2016年01月09日

流浪の民とジプシー音楽の夕べ

ロシア民謡の夕べ


「二つのギター」という作者不詳のロシア民謡があるが、バンドやその編曲によってそれぞれ曲想や趣が異なってくる。

テンポも違うしずいぶんとイメージそのものが変わってくる。

今回、「二つのギター」をいくつか選んでみた。





オーソドックスなロシア民謡:「二つのギター」









演奏:ザ・ムスタングの 「二つのギター」





北欧のバンドではザ・スプートニクスのものがよく知られているが、個人的にはこのムスタングのものが好きである。





 


Two Guitars - Russian Gypsy Music








演奏と唄:ユル・ブリンナー 「二つのギター」






ブリンナーの「二つのギター」には別に古典的な曲調のものもあるが、これがお勧めである。

彼は映画俳優になる以前は、13歳からパリでジプシー音楽をギター演奏し自らも歌っていた。


















denden 











TOP カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
時代小説ネット書店健康医学専門ネット書店PM2.5汚染・感染症対策PC電脳特選街HPカネマサ工房
ラベル:ジプシー音楽
posted by モモちゃん at 18:14| 歴史探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする