2015年07月14日

すべからく科学技術は国防に資する

科学は人類を幸福にするためにあるわけではない




美術全集を見ていたら、風刺画家のドーミエの作品に「科学者の 妄想」というのがあった。
それには累々と横たわる死体を眺めて、 にやりとほくそ笑んでいる科学者らしき一人の男の姿が描かれていた。


科学者が大量殺戮を夢想しているという、ドーミエらしい洞察の本当の背景は知る由もないが、当時も戦争の手段として近代的な兵器開発が彼らの手によって進められていたことは疑いようのない事実であったろう。


最先端科学の需要の多くが軍事産業であることは現代の世界的コ ンセンサスであろうと思うし、かっての日本もその例外ではなかった。
明治時代にドイツ医学が幅を利かしたのも当時の政府が軍陣医科学の早急な導入を目指したがためであった。


当然、この当たりを勘案すれば伝統的皇漢医学では当時の富国強兵の施策には馴染まないのは誰の目にも明らかであったろう。
いまのような平和な状況にあれば、国民一般の東洋医学指向は多少強くなるであろうことは頷けるところである。


今後は国内治安が急速に悪化すればたちどころに軍陣医科学が幅を利かすであろう。


まあそれはそれで妥当なことであろうと思うが、 これまで医学をも含めて科学技術は決して個人のものではなくて、 常に国家機関のコントロールがなされるものであった。


要するに「すべからく科学技術は国防に資する」という軍国主義的大義名分が幅をきかせていたわけである。


太平洋戦争中の細菌部隊や化学兵器部隊の存在が明らかになってくるに従って、多くの第一線の科学者らがそうした作業に強制的に関係を持たされていたことがわかる。


科学には確かに真理追究のロマンがある。 
今世紀初頭ドイツの科学者の中には宇宙に向けてロケットを打ち上げる夢をもって地道な研究を続けていた学者グループがあった。


これに目を付けたナチス・ ドイツは、新兵器に転用できる科学技術としてロケット研究を高く評価した。


そして瞬く間に無人爆撃機、さらにはV2号ロケットへと作り替 えていったわけである。
ヒットラーの期待に応えて、完成したV2号ロケットは次々とロンドン市内に打ち込まれ英国市民を震え上がらせた。


このロケットには画期的な姿勢制御装置(ジャイロ)がすでに搭載されていた。


ドイツ敗戦時、連合国側のアメリカとソ連の軍隊はこのV2号ロ ケット施設を競って接収した。
ここで工場設備はもとより、開発や製造に従事した科学者や技術者6千人を拘束しそれぞれの国に移送したのである。


大戦後判明したことであるが、当時のドイツの科学技術水準は他国を大きく引き離していたわけで、皮肉にもその後の米ソの宇宙競争を支えたものは、まさにヒットラーの遺産ともいうべきこれらの先端科学技術であった。


同じように日本軍の細菌兵器データはアメリカ国防省が戦後すべてを掌握した。
当然のことながら、科学技術というのは開発過程において莫大な時間と経費がかかる。


それらの資金を得るためには、補助金や研究開発をバックアップしてくれるスポンサーが必要になる。


欧米にはそうした背景が伝統的にあったから、王侯貴族のもとでの詐欺まがいの錬金術でさえ盛んに行われた。


イタリア・ルネッサンス時代の巨匠といえば、「モナリザ」の作者であるレオナルド・ダ・ヴィンチが有名であるが、彼は優れた芸術家であるだけでなく、建築、 自然科学、解剖学、天文学、機械工学、さらに地理学や数学まで幅 広い分野にわたって卓越した才能を発揮した。 reo


ダ・ヴィンチは二万ページに及ぶ研究ノートを書き残したが(三分の 二は散逸した)、その中ではすでに自動車や自転車、飛行機、ヘリ コプター、ボールベアリング、変速機、歯車といったものを考え出していたことでも知られる天才的科学者でもある。


しかしその彼でさえも自分を王侯に売り込み、有力なスポンサー を得るためには手段を選ばなかった。


ミラノ公、ロドビエ・スフォ ルツァにあてた手紙には、大量殺戮兵器の設計を示唆しながら、「兵器の大家、設計者と自負する人のものはありきたりである。私はいろいろな兵器が作れるから一度会っていただきたい」と、殺人兵器の開発に貢献できることに言及して巧みな就職活動をやっている。


事実彼の残した設計図の中には、馬車に回転する刃を装備して走りながら敵兵を切り倒すものや三段式連射砲、無数の大砲を装備した戦車などもある。


さらには水を入れた巨大なフラスコをレンズにして 太陽光線を集め、一度に多数の敵兵を焼き殺す光線兵器のアイデアも詳細に記録している。


その驚くべき発想には、皮肉にも近代の殺戮兵器をも彷彿とさせるほどの空恐ろしさが伴うものであった。

kaku
20世紀アメリカの原爆開発(マ ンハッタン計画)にしても二十億ドルの莫大な経費と十三万人もの科学技術者が短期間に投入されたわけである。
 

莫大な経費の掛かる不毛の兵器開発は結局この原爆というものに集約されるわけであるが、核実験が国際世論からいかに非難されようと、国防というスタンスが現実に存続する以上今後もどこかで強行されるはずである。


かってアメリカのネバダ州で初めて核実験が成功したとき、あのオッペンハイマー博士はわが手を見つめて「これで私も死神になった」と呟いたという。


科学者は常に死神の最も近くに立っていることを肝に銘ずるべきであろうし、常にそうした道義的責任を持つべきである。
古代の宗教儀式では、神に差し出す生け贄として時には人の命が奪われることがあった。
 

これは豊饒という人間の飽くなき欲求のうちに、さ さやかな生け贄が用意されたわけであるが、これを野蛮というべきか否かは問題ではない。


人間の営みのうちに、必然的に犠牲者があることは事実であるし、 科学という恩恵のうちにも人類は大変なリスクを背負っている。



人々が科学に対して過剰な希望と幻想を託すことは、本当は怖いことでもあるのだ。



>











    TOPうだ整骨院カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
    時代小説ネット書店健康医学専門ネット書店PM2.5汚染・感染症対策電脳特選街






    ラベル:軍事大国
    posted by モモちゃん at 09:52| 歴史の盲点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする