2020年10月17日

世界的コロナ感染が終熄しない理由

コロナ災禍は今後本格化する!

アメリカでの新型コロナウイルス感染者が800万人を突破した。

4月1日に4000人を突破したというニュースに驚いていたが、ここにきて予想を超える増加率である。

ヨーロッパでも先進国といわれる国々でも死者が増え続けている。
Coronavirus Cases:39,517,391 (Last updated: October 16, 2020, 22:05 GMT)
https://www.worldometers.info/coronavirus/

すでに世界の感染者数の累計は4000万人に近付いているし、死者数は1,107,812人になっている。

インドや南米大陸でも犠牲者は大幅に増えている。

それに比較して、アジア地域でも人口密度の高い日本での感染者や死者は、いまのところ低く押さえられている。

欧米諸国から見ると、このことが奇妙なことのように捉えられている。

人口密度が高い生活空間にいる日本人が、何故に感染者や死者が少なくて済まされているのか不思議だというわけである。

医療水準そのものが、世界一だからか?

ちなみに一部では日本人の多くが、BCGを受けていることに起因しているのではないかとも云われているようである。

いまだに本当にそうなのかどうかはよく分からない。

多くの日本人はほとんどの人がマスクを装着して外出する。

店内出入りの際には手を消毒し、非接触で検温する。

医療機関や公的機関だけではなく混み合うスパー内などでは、マスク着用は必須条件である。

マスク




















衆人がこれを見事なまでに堅持し続けている。これはすごい事だと思う。

日常的にコロナ対策が徹底してきている。

その結果、いまではコロナ感染者が連日発生していない自治体や県がいくつもある。

ここで最も確かなことは、日本人の生活習慣や生活空間が欧米諸国より格段に清潔であるからだと個人的には確信している。

とにかく日本人から見れば、欧米人の生活習慣は清潔とは云えない部分があり過ぎる。

表面を着飾ることと、清潔感とは全く別ものである。

欧米人は日本人と違って、入浴といった体全体を頻繁に洗ったり日々清潔に保つという習慣そのものが少ないのも理由であろう。

見た目でどうこう云う以前に、そこには不潔さが隠されている。

体臭そのものは強い香水で紛らわせるのが、伝統的な欧米文化でもある。

アメリカ人などは、トイレに行ってもまず手を洗うということをしない。

日常的にも手を洗わずに、そのまま食事をしても平気である。

レストランのフィンガーボールなどは、よほどのことでもない限り出ては来ないであろう。

しかも家屋内も靴を履いたままの生活であって、犬猫同様そのまま寝室でも土足同然に出入りしてベッドにも寝転がる。

室内の生活空間まで靴履きのまま動き回ると云うことの不潔さに、日本人は大いに違和感を感じる。

それこそ家畜小屋と変わらない。

家屋自体が大きいだけに、屋外と室内との線引きが意外と曖昧なのだ。

ここらは欧米文化に憧れる世代にはかっこ良く見えるのかも知れないが、私らの世代から見ればてんでいただけない。

欧米人は友人との親しさを示したり、それを表現するのに身体接触を殊の外好む独特の習慣を持っている。

握手やハグ、頬同士の接触、唇によるキスなど、家族間だけではなく、他人とも頻繁にべったりと濃厚な接触を日常的に繰り返す。

こうした日頃の生活習慣は急には変えられない。

変えようとしない生活習慣ということで、これなどは感染症予防の面から見れば、きわめて危険な行為のはずである。

しかも欧米人は、日常的なマスクによる予防という行為には偏見を持っている。

特に欧米人はマスクをするのは感染した病人だけという意識が強いから、一般の健康人は感染予防のマスクをする必要性をほとんど考えることがない。

個人の生活習慣に干渉されたり、注意されることを欧米人は嫌うしいささか頑固でもある。

それだけに日本人から見れば、欧米人はあまりにも無防備過ぎる状況に身を置いているように見える。

パワーだけでは感染症は防げないはずである。

このように見ていけば、今回のような欧米での爆発的な感染拡大の危険性そのものは日常生活の習慣そのものの内にあったように思えてならない。

それこそ、人々の日常的な生活習慣など変えようはあるまい。

欧米での感染者が早期に抑制されないのであれば、今回の新型コロナウイルスによる死者は、結果的にはさらに増えることになるのではあるまいか。

今後、たしかに感染拡大については医学的な見地から解明はされてはいくだろうが、生活習慣としての清潔指向というものはきわめて重要な要素ではないかと思う次第である。









ブログ読者登録 - にほんブログ村

5G時代に対応した電磁波防御製品(新製品)の紹介

denden3商品詳細

電磁波過敏対策・5G電磁波攻撃防御製品[電磁番AZ]denjiban-1301 (送料無料)
あなたの気になるその不快感は電磁波が隠れた原因かもしれないのです!
慢性的な疲労感、集中力の低下、頭が重い、耳鳴り、不快なめまい、息苦しさ、眼の奥がいたむ、皮膚が乾燥してひりひりする、すく赤くなる、顔がむくんだりほてる、からだが重く疲れる、肩こりや関節の痛み・・・etc
あなたはこの苦痛を誰に訴え相談されますか?
市役所、消費者生活センターや公的機関、警察、病院、弁護士?・・・etc
そしてすっきりと解消されましたでしょうか?
原因不明の不快な環境ストレスの原因は、多くの場合目には見えない電磁波ノイズが関係しています。
反射錯乱する電磁波ノンズは遮断だけでは防御出来ないのです?!
電磁波中和装置「電磁番AZ」は多用途の機能的防御が可能です。携帯するだけ、貼るだけ、置いておくだけ!
準静電界レベルの干渉による不快な電磁波過敏、電磁波音波攻撃対策の防御製品として、
「電磁番AZ」はご利用者の皆様から高い評価を頂いております。
★電磁波中和放電装置「電磁番AZ」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。
(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
★製品サイズ 直径10cm 厚さ 1.5cm 重さ 約80g

電磁番AZ使用時の注意事項

★「電磁波中和装置電磁盤AZ」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。


詳細は
外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番AZ」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番AZについての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏について
電磁波攻撃によるストレス症状について
「電磁波中和装置電磁番AZ」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番AZ」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番AZ」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番AZ」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏の関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
電磁波被曝と準静電界について
米国大使館電磁波被曝事件
迫り来る次世代5Gの脅威とは






jyou




「天魔王信長の野望を打ち砕く 我が武略に勝算あり」ノンフィクション

tuku
「戦国日本人奴隷貿易の真相とキリシタン弾圧の背景」ノンフィクション

奴隷船

「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」

経絡論

「時代小説短編集・憑依(つく)」
ミステリアスな題材による時代小説

憑依3
「徐福渡来伝説を検証する」太古の日本に渡来した徐福とは何者か?古代史ドキュメント
cover2
「おいしいりょうりをつくろう」
電子絵本シリーズ

dam
「こわいおばけがでたぞ!」
電子絵本シリーズ

dom
「とおせんぼ」
電子絵本シリーズ・ぬりえができる

tosenbo




















ラベル:累計感染者数
posted by モモちゃん at 08:23| 近未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする