2015年10月09日

巡航ミサイル「カリブル」がついに発射された!

やはり血は争えない

10月7日、ロシア海軍カスピ小艦隊の4隻の艦艇から、シリア領内のテロリストの陣地に向けロシアの高精度巡航ミサイル「カリブル」26発が発射された。

今回攻撃を実施した4隻の艦艇は11661K警備艦「ダゲスタン」、21631小型ロケット艦「グラード・スヴィヤージスク」、「ウグリーチ」、「ヴェリキー・ウスチョグ」といわれ、最新鋭のカスピ小艦隊の「カリブル巡航ミサイル」搭載艦の全てが参加した模様。

今回ここで初めてロシア製の高精度巡航ミサイルが実戦の場で登場したわけで、欧米では相当なインパクトがあったらしい。

この亜音速の長距離艦対地巡航ミサイル「カリブル」の射程は1500km以上(最大2500km)で、システムや能力はアメリカ軍のトマホーク巡航ミサイルに非常に類似している。

目標に向かって地上50メートルを低空で飛行する。

ロシア、米国両国ともこうしたミサイルシステムは先の大戦で登場したナチスドイツの技術をしっかりと継承しているわけだから、それこそ双子の兄弟といっていいほど運用全般が類似していることになる。



Массированный удар высокоточным оружием по объектам ИГИЛ в Сирии из акватории Каспийского моря

 






トマホーク巡航ミサイル発射 アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦 - BGM-109 Tomahawk

 
























denden














    TOPうだ整骨院カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
    時代小説ネット書店健康医学専門ネット書店PM2.5汚染・感染症対策電脳特選街






    ラベル:巡航ミサイル
    posted by モモちゃん at 22:57| 歴史的瞬間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする