2019年01月30日

革新的技術が蔑ろにされる国

東大合格者17人が海外大に進学した理由 プレジデントオンライン 飯田 樹
2018/04/04
http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%E6%9D%B1%E5%A4%A7%E5%90%88%E6%A0%BC%E8%80%8517%E4%BA%BA%E3%81%8C%E6%B5%B7%E5%A4%96%E5%A4%A7%E3%81%AB%E9%80%B2%E5%AD%A6%E3%81%97%E3%81%9F%E7%90%86%E7%94%B1/ar-AAvrcLl?li=BBfTvMA&ocid=ientp#page=2

日本発の高品質な科学成果発表はさらに3.7%減少
http://univ-journal.jp/20092/

国内大学の論文数、化学、材料科学、物理学分野が急減
http://univ-journal.jp/19950/


日本はいずれ衰退する!?

「なぜよその国に技術が行ってしまったのか。それは企業の経営者が無能過ぎるからなんです。今、有機ELではSamsungやLGのAMOLED(アクティブマトリクス式有機EL)が知られています。つまりメイド・イン韓国ですね。でも、それは結局メイド・バイ・ジャパニーズなんです。日本は自分のところに実用化のために必要なものが全部あるのに、結局なにもできませんでした。三洋などもすごい技術を持っていたのにです」
城戸淳二教授・山形大学 大学院理工学研究科有機デバイス工学専攻教授 2017年8月10日
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1075333.html


日本からのハイレベルの論文が減るのは当たり前のことである。

いまや優秀な日本人学者は海外に研究拠点を求めている。海外の研究機関の方がはるかに研究資金が豊富だからだ。

限られた時間で多くの成果を得るには、日本国内で燻っていくよりは海外に進出した方が格段に有利であることはたしかであろう。

ひとつ日本人にネックになるのがトイレ事情である。

ウォシュレットで育った若い学生は、いまやウォシュレットのない生活環境には抵抗があるらしい。これは残念なことである。

できたらウォシュレットを引っさげてでも海外に飛躍してもらいたいものだ。

衰退していく日本で、今後も科学者が優遇されないのは判りきったことである。



発明者は日本人で、東北帝国大学の教授の八木秀次博士(1886-1976)と、当時その助手だった宇田新太郎博士(1896-1976)が1926(大正15)年2月に発明した画期的なアンテナがあった。


それは二十世紀の三大発明の1つともいわれるものである。

八木の指導の下、宇田が実際の開発作業を担当し名称もこの二人の名前に因んで正式には宇田・八木アンテナというが、特許を単独で取得した八木教授の名を冠して一般には「八木アンテナ」と呼ばれる。

戦後テレビ受信用アンテナとして世界を席巻した画期的なアンテナである。

発明された当初、日本では特許も取得されたものの、この発明の重要性が認識されないまま特許権の延長も認められなかったが、八木と宇田の最初の英文報告書は日本よりむしろアメリカで注目され物理学会でも高く評価された。

1928年に八木は米国を訪問し当時のIRE(アメリカ無線技術者協会)等で日本の短波研究の状況について講演してこのアンテナ技術は画期的な先端技術として大きな賞賛を受けた。

1930年頃には米国で宇田・八木アンテナは軍需用(航空機、船舶)としてまず活用され始め、悪天候や夜間(視界不良)に飛行機が空港に着陸するときの誘導システムとして使用されるようになる。

英国は、第二次大戦の1940年当時ドイツからの爆撃攻撃に対して複数地点より観測して目標位置を特定するという原始的な無指向性アンテナを使用する短波帯のCHレーダーから、この格段に機能性が優れた宇田・八木アンテナを使用したVHFレーダーを本格的に実用化することに成功した。

これに対して当時の日本では宇田・八木アンテナの発明がありながら、技術的にはまったく評価されずに捨て置かれたままであった。

しかもこのことが大戦中に皮肉な展開が出てくる。

昭和17年(1942)年2月25日シンガポール戦の後で、日本陸軍は英国軍からの鹵獲物としてレーダーの残骸と操作ノート(ニューマン(Newmann)文書・マニュアル)を入手するのである。

記録によると日本陸軍は、シンガポール占領時に「米国と英国の類似の地上固定式電波警戒機と移動式の対航空機用電波標定機を1組づつ、操作説明書と共に捕獲した。」(佐藤源貞博士覚書)と記録にある。

調査にあたった日本陸軍のもとでこのレーダー装置が相当に優秀な電探装置であることが判明したのであるが、ニューマン文書の中に「Yagi antenna」という言葉が頻繁に出てくるのに遭遇し、これは「ヤジ」と読むのか、それとも「ヤギ」と読むのかその語彙の意味も読み方も技術将校には分からなかった。

日本の情報将校が「Yagi」という記号が日本語であることに気付かないまま、捕虜の技術者にその意味を問うたところ、「あなたは本当にそれの意味が解らないのか?”YAGI”とはそのアンテナを開発した日本人の名だ!」と返され驚嘆したと言う実話が残されている。

米軍は英国とのレーダー技術分野の研究を共有しており、すでに1941年12月7日(現地時間(日曜日)午前7時02分)に米軍がオアフ島の北のオパナ(Opana)に設置した新型レーダーで日本軍が真珠湾を攻撃する飛行機の飛来を約200km北方に接近しつつあるのを事前に発見していた。

だが、米軍側はそれを味方の編隊機と錯覚してしまったことで、この情報は生かされなかったのだが、このときの真珠湾レーダー(Pearl Harbor Radar)にも宇田・八木アンテナがしっかりと装備されていた。

また、広島と長崎に投下された原子爆弾にもこのアンテナが装着されていて、爆弾の爆発高度を決定するために用いられていた。


何故に日本人の画期的な発明である宇田・八木アンテナは、肝心の日本国内で有効に活用されなかったのであろうか?

米英は宇田・八木アンテナの画期的な機能をいち早く認識したうえで、これを使ったレーダー装置の開発に多額の予算と技術者とを惜しまず投入した。

米英は、革新的と評価された新しい技術導入には、それだけ積極的に取り組む姿勢を見せたのである。

この辺りのトップの判断がまさしく戦略的である。

それに比べ日本の軍部にしてもその参謀首脳は低能としか思えない。

もともと日本には、並の戦術があっても確たる戦略がないのだという。

日本のトップは総じてそういう部類に入るということである。

日本企業はエンジニアを優遇しない。

エンジニアを優遇しないから日本企業は自ずと凋落していく。

凋落しつつある大手企業の優秀な技術者は次々と外資に取られ続けている。

もはやハイテク分野で二番手、三番手に立ってしまうのであれば、世界の市場でのビジネス展開も思うようには進められなくなっていくであろう。

そういうこともあって、もはやこれからは技術立国ではなく華々しく観光立国に大きく舵を切ったのがここ数年の日本の実情ではあるまいか。

まだまだ世界の下請け立国でもそこそこいけるのではないのか。











denden3商品詳細

電磁波過敏症対策・電磁波攻撃防御製品
原因不明の不快な環境ストレスの原因は、多くの場合目には見えない電磁波ノイズが関係しています。
「電磁番」は多用途の機能的防御が可能です。携帯するだけ、貼るだけ、置いておくだけ!
準静電界レベルの干渉による不快な電磁波過敏症、電磁波音波攻撃対策の防御製品として、
「電磁番」はご利用者の皆様から高い評価を頂いております。
★電磁波中和放電装置「電磁番」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
★製品サイズ 直径10cm 厚さ 1.5cm 重さ 約170g

電磁番使用時の注意事項

★「電磁波中和装置電磁盤」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。


詳細は外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏症や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏症について
電磁波攻撃によるストレス症状について
「電磁波中和装置電磁番」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏症の症状関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
電磁波被曝と準静電界について
米国大使館電磁波被曝事件





「天魔王信長の野望を打ち砕く 我が武略に勝算あり」ノンフィクション

tuku
「戦国日本人奴隷貿易の真相とキリシタン弾圧の背景」ノンフィクション

奴隷船

「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」

経絡論

「時代小説短編集・憑依(つく)」
ミステリアスな題材による時代小説
tuku
「徐福渡来伝説を検証する」太古の日本に渡来した徐福とは何者か?
古代史ドキュメント
cover2
「おいしいりょうりをつくろう」
電子絵本シリーズ
dam
「こわいおばけがでたぞ!」
電子絵本シリーズ
dom
「とおせんぼ」
電子絵本シリーズ・ぬりえができる
tosenbo
























































































































ラベル:二番手
posted by モモちゃん at 18:39| 歴史再発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

歴史教科書では失敗を教えない!

日本人は、永遠のアクタン・ゼロ(英: Akutan Zero)を知らない!


有名な二十世紀の「アクタン・ゼロ」をご存知であろうか。

1942年7月11日、先の第二次世界大戦中、アラスカ準州アリューシャン列島のアクタン島に不時着した三菱零式艦上戦闘機二一型(製造番号4593)をほとんど無傷のままアメリカ軍は回収することに成功した。

これが大戦中アメリカ軍が鹵獲した初めてのゼロ戦となったのである。

それまで太平洋上で優位に立っていた日本軍のゼロ戦について、米軍は必死に情報を探索し続けていただけにゼロ戦本体を捕獲できたことはまさに最大級の収穫物であったのだ。

勢力圏外の領域で最高の軍事機密を秘めたゼロ戦を不時着させた事実を確認したのであれば、それが残骸であろうと当然焼却してしまうのが戦時の帝国海軍、あるいは軍人としての対処法であろう。

ゼロ戦の不時着を日本側は確認していたというではないか。
このときのゼロ戦の友軍パイロットらは何を考えていたのか。
何故ゼロ戦の機密を守らなかったのか?

ゼロ戦は米軍が回収後、機体は整備修理されアメリカ軍テストパイロットによって飛行実験が繰り返された。

ゼロ戦の優れた飛行性能と弱点とが徹底的に分析され報告書が作成された。

これによってアメリカ軍は当時強敵であった大日本帝国海軍の主力戦闘機であったゼロ戦の機密のすべてを掌握し、それに対抗する実践的戦術を研究することができたのである。

戦後史でもこのアクタン・ゼロについて、アメリカにとってもっとも価値あるといってよい鹵獲物であり、「おそらく太平洋戦争における最高の鹵獲物の一つ」とまで言われている。

ゼロ戦の機密がアメリカ軍に渡った結果、太平洋上のすべての戦局が日本には不利となった。

その後、このゼロ戦1機の捕獲によって多大な戦略的被害を日本はこうむったわけである。

アクタン・ゼロの事実は歴史教科書にも巷の書籍にもほとんど記述がないのも事実である。

国民には知らされることのない不都合な戦争史ということになる。


manga1
















しかしながら、日本ではこれに似た状況がいまだに続いている。

それは日本のハイテク技術が海外に多くの失業技術者を介して漏れ出ている事実である。

長く続く不況と共にリストラされた日本企業の熟練技術者は、海外企業にスカウトされ続々と海外に流れ続けている。

この結果大方のハイテク技術は国際的な競争力を失ってしまった。

もはや技術大国、技術立国とは過去の話になりつつある。

日本企業は従来からこうした現場の技術者を優遇しないし、必然的にこうした状況が生まれる素地があったといえる。

かって日本企業に勢いがあって世界最先端のハイテク技術として脚光を浴びているとき可笑しな風潮が蔓延していた。

「プロジェクトX」という番組があって、日本企業の技術開発の現場がやたらと露呈されたのである。

企業は己の成功に奢って、それこそ自慢げにハイテク技術の開発過程を競うように美談さながらの口調で詳細に解説したのである。

私などはこれを見て、「こいつら馬鹿じゃないの」と思っていたし、終始そうした感覚を抱いていた。

自らシビアなハイテク技術の開発現場を晒す馬鹿がいるのに驚き半分、本当に呆れ返ってしまった。

さも彼らが世界のハイテク産業の先頭を走っているかのように自画自賛していたのだ。

その結果はどうなったのか。

そして当時ハイテク技術開発の成功を謳歌して、「プロジェクトX」で穂とめいていた日本企業の現在の状況はどうなったのか。

産業のコメといわれたものはどこへ消えたのか。

「アクタン・ゼロ」というか、まさしくスカタン・ゼロというところではないのか。

ハイテク技術の多くは海外に流出し、体力の弱った企業は外資に買い叩かれ、いまや多くの分野で国際競争力は失墜し凋落しつつある。

まるごと海外資本の傘下に下った企業もあるというのが現状であろう。

もうこの流れ自体は止められない。

もはや日本に残されている道というのは、世界最大の産業大国中国の下請けの地位をどうにか獲得するだけである。













denden3商品詳細

電磁波過敏症対策・電磁波攻撃防御製品
原因不明の不快な環境ストレスの原因は、多くの場合目には見えない電磁波ノイズが関係しています。
「電磁番」は多用途の機能的防御が可能です。携帯するだけ、貼るだけ、置いておくだけ!
準静電界レベルの干渉による不快な電磁波過敏症、電磁波音波攻撃対策の防御製品として、
「電磁番」はご利用者の皆様から高い評価を頂いております。
★電磁波中和放電装置「電磁番」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
★製品サイズ 直径10cm 厚さ 1.5cm 重さ 約170g

電磁番使用時の注意事項

★「電磁波中和装置電磁盤」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。


詳細は外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏症や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏症について
電磁波攻撃によるストレス症状について
「電磁波中和装置電磁番」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏症の症状関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
電磁波被曝と準静電界について
米国大使館電磁波被曝事件





「天魔王信長の野望を打ち砕く 我が武略に勝算あり」ノンフィクション

tuku
「戦国日本人奴隷貿易の真相とキリシタン弾圧の背景」ノンフィクション

奴隷船

「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」

経絡論

「時代小説短編集・憑依(つく)」
ミステリアスな題材による時代小説
tuku
「徐福渡来伝説を検証する」太古の日本に渡来した徐福とは何者か?
古代史ドキュメント
cover2
「おいしいりょうりをつくろう」
電子絵本シリーズ
dam
「こわいおばけがでたぞ!」
電子絵本シリーズ
dom
「とおせんぼ」
電子絵本シリーズ・ぬりえができる
tosenbo
























































































































ラベル:太平洋戦争
posted by モモちゃん at 07:48| 歴史の盲点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月29日

人は人間界でさえ牛のように老いる!

法華経講座

「学ぶことの少ない人は、牛のように老いる。かれの肉は増えるが、かれの知恵は増えない。」『ブッダの真理のことば・感興のことば』(中村元訳)


若い時に法華経の解説書を読んだことがありましたが、それ以来仏教には特別な関心はありませんでした。

もとより仏教は葬式宗教というセレモニーの範疇でしか見ていませんでしたが、今回さいこう先生のまとまった丁寧な法華経講義がネット上に公開されているのを知って聴講してみました。

日本文化や戦国史を考えるうえで参考になるかと思い、そうした関心もあって何度も動画を開いてみました。

とても分かり易くて、しかも奥深い仏教の教義に触れられているという感じでした。

仏教や法華経の内容に関心のある方は、これらの動画を参考にしてみてください。






さいこうの法華経講座 はじめに、時空を超えて!





さいこうの法華経講座 無量義経 徳行品 第1(1)






さいこうの法華経講座 無量義経 徳行品 第1(2)






さいこうの法華経講座 無量義経 徳行品 第1(3)







さいこうの法華経講座 無量義経 徳行品 第1(4)







さいこうの法華経講座 無量義経 徳行品 第1(5)


















denden3商品詳細

電磁波過敏症対策・電磁波攻撃防御製品
原因不明の不快な環境ストレスの原因は、多くの場合目には見えない電磁波ノイズが関係しています。
「電磁番」は多用途の機能的防御が可能です。携帯するだけ、貼るだけ、置いておくだけ!
準静電界レベルの干渉による不快な電磁波過敏症、電磁波音波攻撃対策の防御製品として、
「電磁番」はご利用者の皆様から高い評価を頂いております。
★電磁波中和放電装置「電磁番」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
★製品サイズ 直径10cm 厚さ 1.5cm 重さ 約170g

電磁番使用時の注意事項

★「電磁波中和装置電磁盤」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。


詳細は外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏症や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏症について
電磁波攻撃によるストレス症状について
「電磁波中和装置電磁番」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏症の症状関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
電磁波被曝と準静電界について
米国大使館電磁波被曝事件





「天魔王信長の野望を打ち砕く 我が武略に勝算あり」ノンフィクション

tuku
「戦国日本人奴隷貿易の真相とキリシタン弾圧の背景」ノンフィクション

奴隷船

「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」

経絡論

「時代小説短編集・憑依(つく)」
ミステリアスな題材による時代小説
tuku
「徐福渡来伝説を検証する」太古の日本に渡来した徐福とは何者か?
古代史ドキュメント
cover2
「おいしいりょうりをつくろう」
電子絵本シリーズ
dam
「こわいおばけがでたぞ!」
電子絵本シリーズ
dom
「とおせんぼ」
電子絵本シリーズ・ぬりえができる
tosenbo
























































































































ラベル:仏陀
posted by モモちゃん at 06:24| 歴史発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月27日

冬の露天風呂で遭遇したこととは!

冬の温泉入浴には注意がいる

九州は温泉の宝庫であって、ほとんどの市町村には温泉がどこかに必ずあるのではないかしらと思える土地柄でもある。

大抵、内湯以外に露天風呂がセットになっているのであるが、山奥の温泉に行ってもビックリするような大がかりな露天風呂などがあって驚かされる。

それこそ規模が大きな割に、実際に入浴している人は意外と少ないもので、時間帯にもよるだろうが、どうかすると一部屋もあろうかというような露天風呂に入っているのは自分一人というような状況がときたまある。

これは露天風呂を独り占めしたようで、それこそ贅沢な気分に浸れるというわけである。


YAMAそうした広めの露天風呂も一番奥まったところまでいくと、意外にも女風呂と繋がっていたりする。

入浴するときは男女別々に入ったのに、もっとも奥まったところは混浴コーナーもどきになっているということである。

これは九州の伝統的なおおらかさなのかどうかはわからない。

温泉が広いと云うことはうれしいことではあるが、それとは別に高齢者にはちょっと用心すべきところもある。

かって鄙びた温泉地を訪れたときに思い掛けない事件に遭遇したことがある。

それも広い露天風呂に夜9時頃入っていたのであるが、そのとき入浴している人はほんの数人であった。

一人風呂から出て行ったなあと思っていると、薄暗い湯船の中で一人背泳ぎしている人をふとみかけたのである。

温泉で泳ぐ人など珍しいのであるが、広い湯船だとときたまあることではある。

温泉場でゆったりと寛いでいるのかと思ったのであるが、次の瞬間「ゴボゴボッ」というような変な音が聞こえた。

照明が暗くてはっきりしないのであるが、何だかおかしいと思って湯船の中でたぐるように近付いていってみると、一人のお年寄りが仰向けのまま溺れかけて居るではないか。

お年寄りは泳いでいたのではなかったのだ。

このときそのお年寄りは、湯の中で倒れたままの状態で浮遊していたのである。

驚いてお年寄りの体に手を掛けて上半身を引き上げつつ、湯船の上がり口まで体を引っ張っていった。

声を掛けたが返事はない。

意識は朦朧としているが、呼吸はしているようであるから心臓マッサージなどの応急処置は必要ないと思った。

とにかく何らかの体調の異変が考えられるので、私は慌てて裸のまま浴場から飛び出てすぐさま受付で救急車を呼んで貰うよう連絡した。

このような場合、浴場は常時監視されているわけではないから、こうした緊急時には対応は遅れてしまう。

それこそ一人入浴時に異変があっても誰も気付かないのであれば、命に関わることになる。

直後にお年寄りは救急車で風呂場から搬送されていったが、その後どのような経過をみたのかは不明である。













denden3商品詳細

電磁波過敏症対策・電磁波攻撃防御製品
原因不明の不快な環境ストレスの原因は、多くの場合目には見えない電磁波ノイズが関係しています。
「電磁番」は多用途の機能的防御が可能です。携帯するだけ、貼るだけ、置いておくだけ!
準静電界レベルの干渉による不快な電磁波過敏症、電磁波音波攻撃対策の防御製品として、
「電磁番」はご利用者の皆様から高い評価を頂いております。
★電磁波中和放電装置「電磁番」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
★製品サイズ 直径10cm 厚さ 1.5cm 重さ 約170g

電磁番使用時の注意事項

★「電磁波中和装置電磁盤」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。


詳細は外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏症や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏症について
電磁波攻撃によるストレス症状について
「電磁波中和装置電磁番」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏症の症状関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
電磁波被曝と準静電界について
米国大使館電磁波被曝事件





「天魔王信長の野望を打ち砕く 我が武略に勝算あり」ノンフィクション

tuku
「戦国日本人奴隷貿易の真相とキリシタン弾圧の背景」ノンフィクション

奴隷船

「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」

経絡論

「時代小説短編集・憑依(つく)」
ミステリアスな題材による時代小説
tuku
「徐福渡来伝説を検証する」太古の日本に渡来した徐福とは何者か?
古代史ドキュメント
cover2
「おいしいりょうりをつくろう」
電子絵本シリーズ
dam
「こわいおばけがでたぞ!」
電子絵本シリーズ
dom
「とおせんぼ」
電子絵本シリーズ・ぬりえができる
tosenbo
























































































































ラベル:温泉巡り
posted by モモちゃん at 15:47| 現場を見る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月26日

思い出のオールディーズとの再会

半世紀前のオールディーズ音楽


「オールディーズ・バット・グッディーズ/OLDIES BUT GOODIES」とか、「オールディーズ音楽/OLDIES MUSIC」といわれる懐かしい音楽があります。

いわゆる1950年代前半から1960年代前半までの英語圏のポップス(ポピュラーミュージック)の事を指し示すようです。

個人的には、小学生の頃ラジオからよく流れてきた音楽だったわけで、ビートルズの音楽がヒットし始める以前の英語圏のポップスだったと記憶しています。

どの曲目もその時代の雰囲気が思い出されてきて、とても懐かしい気分に浸れる音楽です。




可愛いベイビー :コニー・フランシス / Prettyt little Baby :Connie Francis

 






HELEN SHAPIRO - YOU DON'T KNOW

 






子供じゃないの/ヘレン・シャピロ

 







悲しき16才









denden3商品詳細

電磁波過敏症対策・電磁波攻撃防御製品
原因不明の不快な環境ストレスの原因は、多くの場合目には見えない電磁波ノイズが関係しています。
「電磁番」は多用途の機能的防御が可能です。携帯するだけ、貼るだけ、置いておくだけ!
準静電界レベルの干渉による不快な電磁波過敏症、電磁波音波攻撃対策の防御製品として、
「電磁番」はご利用者の皆様から高い評価を頂いております。
★電磁波中和放電装置「電磁番」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
★製品サイズ 直径10cm 厚さ 1.5cm 重さ 約170g

電磁番使用時の注意事項

★「電磁波中和装置電磁盤」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。


詳細は外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏症や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏症について
電磁波攻撃によるストレス症状について
「電磁波中和装置電磁番」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏症の症状関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
電磁波被曝と準静電界について
米国大使館電磁波被曝事件





「天魔王信長の野望を打ち砕く 我が武略に勝算あり」ノンフィクション

tuku
「戦国日本人奴隷貿易の真相とキリシタン弾圧の背景」ノンフィクション

奴隷船

「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」

経絡論

「時代小説短編集・憑依(つく)」
ミステリアスな題材による時代小説
tuku
「徐福渡来伝説を検証する」太古の日本に渡来した徐福とは何者か?
古代史ドキュメント
cover2
「おいしいりょうりをつくろう」
電子絵本シリーズ
dam
「こわいおばけがでたぞ!」
電子絵本シリーズ
dom
「とおせんぼ」
電子絵本シリーズ・ぬりえができる
tosenbo
























































































































ラベル:16歳
posted by モモちゃん at 18:56| 昭和という時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月25日

韓国の反日姿勢はこれから本格化する!

北 ミサイル開発と実験を継続
2018/12/30(日)  .北、ミサイル開発継続…今月上旬に電波信号実験
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6308487

中身がない“政治ショー”――米朝首脳会談は金正恩の「大勝利」だった

2018/6/18
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180618-00106299-playboyz-pol


間抜けな日本人には知らされないこと?!

昨年2018年6月にシンガポールで行なわれた史上初の米朝首脳会談は、当初予想されたほどには評価されてはいなかのように報道されていた。

本当にそうであろうか?

かねてより話し合いのテーブルに着きたかった両首脳が会談できたのであるから、結果からいえばどうみても大成果であったはずである。

その理由を考えてみたい。

あらためて云うまでもなく軍事大国である以前に米国は経済大国である。

しかも国際的基軸通貨であるドルを持っていることを忘れてはならない。

一方の北朝鮮は核を保有する隠れた資源大国である。

世界最大の経済大国と世界有数の資源大国とが、どこかで経済的理由で結びつくのは必然的な流れである。

北朝鮮が核兵器を保有しているといっても、北朝鮮はただの核保有国ではないということである。

北朝鮮が核兵器を保有する理由は軍事戦略的理由だけでなく、そこには経済的要因が根底に隠されているというべきである。

他にも核保有国はいくつも上げられるであろうが、何度でも云うが北朝鮮は世界有数の地下資源保有大国でもあるのだ。

これは長年北朝鮮を偵察衛星が探査して何度も再確認されてきたことである。

当然これらのより正確な情報は米国が握っているわけであるから、当の経済大国米国がもっとも関心を寄せることになる。

それは米国が予想した以上の規模での埋蔵量であり、北朝鮮の保有する潜在的国富ともいうべき比類のない資産であることを意味する。

北朝鮮はこの国富を隣接する同盟国中国からさえも、これまで懸命にその保有を堅持し続けてきていた。

そのためには北朝鮮は国運を掛けて独自の核開発まで行ってきたのだ。

比類のない国富である地下資源を守り抜く必須のアイテムが核兵器ということになる。

この事実は隣接する韓国も十分承知のことである。

北朝鮮が保有する地下資源とは何かということをここではまず知っておかなくてはならない。

かって韓国統計庁が独自に調査し発表した「北朝鮮の主要統計指標」によると、2008年時点で北朝鮮の地下鉱物資源は総額で6兆4000億ドル規模であるとされ、その内訳は黄金2000トン、鉄5000億トン、マグネサイト60億トン、無煙炭45万トン、銅290万トン、さらに鉄鉱石や石炭、燐灰石、マグネサイト、ウランなど、二百種類を超える有用鉱物が山岳部で確認されており、もっとも経済的な価値がある鉱物資源も四十種を優に超えるとされる。

近年とみに価値が高まっている希少金属のタングステン、ニッケル、モリブデン、マンガン、コバルト、チタニウムなども豊富とされ、特にそのマグネサイトの埋蔵量(四十億トン)は世界で最大規模とみられている。

原子力開発に不可欠なウラン資源も世界最大の約四百万トンの埋蔵量があるとされるわけで、これまでにも北朝鮮の地下資源には近隣諸国(中国・ロシア)や米国も強い関心を持ち続けてきていた。

現在では実際に開発が可能な北朝鮮の地下資源はおよそ2億1600万トン規模であり、金額にして3000兆ウォンの巨額の資源を保有していると試算されている。

おそらくこれとて、相当に過少な評価であろう。

まさに北朝鮮の国土は地下資源鉱物の上に乗っていることになる。

米朝首脳会談前の国内のニュースでは間近に米朝間の緊張から戦争の危機があるかようにさかんに報道されていたが、戦争どころかこの巨大な地下資源を巡っての経済協力の話が進むべく水面下では本格的な交渉が進展していたというべきであったであろう。

意図的ではあろうが、日本の大衆娯楽メディアは何も見えてはいないと云うことになる。

当然ここで米国による最先端の外科的ピンポイント攻撃が成功して現政権が倒れてしまうということにでもなれば、直ちに中国軍が北朝鮮国内を制圧し北朝鮮の実質的国富であるすべての資源を掌握してしまうことになる。

米軍は地表施設を攻撃しただけでは、すぐにはこうした地下資源は手に入れることは出来ない。

それではまさに中国がたんまりと漁夫の利を得るわけであって、米国には何の見返りもないことになる。

それよりは現政権を保障し温存しつつ経済的関係を拡大していく方が、当面は米国の国益に繋がるではないか。

まさにここは、金持ち喧嘩せずなのだ。

だから米国は大規模な空母打撃群や世界最大の病院船まで展開して、北朝鮮を脅しすかしてでもどうにかして交渉のテーブルに金正恩を座らせようと必死であった。

放置しておれば、ロシアや中国にいずれ先を越されてしまうことになる。

米国は無駄金を使わない。あるとすればそれは初期投資が可能と見たときだけである。

トランプ大統領は有能なビジネスマンだけに、こうしたビジネスチャンスを逃すはずはあるまい。

北朝鮮の金正恩も賢くしたたかであって、ビジネスの交渉をより有利に持っていくことを狙ってきていたわけである。

独裁者として核を保有していれば、交渉の場では臆することなく対等にビジネスの話が出来るというものである。

いずれの国であろうと、核を保有する相手には一目置くことになる。

北朝鮮の金正恩にしてみれば、米国やその同盟諸国が保有する採掘技術や金属製錬技術とその市場が喉から手が出るほど欲しいのである。

世界中で誰がこれらの地下資源をもっとも高く買ってさばいてくれるのか?

どこの誰と組むべきかの問題である。

金正恩の関心はすべてそこにある。

友好国とはいえ、ロシアや中国の技術や市場規模では採算が採れるレベルへ持って行くにはきわめて効率が悪いのだ。当然市場規模も限られてくる。

自由経済圏の明かりが輝いて見えて仕方がないと云うところである。

そういう意味では北朝鮮は経済交渉を米国と進展させると同時に、明らかに国際市場にも参入したがっている。

そのためには、いまの北朝鮮の金正恩にとって中国やロシアを相手にするよりは世界最大の経済大国と直に経済交渉を進めた方が格段に実入りは大きいはずである。

国際的な紛争は、その裏を返せば多くは経済的対立でもある。

経済が主動すればそれまでの対立はたちまち解消されてくる流れになる。

そのために最大限生かすべき北朝鮮の国富としての地下資源なのである。

北朝鮮の地下資源の中でも最近注目されているのが石油である。

戦略的地下資源というべきものが、あらためてここでは注目されてくるであろう。

これまた世界有数の規模と見られている石油埋蔵を考えたとき、その採掘権を北朝鮮が保有しているというだけでも巨大ビジネスの種は尽きない。

しかもここでも石油採掘技術の重要な核心部分を米国企業が保有していることを考え合わせれば、北朝鮮の金正恩がいまただちに交渉すべき相手は当然ビジネスマン・トランプ大統領ということになる。

この筋道を金正恩が模索していく過程で、米国の関心を引きつけつつミサイル発射実験が執拗に続けられてきた。

いわば北朝鮮の米国へ向けた必死な、それこそ捨て身にも見えるメッセージだったといえよう。

対立だ、戦争だなどといっている場合ではない、肝心なことは新たな資源大国が今後どのような形で日の目を見るかどうかの話しである。

もはや見せ場としての地下核実験は必要ない。

相手の米国からみれば実験によって有用な多くの地下資源が、これ以上汚染されることをどうにかして回避させたかったのである。

放射能に汚染されれば大事なお宝資源が、それこそ台無しになってしまうではないか。

穿った見方をすれば、ようやく北朝鮮は夢にまで見た経済大国への切符を手にしたといえるであろう。

当然ビジネスの話の場だけに、日本人拉致問題などは後回しどころか割愛されるはずである。

両国間にとって日本などは邪魔なだけである。

北朝鮮国内にこれだけの国富を持っているわけであるから、それをしっかりと自国で守り続けるためには当然軍事力が必要不可欠である。

北朝鮮のそうした状況から見れば、平和よりも国富堅持が第一に優先されることになる。

安易に他国の核の傘などに入るわけにはいくまい。

であるからして、冒頭の記事のように今後も国策としてのミサイル開発も実験も中止されることはないのも当然のことである。

これまでに基礎データは十分に手に入れたのであるから、あとはさらなるミサイル開発が今後も進展していくだけのことである。

後半世紀を待たずして北朝鮮は世界有数の経済大国になり得る商機を掴もうとしている。

世界の経済発展の中心になる可能性があるということである。

これに隣国韓国は目敏く便乗する魂胆である。

韓国は米国との関係には徐々に距離を置きつつ、むしろ北朝鮮にすり寄っていくことも確かであろう。

現時点ですでにその兆候が現れてきている。

その証拠に現政権はいよいよ反日姿勢に拍車を掛けてきている。

むしろここにきて日本との関係性に楔を打っておくことが、今後とも戦略的には得策とみていることの表れである。

凋落していく日本に、このときとばかりと追い打ちを掛けるというわけである。

これらのことは世論的にも韓国民には受けがいいはずだ。

この背景にはいずれ北朝鮮と韓国は統一され、有り余る資源をもとにアジア有数の、あるいは世界に冠たる(核弾道ミサイル保有の)経済強国になるとの目論見に便乗できるという考えが現韓国政権の根底にあるということになる。

北朝鮮の国富の存在は否定しようがない事実である。

地政学的にみれば、同じ朝鮮半島にある韓国が今後最大級の恩恵を受けることは火を見るよりも明らかである。

韓国政権はそれを確信しているし、その魂胆が見え見えである。

そしてそれが韓国の自信にも繋がることになる。

米国のしたたかな思惑からいけば、現時点での日韓のいがみ合いには感知するどころか距離をおいてくるはずである。

それこそどっち付かずの態度である。

これは米国の経済戦略の内には、選択肢としてすでに南北朝鮮統一という道筋の可能性も視野に入れているともとれるわけで、米国の朝鮮半島の見方は多様化しているのだともいえる。

ここに来ておそらく韓国政権内部にもそうした思惑があるはずであって、国家的戦略として米軍撤退をもすでに織り込んでいることになる。

それこそ韓国からみれば、南北統一には米軍撤退こそが最初にクリアすべき政治的課題なのだ。

それは韓国の米軍駐留費負担問題の帰結でいずれ近い将来現実的に表面化してくるだろう。

そのとき日本はどうなるのか。

経済的立場にしても、歴史認識問題にしても近未来的な時点においていずれは日本は屈服させられるという図式である。

そうした流れが、今年以降の潮流と云うことになるはずである。







denden3商品詳細

電磁波過敏症対策・電磁波攻撃防御製品
原因不明の不快な環境ストレスの原因は、多くの場合目には見えない電磁波ノイズが関係しています。
「電磁番」は多用途の機能的防御が可能です。携帯するだけ、貼るだけ、置いておくだけ!
準静電界レベルの干渉による不快な電磁波過敏症、電磁波音波攻撃対策の防御製品として、
「電磁番」はご利用者の皆様から高い評価を頂いております。
★電磁波中和放電装置「電磁番」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
★製品サイズ 直径10cm 厚さ 1.5cm 重さ 約170g

電磁番使用時の注意事項

★「電磁波中和装置電磁盤」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。


詳細は外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏症や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏症について
電磁波攻撃によるストレス症状について
「電磁波中和装置電磁番」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏症の症状関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
電磁波被曝と準静電界について
米国大使館電磁波被曝事件





「天魔王信長の野望を打ち砕く 我が武略に勝算あり」ノンフィクション

tuku
「戦国日本人奴隷貿易の真相とキリシタン弾圧の背景」ノンフィクション

奴隷船

「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」

経絡論

「時代小説短編集・憑依(つく)」
ミステリアスな題材による時代小説
tuku
「徐福渡来伝説を検証する」太古の日本に渡来した徐福とは何者か?
古代史ドキュメント
cover2
「おいしいりょうりをつくろう」
電子絵本シリーズ
dam
「こわいおばけがでたぞ!」
電子絵本シリーズ
dom
「とおせんぼ」
電子絵本シリーズ・ぬりえができる
tosenbo
























































































































ラベル:地政学
posted by モモちゃん at 09:51| 歴史を先取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南国ハワイの音楽ショーに癒やされるとき!

南国ワイキキビーチの夜

ワイキキビーチは夕方も人出があってにぎやかです。

何だか夏祭りか花火大会の夜の雰囲気があります。

午後は気温が少し下がって、意外にもしっとりとした空気が漂っている感じがします。

これも日本の気候とはまったく違っています。





P1014517




















南国の明るい昼間の情景もいいですが、夕方の光景も素敵です。

夕方まで海に入って泳いでいる観光客も少なくありません。







RIMG0024




























皆さん、水平線に太陽が沈んでいく瞬間に一斉に感嘆の声をあげます。

それほど感動的な景観です。

大きな太陽が沈むといきなり夜がやって来たという感じになります。







RIMG0025



























そしてビーチでは慣例の音楽とフラダンスのショーが始まります。

音楽が流れると人々が周りに集まってきます。






RIMG0023


























巨大なガジュマルの木の下にステージがあります。

この雰囲気はあまり日本ではないように思います。








RIMG0026



























南国の夜 和田 弘とマヒナ スターズ










渚ゆう子『南国の夜』









denden3商品詳細

電磁波過敏症対策・電磁波攻撃防御製品
原因不明の不快な環境ストレスの原因は、多くの場合目には見えない電磁波ノイズが関係しています。
「電磁番」は多用途の機能的防御が可能です。携帯するだけ、貼るだけ、置いておくだけ!
準静電界レベルの干渉による不快な電磁波過敏症、電磁波音波攻撃対策の防御製品として、
「電磁番」はご利用者の皆様から高い評価を頂いております。
★電磁波中和放電装置「電磁番」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
★製品サイズ 直径10cm 厚さ 1.5cm 重さ 約170g

電磁番使用時の注意事項

★「電磁波中和装置電磁盤」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。


詳細は外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏症や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏症について
電磁波攻撃によるストレス症状について
「電磁波中和装置電磁番」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏症の症状関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
電磁波被曝と準静電界について
米国大使館電磁波被曝事件





「天魔王信長の野望を打ち砕く 我が武略に勝算あり」ノンフィクション

tuku
「戦国日本人奴隷貿易の真相とキリシタン弾圧の背景」ノンフィクション

奴隷船

「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」

経絡論

「時代小説短編集・憑依(つく)」
ミステリアスな題材による時代小説
tuku
「徐福渡来伝説を検証する」太古の日本に渡来した徐福とは何者か?
古代史ドキュメント
cover2
「おいしいりょうりをつくろう」
電子絵本シリーズ
dam
「こわいおばけがでたぞ!」
電子絵本シリーズ
dom
「とおせんぼ」
電子絵本シリーズ・ぬりえができる
tosenbo
























































































































ラベル:音楽祭
posted by モモちゃん at 06:42| 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月24日

ネットモールビジネスの盲点とは何か?

モール出店で馬鹿売れなのか?

昨年末にネットモールに出店してみました。

それというのも「初期費用がかからないし、いまなら月会費が無料!」という広告が出ていたからです。

親会社も一部上場ですし、これはいいかもしれないと思って出店したのですが予想外の展開でした。

以下その経緯を紹介します。

まず契約段階からしてハードルが高いのにビックリ。

契約と云うことで住民票や印鑑証明などの契約書類の一式の提出が求められる。

ネット接続するPCの認証も受けなくてはならない。

要は契約上のリスクは出店者がすべて負うと云う同意書内容に尽きる。

とにかく銀行口座を開設する以上にセキュリティーチェックといった審査自体が厳格である。

それはいいとして、パソコンを通しての実際のモール内での店舗構築の手順や管理の複雑さ、煩雑さが半端ではない。

冒頭でこれにはまず戸惑うことになるわけで、個人事業主が片手間にほいほい造っていけるような簡単な手順ではない。

出店しても決済手続きにはカード決済を含めて別会社が介在しており、その審査が完了して体制が整うまでには二月以上は掛かる。

ここらは二重に契約手続きがあって、こりゃなんじゃという感じ。

その事務処理の煩雑さに手間隙を取られるとなると、このモール出店の専属要員、それもパソコン入力に相当手慣れた者でないと到底対応出来ないであろうと感じた。

取り扱う商品が多ければその入力、管理は大変である。

途中で何度も出店を断念しようと思う所以である。

それでもどうにか入力作業をこなして出店したのはいいが、まったく反応がない。

商品を並べても閑古鳥状態。

お客さんはモール内に居るのであろうが、まったくそういう気配がない。

SEOは掛かっているのかと思う。

ネットで肝心の販売商品名を検索しても引っ掛からない。

これはおかしいと思って問い合わせると、検索サイト側の勝手な都合だとぬかす。

モール自体が外部とのリンクや交流もシステム上出来ないようになっている。自由度が欠落している。

こういう重大なポイントは実際に出店手続きしてみないと判らないことである。

一言で表現すれば、要はモールと云っても閉鎖されたネットモールということなのである。

これは予想外と云うことで、当方の取り扱う商品とはうまく噛み合わないのではないかと予感する。

まずもって露出されないことには話にならない。

入店してくる客も必然的に限定されてくる。

アマゾンや楽天と違って新興モールは知名度が低いわけであるから、入店者数も多くはあるまい。

特定の客、それもモール会員と認められたお客だけが対象と云うことであるから、規模からいけばネット利用者の実質数パーセント程度ではないかと思う。

もちろんモール自体は一般にも広告されていてネット上では入店はできるわけだが、入店して実際に商品購入する場合、グループ特定会員が購入し易い支払いシステムがメインのネットモールということになる。

さらにモールそのものはネット上にある。しかし店舗や商品の検索自体はすべてモール管理下に置かれているということになる。

だからいくらググっても店舗や商品は検索されないし、それらは外部に露出されないしできないことになる。

当初の予想が的中である。

これも実際に出店して判ったことである。

これで商機があるかと云えば当然のこと、どこまでも限定的といわざるを得ない。

しかもモール会員も年齢層の幅が限定されている。

これは実店舗同様、事前に市場調査を掛けるべきところであるが、こうした肝心な情報は出店してみなければ掴むことは出来ない。

出店してみてようやく客層が狭いという感覚がどうやら掴めるのである。

上質の確かな顧客だと云われればそれまであるが、それとて自ずと商機は限られてくる。

さらにさらに、同種の商品であればモール内での同業他社との競合があるわけで、当然のごとくモール内での場所取り合戦があり、モール主催の販促セールがある。

これとて逐一対応していくには費用負担が個別に掛かってくる。

こうなるとモール出店出来たとて何も安穏とはしておられないし、実績には繋がらない。

結局のところ、モール内で上位表示されて露出できないのであれば、まったく商品は売れないことになる。

出店したのはいいが、いつの間にか自店舗がモール内の端っこの閑散とした、それも人通りのない場所に追いやられていることに気付かされる。

結局のところ、モールと云ってもこれはネットビジネスを極端にスモール化したものを、そのままモールとして展開しているに過ぎないのではないかということである。

こうなると最終的にはモール出店の継続は諦めて閉店せざるを得ない。

月会費無料の期間が終了すれば費用負担が生じる。

契約の縛り期間があるから、無駄な経費を支払う可能性が出てくる。

モール出店はくれぐれも慎重に







denden3商品詳細

電磁波過敏症対策・電磁波攻撃防御製品
原因不明の不快な環境ストレスの原因は、多くの場合目には見えない電磁波ノイズが関係しています。
「電磁番」は多用途の機能的防御が可能です。携帯するだけ、貼るだけ、置いておくだけ!
準静電界レベルの干渉による不快な電磁波過敏症、電磁波音波攻撃対策の防御製品として、
「電磁番」はご利用者の皆様から高い評価を頂いております。
★電磁波中和放電装置「電磁番」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
★製品サイズ 直径10cm 厚さ 1.5cm 重さ 約170g

電磁番使用時の注意事項

★「電磁波中和装置電磁盤」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。


詳細は外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏症や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏症について
電磁波攻撃によるストレス症状について
「電磁波中和装置電磁番」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏症の症状関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
電磁波被曝と準静電界について
米国大使館電磁波被曝事件





「天魔王信長の野望を打ち砕く 我が武略に勝算あり」ノンフィクション

tuku
「戦国日本人奴隷貿易の真相とキリシタン弾圧の背景」ノンフィクション

奴隷船

「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」

経絡論

「時代小説短編集・憑依(つく)」
ミステリアスな題材による時代小説
tuku
「徐福渡来伝説を検証する」太古の日本に渡来した徐福とは何者か?
古代史ドキュメント
cover2
「おいしいりょうりをつくろう」
電子絵本シリーズ
dam
「こわいおばけがでたぞ!」
電子絵本シリーズ
dom
「とおせんぼ」
電子絵本シリーズ・ぬりえができる
tosenbo
























































































































posted by モモちゃん at 10:20| 現場を見る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダラブッカの響きはどこか懐かしい!

打楽器ダラブッカの演奏を集めてみました

ダラブッカは、タブラ、ドゥンベク、ダラブッケともいい、膜鳴楽器に分類される伝統的な打楽器です。

通常はベリーダンスの伴奏としてアラブ音楽やトルコ音楽でよく使われます。

ダラブッカの伝統的な演奏スタイルは、ベリーダンスの伴奏として発展してきただけにダンサーが踊りやすいように、メリハリの利いた簡潔で力強いフレーズが多く使われます。

通常のベリーダンスの伴奏では、伝統的なエジプトスタイルの2拍子系、4拍子系のものが最もよく演奏されます。




DARBUKACI ÇOCUK









Darbuka and Riq Jam Istanbul 2014

  







Top 10 Darbuka Rhythms









Darbuka Ritim-Solo

 







denden3商品詳細

電磁波過敏症対策・電磁波攻撃防御製品
原因不明の不快な環境ストレスの原因は、多くの場合目には見えない電磁波ノイズが関係しています。
「電磁番」は多用途の機能的防御が可能です。携帯するだけ、貼るだけ、置いておくだけ!
準静電界レベルの干渉による不快な電磁波過敏症、電磁波音波攻撃対策の防御製品として、
「電磁番」はご利用者の皆様から高い評価を頂いております。
★電磁波中和放電装置「電磁番」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
★製品サイズ 直径10cm 厚さ 1.5cm 重さ 約170g

電磁番使用時の注意事項

★「電磁波中和装置電磁盤」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。


詳細は外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏症や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏症について
電磁波攻撃によるストレス症状について
「電磁波中和装置電磁番」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏症の症状関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
電磁波被曝と準静電界について
米国大使館電磁波被曝事件





「天魔王信長の野望を打ち砕く 我が武略に勝算あり」ノンフィクション

tuku
「戦国日本人奴隷貿易の真相とキリシタン弾圧の背景」ノンフィクション

奴隷船

「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」

経絡論

「時代小説短編集・憑依(つく)」
ミステリアスな題材による時代小説
tuku
「徐福渡来伝説を検証する」太古の日本に渡来した徐福とは何者か?
古代史ドキュメント
cover2
「おいしいりょうりをつくろう」
電子絵本シリーズ
dam
「こわいおばけがでたぞ!」
電子絵本シリーズ
dom
「とおせんぼ」
電子絵本シリーズ・ぬりえができる
cover-image
























































































































ラベル:相撲太鼓
posted by モモちゃん at 07:13| 歴史の盲点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月23日

時空は一瞬ずれることがある!

共時性は一瞬にして起こる!


過去の記憶の中にはとても可笑しくて笑ってしまうような出来事や不可解な出来事などが、幾度もあったように思う。

それも一度や二度のことではないのである。

後から思い返してみても、やはりあれは何だか妙であるといったことが感じられるときがある。

不可解とも思えるのだが、いまだに記憶の底に消えずにそのまま残っている。

たとえば、何者かに操られているような変な気分にさせられるといった、そうした説明のつかないような不思議な体験というものは誰にでも一つや二つはあるはずである。

それは、たしかにそうした過去の出来事であった。

40年、いや50年近く以前のはるか昔のことである。


小学生のときは冬の天気がよいときは始業のベルがなるまでの間、わずかな時間ではあったが、私はひとりで校舎の東側に行って壁際で日向ぼっこをしていた。

それが私のささやかな冬の楽しみでもあった。

日向ぼっこは私だけではなくて、周囲には同級生も何人かいてわいわい騒いでいることも時たまあった。




hinata.jpg





東側の校舎の壁に沿って目の前は幅が2メートルほどのコンクリート張りの通路になっていて、すぐ向かい側は田んぼに水を流す農業用のクリーク(水路)になっていた。

通路とその水路の境にはフェンスも何もなかったし、対岸は普通の草の生えた土手であった。

当時は小学校の敷地と周囲の田んぼとの境界線が、そうした農業用の水路で囲まれているかたちになっていた。

そのクリークの幅は3メートルもあったであろうか。

春先から夏場は水量がわりと多くてさらさらとした流れがあったが、秋から冬場にかけては膝下ぐらいまでに水位が下がっていた。

そこからの風景はというと、目の前は水路が南北に流れて、その先はずっと田んぼが山すそのほうまで続いているという田舎らしいありふれた景色が広がっていた。

思い出に残るその可笑しな出来事はこの場所で偶然発生したのであった。

その日はどうしたことか、日当たりのよい壁際で日向ぼっこをしているのは私だけであった。

そこへ後から級友が二人やって来たのであるが、日向ぼっこするでもなく目の前の水路の傍まで行っていきなりふざけ始めた。

片方が水路に相手を突き落とすような悪ふざけを仕掛けて、しばらくそれを繰り返していた。

二人とも面白がって交互に水路に落とすようなそぶりで、危なっかしい遊びに興じていた。

それはほんの一瞬であった。

あっという叫び声と同時に、二人は崩れるようにして水路側に倒れこんだ。

二人は仲良く抱き合うような姿勢のまま、水路に転落してしまったのだ。

瞬間、バシャッという水音がした。

それはまさしく私の目の前で起きたのである。

晴天とはいえ、冬の寒い日である。

二人は水路から這い上がると、びしょぬれのまま慌てて職員室の方へと掛けていった。

二人は走り難かったのか、途中でズボンを脱いでいた。

ズボンを脱いだ下着姿で走っていく二人の姿がいまでも記憶に残っている。

当時は職員室にだけ暖房用の石炭ストーブがあった。

こうした場合、とりあえずそこで服を乾かすしか手立てはなかったということだ。

話はこれだけでは終わらなかった。


翌日も晴天であったので、前日同様、私は同じ場所で同じように日向ぼっこをしていた。

当然のことであるが、そのときの私は昨日の級友の転落の様子を頭に思い浮かべていた。

思い出しても何だか可笑しな成り行きであったと思った。

そこへ級友が3人やってきた。

うち二人は前日水路に転落した当の級友であった。

二人は現場検証よろしく、連れてきた別の級友に昨日の思いがけない事件の顛末をあれこれと説明していた。

現場を前にして言葉であれこれ説明するだけでは終わらずに、そのときの二人の体勢や状況を細かく再現しつつ友人に伝えようとしていた。

彼らにとってとんだ災難であったわけで、どうにかして昨日の不運な成り行きを相手に詳しく説明したいという様子が傍にいる私にも伝わってきた。

その二人の真剣さが、むしろ可笑しくもあった。

私から見れば、その成り行きは当事者同様に分かるわけだから、あらためて当人らの状況や災難の経緯が事細かに実感できるという感じであった。

そうした様子を離れてみている私にとっては、昨日と同じ情景がそのとき目の前でうまく再現されているなあという漠然とした感慨があったし、それでいてそれを誰かに見せ付けられているような不思議な感覚を覚えていた。

何故なら場所も同じ。私の立ち位置も同じ。朝の時間帯も同じ。二人の級友の立っている位置さえもまったく同じといってよかった。

同じ空間ということで、たしかにそれはとても妙な感じであった。

そこに昨日同様の情景が目の前にあって、それがまさに同じように展開されていくという蓋然性があるということは、一体これはどういうことなのであろうかという、そうした漠然とした感慨がかすかに頭をかすめた。

数十年後にビデオという映像装置が登場し、始めて映像のリプレイという機能を見せられて思わずはっとさせられた体験とどこか似ていた。

いや、それとまったく同じであったはずである。

二人のあっという叫びと同時に、私は昨日同様に二人が抱き合ったまま水路に転落していく情景を同じ位置から見ていた。

そこには再現された情景が展開していた。

いや二人の級友は、私の目の前で昨日の転落劇を見事に再演してくれていたのである。

確かにそのときの私は、内心すごく可笑しかった。

すべてが見事過ぎて、そのまま思わず大笑いしたい心境であった。

だがそれ以上に眼前であまりにも忠実に昨日の情景が再現されたことの驚きの方が、はるかに大きかった。

一体これは何なのだろう?

級友二人は水路から這い上がると舌打ちをして、濡れたズボンを脱ぐと昨日同様びしょぬれの下着姿で同じように職員室の方へと走っていったのだった。

私は昨日とまったく変わらぬ二人の後姿をずっと見つめていた。






「冬景色(冬げしき)」〜文部省唱歌メドレー「ふるさとの四季」より (根城中学校合唱部)









denden3商品詳細

電磁波過敏症対策・電磁波攻撃防御製品
原因不明の不快な環境ストレスの原因は、多くの場合目には見えない電磁波ノイズが関係しています。
「電磁番」は多用途の機能的防御が可能です。携帯するだけ、貼るだけ、置いておくだけ!
準静電界レベルの干渉による不快な電磁波過敏症、電磁波音波攻撃対策の防御製品として、
「電磁番」はご利用者の皆様から高い評価を頂いております。
★電磁波中和放電装置「電磁番」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
★製品サイズ 直径10cm 厚さ 1.5cm 重さ 約170g

電磁番使用時の注意事項

★「電磁波中和装置電磁盤」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。


詳細は外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏症や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏症について
電磁波攻撃によるストレス症状について
「電磁波中和装置電磁番」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏症の症状関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
電磁波被曝と準静電界について
米国大使館電磁波被曝事件





「天魔王信長の野望を打ち砕く 我が武略に勝算あり」ノンフィクション

tuku
「戦国日本人奴隷貿易の真相とキリシタン弾圧の背景」ノンフィクション

奴隷船

「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」

経絡論

「時代小説短編集・憑依(つく)」
ミステリアスな題材による時代小説
tuku
「徐福渡来伝説を検証する」太古の日本に渡来した徐福とは何者か?
古代史ドキュメント
cover2
「おいしいりょうりをつくろう」
電子絵本シリーズ
dam
「こわいおばけがでたぞ!」
電子絵本シリーズ
dom
「とおせんぼ」
電子絵本シリーズ・ぬりえができる
cover-image
























































































































ラベル:小学校
posted by モモちゃん at 07:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする