2015年04月16日

素人でも出来る簡単SEO対策がある

それでも検索で上位表示を狙う


検索エンジンの面白いところは、ユーザーがサイト検索したときにいの一番に表示されたものがもっとも確かな情報と勝手に錯覚されるところではないでしょうか。

ラーメン店や美容院を検索したとしても、検索エンジンがそれらのラーメンの味を直接比較吟味したわけでもなく、また一々個別に美容師の腕前を体験してみたというわけでもありません。

つまりラーメンが格別旨いから検索結果が上位表示されるなどといった単純なレベルの話ではないことになります。


capture-20141007-143514






















検索するとはいっても、もうまったく別の評価基準によってそれらの検索順位を相対的に決定していることになります。


最近の検索エンジンは利巧になったなどとよくいわれますが、検索時のアルゴリズムの手数を増やしただけの話であって、サイトのコンテンツの良し悪しまで的確に評価できるものであろうはずがありません。

現実にあるとすれば、何千万件ものサイト情報を人間が1つづつ手作業で確認処理していくしか判別の方法はありません。


まず確かな情報を発信しているサイト、権威ある政府機関や研究所、大学の情報サイト、報道メディア機関のサイトなど本来サイトレベルの高いところが検索の中心に置かれているとみるべきです。

こうしたベースの上に検索エンジンが稼動しているわけで、基本的にはより有用なサイトほど上位表示され易くなっているとする理屈の上に成り立っているはずです。

そこから評価が外れれば、いわゆる「あるだけサイト」ということになります。

しかし検索されるといっても、一般のユーザーの多くは統計上は検索結果の1ページ目しか見ないわけです。

それこそ1ページ目の検索結果で大方事足りるという場合が多いわけです。

ここでは検索エンジンが検索した結果を順次表示するということと、ユーザーがその1ページ目だけを閲覧するということには特別な意味合いはないということがいえます。

検索結果をどう使うかはユーザーの自由だからです。
だからこそ忙しいユーザーは1ページ目しか見ないともいえます。

もちろんユーザは2ページ目を見てもいいわけですし、あるいは3ページ目にユーザーが本当に求めていた情報があるかもしれないわけです。

ただ便宜的にユーザーは1ページ目を重視して上位表示されたサイトにだけ集中するわけです。

ある程度の基準を満たした適当なサイト情報であっても、とりあえず間に合えばいいと考えられているということでもあります。


こういう検索エンジンの状況を踏まえた上でより確実な宣伝効果を求めていくわけですし、さらにはここからどうにかして検索エンジンに好まれるように工夫しつつ自分のサイトを上位表示させようと試みていくわけです。


前回、当方のサイトが「Googleのパンダアップデートとペンギンアップデート」によって、上位表示から一気に圏外に弾き飛ばされてしまったということを書きました。

その対応策としてやったことは、いままでとはまったく逆の手法でした。

これまでいいと思ってやったことがすべて駄目であるのなら、ここでその反対のことをやったらどうなるのかという単純な発想からとった行動でした。

いままで無闇に並べていただけのコンテンツをサイトから削ぎ落としてページを2,3割削除しました。

SEOの項目もシンプルな記述に修正してみました。

外部リンク、相互リンクの類は全て削除しました。

1ヶ月、2ヶ月とそのまま経過を見ました。

その結果どうなったか。


muti03





当然のことですが、SEOなどが検索エンジンに反映されるまで時間が掛かります。

それこそ1ヶ月、2ヶ月経っても何の変化もありませんでした。

この間ほとんど放置状態でした。

ところがそこから少しづつ変化が現れてきたのです。

思いがけないことに、徐々に検索順位が上がり始めたのです。

理由はさっぱり分かりません。

そして3ヶ月目、ついに検索1ページ目に復旧出来たのです。

しかしここで1ページ目に表示されるといっても、以前のように1位、2位といった検索のトップ上位での表示というわけにはいきませんでした。

何かが違っていたのです。

ここから先は、自作サイトには非常に厳しい状況があって、何やら限界がみえてきました。

さらにここから上位に上げるには強力なコネか伝手が必要なのだろうという感じだったのです。

もちろんここでサイトレベルの高いサイトからの後押しがあれば、もっと上位に上がれるはずなのです。

手っ取り早くPPC広告などでそれなりに費用を掛ければ簡単なことです。

さらにここでオールドドメインといった後押しの効く、それこそ強力な地縁、血縁同様のものがあるのであれば一気に上位表示は達成できます。

ここらは現実世界とどことなく似ています。

当然、ネット世界なら費用対効果がダイレクトに期待できるところなのです。

もとよりそこらは一筋縄ではいかないわけで、そうした現実を噛みしめつつ日々努力して行かざるを得ませんが、そうだからこそネット世界は格別に面白いものなのだとも言えるのです。













denden














    TOPうだ整骨院カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
    時代小説ネット書店健康医学専門ネット書店PM2.5汚染・感染症対策電脳特選街














    ラベル:検索エンジン
    posted by モモちゃん at 08:37| 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする