2020年01月28日

昔から不倫騒動はちまたに蔓延していた!

不倫は雅な文化というより、ただの醜態に過ぎないのではないのか!

女性問題で官僚・政治家は何故に辞任するのか?!


芸能界・政界・教育界・宗教界の女性問題と精力絶倫との相関関係を深く考察する

進次郎「不倫ホテル代」 「虚偽答弁」を暴く証拠メール96通公開 政治資金疑惑はついに国会へ【全文公開】
2020/1/30
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200130-10001079-bunshuns-pol

東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者 杏が守るのは夫か子供か…苦しい決断に
2020/1/27 日刊現代
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200127-00000013-nkgendai-ent

横浜市の小学校長が別の学校の女教師にキスし停職
2019年12月23日
https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201912230000297.html

経験者”宮崎謙介氏、不倫騒動の原田龍二に助言「反省を見せ続けること」
2019/06/07
https://news.mynavi.jp/article/20190607-839297/

「薬師寺」トップが不倫で辞任 お相手に熱心な口説きメールhttp://news.livedoor.com/article/detail/14723272/

TOKIO山口達也が強制わいせつ容疑で書類送検
[2018年4月25日
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201804250000567.html

テレ朝「社員がセクハラ被害」 財務省に抗議へ
2018/4/18
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180418-00000093-asahi-pol

新潟知事辞任 
「中年男性がのぼせたということ」毎日新聞2018年4月18日
https://mainichi.jp/articles/20180419/k00/00m/040/065000c


中川俊直氏、女性問題で政務官辞任 「重婚ウェディング」と週刊新潮がツイート 2017年04月19日  [編集]

中川俊直経済産業政務官(46)が政務官を辞任することが決まった。
https://www.huffingtonpost.jp/2017/04/19/toshinao-nakagawa_n_16094282.html

海外台湾・日本教育界注目!2015.04
日本校長20年嫖娼萬名女性 對象13?到70?都有
2015-12-18
https://kknews.cc/world/valoo8a.html




「精力絶倫(腎張り)」という言葉があるが、これは如何にも東洋医学的意味相が強い。

さらに武道の世界では「精力善用」という、君子の行動哲学ともいうべき教えが入門者にはなされてきた。

精力を発散するにも心して善用しなければ、欲望のままではそれこそあらぬ方向に突っ走ってしまうことになる。

その結果、身を損じ、大恥をかき、世間を騒がせ顔向けできぬ事態をも招きかねないというわけである。

まさに正論である。

これが指導的立場にある先生や著名人、あるいは人気芸能人といった世間でもよく名を知られた人たちが引き起こすから、その度に巷では騒がれることになる。

人に勝るほどの有り余る精力、それも精力絶倫者(腎張り)だから暴走するのである。

それはもとより精力絶倫(腎張り)を持て余し、己で制御できない人種が無数にいるということを示唆しているのである。

これは腹が減っているからといって、やたら大飯を貪り食う姿にも似ていよう。

飯を食うのは人として当たり前でもその食い方が余りにも意地汚い、まったく節度がない、とにかく行儀作法がなっていない、一人前の大人として無様だと言われるのによほど似ていよう。

ならば、いったいその有り余る精力絶倫者(腎張り)の実体とは何なのか?

「精力善用」とて、根底には東洋的な思想としての節度ある君子の道が示されているわけであるが、それはむしろ表面的な事象に過ぎないのだ。

それは世間一般の相対的な体力というか、それこそその人物人品を全体的観点から評価したときの精神的肉体的活力そのものを指しているのに他ならない。

精力絶倫(腎張り)そのものに人格はないわけだし、善悪があるわけではない。

強いていえば、それこそ下半身の問題ではあろう。

さらにそのなかには当然のことであるが、性的能力に繋がる意味も含まれていることを忘れてはならない。

これに関しては意外にも古代中国の竹簡に書かれた古典籍に詳細な記録があるのだから驚きである。

2千年以上前の古代中国では、正統な医学と隣合わせに房中術(玄・素の術)というものが幅を効かせていた。

現代風にたとえてるなら、通常の医療とは別に精力のコントロール習得コースという修養科目があったとでもいえようか。

これなどは、体の特定の部分ということではないト−タルな身体論という捉え方があったということで、そこでは人間に備わっている精力絶倫(腎張り)そのものを明確に認識した上で、それを一つの定まった術式としの制御技術を習得していくという、いかにも東洋的発想とプロセスとが全編に溢れたものなのである。

要するに精力絶倫者(腎張り)ということで節度を失うような暴走を犯してしまえば、結果的には己の社会的面目を潰し身体にも無理な負担を掛けるてしまうことになる。

ところがこの術式はその背後にある神仙思想にからめて、そこから飛躍した理論を持ち出してくる。

そこに伝説上の有名な黄帝や神仙の彭祖といった精力絶倫者を引き出してくるところがまた面白い。

精力絶倫の権現である彭祖は一夜に四十八人の女を御したとか、四十九人の妻を持ったとか言われる神仙であり、黄帝などは房中術を極め一千二百人の女を御して白日昇天し、仙人の列に入ったというのであるが、これらに続けとばかり理論展開するわけである。

漢書芸文志』の記述によると、方技類を整理してそれぞれ医経・経方・房中・神僊の四種に分 けているが、房中術の術式は保健養生術の類として扱われており、この『芸文志 』の解説部分に次のようにある。

「房中、情性の極にして、至道の際なり。是を以て聖王外の楽みを制して、 以て内の情を禁じ、而してこれが節文を為す。伝に曰く、「先王の楽みを作すは、百事 を節する所以なり」と。楽んでは、節有れば、即ち和平寿考なり。迷者顧みざるに及んでは、以て疾を生じて性命を隕す。」

ここが房中術の最も面白いところである。

日本で編纂された医学全書『医心方』房内にあるように房中術を正しく行なわなければ「夭折の慚有り」、そして正しく「陰陽の術を得ば、即ち不死の道なり」というのである。

精力絶倫者、腎張りは「制御法を知らねば命を縮め、早死にするぞ!」と言っているのである。

「命知らずとよし言はば言へ 君故に腎虚せんこと望みなれ」(新撰筑波集・恋の都)

そうであるならば精力絶倫者(腎張り)なる者は、色恋に命がけと云うことになる。

しかも伝統的な医学の存在する一方で、ある種の神仙思想が信じられていたというところがまた愉快でもあるのだ。

事実古代中国の王侯貴族たちは、医師とは別にこうした房中術の専門家(方術士)を側に置いて精力絶倫者としての個別の生活指導を受けていた。

私がここで最も関心を持つのはやはり医術との関わりである。

たとえば精力絶倫(腎張り)とは正反対の精力減退、 性的不能(腎虚)という事例を上げてみよう。

現代的にインポテンツ(ED: Erectile Dysfunction; ED)の一語で片付けられてしまうといかにも部分的機能 低下、失調に聞こえるが、この場合などはむしろ東洋医学的に、房労(房事過多)によって腎水を渇かし腎虚、房労傷、房室損傷となり、その結果としての性的不能と言った方が辻褄が合うように思う。

医心方』房内に、「玉房秘決に云う。冲和子曰く、夫れ情を極め欲をほしいままにすれば、必ず損傷の病あり。斯れすなわち交験の著明しきものなり」とある。

だから「夭折の慚有り(早死する)」なのであるが、房中術の中ではこのように房労の認識が極めて明確なのは注目すべき特徴である。

この影響で唐の時代になると、かえって『諸病源候論』などの医学書では虚労損傷(腎気衰弱,腎気虚損,腎虚)がことさら重要視されてきている。

まさしく房労による虚労損傷(腎虚)に警鐘を鳴らしているのである。

「腎は精を蔵す。今腎虚し精を制すること能はず」、「腎気虚損。精を蔵すること能はず」と、『諸病源候論』虚労病諸候の下にあり、そこには多くの関連する病症が書かれている。

備急千金要方』を著した孫思貌にしても、養生の中で積極的に房中術を取り上げて解説をしているところをみると、彼なりに相当な認識があったと考えられる。

こうした流れは丹波康頼の『医心方』に受け継がれ、さらに後世の朝鮮医学の集大成であるところの『東医宝鑑』にも少なからず影響を与えている。

この許浚(ホジュン)の『東医宝鑑』内景篇では「精は人身の至宝なり」といい、さらに 雑病篇・虚労でも男子の病はまず房労(腎虚)を疑えと教えていることでも分かる。

精こそが生命エネルギーの源泉であるとの見方である。

また許浚の記述によると、精の質量自体は身体中に通常一升六合あるとされ、この精の蔵制が極度に充満すれば成人の場合3升ぐらいにまでなるという。

3升もあるというのは、結局体内の血液成分ということなのだろうか?

そうなると結局精力そのものは、そうした相対的な数量認識が可能ということになってくる。

当然ここでも精力絶倫者(腎張り)が俄然注目を浴びることになる。

ここに精力の相対量に自ずと個人差が生じる理由があるとされ、同時に養生の必要性が出てくるということになるわけだ。

医療であればそれは精力の温存ということであり、相対的比較でいうならばいわゆる個体差から認識されるところの精力絶倫(腎張り)ということになるわけだが、巷で云うところの精力絶倫者とは一体どういうものなのか具体的に知りたいところである。

そこでこの精力の個人差について具体的に資料を上げてみようと思う。

とはいっても、こうしたものに関して科学的、また医学的なデ−タの存在を残念ながら私は知らない。

基準値以上のイレギュラーなデータはばらつきがあるだけに学問的評価の対象とはならないということだろう。

どうやらこうした身体機能を総合的に評価統合していく見方は、現代医科学には得てして馴染まないということのようである。


しかしながら巷にはこの精力絶倫者(腎張り)なる評価が存在することは確かなことである。

その一つが文化人類学的考察である。

ちまたには精力絶倫者(腎張り)なるがゆえの不祥事や不都合なニュース記事が溢れかえっているではないか。

そうした情報からいけば、情報自体は有り余るほどにあるわけで、中には歴史的な記録にさえなっている。

歴史的記録とは何だとここでは当然問われるはずである。

そんなものがあるのかという疑問は当然出てくるはずである。

そうした史料はあるにはある。あっても学者先生がわざと触れないだけのことである。

学者としての品位が落ちると云うことで、知っていても真顔では教えてはくれないだけのことである。

必要であれば、いままで書物の中で散見した精力絶倫者(腎張り)に関する歴史的記録として明記されているものをここでもいくらでも列挙できるというわけである。

いまでも伝統ある教育界では学問の神様として崇められ見るからに謹厳実直そうな菅原道真にしても、都には数人の愛妾と20人以上の子供がいたわけだし、戦ばかりしていた戦国武将の信長(23人)や家康(16人)とて意外にも子沢山であった。

それでも源頼朝の祖父・源為義の31人には遠く及ばないし、後世の徳川幕府十一代将軍・徳川家斉などは,53人もの子供に恵まれた。

豊臣秀吉に至っては渡来してきた宣教師ルイス・フロイスの「日本史」にその精力絶倫者として姿が記録されている。
「(秀吉は)齢すでに50を過ぎていながら、肉欲と不品行においてきわめて放縦に振舞い、野望と肉欲が、彼から正常な判断力を奪い取ったかに思われた。この極悪の欲情は、彼においては止まるところを知らず、その全身を支配していた。彼は政庁内に大身たちの若い娘を300名も留めているのみならず、訪れて行く種々の城に、また多数の娘たちを置いていた。」

日本を支配する王のその絶倫ぶりに圧倒された南蛮人は、当初の日本侵略の野望をたちまち喪失してしまったわけで、これこそ怪我の功名というところであろう。

明治の元勲にしても名を残すような人物というのは政治的業績を残したと云うことでも、やはり総じて精力絶倫者(腎張り)なのである。

ジュリアス・シーザーにしてもナポレオン・ボナパルトにしても大変な艶福家であり、大きな声では言えないのだが、結局のところ突き詰めると英雄とは云えあまりもの多くの不倫騒動が重なって最後は命を狙われることになったのだとも云うことになってくる。

そこには嫉妬と怨嗟というものが背後で幾十にも錯綜しているわけで、皮肉にも精力絶倫者がなせる業でもあるのだ。

後世までそうした露呈した事実が醜聞として記録類に残されるのだから、そうなると男にとって精力絶倫(腎張り)であるということは決していいことばかりではないと云うことになる。

そう、記録と云えばこうした事例は歴史書、伝記の文献資料に溢れかえっているのも事実である。

かって精力絶倫者として有名な英国王の「ヘンリー八世の私生活」という映画があったし、たしか「毛沢東の私生活」という出版物もあった。

強大な権力を握る政治的人間の多くは大抵精力絶倫者に相応しい経歴を持っているものであるが、その他名の知れた文化人にもそうした痕跡を残している人物も少なからず存在する。

たとえばフランス文学で有名なヴィクトル・ユゴ−は精力絶倫者(腎張り)ということで巷でも知られていたわけで、彼自身の告白によると、新婚の夜彼は新妻を九回愛撫したのだという。(『ヴィ クトル・ユゴ−の生涯』アンドレ・モロウ,『新編・フランス文壇史』河盛好蔵)

また歴史書『チェ−ザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』(塩野七生著)の記述 によると、チェ−ザレ(公爵)は立ち会ったフランス国王ルイ十二世によって初夜の絶倫ぶりを証言されているわけで、そこには次のように書かれている。

「ヴァレンティ−ノ公爵(チェ−ザレ)は、私の時よりも、四本も多く槍を 折った。二回と、夜食を取った後、さらに六回もである。」とある。

十六世紀のイタリアのプラント−ムの作品として知られる『艶婦伝』による と、かってロ−マ人が一夜に十二回という当時の最多記録を達成したことが書かれてあったが、この書物は以前は新潮文庫の厳選された外国文学の中に含まれていたが、残念なことにいま現在は絶版になっている。

さらに十八世紀ロココの時代に活躍した著名なカサノバの実録回顧録によると、精力絶倫者(腎張り)らしく彼自身による十回という記録が記載されていた。これは自己申告である。

カサノバ回顧録』も以前はしっかりした全集が河出からどどんとシリーズで出でいたが、現在はこれまた残念なことに絶版となっている。

日本でもこの種の有名な記録はいくつかあって、古いところでは精力絶倫者(腎張り)としては『日本書紀 雄略天皇元年三月是月条』 に「七度」云々という具体的記述がある。

正史に書かれているのだからまっとうな精力絶倫者(腎張り)として、これなどは誰も文句の付け要はあるまい。

近代では小林一茶の日記、さらに戦後の文献ではディック・ミネの『すりこぎ随筆』(光文社刊)等でもしっかりとその有名人らの卓越した精力絶倫(腎張り)ぶりは文献資料として確認できる。

精力絶倫者(腎張り)というのは有名人には特に多いわけだが、一般庶民にもそこそこいるわけで別段特殊能力者というわけではないようである。

腎張りはおっとせい程つれ歩き

少なくとも精力絶倫者(腎張り)というは、異性にモテるのは確かである。

そして精力絶倫者(腎張り)は異性にモテるようにたゆまず努力する、らしいのである。






「天魔王信長の野望を打ち砕く 我が武略に勝算あり」ノンフィクション

tuku
「戦国日本人奴隷貿易の真相とキリシタン弾圧の背景」ノンフィクション

奴隷船

「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」

経絡論

「時代小説短編集・憑依(つく)」
ミステリアスな題材による時代小説

憑依3
「徐福渡来伝説を検証する」太古の日本に渡来した徐福とは何者か?古代史ドキュメント
cover2
「おいしいりょうりをつくろう」
電子絵本シリーズ

dam
「こわいおばけがでたぞ!」
電子絵本シリーズ

dom
「とおせんぼ」
電子絵本シリーズ・ぬりえができる

tosenbo





denden3商品詳細

電磁波過敏対策・電磁波攻撃防御製品[電磁番AZ]denjiban-1301
あなたの気になるその不快感は電磁波が隠れた原因かもしれないのです!
慢性的な疲労感、集中力の低下、頭が重い、耳鳴り、不快なめまい、息苦しさ、眼の奥がいたむ、皮膚が乾燥してひりひりする、すく赤くなる、顔がむくんだりほてる、からだが重く疲れる、肩こりや関節の痛み・・・etc
あなたはこの苦痛を誰に訴え相談されますか?
市役所、消費者生活センターや公的機関、警察、病院、弁護士?・・・etc
そしてすっきりと解消されましたでしょうか?
原因不明の不快な環境ストレスの原因は、多くの場合目には見えない電磁波ノイズが関係しています。
反射錯乱する電磁波ノンズは遮断だけでは防御出来ないのです?!
電磁波中和装置「電磁番AZ」は多用途の機能的防御が可能です。携帯するだけ、貼るだけ、置いておくだけ!
準静電界レベルの干渉による不快な電磁波過敏、電磁波音波攻撃対策の防御製品として、
「電磁番AZ」はご利用者の皆様から高い評価を頂いております。
★電磁波中和放電装置「電磁番AZ」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。
(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
★製品サイズ 直径10cm 厚さ 1.5cm 重さ 約170g

電磁番AZ使用時の注意事項

★「電磁波中和装置電磁盤AZ」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。


詳細は
外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番AZ」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番AZについての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏について
電磁波攻撃によるストレス症状について
「電磁波中和装置電磁番AZ」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番AZ」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番AZ」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番AZ」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏の関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
電磁波被曝と準静電界について
米国大使館電磁波被曝事件
迫り来る次世代5Gの脅威とは











































ラベル:精力絶倫
posted by モモちゃん at 11:50| 歴史探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする