2020年10月29日

車の自動運転システムは軍事技術ではないのか?

科学技術はすべからく軍事に資する!


美術全集を見ていたら、風刺画家のドーミエの作品に「科学者の妄想」というのがあった。

累々と横たわる死体を眺めて、 にやりとほくそ笑んでいる科学者らしき一人の男の姿がそれには描かれていた。

科学者が大量殺戮を夢想しているという、ドーミエらしい洞察の本当の背景は知る由もないが、当時も戦争の手段として近代的な兵器開発が彼らの手によって進められていたことは疑いようのない事実であったろう。

最先端科学の需要の多くが軍事産業であることは現代の世界的コ ンセンサスであろうと思うし、かっての日本もその例外ではなかっ た。

明治時代にドイツ医学が幅を利かしたのも当時の政府が軍陣医科学の早急な導入を目指したがためであった。

当然、この当たりを勘案すれば伝統的皇漢医学では当時の富国強兵の施策には馴染まないのは誰の目にも明らかであったろう。

いまのような平和な状況にあれば、国民一般の東洋医学指向は多少強くなるであろうことは頷けるところである。
しかしいつまでもそうした時代が続くことはあるまい。

一旦、国内治安が急速に悪化すれば、たちどころに軍陣医科学が幅を利かすであろう。

まあそれはそれで妥当なことであろうと思うが、 これまで医学をも含めて科学技術は決して個人のものではなくて、 常に国家機関のコントロールがなされるものであった。

戦前戦中の日本は、要するに「科学技術はすべからく国防に資する」という軍国主義的大義名分が幅をきかせていたわけである。

太平洋戦争中の細菌部隊や化学兵器部隊の存在が明らかになってくるに従って、多くの第一線の科学者らがそうした作業に強制的に従事させられていたことがわかる。

世界の軍事大国はいまも変わらずこの理念で進んでいる。

科学の発展そのものには確かに真理追究のロマンがある。 

20世紀初頭のドイツの科学者の中には、宇宙に向けてロケットを打ち上げる夢をもって地道な研究を続けていた学者グループがあった。

これに目を付けたナチス・ ドイツは、新兵器に転用できる科学技術としてロケット研究を高く評価した。

そして瞬く間に無人爆撃機、さらにはV2号ロケットへと造り替えていった。
ヒットラーの期待に応えて、完成したV2号ロケットは次々とロンドン市内に打ち込まれ市民を震え上がらせた。

このロケットには画期的な姿勢制御装置(ジャイロ)がすでに搭載されていた。

ドイツ敗戦時、連合国側のアメリカとソ連の軍隊はこのV2号ロ ケット施設を競って接収した。

ここで工場設備はもとより、開発や製造に従事した科学者や技術者数千人を拘束しそれぞれの国に移送したのである。

そして自国内にそっくりそのままのロケット工場を造り上げた。

大戦後判明したことであるが、当時のドイツの科学技術水準は他国を大きく引き離していたわけで、皮肉にもその後の米ソの宇宙競争を支えたものは、まさにヒットラーの遺産ともいうべきこれらの先端科学技術であった。

同じように日本軍のの細菌兵器データはアメリカ国防省が戦後すべてを掌握した。
当然のことながら、科学技術というのは開発過程において莫大な時間と経費とがかかる。

それらの資金を得るためには、補助金や研究開発をバックアップしてくれる確かなスポンサーが必要になる。

軍事に力を入れている国々の科学技術者の海外への国費留学とて、軍事科学者養成の重要なプログラムの一つである。

欧米にはそうした背景が伝統的にあったから、中世の王侯貴族のもとでの詐欺まがいの錬金術でさえそうした資金集めが盛んに行われた。

イタリア・ルネッサンス時代の巨匠といえば、「モナリザ」の作者であるレオナルド・ダ・ヴィンチが有名であるが、彼は優れた画家であるだけでなく、建築、 自然科学、解剖学、天文学、機械工学、さらに地理学や数学まで幅 広い分野にわたって卓越した才能を発揮した。 reo

ダ・ヴィンチは二万ページに及ぶ研究ノートを書き残したが(三分の 二は散逸した)、その中ではすでに自動車や自転車、飛行機、ヘリ コプター、ボールベアリング、変速機、歯車といったものを考え出していたことでも知られる天才的科学者でもある。

しかしその彼でさえも自分を王侯に売り込み、資金を得るための有力なスポンサーを確保するためには手段を選ばなかった。

有力者であるミラノ公、ロドビエ・スフォ ルツァにあてた手紙には、大量殺戮兵器の設計を示唆しながら、「兵器の大家、設計者と自負する人のものはありきたりである。私はいろいろな兵器が作れるから一度会っていただきたい」と、殺人兵器の開発に貢献できることに言及して巧みな就職活動をやっている。

事実彼の残した設計図の中には、馬車に回転する刃を装備して走りながら敵兵を切り倒すものや三段式連射砲、無数の大砲を装備した戦車などもある。

さらには水を入れた巨大なフラスコをレンズにして太陽光線を集め、一度に多数の敵兵を焼き殺す光線兵器のアイデアも詳細に記録している。

その驚くべき発想には、皮肉にも近代の殺戮兵器をも彷彿とさせるほどの空恐ろしさが伴うものであった。

kaku
20世紀アメリカの原爆開発(マ ンハッタン計画)にしても二十億ドルの莫大な経費と十三万人もの科学技術者が短期間に投入されたわけである。
 

莫大な経費の掛かる不毛の兵器開発は結局この原爆というものに集約されるわけであるが、核実験が国際世論からいかに非難されよ うと、国防というスタンスが現実に存続する以上今後もどこかで強行されるはずである。

かってアメリカのネバダ州で初めて核実験が成功したとき、あのオッペンハイマー博士はわが手を見つめて「これで私も死神になった」と呟いたという。

現代世界を支えるインターネットや半導体技術、スパコン、原子炉発電、全地球型のGPS、航空機、AI、ナノ技術、大容量電池、宇宙開発、バイオ技術にしても根幹には軍事技術が大きく関わっている。

綺麗事を並べてみてもいまやそうしたテクノロジーや情報なしには世界経済も回わっていかないのも現実である。

科学者もエンジニアにしても高額な報酬や実検のための整った研究設備と云った経済的支援を常に求め続けている。

科学者としての活動が継続できる環境が補償されるのであれば、そうした最先端の研究設備や潤沢な資金力は研究者にとって最大の魅力であるはずである。

だから有能な科学者は、外資系の企業や世界の軍事大国の求めに応じて続々とそれらのもとに集まっていく。

頭脳流出などという生やさしいものではあるまい。

自分たちが造り上げた物がどう使われるかは開発した科学者が壱番よく分かっているはずであり、所詮そこには高邁な思想も理念も入り込む余地などはない。

それを端から拒むのであれば、科学者であることを今すぐ止めるべきであろう。

科学者の立場にある者は常に死神の最も近くに立っていることを肝に銘ずるべきであろうし、常にそうした道義的責任を持つべきである。

古代の宗教儀式では、神に差し出す生け贄として時には人の命が奪われることがあった。 

これは豊饒という人間の飽くなき欲求のうちに、ささやかな生け贄が用意されたわけであるが、これを野蛮というべきか否かは問題ではない。

人間の営みのうちに、必然的に犠牲者があることは事実であるし、科学のもたらす恩恵のうちにも人類は大変なリスクを背負っていることは否めないであろう。


Oculus創業者の軍事テック企業が開発中、「戦争用OS」が実現する世界
2020/10/29
https://news.yahoo.co.jp/articles/b6194538b5388cadeb295b5f7eda222b9885db23

「学問の自由」掲げ、中国に魂売る能天気な科学者
2020/10/29
https://news.yahoo.co.jp/articles/6ccc00b657b17cf81d384aac940df5dd4feecc94

中国「千人計画」参加者が明かす“拝金主義” 論文ボーナスは1500万円、データ捏造に走る者も
2020/10/30
https://news.yahoo.co.jp/articles/a02f37876a4d21e6510cdf825b513c32b76e026c


ブログ読者登録 - にほんブログ村

5G時代に対応した電磁波防御製品(新製品)の紹介

denden3商品詳細

電磁波過敏対策・5G電磁波攻撃防御製品[電磁番AZ]denjiban-1301 (送料無料)
あなたの気になるその不快感は電磁波が隠れた原因かもしれないのです!
慢性的な疲労感、集中力の低下、頭が重い、耳鳴り、不快なめまい、息苦しさ、眼の奥がいたむ、皮膚が乾燥してひりひりする、すく赤くなる、顔がむくんだりほてる、からだが重く疲れる、肩こりや関節の痛み・・・etc
あなたはこの苦痛を誰に訴え相談されますか?
市役所、消費者生活センターや公的機関、警察、病院、弁護士?・・・etc
そしてすっきりと解消されましたでしょうか?
原因不明の不快な環境ストレスの原因は、多くの場合目には見えない電磁波ノイズが関係しています。
反射錯乱する電磁波ノンズは遮断だけでは防御出来ないのです?!
電磁波中和装置「電磁番AZ」は多用途の機能的防御が可能です。携帯するだけ、貼るだけ、置いておくだけ!
準静電界レベルの干渉による不快な電磁波過敏、電磁波音波攻撃対策の防御製品として、
「電磁番AZ」はご利用者の皆様から高い評価を頂いております。
★電磁波中和放電装置「電磁番AZ」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。
(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
★製品サイズ 直径10cm 厚さ 1.5cm 重さ 約80g

電磁番AZ使用時の注意事項

★「電磁波中和装置電磁盤AZ」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。


詳細は
外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番AZ」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番AZについての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏について
電磁波攻撃によるストレス症状について
「電磁波中和装置電磁番AZ」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番AZ」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番AZ」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番AZ」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏の関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
電磁波被曝と準静電界について
米国大使館電磁波被曝事件
迫り来る次世代5Gの脅威とは







jyou




「天魔王信長の野望を打ち砕く 我が武略に勝算あり」ノンフィクション

tuku
「戦国日本人奴隷貿易の真相とキリシタン弾圧の背景」ノンフィクション

奴隷船

「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」

経絡論

「時代小説短編集・憑依(つく)」
ミステリアスな題材による時代小説

憑依3
「徐福渡来伝説を検証する」太古の日本に渡来した徐福とは何者か?古代史ドキュメント
cover2
「おいしいりょうりをつくろう」
電子絵本シリーズ

dam
「こわいおばけがでたぞ!」
電子絵本シリーズ

dom
「とおせんぼ」
電子絵本シリーズ・ぬりえができる

tosenbo




















ラベル:軍事技術者
posted by モモちゃん at 08:37| 近未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする