2018年05月31日

若者よ10年後は海外への出稼ぎを覚悟しろ!

整体院・アロマ・癒しサロン開業マニュアル

何故健康サロン、癒し整体はインターネットと相性がいいのか?
海外進出も視野に入る新ビジネスのチャンス!
ビジネス・起業スキルアップ情報

むしろ整体・癒しサロンは地方の田舎でこそ開業のチャンスがあります!

整体院開業に、学歴や年齢、性別、国籍に関係なく自営業として就業可能です。
どなたでも自由に癒し整体業(医業類似行為)・リラクセーションの職業につけます。
どなたでも就業に対する熱意とそのスキル(skill)さえあれば確かなビジネスチャンスがあります。

@整体業には公的免許は必要ではありません。当然、薬物の取り扱い、病気の診断、手術、治療など医師法に触れる行為は禁止されています。

A健康を害する行為を行わなければ憲法で保障された職業選択の自由として、健康増進や癒し整体の療術を業とすることが出来ます。

B整体は伝統的な民間療法の一つです。法律の範囲内での健康法を業として施すことは違法ではありません。

C癒しやリラクセーションなど、広告や看板設置も業務の内容について法律の範囲内で自由にできます。

こうした療術業については、「いわゆる無届医業類似行為業に関する最高裁判所の判決について」(昭和35年3月30日)に基づき、昭和36年6月に行われた「衆議院社会労働委員会の徒手技術(療術)行為の審議に対する厚生省 (現・厚生労働省)の意見要旨」でも示されています。

業務に必要な施術面でのスキルを磨くことはもとより、親切丁寧な接客に必要な社会性のあるコミュニケーションセンスを身につけることが出来れば誰でも整体師になれます。これこそが最大のポイントです。

資格や設備についての条件や法的規制がないこともあって、多くの場合初期投資も小額で開業可能です。

場合によっては施術スペースだけ用意すればいいわけで、高額な機械器具などは特別必要ありません。

ご存知ですか、この業界は国籍さえもまったく関係ないのです。
手っ取り早く仕事が出来る分野ということで外国人でさえ進出できる新しい業態なのです。

しかもネット環境さえあれば関連する専門的情報も簡単に入手できるのです。

不況にも強く定年もありませんので、女性であっても一生涯に渡って独立して自由に癒しやリラクゼーション分野の仕事が続けられます。

初期投資が押さえられることから、今後も多くのヘルス関連企業や大手の美容サロンが続々と進出してきます。

何故なら癒しやリラクゼーションの分野の潜在的需要は、日本だけではなく世界中で増え続けているからなのです。

いまや世界と競合しても勝ち残っていけるビジネススキルが備わっているのは、この分野であるということです。





ただし癒し整体・療術の範囲をしっかり厳守すること

もちろん開業に際しては個人でも多少の適性は考慮すべきです。
日ごろから癒しや健康情報に関心がある方、接客が得意な方、話題が豊富で人との会話が得意な方、武道(有段者)やスポーツ、介護などの経験がある方、インターネットを使って市場調査やSNS情報の発信が自分で出来る方、マーケティングやセールスの接客センスがある方などはより適性があって有利です。

これが、まず癒し整体業に従事する上での重要な個人のスキルになり得ます。

「整体業」は、ただ看板だけを挙げてじっと待っていれば顧客が自然に集まるというものではありません。

整体や癒し健康サロンなどの広告に関して、現在インターネット分野は規制がほとんどされていません。

法律で規定された業種は必ずその業務範囲と広告の規制とが課せられますが、規制のない業態にはそうした部分の拘束がないわけです。

そこでは業態としての自由な広告表現ができるわけで、営業活動はやり易いことがまず第一に挙げられます。

しかし当然のことですが、癒し整体や療術の範囲から逸脱すると規制の対象となります。

当然のことですが、病気治療などの医師法や薬事法などの法律に抵触する広告は規制されます。

もとより逸脱した違反広告は厳しく罰せられるべきものなのです。

「整体業」の広告や集客手法に関していえることは、現代のインターネットそのものは不可欠の宣伝媒体となるということです。

始めは口コミでスタート出来ても、継続的に集客していくにはインターネットを使ったセールスメニューが当然必要です。

まわりにある整体院やアロマサロンを見てみてください。
そこにいかに巧みなイメージ戦略がネット上で展開されているかを観察してみてください。

整体そのものは、ファッションや美容の業界にも似た美意識に訴えるイメージ戦略がもっとも発揮できる業態ですので、女性にはより有望な職種となりうるのです。

最低限、インターネットを利用した広告媒体だけは最初に用意する必要があります。

開業資金の都合で立地条件がよくない自宅開業を選択した場合などは、特にそうしたネット広告の初期投資が盛業を目指すための重要な必須ポイントとなります。


まず業務範囲のリスク対策をしておくことが重要です!

職業である以上、就業中のリスクはあります。

社会的規範、関連法規等は当然のこと、社会生活として人との接触が頻繁であればいろいろなトラブルも生じるわけですからそれらは常識の範囲として個別に対処すべきことです。

ここでいう就業リスクとは、癒し整体業や療術業でのリスクや接客トラブルそのものは必須の事項として事前にリスク管理として考慮しておくべきだということです。

まず手始めとして、自賠責の保険に加入があげられます。

癒し整体業や療術業を対象とした専門の「賠償保険」がありますので、可能な限りこれを利用しておくべきです。



開業に関係する法律は絶対に見落とせない!
整体業や健康癒しサロン開業は自由であっても、やはりそこには直接関係してくる法律があります。
何が出来て何が規制されているのかの判断基準はこれらの関連法規に従うべきなのです。
こうした知識無しの安易な受け売りだけで業務は継続できないことを理解しておかなくてはなりません。

整体師ー整体院開業整体師、整体院に関連する法規の解説












「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」
経絡論
「日本人奴隷貿易」ノンフィクション

奴隷船
「時代小説短編集・憑依(つく)

tuku










denden3商品詳細
★電磁波中和放電装置「電磁番」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
電磁番使用時の注意事項
★「電磁波中和装置電磁盤」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。

詳細は外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏症や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏症の症状とはなにか
電磁波過敏症の症状経過について
「電磁波中和装置電磁番」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏症の症状関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
米国大使館電磁波被曝事件
































ラベル:海外進出
posted by モモちゃん at 09:27| 歴史を先取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫の手はどうすれば借りられるのか?

ここでご近所の看板娘を紹介

世の中には看板猫とか看板犬とかいわれるペットが居る。

とても不思議なことで、世界中でそのような現象が沢山起きている。

江戸時代にもそれに類する話があって、ある小さなた店の経営が傾きかけて困っていた時、どこからともなく野良猫がやってきてその家に住み着いてしまったという。

そしてしばらくするとその猫が店頭に居ることによって、急に客が集まり始めて店も繁盛するようになったという話が残されている。

その繁盛の仕方が半端ではないというのである。

とにかく猫さまさまであって、わざわざその猫を拝みに来る人で店の周りがごった返すほどに人気を集めたというのである。

看板猫は時代を超えて昔から存在しているのだ。





猫がお出迎えしてくれる旅館 「おきな旅館」  













京都の喫茶店サイドロップの看板猫アメちゃん











「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」
経絡論
「日本人奴隷貿易」ノンフィクション

奴隷船
「時代小説短編集・憑依(つく)

tuku










denden3商品詳細
★電磁波中和放電装置「電磁番」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
電磁番使用時の注意事項
★「電磁波中和装置電磁盤」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。

詳細は外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏症や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏症の症状とはなにか
電磁波過敏症の症状経過について
「電磁波中和装置電磁番」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏症の症状関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
米国大使館電磁波被曝事件
































ラベル:商売繁盛
posted by モモちゃん at 07:23| 江戸時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月30日

山野を駆けるアウトドアスポーツの醍醐味

空高く飛べ!


見た目には自転車レースでもあり、曲芸でもあり、スポーツでもあるという感じでしょうか。

でもこれだけ野山で飛べるようになったら、すごく楽しいに違いありません。

マウンテンバイクの魅力は、とても走れるとは思えない場所でもマウンテンバイクならば走破できるということでしょう。

時には転倒することもありますが、そうしたトラブルスリリングで楽しいと思います。

自転車と違ってMTBはまさに野山で遊ぶための自転車だといえます。


 



GoPro HD HERO Camera: Crankworx Whistler - Mike Montgomery's Slopestyle Run

 








GoPro: Open Loop Backflip With Aaron Chase

 







Road to Rampage - The Final Destination - Ep. 6

 








Red Bull Signature Series - Dreamline FULL TV EPISODE

 













「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」
経絡論
「日本人奴隷貿易」ノンフィクション

奴隷船
「時代小説短編集・憑依(つく)

tuku










denden3商品詳細
★電磁波中和放電装置「電磁番」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
電磁番使用時の注意事項
★「電磁波中和装置電磁盤」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。

詳細は外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏症や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏症の症状とはなにか
電磁波過敏症の症状経過について
「電磁波中和装置電磁番」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏症の症状関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
米国大使館電磁波被曝事件
































ラベル:野外スポーツ
posted by モモちゃん at 08:34| 現場を見る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月29日

驚異の李清雲式アンチエージング法とは?

老化現象とは生体の潜在的疾病状態に他ならない!

人の寿命に「上限」あり、オランダ研究チーム2017年9月1日
発信地:ハーグ/オランダ
http://www.afpbb.com/articles/-/3141236




この研究に先立つ1年前、2016年のAFP=時事 10月6日付けで、人の寿命の「上限」を発見したとする研究論文が発表された。

米アルバート・アインシュタイン医科大学(Albert Einstein College of Medicine)の研究チームは、世界40か国以上の人口統計データを詳細に調べ、長年続いた最高寿命の上昇が1990年代にすでにその終点に「到達」していたとし、最高寿命の上昇は1997年頃には横ばい状態に達していたという結果に至ったということである。

その1997年という年は、奇しくもフランス人女性ジャンヌ・カルマン(Jeanne Calment)さんが前人未到の122歳と164日で亡くなった年でもあった。


論文の共同執筆者で、アルバート・アインシュタイン医科大のブランドン・ミルホランド(Brandon Milholland)氏は、AFPの取材に「それ以降は、世界最年長者が115歳前後という傾向が続いている」と指摘している。


要するに現代西洋医科学のデーターによれば、人間の寿命は120歳辺りが上限であるとするのがどうやら定説ということになりそうである。

ここまではいわゆる西欧圏の科学的常識ということになる。


これが中国文化圏ともなると、これとはまったく違ったものの見方、考え方がなされる。

西欧圏とは異なる伝統的な独自の生命観、健康観というものが歴史的背景をベースにして、次々と提示されてくるところが実に面白い。


長寿に関していうなら、ここでも数千年に及ぶ歴史的遺産がある。

その中国文化圏でもっとも長生きした人物といえば李清雲(Li Qing Yun / リ・チンユン)という名前がまずその筆頭に挙げられる。

歴史に足跡を残した彼は何と256歳まで長生きしたといわれ、現代でもそう信じられている伝説的人物である。



李清雲は1677年に生まれ1933年、256歳で亡くなったと記録されているし、李清雲という人物の画像は実際にネット上にも紹介されている。


li-ching-yuen

李清雲は清王朝の9人の歴代皇帝の時代を過ごしたという超人であるが、とにもかくにもにわかには信じられないような驚くべき話である。

彼は清王朝初期の優れた漢方医ということでも広く知られているが、一体どのような一生を送ったのであろうか?


李清雲という人物は医者の家系の出自であったらしく、10歳頃から伝統的な漢方医学を学びはじめ、その後中国各地を遊学しながら優れた師を求めて隈なく歩き回ったという。

李清雲は交通が未発達な時代にありながら、若いときから健脚にまかせて広大な中国の山岳地域を長年歩き回った。

実際に李清雲は甘粛省や陝西省、さらにはチベット、安南、西安、満州まで足を延ばし、その都度山林へ分け入って貴重な薬草類を採集してまわったとされ、長年健康を維持し続けたこともあって自らの足で遠くは東南アジアにまでその足跡を残した。

李清雲は生薬の研究者として研鑽をし続け、病気治療に従事しただけではなく、長い年月をかけて免疫力を高め延命効果のある生薬について探求し続けたとされる。


彼は記録によると約40年間にわたって山野で薬草を精査し続け、この間には霊芝、クコ、オタネニンジン、ツルドクダミ、ツボクサ、米酒だけの質素な食物を摂り、肉食を避けて徹底した菜食主義者として一生涯を過ごした。

さらに李清雲は中国の伝統的な漢方医学と同時に、身体の健康増進と延命効果を追求する養生法にも精通し、導引法や気功法の奥義を極めたとされる。

養生法とは、身体の機能を高め健康を維持するために気を全身に巡らせる特殊な運動法や呼吸法をとりいれた中国発祥の保険医学、予防医学ともいうべき一連の健康保養の術式である。

記録によると1749年、71歳のとき彼は武術老師として清国の軍隊に入隊しており、私生活では一生の間に、結婚を23回、そして子供を200名以上もうけたという。

当然のことながら、いまでも中国全土に彼の多くの子孫が残っている。

記録によると100歳の時(1777年)漢方に精通していたことで、清国政府より公に表彰されただけではなく、200歳の時には一時期大学の教壇にも立って学生を指導した。



中国ではそれぞれの家には詳細な家譜(家系図のような記録文書)残されているので家系を何代にもわたってたどることが出来るので、李清雲も同様にこれらの家譜が専門家によって調べられている。

李清雲先生が人々に示した長寿の秘訣は、「いつも心を穏やかに維持する事。そして、座るときは亀のように、歩くときは気力が溢れる鳩のように、寝るとき犬のように」というものであった。

李清雲先生の存在に、当時の欧米人も驚愕した。



1933年5月の米国の『タイム』誌には、李清雲氏の死亡記事が掲載されたが、記事のタイトルは上記の彼の言葉をとって「カメ - ハト - イヌ」だったという。


douin


彼は一般人が好むような喫煙や飲酒を避けたといい、また農夫のように常に早寝早起きをし毎日食事は規則的にとったとされる。

中国医学ではすべての生命活動の根源は五臓六腑のいわゆる内臓器官にあるとされ、内蔵機能の維持が最も重要視される。

そこには、精緻な精神活動や脳の機能さえも五臓六腑の正常な機能維持によって保たれるという生理観があるからである。

李清雲先生は五臓六腑の健康管理だけでなく、生薬を巧みに使い免疫力の維持に注力し続けた。

彼の健康観、さらには寿命を極限まで延ばすということではそうした独自の中国医学的な身体観と医療観を持っていたことになる。

李清雲先生自身は老化についてどのように考えていたのだろうか。

身体の老化というものは、李清雲先生からみれば生体そのものが潜在的な疾病状態に陥ったことと同様であって、内臓や身体機能が衰え萎縮しつつ機能が次第に低下し、免疫力も年と共に衰えていくことを意味していたはずである。


老化によってあらゆる生体機能が低下し、身体組織や器官が萎縮してくる。

ましてや重要な脳などの中枢神経自体の萎縮にどう対処するのか?

そのバランスをどう保つのか?


それでも彼からみれば明らかに老化現象は疾病(未病)であった。

疾病(未病)であるならば、そこに治療法も予防法もあるというのが李清雲の確固たる考えであった。

そこには中国医学の伝統的な診断技術と病症(証)というものの捉え方があった。

証とは、病気による症状だけではなく、さらには体質や体格、体調までも細かく捉える伝統的な診断法ということができる。

言い換えれば、病気による直接の症状が出る以前の未病(未だ病に至っていない)状態でもその判別が出来るということになる。

症状が出て治療が必要になる以前に、精密検査に引っ掛かる状況に似ている。

しかしながら、この中国医学の未病という捉え方は現代の医療検査とは大いに異なっている。

現代の正常と異状というものの数値データによる捉え方と、中国医学の気のレベルの相対的捉え方とはまったく異質のものと言わざるを得ない。

見方も違えば、捉え方も違う。

年を経ることによるすべての身体機能、内蔵機能、精神機能の失調状態は、その証という捉え方に集約されていく。

そこでは未病の場合もあるし、病気状態である場合もあるわけで、老化現象そのものはことごとく証を見定める上で細大漏らさず補足されることになる。

李清雲先生は、老化とは潜在的疾病状態という中国医学の基本的考え方に従っていたことになる。

李清雲先生はその己の潜在的な疾病状態をしっかりと捉えて、「養生」という手法を的確に講じたのである。

それは日々の生活習慣であり、彼独特の菜食や導引吐納を実践し続けた。

各種の生薬、薬剤も活用した。

その生薬の薬物としての処方にも李清雲先生は膨大な知識を持っていた。

李清雲先生は老齢期に至っても内蔵機能は充実していたし、身体機能もほとんど衰えをみせなかった。

事実200歳を超えても李清雲先生の性的機能は衰えなかった。

彼は中国各地を遊学する間に伝統的な「養生法」を習得していったことが、彼の長寿延命をさらに助けた。

中国で発祥した「養生法」そのものは、元来不老不死に通じるものとして広まったものであるが、身体の免疫力を高めると同時に新陳代謝を呼吸によって自在にコントロールし老化に至るエントロピーを極力抑えるというものである。

生体エネルギーである「気」を温存する食生活を長年堅持し、日々養生に努めた。

精神的ストレスに対する捉え方や運動の重要性を李清雲先生は、長寿に繋がる最重要項目として指摘している。

その結果が、李清雲先生の256歳という驚異的長寿をもたらしたということになる。

老化そのものは、命あるものにとって避けられない不可逆的な生理現象である。

老化自体は止められないが、しかしその老化のスピードを通常より5,6分の1に遅らせることが出来るということを李清雲先生は己の身体で実証してみせたのである。


256歳にも及ぶ人生とは一体どのようなものであろうか。

超人李清雲先生にしかそれはわからない。


おそらく近未来では、中国が生命科学やアンチエイジングの世界的研究拠点として台頭して来るであろうが、李清雲先生の研究がそこでは最大限生かされていることであろう。  

      











「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」
経絡論
「日本人奴隷貿易」ノンフィクション

奴隷船
「時代小説短編集・憑依(つく)

tuku










denden3商品詳細
★電磁波中和放電装置「電磁番」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
電磁番使用時の注意事項
★「電磁波中和装置電磁盤」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。

詳細は外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏症や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏症の症状とはなにか
電磁波過敏症の症状経過について
「電磁波中和装置電磁番」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏症の症状関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
米国大使館電磁波被曝事件
































ラベル:生命科学
posted by モモちゃん at 17:18| 歴史発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自然破壊でホタルはたちまち激減する

ホタルが乱舞する

今年もホタルが舞う季節となりました。

ホタルは自然環境の変化で突然姿を消してしまうことがあります。

40年以前には、自宅の庭でホタルを見つけたこともありました。

わざわざ山奥までホタルを探しに行くこともありますが、その数が数千、数万ともなると圧巻です。

そのとき森や林のホタルが呼吸を合わせるように一斉に光を点滅させるのですが、ぴったりとそのリズムが合っていてとても神秘的で不思議な情景です。

ホタルが飛び交う時期は少し蒸し暑い時と、曇ってやや肌寒い時とがあります。

周囲にはうっすらと靄が掛かっていて、せせらぎの音と蛙の鳴く声も聞こえてきます。





Nikon D800でホタル動画撮影(3) Firefly

 








蛍の舞 dance of the fireflies 2014 (伊豆キャンプフィールドと清和県民の森のホタル)

 









揖斐川町 「轟観音・ホタルの里」 2011

 









「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」
経絡論
「日本人奴隷貿易」ノンフィクション

奴隷船
「時代小説短編集・憑依(つく)

tuku










denden3商品詳細
★電磁波中和放電装置「電磁番」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
電磁番使用時の注意事項
★「電磁波中和装置電磁盤」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。

詳細は外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏症や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏症の症状とはなにか
電磁波過敏症の症状経過について
「電磁波中和装置電磁番」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏症の症状関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
米国大使館電磁波被曝事件
































posted by モモちゃん at 07:48| 歴史を先取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月28日

土産の品にもちょっとした文化が隠れている!

かわいいお土産を頂きました


これは京都旅行のお土産です。






RIMG0246



















箱に入ったボンボンですが、何だかとても可愛い感じです。







RIMG0247




















カバーを取ってみるとこんな感じ。






RIMG0248




















一つ一つがかわいくて、すぐには食べられない。





こちらは中国のお土産です。




RIMG0264



















手のひらに載るような小さなぬいぐるみですが、どうやら虎のようです。

最初は猫かと思いましたが、よく見るとトラでした。


 




RIMG0267




















ちゃんとしたオリジナリティーがあって、本当に中国らしい雰囲気が出ています。






RIMG0268



























「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」
経絡論
「日本人奴隷貿易」ノンフィクション

奴隷船
「時代小説短編集・憑依(つく)

tuku










denden3商品詳細
★電磁波中和放電装置「電磁番」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
電磁番使用時の注意事項
★「電磁波中和装置電磁盤」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。

詳細は外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏症や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏症の症状とはなにか
電磁波過敏症の症状経過について
「電磁波中和装置電磁番」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏症の症状関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
米国大使館電磁波被曝事件
































ラベル:旅行土産
posted by モモちゃん at 07:50| 歴史再発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月24日

日本なら黙殺される国際的事件・音波攻撃!

在中国の米政府職員、「異常な」音聞き脳損傷 大使館が注意呼びかけ【AFP=時事】在中国の米国大使館は23日、中国に駐在する米政府職員1人が「異常な」音を聞いて脳に軽度外傷性脳損傷(MTBI)を受けたとして、健康状態について注意するよう呼び掛けた。2018/5/23
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180523-00000034-jij_afp-int

これに関連した同様の国際的な事件が、2017年に一部で報道されていたのですがご存知でしたでしょうか?結果2000名もの専門調査員が現地に派遣されたのです!

脳損傷や中枢神経の損傷、認知症やうつ病状態!
電磁波攻撃で米国大使館員21人が入院状態になったのです!


Newsweek (ニューズウィーク日本版) 2017年 12/26号 [静かな戦争]

2017年12月19日ニューズウィーク
音の兵器は70カ国超で既に実用、ナチスの「音波砲」も現実に?
Using Sound to Attack
キューバの首都ハバナにある米大使館の職員らが相次いで体調不良を訴えたのは、米大統領選が行われた16年11月。原因不明の難聴、頭痛、鼻血、めまい、耳鳴りなどの症状はその後も続き、カナダ大使館の外交官も同じような症状を訴えた。



米国大使館電磁波被曝事件・在キューバ大使館員、大部分撤収=米、「音波攻撃」で措置(2017/9/30)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017093000013&g=int

【ワシントン時事】米国務省は29日、キューバ駐在の米外交官らが「音波を使った攻撃」で健康被害を受けたとみられる問題で、在キューバ大使館員の半数以上を削減することを明らかにした。職員の家族全員の帰国も命じた。



キューバでナゾの「音響兵器」が米外交官を襲った 脳損傷、聴覚障害、吐き気(2017/9/14)
http://www.sankei.com/premium/news/170914/prm1709140005-n1.html

キューバの首都ハバナの米大使館などで、聴覚障害や吐き気、頭痛を訴える外交官が相次いでいる。調査した米政府は「高度な音響装置」による攻撃だと結論付けたものの、装置がどのようなものかが分かっておらず、犯人像や目的についても明らかになっていない。米メディアが「謎の事件」、「謎の兵器」などと報じる事案は、謎が謎を呼ぶ展開となっている。

(以上転載)


Dangerous Sound? (ハバナで被害の原因になった音源が公開されている!?)



ここでの表現は「音波攻撃」とされているが、実際は「電磁波(マイクロ波)攻撃」と表現すべきところである。
耳で感知出来ない音波もマイクロ波も物理学的には同じ電磁波の範疇に入るのだから。

人体頭部、それも堅い頭蓋骨に包まれた脳にまで損傷を与えたというのであれば、こうしたレベルの音波(電磁波)が本当の原因であったのかどうかは不明である。

報道としてそこには意図的にニュアンスを弱めているわけだが、健康被害を受けたとされる米国からみればここはいささか痛し痒しのところであろう。

「電磁波(マイクロ波)攻撃」といえば前世紀の米ソ冷戦時代には両国間ではそうした外交上の摩擦があって、同様の深刻な健康被害を大使館員が受けていたのだから何やらかっての歴史が繰り返されている感じがしないでもない。

それもナチスドイツの大がかりな音波砲を持ち出すまでもないのだ。

ここで「電磁波(マイクロ波)攻撃」などというと、さもハイテクの最先端のテクノロジーがかかわっているのだろうと考えがちであるが、意外にも前世紀のローテクが使われているのである。

それはちょっとした音波発信器や磁電管(マグネトロン)、スピーカーの類いでしかないわけで、それらは簡単に手に入る市販の電子部品や機材でも十分に間に合う代物である。

マイクロ波の危険性 法の外にいる御用学者達



もとより旧式のナチスの「音波砲攻撃」については十分な情報を持っている軍事大国が特別騒ぎ立てることもないだろうが、今回は防御に関しては後手に回っているのは皮肉な展開といえよう。

今回の事件はありふれた民間企業のオフィスで発生した事件ではなく、れっきとした政府機関である米国大使館で起こったものである。

この事件では少なくとも21人の大使館員が1昨年後半から昨年の8月にかけて、難聴や睡眠障害、めまいなどの健康被害を訴えて、さらには重傷の者は入院加療中であるとのニュースであるのだが、実際には被害自体は相当深刻らしく職員らが復帰出来るのかどうかも現在も不明らしい。

しかも米国側はキューバ政府と協力し捜査を継続しているものの、誰が攻撃を行ったか、どのような機器が使用されたのかもその詳細な実態は不明のままだとされている。
何らかの外交上の嫌がらせか報復行為といったところであろう。

米政府はこの事件を重要視していて、すでに現地に2000名もの専門要員を派遣して広範囲にわたって科学的調査を展開しているようだが、まったく手掛かりは得られていないというのも不可解である。

電磁波過敏症対策


「音波攻撃」だろうが「電磁波(マイクロ波)攻撃」であろうが、すべて同じ物理的な電磁波の波動エネルギーが悪用されたのであり、それは目にも見えないし匂いもしないので人に気付かれることはないし、いつどこから誰が仕掛けたのかも皆目判らない。

しかも離れた場所から照射攻撃されているのであれば、いよいよ実態の解明は困難になってくる。
むしろ相手はそうした陰湿な攻撃が可能だから仕掛けてきたというべきであろう。

しかし被害そのものは深刻だ。単なる頭痛や吐き気、めまいだけでは済まない状況にある。
電磁波が照射されている間に次第に職員の間には仕事中に集中力がなくなり、頻繁にイライラしたり情緒も不安定になる人が出てくる。

そうした攻撃が一定期間集中的に行われたのであれば症状も継続し、いずれ自律神経にも異常が現れてくることになる。
不眠症も深刻になり、精神的にもダメージを受け続ければ統合失調症状態で出勤出来なくなったり、日々の大使館業務もままならぬ状況になってくる。
それが数人ではなくて、20人以上にもなれば状況は深刻といわざるを得ない。

同事件についての米CNNテレビ(2017/8/20 電子版)によると、謎の攻撃が始まったのは昨年11月中旬からだというから一年近く攻撃が継続していたことになる。

それ以来10人以上の米外交官と、その家族が治療を受け、そのうち外交官2人は難聴など長期治療が必要な症状だったといい、今年6月にはカナダ外交官5人とその家族も同様の症状を訴えるに至ったという。

米CBSテレビ(2017/8/23 電子版)は、被害を受けた外交官らの診療記録を入手したとしてそれらの症状を詳細に伝えている。
そこでは難聴、吐き気、頭痛、平衡障害が主に訴えられており、中には軽度の脳損傷や中枢神経の損傷が見られるとのことである。

当然発症後に入院状態のままの患者がいるということである。
診断した医師の一人は、現状からみて将来にわたって健康上のリスクが現われる危険性があると指摘したということであるから被害自体は相当に深刻といわざるを得ない。

しかもそうした職員が一人や二人ではなく、二十人以上もの職員が日常業務から離れるとなれば米国政府もこのまま放置しておくことは出来ないだろう。

しかしながらこうした大使館員の健康被害を受けて米国政府が2000名もの専門要員を派遣したということには、いかにも大仰なことではないのか。
これにはどういう背景があるのか、いささか気になるところである。

要するに今回の事件の実態というのは、やはり軍事行動同様の規模で2000名もの特殊部隊を派遣するほどの深刻な被害そのものが実際に発生していたということである。

結局のところ大使館職員の被害状況は、これまで公表されている以上のものがあったとみるべきであろう。

端的に表現するならば、被害を受けた職員は職場復帰出来ないほどの深刻なダメージを受けていたということになる。

彼らは難聴、吐き気、頭痛、平衡障害が主に訴えられており、中には軽度の脳損傷や中枢神経の損傷が見られるということであれば、これらが回復しない限り元の仕事に復帰することはできないことになる。
その深刻度が2000名もの特殊部隊を派遣するきっかけであり、本当の理由であった。

欧米には電磁波による身体ハザード(障害)の医科学論文はたくさんあるわけだから、これらの医学情報を悪用して意図的に電磁波被曝を行えばそうした被害が出るのは当然のことである。

さらには秘密裏に軍事転用された機器の使用も疑われることになる。
そうなるとすでに同様の機器や電磁波照射による群衆鎮圧システム「ADS」を持っている米国からすれば、今回の事件そのものはやはり痛し痒しと表現すべきところであるに違いない。

電磁波攻撃が密かに仕掛けられたこと自体は米政府も確認しているはずであるが、問題は実際にそうした目的に使用されたであろう実行可能なシステム機器を現場近くに持ち込み、こうした狙い撃ち同然の電磁波攻撃が秘密裏になされたこと自体が脅威であるとみられているはずである。

とにかくそうした痕跡が何も発見されてはいない。

電磁波による攻撃やその人体への影響は軍事医科学の専門家には十分な知識はあるはずであるが、その実際の照射システムには違いがあるということになる。

その音源(電磁波)が単一のものか、あるいは複数の照射による物理的な浸透力の強い干渉波エネルギーが使われたのかどうかの事実関係も問われてくるわけで、今後調査現場ではそうした機材の特定作業が集中的に追跡されるであろう。

かっての米ソ冷戦期の電磁波攻撃は今回のケースよりはさらに深刻であって、大使館職員には白血病や悪性腫瘍が発生していたといわれている。

超音波や電磁波攻撃そのものは本来軍事機密に関わるものだけにこれ以上の詳細は外部には公表はされないであろうし、いずれうやむやの外交上の事件として隠されていくはずである。

Vehicle-Mounted Active Denial System (V-MADS)米軍の新しい非殺傷兵器「ADS」とは?


アメリカには一切の電波が遮断された街がある 2015年6月23日


電磁波と不妊症との関連性については以下の情報があります。
[ニューヨーク 2010年 11月 8日 ロイター] ひざの上でノートパソコンを使用 すると、精子の質が低下する可能性があることが、米国の研究で明らかになった。

ニューヨーク州立大ストーニーブルック校のYelim Sheynkin氏が率いたこの研究では、29人の若い男性を対象に、ノートパソコンをひざの上に載せて使用した際の陰のうの温度を計測。これまでの研究で陰のうの温度が1度以上でも上昇すれば精子にダメージを与えることが分かっている
http://jp.reuters.com/article/idJPJAPAN-18055620101108

アメリカの研究所は、強い電磁波を浴びていると、流産や子供の先天性異常を引き起こす可能性が高くなるとの研究結果を公表しました。
イギリスのサンデータイムズでは、携帯電話をポケットに入れて持ち歩く男性は、そうでない男性に比べて、精子数が最大で30%少ないという研究結果が報告されています。

イギリスのエクセター大学のマシューズ博士はさらにこう述べる。
「モバイル機器が一般に広く普及していることと、先進国全体で、ここ10年〜20年ほどの間に精子の質が全般的に低下している現象が見られる点を考慮すれば、早急な研究が必要だということは言えるでしょう」
http://www.huffingtonpost.jp/2014/07/17/story_n_5593985.html



電磁波の危険性について、すでに欧米の医科学者が警鐘をならしています!

屋内、屋外からの有害電磁波の影響に気付いておられますか?
米国上院公聴会の電磁波被曝に関する医科学者の重要な証言とは?!

電磁波過敏症の症状対策

・あなたのその痛みや不快感は電磁波過敏症の症状かも知れません!?
・あなたは知らずに電磁波過敏症の症状を我慢していませんか!?
・電磁波ノイズは簡単にシールドして防げものだとお考えですか?
・電磁波過敏症の症状特有の「不快な症状」をご存知ですか?

あなたは、身近な目には見えない環境汚染というものに関心をお持ちですか?
電磁波が人体に有害だということを耳にされたことがありますか?
電磁波過敏症の症状について
有害な電磁波は分厚いコンクリートの壁さえあれば、簡単に遮断できるのではないかと考えておられませんか?
・電磁波分厚いコンクリート壁さえも突き抜けてきます!?

最近の米国の調査では、市民の健康リスク意識レベルは、1位が「エイズ」、それに続いてこの「電磁波汚染」が第2位に上げられているといいます
欧米では常にしっかりした危機管理とインテリジェンス(英:Intelligence:情報)が選択されます。
海外では電磁波が有害とするマスコミ情報は非常に少ないにもかかわらず、自立的危機管理意識が高く不安を感じている市民は少なくないのです。

米国上院公聴会において、日本国内では絶対に出てこない携帯電話による電磁波被曝についての医科学者による驚くべき証言がなされています。

ケータイ放射線でDNAの二本鎖切断が、すでに米上院公聴会では事実として証言されていますし、同時に何故こうした情報が一般に公表されないのかの事実も示されています。(医科学者達の怒った真剣な表情を確認下さい!)

画面下の歯車マークをクリックし、日本語を選択すると画面に字幕が表示されます。











「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」
経絡論
「日本人奴隷貿易」ノンフィクション

奴隷船
「時代小説短編集・憑依(つく)

tuku










denden3商品詳細
★電磁波中和放電装置「電磁番」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
電磁番使用時の注意事項
★「電磁波中和装置電磁盤」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。

詳細は外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏症や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏症の症状とはなにか
電磁波過敏症の症状経過について
「電磁波中和装置電磁番」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏症の症状関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
米国大使館電磁波被曝事件
































posted by モモちゃん at 09:10| 歴史再発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

古武道の世界は気が支配している!?

武道の神業を観る

武道はスポーツではないということで、先の大戦直後はGHQ占領下では武道家の一切の活動が厳しく禁止された歴史がある。

武道は単に肉体を鍛え、その腕力だけを競うものではなかった。

もとより精神を養い、心身を鍛練していく過程はどこまでも孤独である。

己の気を練り、相手の気をうかがい、裂帛の気合いで相手の気を制す。

間合いの内に両者の気が激しくぶっかり交流する。


GHQは、日本占領統治下において武道の秘めているそうした不とう不屈の精神性をもっとも危険であるとみていた。




【柔道】はっはっは。これが爺の動きか。。。。まるで勝てる気がしねえorz[神業]











【合気道】塩田剛三/合気道養神館    













【神技動画】2回目どうやって抜いたwww黒田鉄山による居合術演武 これは神動画!












「武神館」の初見良昭館長から、「忍術」を学ぶ世界各国の弟子たち  
















「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」
経絡論
「日本人奴隷貿易」ノンフィクション

奴隷船
「時代小説短編集・憑依(つく)

tuku










denden3商品詳細
★電磁波中和放電装置「電磁番」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
電磁番使用時の注意事項
★「電磁波中和装置電磁盤」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。

詳細は外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏症や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏症の症状とはなにか
電磁波過敏症の症状経過について
「電磁波中和装置電磁番」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏症の症状関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
米国大使館電磁波被曝事件


































ラベル:GHQ占領下
posted by モモちゃん at 07:56| 歴史ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月23日

月は巨大な水タンクに違いない!?

中国が「月の裏側」を目指す通信衛星打ち上げに成功
月の内部には巨大な空洞がある?

もう随分と以前の話なのだが、知り合いに不思議なお爺さんが居た。

若い時にどのような職業に就いていたのかは知らないのだが、晩年近くにはさかんに四柱推命などの占いを仕事にされていた。

何やら山に籠って厳しい修行もされたということであったが、あるとき不思議な事を口にされた。

お爺さんが言うには、修行をすると木々の間で囀っている小鳥たちの会話が分かるようになるというのである。

小鳥はただ鳴き合っているのではなく、人間のように互いに会話が出来るというのだ。

行を重ねていくと、そうした特殊な能力が身に就いてくるのだという。

これには驚いてしまった。

さらにお爺さんが言うには、「誰も気付いてはいなだろうが、あの地球を回っている月の内部には巨大な空洞部分がある」というのである。

驚きである。

これもにわかには信じがたいことではあるが、月はただの衛星ではなくどうやら人工物であるかのようなニュアンスで話されたのには、当時の私は狐に鼻を摘ままれたような気分になった。

このことを今振り返ってみると、本当は誰かによってこのことはすでに調査確認されているのかもしれないとも思うのである。

ただそうした情報が隠されているだけなのかもしれない。

月という衛星はただの巨大な水タンクなのかもしれないのだ。

欧米はそれで月への関心が薄らぎ、次の目標を火星に向け始めたのではないだろうか?




590 月面上の謎の線+UFO(Strange Lines and UFOS on the Moon













宇宙飛行士が月面上で目撃遭遇した戦慄の恐怖の正体! UFO Alien Apollo surface of the moon













月 UFO 謎の人工物 GoogleEarth unidentified flying object Artifact of the moon












月UFO,月面都市













661B+660再検証(月面のエイリアン基地)Aliens Base on




















「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」
経絡論
「日本人奴隷貿易」ノンフィクション

奴隷船
「時代小説短編集・憑依(つく)

tuku










denden3商品詳細
★電磁波中和放電装置「電磁番」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
電磁番使用時の注意事項
★「電磁波中和装置電磁盤」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。

詳細は外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏症や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏症の症状とはなにか
電磁波過敏症の症状経過について
「電磁波中和装置電磁番」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏症の症状関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
米国大使館電磁波被曝事件


































ラベル:月世界探検
posted by モモちゃん at 16:07| 歴史ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月21日

人造人間とお付き合い出来ますか!?

人造人間が新しい歴史を作る!


「ペッパーの父は孫正義ただ一人」 ソフトバンクが要請2018年1月23日
https://www.asahi.com/articles/ASL1R4WFQL1RULFA022.html



2014年、世界初の感情を認識するヒト型ロボットとして誕生したソフトバンクグループの「Pepper(ペッパー)」は、その翌年には19万8000円で一般に販売された。

Pepperは、声、触覚、感情表現により人とコミュニケーションを図ることを目的に作られ た人型ロボットであり、コンパニオン機能が強調されている。

いよいよ人間と会話が出来るロボットが一般家庭にやってくるというわけで、人造の人型ロボットと共存するSF世界がついに出現したことになる。

動物型ロボットで癒し効果を出すというものもすでに登場してきている。

こうした発想は現代突然発生してきたものではない。

古代からロボットや人造の創造物は考えられていたことである。

SF小説にも度々登場してきたわけで、そうした意味ではそれほど無関心でいられる話題ではない。

人工頭脳を持った自立型AIロボットが人間と敵対する、あるいは人間を支配しようとするSF映画なども少なくはない。

逆に、そうした人造人間に理想的な個性を見出して恋愛の感情を抱くというSF小説も確かにあった。

50年以前、SF小説の専門誌であった「SFマガジン」に掲載されていた「10月の朝」という短編小説がまさにそれであった。

作者名は忘れたが、半世紀経ても記憶に残る鮮烈なイメージを残してくれた。

そこで気付いたことは、人間はロボットの類を好ましく可愛いとイメージできる場合と、それとは逆に不気味だ、怖いと意識して忌避するすることがあるということが考えられるのである。

つまりその仕草や話しぶりが人間そっくりであることがことさら好ましいことなのか、あるいは人間に似過ぎることが何やら得体のしれない異質の存在として認識されてしまうのかどうかということである。

これは人それぞれの受け取り方であろうが、これがロボットや人造人間の本格的な登場と共に人間社会で新たなストレスを発生させることになると予想している。

このことがただの杞憂に過ぎないのかどうか、ここらが近未来的にはもっとも気になるところである。


荒唐無稽な話しだろうといわれてしまいそうであるが、今回はそれに輪をかけたような奇怪な話を紹介したい。

というのは、こうした事例はすでに過去の人類史の記録の中にいくつか散見できるからである。

まずはそれらを紹介していきたい。

不可解な話と思ってはいっても同じような話がたて続けに出てくると、これは一体全体何だというなんだろうということになるのだが、ありふれたSF小説の類ではないのは確かである。

過去の歴史上の有名な人物が登場し、しかも密かに人造人間製造にも関わってい たという意外や意外、何やら奇妙奇天烈な話なのだ。

しかもそれが歴史が古く2千年以上も昔の話だから、当然そこには何の科学的根拠もそれらしい発想さえもなかったのではと誰もが考えがちである。

ところがどっこい話が話だけに、逆にそうとばかりはいえないような部分も出てくるからなお更この話は珍奇でおもしろいことになってくる。

意外なことにそれらの事例は、人造物そのものが画期的な発明であるとかいった前向きな捉え方がされているわけではない。

むしろ人型の創造物が人間さながらの振る舞いをすることに、驚きとともに言いようのない不気味さが醸し出されている。

ここらが現代の人造ロボットの登場とはまったく異なっている。


その1つは、歌人として名高い西行(1118〜1190)が高野山の山奥で修行中に、不思議な「反魂の秘術」を使って密かに人間そっくりの者を造ったという逸話がある。

それこそ人間の姿をした人形かアンドロイドかといったところである。

西行は山中にこもって、ついにその「人間そっくりの者」をどうにか造り上げる。

しかし、ようやく出来上がったその人造人間は顔の色艶も青白く、符抜けた笛のような奇妙な声でぼそぼそ喋るので、なおさらに薄気味悪く思えてとうとう終いには山奥に捨ててしまったのだという。

こうなると西行は、優れた細工師かエンジニアかということになる。

歌人、僧侶というのは仮の姿であったということで、これなどは西行の経歴には多くの謎が隠されているといわれることにも繋がってくるような突拍子もない話なのだ。


西行はその後に京にのぼり、当時の秘術の大家として知られていた伏見前中納言師仲卿のもとを訪ねこのときの経緯を詳細に話す機会があった。

そして自分が試みた「人間そっくりの者」製作過程の手順や材料についてもあれこれと謙虚に教えを請うたという。

中納言は一通り西行の話を聞くと、彼が行った「反魂の秘術」そのものが未熟なのを指摘しただけでなく、さらに技巧的な修行によって奥義を極めれば本物そっくりの人造人間が確実に造れるのだとも語った。

そして実際に、かって中納言が造った人造人間のなかには大臣にまで出世した者がいると言って愉快そうに笑ってみせたのであった。

これは一つのブラックユーモアであろうが、今でいうところの培養されたクローン人間ともとれるわけで何とも恐ろしげな話ではないだろうか。(出典『撰集抄』参照)



実は西洋にもこれによく似た同じような話がある。

十三世紀最大のスコラ哲学者、科学者と して有名なレーゲンスブルクの司教アルベルトゥス・マグヌス(1206〜1280)は、化学、医学、精密機械工学、天文地理学といた科学全般に精通していた著名な学者でもあったが、その彼が20年以上の歳月をかけてついに全自動の機械人間・アンドロイドを造り上げたという不可思議な話がある。

magu.jpg

マグヌスが心血を注いで制作したその画期的機械人間は自ら歩き回り、人を相手に会話し、さらには召使として雑用までこなしたという優れ物であったという。

ところがある時、彼の家を訪ねてきた弟子のトマス・アクィナスと人造人間が会話していたのであるが、どうしたことか人造人間はトマスをひどく怒らせてしまった。

人造人間の応答は少しも面白くなかった上に、トマスにむかって小馬鹿にしたような傲慢な受け答えをしたのである。

激昂したトマスは、終いには傍にあったハンマーでその人造人間を叩き壊してしまった。(出典『太古史の謎』アンドール・トマス著)

一説によると、トマス・アクィナスはおしゃべり好きな人造人間の言葉遣いが原因で怒ったのではなくて、あまりにも人間そのものにしか見えないその者の言い知れぬ不気味さに恐怖を覚えて無我夢中で壊してしまったのだともいう。

不気味過ぎる存在ということでは、何やら西行の人造人間の製造失敗話とも似ているわけで、このあたりは非常に興味深いところである。

意外なことに、こうした人造人間(ロボット)に敵意を抱く人間は現代でもときたま見られるのである。

「 ロボットを殴り倒した男、ロボットに通報され逮捕 ?? シリコンバレー
カリフォルニア州・マウンテンビュー(Mountain View)警察によると、2017年4月19日、マイクロソフトとグーグルのシリコンバレー本社の近くにあるスタートアップKnightscopeの本社・駐車場で、警備ロボットを殴り倒した41歳のハードウエアエンジニアの男性が逮捕された。」
https://www.businessinsider.jp/post-33193


ここではロボットに対する何らかの違和感や差別意識が働いていたのかもしれないのであるが、いずれこうした問題が近未来の社会では多発してくることであろう。

外見だけでなく、人造人間は限りなく人間そのものに近付いていくであろうが、やはりそこにはいくばくかの不気味さは伴うように思える。


似たような話は、実ははるか古代にも事例があった。

古代中国にもこの手の奇怪な逸話が伝わっていて、たとえば魏の二代目明帝(在位226〜238)はこうした機械仕掛けを好むということで広く知られていた。

宮廷内でもいろいろな精巧な機械類を造らせていたが、なかでも曲芸や舞踊、器楽演奏までこなすカラクリ人形がことの他お気に入りであった。

同じ頃、隣国の呉の大帝(229年 - 252年. 姓・諱, 孫権)も明帝と競うようにして自分で歩くカラクリ人形を造らせていたのだが、皇后がその人間そっくりの美男の人造人間にすっかり魅せられてしまい、 これに嫉妬した皇帝は直ちに人造人間を破壊するように命じたという逸話がある。

古代中国ではこうした特殊な工作技術を、一部では「怪術の法」と言われていた。

いまでいうところのロボット電子工学か精密工学の部類である。

王族や貴族階級の間では、こうした特殊なカラクリ技巧が持て囃されていたようである。



さらにこれに繋がる最古の事例として出てくるのが、古典籍『列子』湯問篇に紹介されている3千年近く前の逸話が特に有名である。

ここらもちゃんと文献史料として残っているわけである。

周の五代目天子穆王(? - 紀元前940年)の時代に、偃師という名工が見事なカラクリ人形をつくり上げ、それを王に献上したのだという。

そのカラクリ人形の立ち振るまい、舞い踊る姿を見て穆王は本当の人間ではないかと一瞬錯覚するほどであった。

ところがこの人形は王の寵姫にこっそり色目をつかい、このことで穆王の逆鱗に触れてしまう。

人形は、女性から見れば理想的なイケメンそのものであったのだ。

これに嫉妬した穆王は怒りに任せて、いきなり人形を叩き壊そうとする。

これも無理からぬ話であって、呉の大帝と同様に王様というのは殊のほか嫉妬深いのだ。

これには製作者の偃師も大いに恐れ入って、穆王の目の前で直ちに人形をばらば らに分解してすべての仕掛けを見せたのである。

ただの人形なんですと言うわけである。

現代の人造ロボットであれば、電子部品が胴体にたくさん組み込まれているのと同じである。

その人形の体は、革や木片、にかわ、漆、白黒、丹青など多くの素材を集めて精巧に造ら れていたのであるが、穆王がよく調べると内部には内臓として肝・胆・心・肺・ 腎・腸・胃の五臓六腑が、外部には体を支える構造として筋骨・関節・皮毛・歯髪がそれぞれ似せて造ってあって人体の構造として形が見事なまでに揃っていた。

つまり、それらの各部品を複雑に組み合わせていくと元の人形の姿になるというわけである。

穆王は内部構造を興味深く観察しながら、ためしに人形の胸から心の臓を取り外してみた。

するとどうしたことか、たちどころに人形は舌がもつれた様になってうまく喋れなくなってしまった。

これをみた穆王は、面白いと感じた。

次に王が肝の臓を取り外すと人形の目が、まったく機能しなくなった。

次に腰の脇から腎の臓を取り外してみると人形は、力が抜けたようになって立って歩けなくなってしまったのである。

ここではじめて穆王は精巧で緻密な人形の構造に驚き、思わず感嘆の声を上げたのであった。──。


残念ながら古典籍『列子』自体には、これ以上の詳しい状況説明はされていない。

3千年も前にこのような精巧な人造人間が造れるかという疑問はさておき、こういう話は後世過去の人物の名を借りて創作されたと考えられるわけだが、それにしても愉快である。

なぜこのカラクリ人形は、体内の臓器部分を取り外すと喋れなくなったのか、なぜ目が機能しなくなったのか、なぜ一歩も歩けなくなったのか。

現代人から見るとその理由が判然としない。

残念なことに現代人にはそれを説明できるような情報は持ち合わせてはいない。

実はこれを種明かしして詳しく説明するには、さらに中国医学的謎解きが必要なってくるのである。



zou2.jpg


その謎解きがされると、この話しはさらに奥深いものになり格段に面白くなる。

つまりここでの古典『列子』の記述内容自体は、古代の中国医学の解剖学的な五臓と身体機能との相互の生理的関係がそれぞれに示されていて非常に興味深い部分なのだ。

実際に中国古代の医学書 『黄帝内経』の身体機能に関連する記述内容と逐一符合していて、ここらは一層興味が湧いてくる筋立てとなっている。

要するに、当時の医療に直結した解剖学や生理学の知識が網羅されているということである。

たとえば心臓と舌の生理学的関係は、『黄帝内経』では、「心は舌を主る」(陰陽応象大論)、「心気は舌に通ず」(脉度篇)と書かれている。

心臓と舌とは特別な機能的関連性があるのだという。

心臓機能の異状は、舌の動きにも機能低下をもたらすというのだ。

また肝臓と目については、「肝は竅を目に開く」、「肝は目を主る」、「肝気は目に通ず」、「肝和するとき則ち能く五色を辨ず」、「肝は血を受けて能く視る」というように記述されている。(金匱真言論・陰陽応象大論・脉度篇・五臓生成論)

肝機能の低下は、視力や目の機能の異状をきたすというのである。

このように『黄帝内経』では、五臓六腑の解剖学的情報とともに、これらの内蔵と身体機能との生理学的関連性が詳細に書かれている。

内蔵が病気で冒されると、それに関連した身体機能が低下し失調するという当時の病理観にもそのまま繋がる。

驚くべきことであるが、古代中国では数千年以前にすでにこうした詳細な内蔵の生理的機能と身体の関連性が医学情報として知られていた。

古代の医学書『黄帝内経』はそうした医学情報の宝庫でもあるのだ。

古代中国では、一時期当時の西洋文明をはるかに凌駕した自然科学的な人体考察がされていたということになる。

それらが文献情報として残されているということは、これらの医学的情報が当時の知識人にも伝わっていたということになる。

つまりここでは、心臓の機能が変調をきたすと舌が腫れて喋れなくなったりするという意味である。

またここでは肝機能の異状によって網膜の機能異常や視力の低下が現れるともいうのである。

腎機能と歩行機能との関連でも同様で、古代の中国医学的な情報を求めるならさしずめ「腎は骨を主る」(宣明五 気篇)とその関連性は書かれている。

「腎は骨を主る」とは、腎が正常に機能しなくなると体を支える骨の成長や再生が損なわれ、骨そのものが脆く弱くなるという。

これは腎機能の衰えが老化とも関連があって、骨が次第に脆くなることをも意味している。

さらには、「腰は腎の府、転揺する能わざるは腎将に憊んと す」、「筋骨解堕師、・・・歩行正しからず」(上古天真論)ということで、腎機能が弱れば足腰が衰えて萎えてしまうとされるのである。

つまりこの古代中国の人造人間の話は突き詰めていくと、見事なまでに当時考えれらていた古代中国の医学理論に基づいた生理観や病理情報を直裁に取り入れていることがわかるわけで、これがこの話の肝心な謎解きの部分というわけである。

ここらは奇妙というかミステリアスな展開である。



    Getting some air, Atlas?




























    「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」
    経絡論
    「日本人奴隷貿易」ノンフィクション

    奴隷船
    「時代小説短編集・憑依(つく)

    tuku










    denden3商品詳細
    ★電磁波中和放電装置「電磁番」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
    ★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
    ★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
    ★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
    電磁番使用時の注意事項
    ★「電磁波中和装置電磁盤」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
    そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。

    詳細は外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
    電磁波過敏症や電磁波攻撃対策法については
    外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
    電磁波中和装置電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
    「電磁波中和装置電磁番」のご案内
    電磁波過敏症の症状とはなにか
    電磁波過敏症の症状経過について
    「電磁波中和装置電磁番」の干渉中和放電効果について
    「電磁波中和装置電磁番」を使用されているお客様の声
    「電磁波中和装置電磁番」の機能と構造について
    「電磁波中和装置電磁番」に関するご質問と解説
    「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
    電磁波過敏症の症状関連の出版物
    最近の重要な電磁波情報
    不眠症対策について
    レーザーポインター攻撃
    スマホ電磁波の対策予防法
    スマホ乗っ取り攻撃について
    電磁波攻撃・嫌がらせ対策
    最新の電磁波攻撃機器とは
    米国大使館電磁波被曝事件


































    ラベル:人権問題
    posted by モモちゃん at 07:54| 歴史を先取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする