器の測定環境も良好に保ちます。ジオパシック・ストレス(風水環境因子)の改善や生体エネルギーのバランス調整にも応用できます。(効果につきましては下記外部リンクのお客様の声をご覧ください↓)
    ★「電磁番」の広範な効果は生体筋力テスト(Oリング、TL、GSテスト)や波動テストでも確認できます。(関連論文発表)
    ★「電磁番」はすべて生体波動に同調するようにピアノの調律同様の手法で微調整させて一個づつ手作業で製作していますので、通常の大量生産品とは異なり在庫には自ずと限界があります。
    ★「電磁番」は治療器具ではありません。防除グッズ、風水グッズとして扱っていただいて結構です。
    ★製品には詳細な「取り扱い説明書」や健康情報についての資料を添付いたしております。
    詳細は外部サイトのリンクページの「環境改善アイテム電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
    電磁波過敏症や電磁波攻撃対策法については
    外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
    電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
    「環境改善アイテム電磁番」のご案内
    電磁波過敏症の症状とはなにか
    「環境改善アイテム電磁番」の干渉中和放電効果について
    「環境改善アイテム電磁番」を使用されているお客様の声
    「環境改善アイテム電磁番」の機能と構造について
    「環境改善アイテム電磁番」に関するご質問と解説
    「環境改善アイテム電磁番」を使った気の調整法について
    電磁波過敏症の症状関連の出版物
    最近の重要な電磁波情報
    不眠症対策について
    レーザーポインター攻撃
    スマホ電磁波の対策予防法
    スマホ乗っ取り攻撃について
    電磁波攻撃・嫌がらせ対策
    最新の電磁波攻撃機器とは
    米国大使館電磁波被曝事件








    カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
    電磁波被曝対策PM2.5汚染・感染症対策ペットの電磁波対策
















































    ラベル:ペッパーくん
    posted by モモちゃん at 09:26| 歴史探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2018年01月28日

    美人ゆえの悲運に泣いた竜造寺家の阿安姫

    戦国九州美女伝説の様相(3)

    戦国時代の美女というと織田信長の妹お市の方や明智光秀の娘であり、武将細川忠興の妻であったガラシャ夫人がつとに有名なのですが、同じ戦国時代にあって忘れてならない特筆すべき美女の一人として九州の戦国大名竜造寺隆信の娘であった阿安姫がいます。

    阿安姫こと「お安の方」ともいわれますが、彼女にも過酷で数奇な運命が待っていました。


    戦国時代、九州の肥前国(現在の佐賀)の東方(現福岡県・筑後地方)に有力な国人であった小田氏の居城(蓮池城)がありました。

    ここは当時、肥前と筑後とを結ぶ街道の要衝の地であり、軍事的にも要となる土地でした。

    当時の北部九州の勢力図でいうとこの豪族小田氏の城は、肥前の覇者竜造寺氏と豊後(大分)の大友氏の狭間にちょうど位置していたことになります。

    東肥前の支配権を徐々に確立しつつあった竜造寺隆信は1562年、時の蓮池城主の小田鎮光に調略の手を伸ばし、まず手始めに懐柔策として縁談を持ち掛けてきたのです。

    その縁談の相手とは隆信の娘お安(阿安姫)で、このとき彼女は十七歳でありました。

    当然のこと、小田氏には多少の警戒心はあったと思われますが、この縁談に対して小田側の反応は意外にも早かったといいます。

    龍造寺家の姫たちが美しいことは周辺諸国にひろく知れ渡っていたのですが、実は竜造寺氏の阿安姫は隆信の娘といっても実子ではありませんでした。

    阿安姫の実父は本家筋である龍造寺胤栄でしたが、胤栄が若くして病死したため、分家(水ヶ江竜造寺)であった隆信がその後を継ぐと同時に未亡人と隆信とが再婚し胤栄の娘お安が隆信の下に引き取られていたという事情がありました。

    このように阿安姫は龍造寺家の正当な血筋ということでは、何ら問題のない出自であったのです。


    阿安姫は、義父である隆信にとっては義理の娘ということになるのですが、阿安姫が成長するに従って三国一の美女としての噂が近隣諸国にまで広まっていました。

    当時、龍造寺家は美女の係累が多いことでも知られていたのです。

    そのような背景からいくと、この縁談は両家にとっては好ましいもののようにみえますが、これは明らかな政略結婚そのものだったのです。

    肥前と筑後を結ぶ街道の要衝を押さえる小田鎮光を巧妙に取り込むための政略結婚の手立てとして、隆信は阿安姫をその道具として使ったのです。

    隆信はそうした調略や懐柔策に長けたしたたかな戦国武将であったわけです。


    800px-Ryūzōji_Takanobu






























    小田鎮光と竜造寺隆信との関係はそれまでの経緯から行くと決して良好なものではなかったのですが、それでも竜造寺の申し出を小田側が受け入れたのはお阿安姫の類稀なる美しさに惹かれたということも考えられるのです。

    もとより小田側がもしここで縁談を拒絶し敵対すれば、勢力を増しつつあった竜造寺にかえって攻め込まれる口実を与えてしまう懸念とて考えられる状況下に置かれていたことも確かです。

    明らかに両者には武力に大差がありましたし、小田側からみれば不利な戦は避けたいところであったのです。

    この婚儀によって竜造寺と縁戚関係が結べる方が、このときの小田側にとっては格段に得策であったはずです。

    その後またたく間に両家の婚礼の儀式は整い、竜造寺家から阿安姫は無事小田家へと嫁いできました。

    たしかに小田鎮光が目にした阿安姫こと新妻お安の方は、噂に違わず驚くような美女であったのです。

    あまりの美しさに戸惑った鎮光や小田家の者は、当初お安の方を内心警戒するほどであったといいます。

    だが、お安の方の優しい心根や天真爛漫さに触れていくに従って鎮光は心を許すようになっていきました。

    またたく間に二人は仲睦まじい生活を送るようになっていきました。

    しかしながら、一方の竜造寺隆信は虎視眈々とその調略の時期を狙っていました。

    そしてついに隆信の野望が牙をむくと、娘婿鎮光に一つの要求を付きつけてきたのです。

    それは永禄二年1568年、お安の方が小田鎮光に嫁いで七年目であったのですが、突如として隆信は鎮光に領内の多久の梶峰城に移るよう命じてきました。

    隆信の狙いは弟長信に街道の要衝であった蓮池城を戦略的に押さえさせるためであったのです。

    ここは小田の勢力を一気に抑え込もうとしたともとれます。

    父祖の地を離れることは耐えがたいことでしたが、このときの小田鎮光には義父隆信の命に従うしか手立てがなかったのです。

    妻であるお安の方も間に立って奔走したのですが、隆信の方針は覆ることはありませんでした。

    翌々年の元亀元年1570年、竜造寺にとって長年の宿敵ともいえる豊後の大友宗麟が六万もの大軍勢で肥前にまで攻め込んできたのですが、大友勢の圧倒する勢いに肥前の国人衆も次々と大友方に寝返っていくなか、かねてより隆信のこうした仕打ちに不満を抱いていた鎮光も大友軍に加担してしまいます。

    当初攻め込んできた大友勢は有利に戦いを進めており、緒戦で竜造寺軍は押され気味でした。

    そうした戦況を観て、鎮光は目ざとく大友勢側に就いたのです。


    kyu03この場合にしても小田鎮光自身が竜造寺を見限ったというよりは、小田家一族一党で協議の上で最終決断されたことに従ったに過ぎません。

    結果的には当主である小田鎮光は、義父である竜造寺隆信をここで裏切ったことになります。

    当然女婿の身でありながら反逆したことに、隆信は激怒します。

    ここらは信長の妹お市の方と浅井長政との悲劇的な歴史の流れが思い浮かぶところです。

    その後この戦いでは予想外の展開があって、押され気味であった竜造寺軍は隆信の義弟である鍋島直茂が緒戦に置いて大戦果を挙げたのです。

    その結果大方の予想に反して劣勢と思われていた竜造寺軍は鍋島直茂の活躍によって、ついには大友軍を撃破してしまったのです。

    そしてこの戦が終結すると隆信は、直ちに裏切った国人衆の粛清を行いました。

    隆信に反逆した鎮光は難を逃れて筑後に亡命し、一方お安の方は竜造寺に帰らせました。

    竜造寺に反旗を翻したわけですから、鎮光はここで竜造寺との縁戚関係を一旦解消してみせたということです。

    ここは成り行き上愛する者同士が別れたわけであって、戦国の世とはいえ夫婦共々苦汁の決断をしたことになります。

    これに対して隆信は、内心密かに一計を案じるのです。

    あるとき義父である隆信は、お安の方にこう言い聞かせました。

    何も按ずることはない。こ度の事、鎮光が詫びを入れるなら許してやろう。二人して元の多久の梶峰城に戻ればよい

    この言葉に喜んだお安の方は亡命中の夫に手紙を書きしたためました。

    愛する妻からの手紙を読んだ鎮光は、すぐさま佐嘉に戻って行ったのです。

    だがこれは始めから隆信が企んだ罠であって、お安の方との再会どころかここで待ち構えていた竜造寺側の討手によって小田一族はすべて討ち取られてしまいました。(元亀二年(1571年))

    お安の方は夫の死を知って大きな衝撃を受け、その場に卒倒してしまいました。

    愛する夫鎮光が非業の死を遂げたのは、義父の謀とはいえお安の方自身が書き送った手紙がその騙し討ちの狡猾な誘いの具に使われたことは、さぞかし口惜しく無念であったことであろうと思います。

    鎮光の裏切りを許さない隆信は、夫婦間の愛情を逆手にとって政略とはいえあまりにも惨い仕打ちをやって見せたのでした。

    悲観したお安の方はその場で自害をしようとしますが、周りから押しとどめられてしまいます。

    さらにここにきて、またしても非情な義父隆信はお安の方を政略の具として利用することを考えるのです。

    今度は強力な水軍を配下に持つ上松浦党の当主、波多三河守親に嫁ぐようお安の方に命じたのでした。

    抵抗する術もなくお安の方は言われるがままに、これに従わざるを得なませんでした。

    お安の方は波多家に嫁いでからは、お安の方ではなく新たに秀の前と呼ばれるようになりました。

    そうした中で、義父である竜造寺隆信は秀吉の九州征伐の直前の島津との戦いで討ち死してしまいます。

    これで肥前での竜造寺の勢力は衰えてしまうのです。
     

    その後の秀の前(安の方)の生涯が安泰であったかというと、そうとはならなかったのです。

    秀の前はここでもその美しいがゆえにさらなる悲運を招くこととなります。

    九州の名護屋に城を構え、朝鮮出兵を強行した太閤秀吉が波多三河守親の妻、秀の前が美貌であることを伝え聞くと、夫が出陣中にもかかわらず名護屋に出頭するよう妻の秀の前に命じてきたのです。

    秀吉の命令は絶対でした。

    大名の妻とて拒めるものではなかったのです。

    この時期秀吉はご機嫌伺いということで、出陣中の夫の代りという名目で留守中の各大名の妻たちを名護屋城に呼び寄せて召見していました。

    天下人秀吉の機嫌を損ねれば、いかなる災いを招くかわからない状況でした。

    拒めば御家断絶の可能性さえあり得る過酷な時代です。

    秀の前は太閤秀吉に拝謁しました。

    もとより好色な秀吉は、その秀の前の美しさに驚嘆しました。

    年齢的にいえばすでに秀の前は三十路であったのですが、その美貌はまったく衰えてはいなかったのです。

    好色な秀吉の狙いを避ける手立てとして、その場で秀の前は頭を下げるのと同時にわざと胸から懐剣を畳に落としてみせました。

    自分に手を出すとその場で自害するという、その当時の武家の女子の強い意志表示の一つの流儀でもあったのです。

    胸に懐剣を納めて操を守る作法そのものは、義父隆信の母、慶ァ尼(龍造寺胤和女)が始めたとされます。

    おそらくは秀の前は直接、慶ァ尼からもそのように躾けられていたはずでした。

    俗説では、そのとき秀の前は自ら顔を焼き謁見し、秀吉の意に逆らったともいいます。

    どちらにしても召見の際に秀吉の不興を買ったわけで、その後波多家はお家断絶になってしまいました。

    その後第二次朝鮮出兵で夫である波多三河守親も戦死を遂げてしまいます。

    こうした悲運な経緯の後、孤独なまま秀の前は生地の佐嘉に戻り仏門に入って静室妙安尼といわれるようになりました。

    地元には、秀の前は八十歳まで長寿を保ったという説が残っています。事実かどうかはわかりません。

    墓は竜造寺一族の菩提寺、高伝寺にあります。

    美人薄命という在り来たりの話しとは趣は少し異なりますが、その美しさ故に運命に翻弄された戦国の女性ということでは、東のお市の方を彷彿とさせるところがあります。

















    「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」
    経絡論
    「日本人奴隷貿易」ノンフィクション

    奴隷船
    「時代小説短編集・憑依(つく)

    tuku










    denden3商品詳細
    ★生体波動測定機器の測定環境も良好に保ちます。ジオパシック・ストレス(風水環境因子)の改善や生体エネルギーのバランス調整にも応用できます。(効果につきましては下記外部リンクのお客様の声をご覧ください↓)
    ★「電磁番」の広範な効果は生体筋力テスト(Oリング、TL、GSテスト)や波動テストでも確認できます。(関連論文発表)
    ★「電磁番」はすべて生体波動に同調するようにピアノの調律同様の手法で微調整させて一個づつ手作業で製作していますので、通常の大量生産品とは異なり在庫には自ずと限界があります。
    ★「電磁番」は治療器具ではありません。防除グッズ、風水グッズとして扱っていただいて結構です。
    ★製品には詳細な「取り扱い説明書」や健康情報についての資料を添付いたしております。
    詳細は外部サイトのリンクページの「環境改善アイテム電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
    電磁波過敏症や電磁波攻撃対策法については
    外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
    電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
    「環境改善アイテム電磁番」のご案内
    電磁波過敏症の症状とはなにか
    「環境改善アイテム電磁番」の干渉中和放電効果について
    「環境改善アイテム電磁番」を使用されているお客様の声
    「環境改善アイテム電磁番」の機能と構造について
    「環境改善アイテム電磁番」に関するご質問と解説
    「環境改善アイテム電磁番」を使った気の調整法について
    電磁波過敏症の症状関連の出版物
    最近の重要な電磁波情報
    不眠症対策について
    レーザーポインター攻撃
    スマホ電磁波の対策予防法
    スマホ乗っ取り攻撃について
    電磁波攻撃・嫌がらせ対策
    最新の電磁波攻撃機器とは
    米国大使館電磁波被曝事件








    カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
    電磁波被曝対策PM2.5汚染・感染症対策ペットの電磁波対策












































    ラベル:お市の方
    posted by モモちゃん at 06:47| 戦国時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2018年01月27日

    日本にはまともなネットセキュリティー技術がない!

    コインチェック、580億円相当の仮想通貨が流出 海外メディアはどう報じたか

    「まだ序盤だ」といった見方も報じられている。2018/01/27 https://www.buzzfeed.com/jp/eimiyamamitsu/coincheck-cryptocurrency-theft-japan?utm_term=.sdP2VGvAQ#.evZ2l51kB

    不正アクセス対策、後手に=推奨技術、導入せず―コインチェック

    最大流出元「ハッキング受けた」 パラダイス文書2017年11月6日

    http://www.asahi.com/articles/ASKC40040KC3UHBI025.html?iref=pc_rellink

    パラダイス文書の内訳は、@大手法律事務所アップルビーの内部文書683万件Aシンガポールの法人設立サービス会社「アジアシティ」の内部文書56万6千件Bバハマ、マルタなど19の国・地域の登記文書604万件だ。

    パラダイス文書「U2」ボノ氏の名も 1340万件入手2017年11月6日

    http://www.asahi.com/articles/ASKBV7JKHKBVUHBI03R.html

    大西洋にある英領バミューダ諸島などタックスヘイブン(租税回避地)に設立された法人などに関する電子ファイル1340万件を南ドイツ新聞(独ミュンヘン)と非営利組織の国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ、米ワシントン)が新たに入手した。朝日新聞など各国の提携記者の共同取材で100人を超える国の要職経験者や大企業とタックスヘイブンとの関わりが浮上。


    大規模サイバー攻撃、米MSが政府の脆弱性管理を批判 「トマホーク流出に匹敵」
    2017年05月15日
    http://www.afpbb.com/articles/-/3128210?cx_tag=pc_sns&cx_position=2#cxrecs_s

    (朝鮮日報日本語版) 韓国軍:南北全面戦に備えた「作戦計画5027」一部が流出
    朝鮮日報日本語版 4/4(火)
    昨年9月、韓国軍の外部インターネット網と内部用イントラネット(国防網)が、北朝鮮と推定されるハッカーによって、軍創設以来初めて不正アクセスされる事件が発生した。


    自衛隊内部情報も漏えいか?

    防衛省にサイバー攻撃、陸自の情報流出か 共同通信が報道
    防衛省と自衛隊の情報基盤がサイバー攻撃を受け、陸上自衛隊のシステムに侵入されていたことが分かったと、共同通信が伝えた。
    防衛省と自衛隊の情報基盤がサイバー攻撃を受け、陸上自衛隊のシステムに侵入されていたことが分かった――共同通信が配信したこんな記事が、11月28日付けの中日新聞などに掲載された。陸自の内部情報が流出した可能性が高いという。
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1611/28/news069.html

    北がサイバー攻撃で外貨獲得 大量破壊兵器の開発資金に=韓国政府

    聯合ニュース 4/4(火)


    カスペルスキー「バングラ中央銀行ハッキング事件、北関与の証拠」
    朝鮮日報日本語版 4/5(水)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170405-00000914-chosun-kr


    ニューヨーク連銀にあるバングラデシュ中央銀行の口座から8100万ドル(約88億円)が盗み出された事件の調査で、同中銀のネットワーク内にパキスタンと北朝鮮を含む3つのハッカー集団の痕跡が見つかったが、実際に資金を盗み出したのはそのうちの3番目の集団であることが判明した。2016年5月11日 12:43 JST
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-05-11/O6ZP7C6S972I01


    次々とネット上で不正アクセス関聯の事件が続いています。

    仮想通貨取引所大手のコインチェック(東京)で顧客から預かっている約580億円分の仮想通貨が流出したとのニュースが流れています。

    セキュリティー技術が不十分だったらしく、その結果不正アクセスを防ぎ切れなかったということのようです。

    セキュリティー対策がしっかりとなされていなければ、金融関連のシステムは信頼性を確保出来ないのは当たり前のことであり、本来あるべき利用者保護そのものが欠落したものということになります。

    先般日本年金機構がサイバー攻撃されウィルスにやられて、個人情報約125万件が流出するという不祥事が発生しましたし、パナマの法律事務所、モサック・フォンセカ (Mossack Fonseca) によって作成された一連の機密文書、いわゆるパナマ文書が漏れ出たことでも世界に注目されました。

    その漏えい文書には1150万件のオフショア金融センターを利用する21万4千社の企業株主や多くの著名な政治家や富裕層の人々の詳細な情報があるということで、電子データとして合計2.6テラバイト (TB) にも及ぶ膨大な情報量があるとのことです。

    とにかく、これまでにない大規模なハッキングだと言えます。

    パナマの法律事務所であれば、普通の企業レベルのセキュリティーであったろうと予想されますが、やはりここらは情報管理の盲点が突かれてしまったのだと思います。

    今の時代どこでも起こりうることで、情報を秘守することはほとんど不可能な状況だと言えそうです。

    はっきり言って、これが日本であっても現在のセキュリティーレベルではほぼ防御することは不可能です。

    日本では、国民総背番号制(national identification number、 共通番号制度)の実施がどんどん進められています。

    これによって全ての国民に固有の番号を振り別け、いよいよコンピュータネットワークによる行政事務の効率化を進めて個人を迅速に特定し識別管理していくという夢のような制度が導入されるというわけです。

    個人情報としては氏名、登録出生地、住所、性別、生年月日、婚姻関係といった戸籍情報をベースとし、そこに付随して管理対象となる社会保障制度納付状況、収入と納税履歴、負債・資産情報、公共料金納付履歴、学歴や職歴、各種取得免許、医療病歴、犯罪履歴、各種保険加入状況、金融口座クレジット情報、渡航履歴などが次々と枝葉のように付け加えられ網羅されていきます。

    ここらは法的な手数の問題であり、多くの枝葉が付くのはそれこそ時間の問題だと思います。

    実際には医療関連情報も健康保険証と一体化させていく行政側の狙いもあって、各自治体でもいずれこれらは具体化する方向に進んでいくようです。

    ここで挙げた付帯される情報もほんの一部に過ぎません。

    個人のクレジット情報で書籍購入歴や嗜好品目、旅行先といった項目さえも調べようとすれば容易に確認できます。

    思想信条や交友関係など本人さえ気付かなかった身辺情報が集積されデータベース化されるというより、システムが稼働し始めれば自動的に作り上げられていきます。

    取り出そうと思えば個人の病歴や服薬履歴、余命データなどもずるずる引き出せるはずです。

    システムを運用する場合もその端末自体は、そこらに無数にあることになります。

    これはとても怖いことです。

    あれこれ言われても、結局情報の集積、情報の一元化とはそういうことです。

    たとえば、あなたは身近な親しい友人の個人情報をいくつ特定できますか?

    親しい関係であってもおそらく20項目、30項目程度ではないでしょうか。

    これが200,500項目となればどうですか?

    そこには同居する家族でも気付いていない個人情報が出てくるはずです。

    今流行りのフェイスブックでさえ60項目の個人情報が流出すると言われていますが、国民総背番号制によっていわゆる個人情報の総勘定元帳そのものが個別に用意されるわけで、これらの情報を閲覧すればいわゆるプロファイリングなどは簡単にできてしまいます。

    多くの情報を本制度によって管理すればそれだけ行政遂行コストが下がり、国民にとっても自己の情報を確認や訂正がしやすいメリットがあるといわれています。

    一方では、国民の基本的人権が制限されたり、行政機関による違法な監視、官僚の窃用や、不法に情報を入手した者による情報流出の可能性があること、さらには公平の名のもとに国民のすべての資産を把握し、巨額に膨れ上がった政府債務の解消のために実施されるとする預金封鎖を容易にすることを懸念する意見が巷にはあるようです。

    そういうこともあって、いまだに国民総背番号制を推進するのに反対する意見も各方面からも出てきているわけです。

    要は政府機関が国民の国民総背番号制の下で集積した情報をどこまでしっかりと管理保全できるのかということです。

    現状ではこれらの個人情報が不用意に漏洩する危険性はきわめて高いわけです。

    何故そう言えるのか。

    それには明確な理由があります。

    先の大戦では日本軍やナチスドイツの最高機密であった暗号でさえも、連合国側が技術的に解読して筒抜け状態でした。

    絶対に破られないとされていたものが、もろくも崩壊したのです。

    現代の世界の趨勢からみれば国家レベルの情報管理などセキュリティーの壁を越えられてしまい、容易に外部から侵入されハッキングされてしまう状況下にあります。

    こうしたハッキングは悪意のある個人ではなく、大抵組織的なものです。

    いまのネットシステムは、そもそも米国が軍事的に開発したものであって、本来これに対抗する独自の力が日本にはないということなのです。

    それを認識せずして大きなシステムを早々に稼働させてしまうということは危険この上ありません。



    最近は個人のパソコンを標的にした新種のゾンビウイルスが、国内でもいよいよ本格化してきたようです。

    インターネットバンキングの利用者を狙ったもので、通常のウイルス駆除作業後もパソコンを再起動すると再び再生してくる消えないゾンビウイルスによるサイバー攻撃です。

    一旦しっかりと手順どおりに画面上では駆除されたかにみえて、実際はパソコン内にウイルスが生き残っていることになります。

    いわゆるこれなどは単に偽装駆除されているだけなのです。

    国内でも相当数被害が確認されていると報道されています。

    これに侵入されてしまうと金融機関を装った偽サイトなどに誘導されてしまいます。

    ロシアのコンピューター・セキュリティー大手「カスペルスキー・ラボ」は一昨年2月興味深いニュースを公表しました。

    2013年末から現在までに、全世界30カ国の銀行約100社が極めて高度なサイバー強盗に遭い、総額10億ドル(日本円で1185億円相当)が不正送金される被害に遭っていたとのリポートを発表したのです。

    これだけ明確に巨額の被害額が特定されたのは始めてではないでしょうか。

    それらの被害の大半はロシア国内や日本、米国、そしてオランダやスイスといった欧州の金融機関に被害が集中していて、それらの金融機関から数百万ドル(数億円)単位で不正送金されていたというのです。

    インターポール(国際刑事警察機構)はロシアやウクライナ、中国のハッカー集団による犯行の可能性が高いとみているようですが、どうやらこうしたネット犯罪の実態は追跡し難いようです。

    追跡し発覚した被害額は総額10億ドルということですが、これはおそらく氷山の一角であろうと思われます。

    実際はこれの何倍かの被害が発生しているはずです。

    それをすべて公表したら巷の金融機関への信頼は大きく損なわれるに違いありません。

    ハッカーが駆使する巧妙なハッキングやスキミングの高度なテクニックは、後からそれと気付いても遅過ぎるのです。

    気付いた時は相当な被害を被った後だからです。

    慌てて追跡しても途中で侵入時の足あとが途絶えてしまえば、なす術はありません。


    これらは一般のユーザには関係ないような事件に思われがちですが、ネットで繋がっている個人のパソコン勝手に乗っ取られて最悪の場合には一般市民とて誤認逮捕となる場合もあります。

    日常的ネット回線を介して知らない間に悪質なウィルスに感染させられる危険性があるわけです。

    ネット上の入手し易いフリーソフトなどは手軽に使えて便利なのですが、最近はこれには注意しないと思わぬトラブルが発生します。


    便利なフリーソフトを
    ダウンロードした際に犯罪に絡む悪質なマルウェアまでも一緒に咥えこまされてしまいます。

    いわゆるスパイウェア系統の悪質なプログラムもフリーソフトと同時にインストールされて、不用意にパソコン内に侵入されてしまうのです。

    ユーザー自身がまったく気付かなければそれまでですが、これが意外と厄介なのです。

    ユーザが個別に閲覧したWebページの履歴や実行した操作の内容、金融取引のパスワードやメールアドレスなどの情報を収集するスパイウェアが、知らないうちに組み込まれてしまうこともあります。

    どこまで違法なのかは知りませんが、勝手に
    メールアドレスと個人情報を抜き盗っていくわけです。

    先般ある企業から名指しでメードアドレスが特定された形で、メールが一方的に送られてきて驚いたことがあります。

    勝手にどこかで個人情報を入手しているわけです。

    さらに言えば、個人のパソコンや民間企業のセキュリティなどは高が知れています。

    鍵の掛かっていないような、セキュリティの甘い部屋には勝手に侵入されてしまうのと同様の状況なわけです。

    貧弱な防御だけに、悪意を持って侵入されれば防ぎようがありません。

    インターネットの世界でもっともセキュリティが高いレベルにあるはずの米国の軍事関連企業や国防省さえも頻繁に侵入され、機密情報がハッキングされ続けているのです。

    意外にも米国の銀行は、これらの機関より1ランク下のセキュリティレベルに置かれています。

    米国の銀行の役員には必ず軍事的要職にあった人物が名を連ねています。

    それだけ金融システムのセキュリティレベルそのものが重要視されているということになります。

    当然のことですが、それでも金融機関がもっとも頻繁にネット攻撃には晒され続けているわけです。

    銀行本体さえもがそうしたネット被害を頻繁に受けているのです。

    ネット上にはいわゆる完璧な
    セキュリティというものはありません。

    ネット社会では、いわばそうした脆弱さが常に存在し続けているわけです。

    始めからそうした欠陥部分を内蔵しているところがネット社会の面白さだともいえます。

    結局のところそうした欠陥を補ったり、脆弱さを防御するためのシステムを工夫したりするといったビジネスチャンスを限りなく創出していくネット空間というものが、当初から巧妙に用意されていたということになります。

    ハッカーたちから見れば、意外なことに米国以外の銀行や日本の金融機関のセキュリティはさらにその下のレベルにあります。

    一般企業やオフショア関連の法律事務所であれ、これよりもさらにレベル自体は格段に低いわけです。

    狙われたら最後、大抵の機密情報は抜き取られてしまいます。

    だからまともに外部からネット攻撃を食らったらぽしゃるような企業は、そこらにぞろぞろあるだろうということになります。

    日本などはサイバー攻撃はやり放題ですから、それこそサイバー犯罪の温床はどこにでも転がっているというわけです。

    国内金融機関の公表されない被害などは、それこそ相当な額に登るだろうと予想されます。

    毎年その被害額は増加しているのも確かです。

    ネット犯罪はそれだけ高度にビジネス化しているのだともいえます。

    一日部屋にこもってPCに向かって座っているだけで事足りる亜空間犯罪の世界が現実には存在し得るというでことになります。

    これを組織的に人海戦術でやられると堪りません。

    ネットは物理的集団攻撃に対してきわめて脆弱なのです。

    現在は国外からネット回線を使って侵入するというよりは、相当数の訓練された要員を直接送り込んで国内のインターネット接続を中継するプロキシ(代理)サーバーを使って水面下で活動しているようです。

    日本国内では、ネット上の規制がそれほど厳しくないからです。

    それこそやり放題です。

    面白いことに平和大国ほどすべて渡って危機感が欠落しているようで、おおむね日本のネット社会全般はセキュリティレベルが格段に低いのです。

    たしかにここらは居たしかたない状況ではあります。

    要するに国民が自由をより志向する以上、それ相応のリスクも覚悟すべき状況にあるというわけです。

    サイバー犯罪ということでは、個人のデータを取り込んで金銭を搾取することから企業の機密情報を盗み取る産業スパイ行為までいくらでもあるわけですが、今後ともこうした犯罪は深刻度を増していくはずです。

    確かに産業界でも最先端の技術情報も多額の開発費を直接投入するよりは、必要に応じて競争相手から掠め盗る方がはるかに効率がいいはずです。

    そこにはペーパー企業を隠れ蓑にした大がかりな組織的サイバー犯罪さえもが存在します。

    そうした犯罪行為が拡散していく背景には国際的な対立や軍事戦略が絡んでいるわけで、すでにネット上では熾烈な国家間の情報戦が日々
    繰り返されていることになります。

    それだけに、情報漏洩といえども多分に計算された政略的駆け引きが裏に隠されているのだともいえます。

    その結果、成り行きによってはこれが突然の政変にも繋がるかもしれないのです。

    当然ながら非合法なネット犯罪の背後には、数千数万の人員を投入した組織規模のそうした動きがあるということになります。

    日本のセキュリティ対策は貧弱ですし、法的にも面倒な規制も掛かりませんので日本を足掛かりにすれば
    どこよりも活動し易いということは確かです。

    だから予想だにしない無様な事態も出来してくるわけです。










    「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」
    経絡論
    「日本人奴隷貿易」ノンフィクション

    奴隷船
    「時代小説短編集・憑依(つく)

    tuku






    jidai03



    denden3商品詳細
    ★生体波動測定機器の測定環境も良好に保ちます。ジオパシック・ストレス(風水環境因子)の改善や生体エネルギーのバランス調整にも応用できます。(効果につきましては下記外部リンクのお客様の声をご覧ください↓)
    ★「電磁番」の広範な効果は生体筋力テスト(Oリング、TL、GSテスト)や波動テストでも確認できます。(関連論文発表)
    ★「電磁番」はすべて生体波動に同調するようにピアノの調律同様の手法で微調整させて一個づつ手作業で製作していますので、通常の大量生産品とは異なり在庫には自ずと限界があります。
    ★「電磁番」は治療器具ではありません。防除グッズ、風水グッズとして扱っていただいて結構です。
    ★製品には詳細な「取り扱い説明書」や健康情報についての資料を添付いたしております。
    詳細は外部サイトのリンクページの「環境改善アイテム電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
    電磁波過敏症や電磁波攻撃対策法については
    外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
    電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
    「環境改善アイテム電磁番」のご案内
    電磁波過敏症の症状とはなにか
    「環境改善アイテム電磁番」の干渉中和放電効果について
    「環境改善アイテム電磁番」のセット方法について
    「環境改善アイテム電磁番」を使用されているお客様の声
    「環境改善アイテム電磁番」の機能と構造について
    「環境改善アイテム電磁番」に関するご質問と解説
    「環境改善アイテム電磁番」を使った気の調整法について
    電磁波過敏症の症状関連の出版物
    最近の重要な電磁波情報
    不眠症対策について
    レーザーポインター攻撃
    スマホ電磁波の対策予防法
    スマホ乗っ取り攻撃について
    電磁波攻撃・嫌がらせ対策
    最新の電磁波攻撃機器とは
    米国大使館電磁波被曝事件








    カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
    健康医学専門ネット書店PM2.5汚染・感染症対策PC電脳特選街



























    ラベル:仮想通貨
    posted by モモちゃん at 18:06| 歴史的瞬間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    日本人が知らない戦国奴隷貿易のこと

    九州戦国時代


    「戦国日本人奴隷貿易の真相とキリシタン弾圧の背景」を出版しました

    私事ですが、これまで書き溜めてきた原稿を整理していたのですがようやくアマゾンから書籍として出すことが出来ました。

    戦国時代に題材と取った特殊な分野のドキュメント作品なのですが、これまで10年近くブログなどで単発的に発表してきたものをまとめて、さらに近年新たに出てきた史料を加えて完成させたものです。

    本書は400年以前の海外への日本人拉致事件ともいえる奴隷貿易をテーマに書き上げました。

    日本ではほとんど知られてはいませんが、アフリカだけではなく当時は大航海時代の美名の下で世界的なビジネスモデルとして奴隷貿易がはびこり、極東アジア地域にまで拡散していました。

    その時期、まさに日本は戦国時代真っ只中だったのです。

    そうした戦乱の時代を背景にして、過酷な歴史が隠れたまま展開していたのだともいえます。

    当方は立場上、アカデミックな学閥も政治も宗教問題も一切関係ありませんので、何の偏見もなく自在に考えたままに本稿を書き進めてましたので、その点は十分ご理解ください。

    ほんの一部分を書き著したつもりでしたが、当初の予想を超えて本著は四百ページを超えるものになってしまいました。

    戦国の日本人奴隷貿易を扱った重い内容ですが、南蛮からの鉄砲とキリスト教の伝来を中心に時代を切り取り、その中での西洋と日本とが激突するダイナミックな歴史の流れを紹介しています。

    歴史というのは単発の事件を並べただけでは解明できないものであって、すべての事象、事件というものは個々の人間を介して見えない部分で繋がっているものです。

    歴史にはその時代に生きた人間,証人となる確かな人物が登場しなくてはなりません。

    そこで登場する日本人として、尾張の浪人として九州長崎に流れ込んできたキリシタン村山等安の数奇な半生を織り込んでみました。

    等安は卓越した才覚によって貿易商として巨万の富を手にしただけではなく、長崎代官の役職にまで上り詰めますが、そこには政治絡みの権力闘争やキリシタンとしての宿命的な葛藤がありました。

    本書の中では彼を取り巻く人物として、当時の権力者であった豊臣秀吉や徳川家康・秀忠、戦国大名の高山右近、大村喜前、天正遣欧少年使節千々石ミゲル、さらには宣教師ジョアン・ロドリゲス神父、デ・モラレス神父、貿易商末次平蔵、長崎奉行長谷川権六、イエズス会司祭荒木トマス、背教者不干斎ハビアンといった多くの人物が次々と登場してきます。

    とにかく読んでいただければ、その面白さはご理解いただけると思います。

    「戦国日本人奴隷貿易の真相とキリシタン弾圧の背景: (ノンフィクション) Kindle版



















    「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」
    経絡論
    「日本人奴隷貿易」ノンフィクション

    奴隷船
    「時代小説短編集・憑依(つく)

    tuku










    denden3商品詳細
    ★生体波動測定機器の測定環境も良好に保ちます。ジオパシック・ストレス(風水環境因子)の改善や生体エネルギーのバランス調整にも応用できます。(効果につきましては下記外部リンクのお客様の声をご覧ください↓)
    ★「電磁番」の広範な効果は生体筋力テスト(Oリング、TL、GSテスト)や波動テストでも確認できます。(関連論文発表)
    ★「電磁番」はすべて生体波動に同調するようにピアノの調律同様の手法で微調整させて一個づつ手作業で製作していますので、通常の大量生産品とは異なり在庫には自ずと限界があります。
    ★「電磁番」は治療器具ではありません。防除グッズ、風水グッズとして扱っていただいて結構です。
    ★製品には詳細な「取り扱い説明書」や健康情報についての資料を添付いたしております。
    詳細は外部サイトのリンクページの「環境改善アイテム電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
    電磁波過敏症や電磁波攻撃対策法については
    外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
    電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
    「環境改善アイテム電磁番」のご案内
    電磁波過敏症の症状とはなにか
    「環境改善アイテム電磁番」の干渉中和放電効果について
    「環境改善アイテム電磁番」を使用されているお客様の声
    「環境改善アイテム電磁番」の機能と構造について
    「環境改善アイテム電磁番」に関するご質問と解説
    「環境改善アイテム電磁番」を使った気の調整法について
    電磁波過敏症の症状関連の出版物
    最近の重要な電磁波情報
    不眠症対策について
    レーザーポインター攻撃
    スマホ電磁波の対策予防法
    スマホ乗っ取り攻撃について
    電磁波攻撃・嫌がらせ対策
    最新の電磁波攻撃機器とは
    米国大使館電磁波被曝事件








    カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
    電磁波被曝対策PM2.5汚染・感染症対策ペットの電磁波対策











































    posted by モモちゃん at 09:11| 歴史の盲点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2018年01月26日

    永遠の歌声・倍賞千恵子/忘れな草をあなたに

    素晴らしい歌唱力

    倍賞千恵子さんの歌声を集めてみました。

    リンク切れのときはごめんなさい。





    倍賞千恵子/忘れな草をあなたに   










    あざみの歌  倍賞千恵子  (album version)

     









    倍賞千恵子=下町の太陽=   












    倍賞千恵子「荒城の月」










    倍賞千恵子/砂山  














    「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」
    経絡論
    「日本人奴隷貿易」ノンフィクション

    奴隷船
    「時代小説短編集・憑依(つく)

    tuku










    denden3商品詳細
    ★生体波動測定機器の測定環境も良好に保ちます。ジオパシック・ストレス(風水環境因子)の改善や生体エネルギーのバランス調整にも応用できます。(効果につきましては下記外部リンクのお客様の声をご覧ください↓)
    ★「電磁番」の広範な効果は生体筋力テスト(Oリング、TL、GSテスト)や波動テストでも確認できます。(関連論文発表)
    ★「電磁番」はすべて生体波動に同調するようにピアノの調律同様の手法で微調整させて一個づつ手作業で製作していますので、通常の大量生産品とは異なり在庫には自ずと限界があります。
    ★「電磁番」は治療器具ではありません。防除グッズ、風水グッズとして扱っていただいて結構です。
    ★製品には詳細な「取り扱い説明書」や健康情報についての資料を添付いたしております。
    詳細は外部サイトのリンクページの「環境改善アイテム電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
    電磁波過敏症や電磁波攻撃対策法については
    外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
    電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
    「環境改善アイテム電磁番」のご案内
    電磁波過敏症の症状とはなにか
    「環境改善アイテム電磁番」の干渉中和放電効果について
    「環境改善アイテム電磁番」を使用されているお客様の声
    「環境改善アイテム電磁番」の機能と構造について
    「環境改善アイテム電磁番」に関するご質問と解説
    「環境改善アイテム電磁番」を使った気の調整法について
    電磁波過敏症の症状関連の出版物
    最近の重要な電磁波情報
    不眠症対策について
    レーザーポインター攻撃
    スマホ電磁波の対策予防法
    スマホ乗っ取り攻撃について
    電磁波攻撃・嫌がらせ対策
    最新の電磁波攻撃機器とは
    米国大使館電磁波被曝事件








    カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
    電磁波被曝対策PM2.5汚染・感染症対策ペットの電磁波対策











































    ラベル:下町の太陽
    posted by モモちゃん at 07:52| 昭和という時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2018年01月25日

    火山の活動期に入ったのか日本列島!

    戦国の由布岳噴火の謎に迫る


    少年時代、父親の故郷(大分市)に行ったとき、海に沈んだ島の話を聞かされたことがあった。

    それはずっと昔、別府湾にあった瓜生島という大きな島が、地震と津波によって一夜にして海に沈没してしまったという伝説であった。

     これがずっと長い間記憶の片隅に残っていたのであるが、後にまとまった伝承記録などであらためて確認する機会があった。(写真は別府湾)



    wan
















    実は四十年ほど以前より水中考古学が日本でも注目されるようになって、海中や水中の伝承遺跡の発掘や科学的調査といったものが各地で実施されるようになった。

    過去の地震記録については、中世のイエズス会宣教師の報告書にも地震遭遇の記述があって、有名なルイス・フロイスの「日本史」にもたしかに散見するし、この九州豊後地方の地震についてもその伝聞を記録している。

    「府内に近く三千(歩)離れたところに、沖の浜と言われ多数の船の停泊港である大きな集落、または村落があり、…(中略)…或る夜突然何ら風にあおられぬのに、その地へ波が二度三度と(押し寄せ)、非常なざわめきと轟音をもって岸辺を洗い、町よりも七ブラサ以上の高さで(波が)打ち寄せた。…(中略)…そこで同じ勢いで打ち寄せた津波は、およそ千五百(歩)以上も陸地に浸水し、また引き返す津波はすべてを沖の浜の町とともに呑み込んでしまった。これらの界隈以外にいた人々だけが危険を免れた。それにしてもあの地獄のような深淵は、男も女も子供も雄牛も牝牛も家もその他いっさいのものをすべていっしょに奪い去り、陸地のその場には何もなかったかのようにあらゆるものが海に変わったように思われた。(「1596年(9月18日付、都発信)12月28日付、長崎発信、ルイス・フロイスの年報」補遺)とある。


    この時、1596年(文禄5年)は西日本を中心に地震が立て続けに発生していた。

    当時の記録には次のようにある。

    ・閏7月9日 - 伊予国で大地震、薬師寺の本堂や仁王門、鶴岡八幡宮が倒壊する。





    tizu























     ・閏7月12日 - 豊後国で大地震と大津波、瓜生島が海中に没する。(7月9日ともいう)

    ・7月12日から13日 - 畿内一円で大地震、伏見城や方広寺の大仏殿が倒壊する、といった具合である。

    なお、この年は文禄5年10月27日(グレゴリオ暦1596年12月16日)に 慶長に改元した。

    水中考古学の研究の分野でも、大分豊後府内地方の瓜生島伝説が注目されだして、それに関連する「豊陽古事談」や「豊府紀聞」、「日本一鑑」といったいくつかの古文書も日の目をみるようになったわけである。

    驚いたことにその伝説の瓜生島の古地図もそれらの文献に残されていることが分かった。これは本当に驚きであった。

    単なる古代の伝説と思っていたものが、島の存在が図上に明示された古地図まで出てきていよいよ現実味を帯びてきたのである。

    瓜生島が沈んだのは、いまよりちょうど四百年前の文禄5年(1596)閏7月9日、もしくは7月12日のことといわれる。


    瓜生島は府中(大分市)の西北三・三キロのところに あったといい、東西三・九キロ、南北二・三キロ、周囲十二キロの島で あったという。
    (参照・「豊陽古事談」瓜生島図)


    当時、島内の戸数は約千戸、島の中央に北裏町や南本町、沖ノ浜町があり、多くの 船が各地から出入りして活気があったという。

    島には恵比寿神社や威徳寺といった大きな寺社もあって、当時、湾の周囲から眺めれば海に浮かぶ風光明媚な島の風景が広がっていたのではいかと想像される。





    bep























    この瓜生島が突然の大地震とそれに続く津波によって一夜にして海に没したというわけであるが、その被害者数は八百人前後と記録されている。

    島の住人の大多数が犠牲となったわけである。

    実は当方のご先祖様もこの大地震の被害をもろに被っていたという予想外の事実があった。

    当時当方の先祖は府内(大分市)の東方に位置する鶴崎の地に刀鍛冶として一族が住んでいた。

    元は京都の山城国の刀鍛冶(宇田国宗)であったが、室町幕府の内部抗争(観応の擾乱)が勃発した正平5年(1350年)当時、一族郎党共に九州の豊後に移ってきたのだった。

    現在も現地に国宗という地名と国宗天満神社だけが残っている。

    その後もこの地に刀鍛冶として定住していたが、1596年に発生したこの豊後の巨大地震と瓜生島沈没に遭遇してしまったことになる。

    先祖が住んでいた国宗村は大野川の西岸の土地であり、それも別府湾に注ぐ河口に近かったこともあって、このとき相当な津波被害を受けたものと思われる。

    瓜生島が沈んだのは大地震による津波が原因ともいわれるだけに、このとき別府湾の海岸一体には大波が襲ったことであろう。

    この大地震があった後に鍛冶場の一部を大野郡に移転させたりもしたらしい。

    同時にこのとき由布岳山頂の崩落や対岸の高崎山からの噴火があり、夥しい噴石が別府湾に降り注いだともいう。

    このことは正史に一切記録されていない。

    対岸の陸地でも地震の被害は甚大で、近くの鶴見岳が崩落して谷を埋めたことも記録されている。

    由布岳が火山活動を示したのは1万年以前のことだというが、いまでも由布岳周辺は火山特有の痕跡が多く残っている。







    yufu






















    由布岳はいまだに火山であって、地表近くにマグマは存在する。
    (写真は由布岳)

    それだけにこの地には数多くの温泉源もあるわけである。

    大地震発生時に山が二つに裂けたといわれているが、もしかしたらそれは東西方向に山頂が2つある由布岳のことかも知れない。

    こうした火山活動を伴った直下型の大地震と津波とが瓜生島周辺を直撃したということになるのだが、同時期の記録によるとこの時期京都や近畿でも大地震が頻発している。

    こちらでは余震が数カ月間も続き、豊臣秀吉の居城であった伏見城でも建物が倒壊し六百余人、堺でも六百余人の圧死者が出ていることから、この現象は西日本全体に及ぶ大災害であったことになる。


    当時の有名な話として、朝鮮出兵で石田三成らの讒言で秀吉の怒りを買って謹慎中の加藤清正がこのときいの一番に駆けつけ腰の抜けた秀吉を助け起こして大いに面目を施したということである。

    豊後の地震についても日本の地理に精通したフロイスの記録にもあるわけだから間違いではあるまい。

    古地図をみると瓜生島のすぐ北に久米島という島があるが、この島も同じ地震によって前後して壊滅したといわれている。

    現在の別府湾の様子からは、想像しがたい巨大な自然災害に襲われたわけである。

    ところが瓜生島沈没の経緯は伝聞がいくつも錯綜していて、しかも明確な文献資料が乏しいこともあって正確な歴史情報とはいえない部分もあるという。

    これだけの大災害が正史に記述がないというのだから、不可思議である。

    未曾有の天変地異だったわけだから、記録されるのは当たり前と思いがちであるが実際はそうではなかった。

    周辺諸国や正史にも詳しい記録があってもいいと思うのだが、地元以外にほとんど瓜生島沈没の伝聞が残されていないというのは意外というより、ここはむしろ不自然というべきかもしれない。

    時は戦国真っただ中である。そこには災害直後に為政者による何らかの作為があったのかもしれない。

    この事件前後の戦国の豊後地方は政治的にも混乱していたのは確かである。

    事実、それまでの領主であった大友家は秀吉によって咎められ、あっけなくれてしまう。



    由布岳噴火活動史の盲点とは



    由布岳の火山活動について気象庁の解説を見ると、地質学的な研究によってわかっている過去1万年の火山活動史でいうと由布岳は噴火活動の記録がないのだという。


    以下、気象庁サイトから引用・ 

    引用終わり・





    RIMG2000






















    つまり正史を見る限り、由布岳はいっさい火山活動をみせていないことになる。

    しかしながら冒頭で紹介したように、戦国時代の瓜生島沈没事件に関連する地元の文献史料には由布岳の噴火があったように記録されている。

    それがどの程度の規模なのかわわからないが、何らかの火山活動の兆候を見せたのは確かであろう。

    現在は湯布院周辺部は観光地化してしまっているが、5,60年前の湯布院はそこここに温泉が自然に吹き出ていた。

    現在と情景はまったく違っていた。

    私などは、湯布院の川から湯気があちこち立ち上る情景を見て子供心にもその異様さに驚いたものである。

    温泉源を掘削して水位が下がってしまって、いまではそうした情景は見られなくなったが明らかに火山地帯特有の風景が広がっていたのである。

    太古の昔、湯布院は大きな湖だったという伝説がある。

    湯布院盆地全体が湖だったとすると、いまの姿とはまったく違っていたということになる。





    0601012



















    気象庁の情報でも「由布岳では、約2,200年前に規模の大きな噴火活動が発生した。 」とあるが、これが盆地形成のきっかけだったとするとやはりこれが何らかの火山活動の結果ということになる。













    「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」
    経絡論
    「日本人奴隷貿易」ノンフィクション

    奴隷船
    「時代小説短編集・憑依(つく)

    tuku










    denden3商品詳細
    ★生体波動測定機器の測定環境も良好に保ちます。ジオパシック・ストレス(風水環境因子)の改善や生体エネルギーのバランス調整にも応用できます。(効果につきましては下記外部リンクのお客様の声をご覧ください↓)
    ★「電磁番」の広範な効果は生体筋力テスト(Oリング、TL、GSテスト)や波動テストでも確認できます。(関連論文発表)
    ★「電磁番」はすべて生体波動に同調するようにピアノの調律同様の手法で微調整させて一個づつ手作業で製作していますので、通常の大量生産品とは異なり在庫には自ずと限界があります。
    ★「電磁番」は治療器具ではありません。防除グッズ、風水グッズとして扱っていただいて結構です。
    ★製品には詳細な「取り扱い説明書」や健康情報についての資料を添付いたしております。
    詳細は外部サイトのリンクページの「環境改善アイテム電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
    電磁波過敏症や電磁波攻撃対策法については
    外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
    電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
    「環境改善アイテム電磁番」のご案内
    電磁波過敏症の症状とはなにか
    「環境改善アイテム電磁番」の干渉中和放電効果について
    「環境改善アイテム電磁番」を使用されているお客様の声
    「環境改善アイテム電磁番」の機能と構造について
    「環境改善アイテム電磁番」に関するご質問と解説
    「環境改善アイテム電磁番」を使った気の調整法について
    電磁波過敏症の症状関連の出版物
    最近の重要な電磁波情報
    不眠症対策について
    レーザーポインター攻撃
    スマホ電磁波の対策予防法
    スマホ乗っ取り攻撃について
    電磁波攻撃・嫌がらせ対策
    最新の電磁波攻撃機器とは
    米国大使館電磁波被曝事件








    カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
    電磁波被曝対策PM2.5汚染・感染症対策ペットの電磁波対策











































    ラベル:火山噴火
    posted by モモちゃん at 09:40| 歴史的瞬間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2018年01月24日

    昭和の時代に似合った色とは何か?

    昭和という時代に似合う色とは何?



    時代そのものがバラ色でないことだけは確かだが、それほど明るい色が合うとも思えない。

    といっても黒一色でもないわけで、そこにはもう一つ別の色があったように思える。

    いろいろな色彩が思い浮かぶのだけど、ここは黒に対しての対蹠の色調としてはやはり赤ではないだろうか。

    黒と赤、そして赤に対しての黒である。

    いや黒があったから赤色なのかもしれない。

    赤と黒が色濃く織りなす時代であったということか。






    鶴田浩二「赤と黒のブルース」(モノラル)









    時代遅れの酒場         歌、高倉健









    昭和ブルース(天知茂 )出演 唄:天知 茂









    あがた森魚 赤色エレジー









    長谷川きよし 黒の舟唄














    「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」
    経絡論
    「日本人奴隷貿易」ノンフィクション

    奴隷船
    「時代小説短編集・憑依(つく)

    tuku










    denden3商品詳細
    ★生体波動測定機器の測定環境も良好に保ちます。ジオパシック・ストレス(風水環境因子)の改善や生体エネルギーのバランス調整にも応用できます。(効果につきましては下記外部リンクのお客様の声をご覧ください↓)
    ★「電磁番」の広範な効果は生体筋力テスト(Oリング、TL、GSテスト)や波動テストでも確認できます。(関連論文発表)
    ★「電磁番」はすべて生体波動に同調するようにピアノの調律同様の手法で微調整させて一個づつ手作業で製作していますので、通常の大量生産品とは異なり在庫には自ずと限界があります。
    ★「電磁番」は治療器具ではありません。防除グッズ、風水グッズとして扱っていただいて結構です。
    ★製品には詳細な「取り扱い説明書」や健康情報についての資料を添付いたしております。
    詳細は外部サイトのリンクページの「環境改善アイテム電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
    電磁波過敏症や電磁波攻撃対策法については
    外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
    電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
    「環境改善アイテム電磁番」のご案内
    電磁波過敏症の症状とはなにか
    「環境改善アイテム電磁番」の干渉中和放電効果について
    「環境改善アイテム電磁番」を使用されているお客様の声
    「環境改善アイテム電磁番」の機能と構造について
    「環境改善アイテム電磁番」に関するご質問と解説
    「環境改善アイテム電磁番」を使った気の調整法について
    電磁波過敏症の症状関連の出版物
    最近の重要な電磁波情報
    不眠症対策について
    レーザーポインター攻撃
    スマホ電磁波の対策予防法
    スマホ乗っ取り攻撃について
    電磁波攻撃・嫌がらせ対策
    最新の電磁波攻撃機器とは
    米国大使館電磁波被曝事件








    カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
    電磁波被曝対策PM2.5汚染・感染症対策ペットの電磁波対策











































    ラベル:黒の舟歌
    posted by モモちゃん at 12:22| 歴史再発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2018年01月23日

    明日現実世界が消滅するかもしれない実験!?

    杞憂・明日この世が消えるかもしれない!

    人類種が地球上に現れてから約20万年が経過しているという。

    この間に人類の文明は高度に進歩すると、その科学力の暴走によって自ら災禍を招き二度三度と滅亡したらしい。

    若い頃にミステリアスなチャーチワードの古代大陸関連の著書などを手当たり次第に読んだことがあった。

    「アトランティス」や「ムー」といわれる太古の大陸である。

    それらの古代の大陸は地殻変動で海に沈んでしまったという。

    海外の情報だけでなく、日本でも出口王仁三郎は太古の大陸についてその著書で紹介している。

    大正11年に『霊界物語:第9巻』の中で、太古の時代に「太平洋の真中に縦が二千と七百浬(かいり) 、横が三千一百浬の黄泉(よもつ)の島」という巨大な大陸があったとしている。

    ここらはミステリアスな情報が符合していて興味深いところである。

    それらの大陸の古代文明は非常に高度に発達していたといい、大いに栄華を誇っていたが巨大な自然災害が襲い大陸そのものが一夜にして海底に沈み消滅したとされる。

    そのような折、ある別系統の神智学の書物に興味深い記述があった。

    チャネリングによる情報として、意外なことに古代の大陸崩壊はいわゆる自然災害などではではなく、人為的に引き起こされてしまったものだとする記述があった。

    何でも古代人らは地下に巨大なトンネルを造って、それで何かの大実験を試みていたというのだ。

    そうした記述を読んだ時、当時の私にはそれが何のことなのかさっぱり意味不明で半信半疑であった。

    地下での大きな実験とは何なんだろう?

    何らかの物理学的な実験だとすると、それは未知のエネルギー装置なのか、あるいは地上の重力場を変えるような実験だったのか漠然と興味本位に想像したに過ぎなかった。

    空想を膨らませていけば、時空を歪めてみたりしするようなある種のタイムマシン開発の基礎実験だったのかもしれないし、あるいは未知の反物質の生成実験だったのかもしれない。

    少なくとも相当な危険性を秘めていた大がかりな物理実験だったということになる。

    今思うに、その実験とはヨーロッパで現代進められているCERNの「超大型粒子加速器」による実験と似たようなものではなかったかと、ふと思い至ったのであった。

    欧州合同原子核研究機関(CERN)が建設し、2008年に稼働を開始した世界最大の加速器である大型ハドロン衝突型加速器(LHC)がそれである。

    LHCはスイス・ジュネーブとフランスの国境をまたいだ地下約150メートルにある巨大なトンネルの周長は約27キロに及ぶもので、光速に近い速度で亜原子粒子を衝突させる実験によってヒッグス粒子の存在を突き止めた実績がある。


    さらにこれに続いて大国中国が巨大な実験施設を計画しつつある。

    中国が新たに建設を目指すのは、欧州のLHCの2倍以上の周長を持つ全長54キロ超の巨大なトンネル構造の加速器である。

    これに巨額の資金と膨大なエネルギーとが投入されることになるだろう。





    【衝撃】CERNの非公開実験で旅客機が9000km"瞬間移動"!? 秘密裏に行なっていた驚愕の実験!? 摩訶ちゃんねる   









    CERN / 地獄への扉 (2015) [日本語字幕]   










    もしもブラックホールが発生したら black hole experiment

     









    【衝撃】13歳の天才物理少年が警告する「CERN実験」がとんでもなくやばい・・・














    「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」
    経絡論
    「日本人奴隷貿易」ノンフィクション

    奴隷船
    「時代小説短編集・憑依(つく)

    tuku










    denden3商品詳細
    ★生体波動測定機器の測定環境も良好に保ちます。ジオパシック・ストレス(風水環境因子)の改善や生体エネルギーのバランス調整にも応用できます。(効果につきましては下記外部リンクのお客様の声をご覧ください↓)
    ★「電磁番」の広範な効果は生体筋力テスト(Oリング、TL、GSテスト)や波動テストでも確認できます。(関連論文発表)
    ★「電磁番」はすべて生体波動に同調するようにピアノの調律同様の手法で微調整させて一個づつ手作業で製作していますので、通常の大量生産品とは異なり在庫には自ずと限界があります。
    ★「電磁番」は治療器具ではありません。防除グッズ、風水グッズとして扱っていただいて結構です。
    ★製品には詳細な「取り扱い説明書」や健康情報についての資料を添付いたしております。
    詳細は外部サイトのリンクページの「環境改善アイテム電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
    電磁波過敏症や電磁波攻撃対策法については
    外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
    電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
    「環境改善アイテム電磁番」のご案内
    電磁波過敏症の症状とはなにか
    「環境改善アイテム電磁番」の干渉中和放電効果について
    「環境改善アイテム電磁番」を使用されているお客様の声
    「環境改善アイテム電磁番」の機能と構造について
    「環境改善アイテム電磁番」に関するご質問と解説
    「環境改善アイテム電磁番」を使った気の調整法について
    電磁波過敏症の症状関連の出版物
    最近の重要な電磁波情報
    不眠症対策について
    レーザーポインター攻撃
    スマホ電磁波の対策予防法
    スマホ乗っ取り攻撃について
    電磁波攻撃・嫌がらせ対策
    最新の電磁波攻撃機器とは
    米国大使館電磁波被曝事件








    カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
    電磁波被曝対策PM2.5汚染・感染症対策ペットの電磁波対策










































    ラベル:CERN
    posted by モモちゃん at 20:50| 歴史を先取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする