2015年01月02日

伝統療法の世界・吸玉・カッピングの効能について

吸玉、カッピング療法の知られざる効能


伝統的な治療法として「吸玉、吸角療法、カッピング」療法というものがある。

その起源は相当古く、東南アジアから中国、朝鮮半島、日本まで広範囲に伝播しているので、アジアの代表的な伝統医療ということになる。

おそらく4,5千年以上の歴史があるのではあるまいか。

吸玉は中国でも古い歴史と伝統があって、現代でも一般に「バッカン」とも呼ばれて使われている。

通常は木製の筒、陶器の筒、ガラスのカップが使われていて、古代では動物の角がもっぱら使われた。



吸玉療法の特徴は、とくに慢性疾患や内蔵の病気にも効能があるとされ、伝染性の疾患や出血性のものでなければ多くの疾病治療に幅広く利用することが出来る。

その手法や手順自体は実に簡単である。



RIMG0060















現在では簡便で衛生的なガラス製の器具が使われる。

まず吸玉ガラスの内側にアルコールを塗布した後に、着火しそのまま素早く患部の体表面に吸着させる。

あるいは小型の真空ポンプを使ってガラス器具内に陰圧をつくって体表に吸着させる方法もある。

皮膚面に吸盤のように吸い付くのである。



RIMG0061
















血行が悪かったり、疲労物質が蓄積した部位では吸玉の後では赤黒く皮膚が変色する。

皮膚の表面にうっ血が浮かび上がる。

それはまるで打ち身の跡のように、次第に皮膚の暗赤色に色が変わってくる。

うっ血状態が強いほど、あるいは体の状態が悪いほどその色合いはきついものになる。

結果は一目瞭然である。

色合いによって体の弱っている部分が特定できるだけでなく、吸玉を掛けることが即治療法となる。


皮膚表面ではいわゆる内蔵体壁反射による特有の生理的反応が現れていて、その部分にはうっ血部分が広がっていたり血流は弱くなっていたりするわけで、吸玉によってはっきりとその変化が見てとれる。

つまり同じように吸玉をかけてもうっ血の反応の出方は違うわけで、明らかに機能低下した部分の皮膚表面にははっきりした違いが出てくるというわけである。




RIMG0003















このような吸玉の跡がついても術後には何の痛みも違和感も無い。

皮膚刺激による治療とも言えるし、これによってうっ血した静脈の流れが改善されるわけで、皮膚表面部分での生理的なガス交換や循環機能も改善されるというものである。

これによって身体の体液レベル全体の生理的活性化を促すことになり、本来の免疫力を正常にアップさせたり、その組成バランスまでも自然な状態に持っていく狙いがある。

吸玉は、身体の健康を保つ上で重要な働きを担う血液やリンパ液の生理的機能をより改善していく自然療法ということができる。

経験的には、いまでも関西地方でよく使われているのではないかと思う。








HOME カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策時代小説ネット書店
健康医学専門ネット書店PM2.5汚染・感染症対策PC電脳特選街









denden 








posted by モモちゃん at 11:49| 現場を見る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする