2016年06月30日

日本の伝統的発酵食品なら味噌ですね

毎日食べるものは自家製がいい


健康食を考える上でその中心に置いて考えるべき日常の食べ物は味噌だと思う。

日本人の食生活に不可欠な食材ということで味噌に特別な拘りを持ておられる方も少なくないであろう。

まず味噌は日本人の健康食としてその筆頭に位置する存在に違いない。

味噌に拘りを持てば必然的に手作り手前味噌ということになる。


味噌づくりには、大豆と米こうじ、塩を用意する。





RIMG0547

















今回は、教えてもらった分量は、大豆900グラム、塩600グラム、米こうじ3キログラムであった。

我が家も何年か前から自前で味噌を仕込むようになったが、実際に手伝うのは今回が初めて。






RIMG0549





















大豆を柔らかく煮てすり潰したものに細かくほぐした米こうじを混ぜ合わせる。

さらにこれに塩を加えて丁寧に混ぜる。

使用する容器や道具は、カビや雑菌が繁殖しないように事前に消毒しておく。






RIMG0553




















さらに混ぜ合わせて出来たものを小分けしてボールのように丸めていく。

仕上げは空気が入らないようにボール状にしたものを少しづつ押し固めながら容器に入れていく。

上からラップを密着させて味噌の表面をきれいに覆う。







RIMG0550




















手作り味噌を食べ始めると市販の味噌とは比較にならない美味しさに遭遇することになる。

味の芳醇さはもちろんその風味や香りに格段の違いがある。

自家製味噌は熟成に少なくとも半年は必要である。

市販の促成物とは違った本物の美味しさがある。

仕込んだ直後は味噌は黄色っぽい大豆の色である。

これが半年経つと次第に発酵して味噌全体の熟成が進んでくる。







RIMG1724


















熟成した味噌壷を開けると味噌特有の芳香が広がってくる。

味噌の色も茶褐色になっていて、時間の経過と共にその色が濃くなっていく感じで熟成が進んでいく。





RIMG1723

















始めて体験したが、味噌作りは意外と面白い。

しかもこれは何やら男性向きの作業のように思える。























denden 








hal2







hals_minne002









TOP カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
時代小説ネット書店健康医学専門ネット書店PM2.5汚染・感染症対策PC電脳特選街HPカネマサ工房

ラベル:発酵食品
posted by モモちゃん at 08:22| 現場を見る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする