2014年02月24日

年金とは崩壊リスクを織り込んだ暫定制度なのか?

◆武田邦彦:【年金はなくなる】年金の完全理解と大改革(1)





http://www.office-onoduka.com/mag2/005_20070304.html

「厚生年金保険制度回顧録」

 発行:(株)社会保険法規研究会

 編集:財団法人 厚生団

  第159回国会 予算委員会 

 第18号 平成16年3月3日(水曜日)でも取り上げられた内容です。

 

  一部抜粋

  -----------------------< ここから引用開始 >-----------------------

 

  それで、いよいよこの法律ができるということになった時、 これは労働者年金保険法ですね。 すぐに考えたのは、この膨大な資金の運用ですね。 

これをどうするか。これをいちばん考えましたね。 

この資金があれば一流の銀行だってかなわない。 

今でもそうでしょう。 何十兆円もあるから、一流の銀行だってかなわない。 これを厚生年金保険基金とか財団とかいうものを作って、 その理事長というのは、日銀の総裁ぐらいの力がある。 

そうすると、厚生省の連中がOBになった時の勤め口に困らない。 

何千人だって大丈夫だと。金融業界を牛耳るくらいの力があるから、 これは必ず厚生大臣が握るようにしなくてはいけない。 

この資金を握ること、それから、その次に、 年金を支給するには二十年もかかるのだから、 その間、何もしないで待っているという馬鹿馬鹿しいことを言っていたら 間に合わない。 

そのためにはすぐに団体を作って、政府のやる福祉施設を肩替りする。 社会局の庶務課の端っこのほうでやらしておいたのでは話にならない。 

大営団みたいなものを作って、政府の保険については全部委託を受ける。 

そして年金保険の掛金を直接持ってきて運営すれば、 年金を払うのは先のことだから、今のうち、 どんどん使ってしまっても構わない。 

使ってしまったら先行困るのではないかという声もあったけれども、 そんなことは問題ではない。

 二十年先まで大事に持っていても貨幣価値が下がってしまう。 だからどんどん運用して活用したほうがいい。 

何しろ集まる金が雪ダルマみたいにどんどん大きくなって、 将来みんなに支払う時に金が払えなくなったら賦課式にしてしまえば いいのだから、それまでの間にせっせと使ってしまえ。



  -----------------------< ここまで引用終了 >----------------------- 








    TOPうだ整骨院カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
    時代小説ネット書店健康医学専門ネット書店PM2.5汚染・感染症対策電脳特選街





    denden 








    ラベル:年金制度
    posted by モモちゃん at 08:49| Comment(0) | 歴史を先取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス: [必須入力]

    ホームページアドレス: [必須入力]

    コメント: [必須入力]