2015年01月22日

クロネコメール便廃止という衝撃ニュースのウラ

悲報、何故突然廃止されるのか?


ヤマト運輸がクロネコメール便を廃止するという残念なニュースが入ってきた。

何と、2015年3月31日の受け付け分をもって終了するのだという。

どうやらクロネコメール便で信書(手紙)を送る利用者がいるということで、これが郵便法か何かに違反することになるということらしい。

利用者の違反行為を助長するわけにはいかないということなのか?

ここにきて何らかの政治的圧力が掛かったのか?

あるいは、違反者を出すような配送業務をこのまま続けてもクロネコメール便側に大したメリットはないということか?


いまどき信書(手紙)をクロネコメール便で送る馬鹿がぞろぞろ居るとは思えないが、実際にはいるらしい。

メールの時代になって信書(手紙)は減少傾向にあると思っていたが、意外や意外ここでは信書(手紙)を送るケースが相対的に増えているのだろう。


通常、信書(手紙)を送る場合はハガキか50g以下の封書で間に合う。

50g以上の信書(手紙)を送るのであれば、当然82円以上の切手購入が必要だ。

この場合だと100gオーバーでもクロネコメール便なら82円で発送できる。

だからクロネコメール便で信書(手紙)を送るというケースが出てくるのだろう。

ここで考えるに、一般的には300グラム、400gの書籍並みの重量の信書(手紙)を送ることはないだろうから、信書(手紙)が該当しない最低重量を設定してでもクロネコメール便を存続してもらいたいものだ。

これまでクロネコメール便の利便性に助けられてきただけに、廃止するというのは残念で仕方ない。

このまま廃止されれば、今後は配送料、送料が大幅にアップしてしまうことになる。

おそらくは、クロネコメール便で扱われる低コストで利便性が高い速達メール便を潰すのが本当の狙いだったのだろう。

姑息なことよ。












    TOPうだ整骨院カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
    時代小説ネット書店健康医学専門ネット書店PM2.5汚染・感染症対策電脳特選街





    denden 












     








    posted by モモちゃん at 19:08| 歴史的瞬間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする