2016年03月02日

一昔前の詩心シリーズ:昭和歌謡

昭和という時代の色はどんな色が似合うのだろうか



時代そのものがバラ色でないことだけは確かだが、それほど明るい色が合うとも思えない。

といっても黒一色でもないわけで、そこにはもう一つ別の色があったように思える。

いろいろな色彩が思い浮かぶのだけど、ここは黒に対しての対蹠の色調としてはやはり赤ではないだろうか。

黒と赤、そして赤に対しての黒である。

いや黒があったから赤色なのかもしれない。

赤と黒が色濃く織りなす時代であったということか。






鶴田浩二「赤と黒のブルース」(モノラル)

 







時代遅れの酒場         歌、高倉健

 







昭和ブルース(天知茂 )出演 唄:天知 茂

 







あがた森魚 赤色エレジー









長谷川きよし 黒の舟唄

 













denden 














TOP カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
時代小説ネット書店健康医学専門ネット書店PM2.5汚染・感染症対策PC電脳特選街HPカネマサ工房

ラベル:時代背景
posted by モモちゃん at 17:09| 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする