2020年01月05日

公家衆の優雅な色恋にl家康は難癖をつけた

人の色恋に介入した無粋な家康と江戸幕府

遊びをせんとや生まれけむ
戯れせんとや生まれけん

江戸時代初期の慶長14年(1609年)、複数の朝廷内の高位の公家衆が絡んだ醜聞事件が発覚した。

それが猪熊事件といわれるものである。

大事件でありながら、もとより日本史の入試では出題されることはない。

何故ならそれはあまりにもスキャンダラスで、風紀上不都合過ぎるからである。

発端はまさに週刊誌ネタといえるものであったのだが、結局それを誰ももみ消すことは出来なかった。

この事件によって公家の風紀上の乱脈ぶりが白日の下にさらされたというだけでなく、その後の江戸幕府による宮廷制御の強化へと繋がったきっかけとなったとされるのであるが、それだけにここでは日本史教科書にも取り上げられないスキャンダラス極まりない事件として特筆すべきものということになる。

そこには宮中での男女間の無軌道な不倫や淫蕩な関係が複雑に絡んでいた。

宮廷内では従来より不倫などは公家の間では雅な文化習俗ではあったろうが、不義密通は重罪とされる武家の習いでは決して公に許されるものではなかった。

宮中の優雅な習わしとして当たり前でも、一方の武家社会から見れば醜聞極まりなかったことになる。

この事件の中心にいたのは京都の公家であった左近衛少将猪熊教利であったが、彼は天下無双とたたえられるほどの美男子ということで宮中で知られ、『源氏物語』の光源氏や平安時代の在原業平にもたとえられた人物であっただけに京中の衆目を集めることとなった。

当時の宮中は伝統的な平安時の王朝貴族の気風も色濃く残っており、『源氏物語』同様の男女の自由恋愛も若い公達の間には当たり前のこととして受け取られ、洛中界隈でもおおっぴらに横行していた。

そうした中で、特に猪熊教利の素行は目立ったのである。

メディアがない時代に格別目立つのだから、当時としても相当なインパクトがあったということである。

教利はイケメンな上に和琴の名手であったし、当時流行のかぶき者として服装にも凝っていた。

その上、教利は精力絶倫であったから彼のもとへは少なからず若い女性が集まってきたし、次第にそうした彼の遊び仲間も周囲にたむろするようになる。

彼のしゃれた髪型や帯の結び方は京でもしきりに持て囃されていたほどであり、多くの女性にもてたことで女癖が悪く、人妻や宮廷に仕える女官達にも手を出し素行がとにかく悪かった。

そのようなこともあって、イケメンの教利は「公家衆乱行随一」と巷ではもっぱら称されてもいた。

とにかく公家の遊びとしては度が過ぎていたのである。

教利は周囲の嫉妬や妬みもあって、優雅を第一とする公家衆の間でもさすがに評判が悪かった。

慶長12年(1607年)に女官との密通がいくつか露顕したことで、ついには宮廷からから勅勘(天皇からの勘当)を蒙り、猪熊は京都から一旦追放されていたのだが、それでもいつの間にか古巣である京の街へ舞い戻ってきていた。

さっそくに遊び慣れた仲間の手引きがあったのだが、その後も教利の素行は一向にあらたまらず、仲間の公卿らを誘って再び宮中の女官との不義密通を重ねていた。

そうした中で、仲間内の左近衛権少将・花山院忠長は、こともあろうに後陽成天皇の寵愛を受けていた広橋局(武家伝奏・大納言広橋兼勝の娘)に懸想していたのであるが、いつの間にかこれにも猪熊教利が割り込むようにしてかかわってきていた。

広橋局は、これまた宮廷内でもきわめつけの美女として知られていたのであるが、一方の教利は宮中一の美男として自他共に認めるだけに、こうした状況にあって遊び好きの教利が指をくわえて見逃すはずもなかった。

教利はかねてより宮中深くまで出入りを許されていた牙医師(歯科医)の兼安備後に仲介を頼んで広橋局との文通を始めたのであるが、広橋局も相手があのイケメンの教利ということでとうとう宮廷内で密会を重ねるまでに両者の関係は進展してしまっていたのである。

宮中の雅な世界の話しとはいえ、ここらは驚くべき展開である。

一説によると、花山院忠長の密会の話を漏れ聞いた教利が忠長を脅して後からそれに便乗したのだともいうが、どちらにしても教利がその後の主導権を握って遊び仲間の飛鳥井雅賢をはじめ、色事好みの公卿衆や宮中の女官らを次々と誘い出し、様々な場所で乱交を重ねることとなったのだという。

