2014年02月27日

驚きのパラカスの頭蓋骨:ついにDNA解析結果が出た

今世紀になってようやく謎の「パラカスの頭蓋骨」DNA解析結果が出たようである。



パラカスの頭蓋骨発見の経緯はというと、1928年、ペルー南岸部ピスコ近郊の砂漠地帯、パラカスにおいて、考古学者フリオ・テーヨ(1880〜1974年)が巨大な墓地遺跡から数多くの不思議な形の頭蓋骨を発見したことから広く知られることとなった。







発見されたそれらの頭蓋骨は太古のもので、3000年ほど前の人間のものと考えられており、その形状は縦方向に長く引き伸ばされた奇妙な形をしていた。



その頭蓋骨の異常な形状は変形などの人為的に形作られたものではなく、通常の人体の解剖学形状とも異なる特徴を最初から示していた。



長い頭の人種とは、一体どのような人たちだったのだろうか?



南米だけではなく、ロシアやエジプトにもその痕跡や遺物があるという。





これらが人類の頭蓋骨でないというのであれば、一体これはどのような生体物であったというのだろうか?




ここでは、その最新のDNA解析結果の解説記事や関連すると動画に注目したい。





「エイリアン?それとも未知の生物? 「パラカスの頭蓋骨」DNA解析結果の真偽の程は!?」











http://topics.jp.msn.com/wadai/cyzo/article.aspx?articleid=3461472#scpshrjwfbs



691B+161 長頭人間は人間ではなかった(DNAの検査結果)Long






Brien Foerster Elongated Skulls DNA results








Interview with Brien Foerster -- Unravelling the Genetics of Elongated









Enormous Cone Head Of Paracas Peru: Lost Human History Revealed









たとえ眉唾ものでも、個人的にはこういうのは楽しめます。










    TOPうだ整骨院カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
    時代小説ネット書店健康医学専門ネット書店PM2.5汚染・感染症対策電脳特選街





    denden 








    posted by モモちゃん at 19:10| Comment(0) | 歴史ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス: [必須入力]

    ホームページアドレス: [必須入力]

    コメント: [必須入力]