こうなるといわゆる酒池肉林の状況とかわりない。

もとより宮廷内はすべてが雅で風雅な趣が好まれ、男女の間でも逐一『源氏物語』の世界が今様に再現されていたのである。

『源氏物語』などは特別な話しでも何でもなかった。早い話が、宮廷内では男女関係には一切のタブーはなかったのだともいえよう。

そこには独特の公家文化、習俗としての連綿として続く歴史的背景があったことになる。

しかしここにきて江戸幕府が開かれ、次第に武家の政権が力を持ってくると事情は変わってくる。

こうした目に余る大人数の乱行や淫蕩な素行については、宮廷を警備する者から京都所司代へと逐一情報がもたらされることになる。

そしてこれが一気に政治の世界、それも朝廷との力関係にも影響を与えることとなる。

幕府が支配する京都所司代は京都の治安の維持はもとより、当初より朝廷・公家衆の監察、西日本諸大名の監視がなされていたが、事が事だけにここでは慎重な探索がなされていた。

政治工作に長けた幕府側から見れば、こうした朝廷の醜聞は見逃せなかったはずである。

この間、日時や人物の特定と追跡が秘密裏に続けられ、確証となる情報が次々と京都所司代の下に集められていったのである。

その結果、将軍家康と江戸幕府はついに思い切った行動に出たのであった。

そこには朝廷内の公家同士の諍いからの密告もあったといい、ついに慶長14年(1609年)7月、後陽成天皇の寵愛を受けていた広橋局も関係していたことが天皇の耳にまで達するという事態にまで波及した。

こうなると宮廷内でももはや隠しおおせない状況に至ったわけで、いまさらのように持ち上がった淫蕩な事件の全貌が明らかになるにつけ周囲は戸惑い混乱するばかりであった。

宮中の公家衆から見れば、ことさら咎め立てするような事ではないとする思いが強かったはずなのである。

いまさら何が問題というのか?





この時いち早く行動を起こしたのは当の首謀者の猪熊教利本人であった。

これまた露見したと知ると当の猪熊教利は素早く九州の日向にまで逃れると、さらには海を渡って朝鮮国へと逃れる手筈までをも模索していたという。

このとき朝廷内で発覚してしまった乱交に関わった者を重罪として罰しようにも、もとより公家の法には死罪などは無かったわけだし、このような場合の捜査権さえもなかったのである。

当然、朝廷にはこの期に及んでも収拾の手立てがまったくなかったのである。

事は優雅すぎる男女の色恋沙汰に過ぎなかったのだから、ここは致し方あるまい。

その結果、猪熊教利の追跡と捕縛はもとより、宮廷内の捜査自体も幕府の京都所司代の手にすべてが委ねられることとなった。

ここらが事件の本当の意味での背景そのものが隠れている。

事件を聞いた大御所・徳川家康は京都所司代の板倉勝重と幾度となく綿密な協議を重ねていた。

幕府にとって、この事件そのものは朝廷を制御する好機と云えたはずである。

家康の目がこのとき鋭く光ったことは間違いあるまい。

事件の調査が進み全容が判明するにつれ、そこには五十名以上の大人数の公家衆がこの件に関わっていることが判ったのであるが、ここですべての者を死罪とすれば宮廷内が大混乱を生ずることが懸念されるという前代未聞の事態となったのである。

誰がこれをどう収拾するのか、それがこの事件の核心部分である。

主導権は明らかにこのとき幕府が握ったことになる。

いうなれば宮廷が司る多くの祭祀や伝統的文化が、ここで一気に廃れてしまうという危機的状況が出来したというわけである。

淫蕩極まりない事件は、それほどの重大事に直結してきていた。

ここにきて国母(天皇の生母)である新上東門院(勧修寺晴子)からも寛大な処置を願うという歎願が所司代や家康の下に伝えられた。

いわゆる命乞いである。

朝廷側が幕府に対して命乞いをしてみせたのである。

その年の9月、日向に潜伏していた猪熊教利が捕縛され京都へ護送されてきた。

主犯格の猪熊教利の護送直後に詳細な調書・報告書が作成された。

所司代・板倉勝重は、直ちに駿府の家康の下へ調書を持参し今回の事件の処罰について協議した。

9月23日(新暦10月20日)、駿府の家康の下から戻った板倉勝重より、事件に関わった者、内公卿8人、女官5人、地下人1人に対して以下のような寛大な処分案が朝廷に示された。


死罪 左近衛少将 猪熊教利 牙医 兼安備後(頼継)

配流左近衛権中将 大炊御門頼国 → 硫黄島配流 (→ 慶長18年(1613年)流刑地で死没)

左近衛少将 花山院忠長 → 蝦夷松前配流
 (→ 寛永13年(1636年)勅免)

左近衛少将 飛鳥井雅賢 → 隠岐配流 (→ 寛永3年(1626年)流刑地で死没)

左近衛少将 難波宗勝 → 伊豆配流 (→ 慶長17年(1612年)勅免)

右近衛少将 中御門宗信 → 硫黄島配流 (→ 流刑地で死没)

新大典侍 広橋局(広橋兼勝の娘) → 伊豆新島配流 (→ 元和9年9月(1623年)勅免)

権典侍 中院局(中院通勝の娘) → 伊豆新島配流 (→ 元和9年9月(1623年)勅免)

中内侍 水無瀬(水無瀬氏成の娘) → 伊豆新島配流 (→ 元和9年9月(1623年)勅免)

菅内侍 唐橋局(唐橋在通の娘) → 伊豆新島配流 (→ 元和9年9月(1623年)勅免)

命婦 讃岐(兼安頼継の妹) → 伊豆新島配流 (→ 元和9年9月(1623年)勅免)

恩免 参議烏丸光広  右近衛少将徳大寺実久

この処分案に対し朝廷は賛意を示すと共に、各の処刑が確定した。

10月17日(11月13日)、常禅寺において猪熊教利が斬首され、鴨川の河原で兼安が斬首された。








「天魔王信長の野望を打ち砕く 我が武略に勝算あり」ノンフィクション

tuku
「戦国日本人奴隷貿易の真相とキリシタン弾圧の背景」ノンフィクション

奴隷船

「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」

経絡論

「時代小説短編集・憑依(つく)」
ミステリアスな題材による時代小説

憑依3
「徐福渡来伝説を検証する」太古の日本に渡来した徐福とは何者か?古代史ドキュメント
cover2
「おいしいりょうりをつくろう」
電子絵本シリーズ

dam
「こわいおばけがでたぞ!」
電子絵本シリーズ

dom
「とおせんぼ」
電子絵本シリーズ・ぬりえができる

tosenbo





denden3商品詳細

電磁波過敏対策・電磁波攻撃防御製品[電磁番]denjiban-1301
あなたの気になるその不快感は電磁波が隠れた原因かもしれないのです!
慢性的な疲労感、集中力の低下、頭が重い、耳鳴り、不快なめまい、息苦しさ、眼の奥がいたむ、皮膚が乾燥してひりひりする、すく赤くなる、顔がむくんだりほてる、からだが重く疲れる、肩こりや関節の痛み・・・etc
あなたはこの苦痛を誰に訴え相談されますか?
市役所、消費者生活センターや公的機関、警察、病院、弁護士?・・・etc
そしてすっきりと解消されましたでしょうか?
原因不明の不快な環境ストレスの原因は、多くの場合目には見えない電磁波ノイズが関係しています。
反射錯乱する電磁波ノンズは遮断だけでは防御出来ないのです?!
電磁波中和装置「電磁番AZ」は多用途の機能的防御が可能です。携帯するだけ、貼るだけ、置いておくだけ!
準静電界レベルの干渉による不快な電磁波過敏、電磁波音波攻撃対策の防御製品として、
「電磁番AZ」はご利用者の皆様から高い評価を頂いております。
★電磁波中和放電装置「電磁番AZ」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。
(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
★製品サイズ 直径10cm 厚さ 1.5cm 重さ 約170g

電磁番AZ使用時の注意事項

★「電磁波中和装置電磁盤AZ」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。


詳細は
外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番AZ」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番AZについての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏について
電磁波攻撃によるストレス症状について
「電磁波中和装置電磁番AZ」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番AZ」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番AZ」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番AZ」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏の関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
電磁波被曝と準静電界について
米国大使館電磁波被曝事件
迫り来る次世代5Gの脅威とは



























ラベル:公家遊び
posted by モモちゃん at 10:25| 江戸時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする