2016年10月24日

ここから先は日本人に教えてやることはない!


頭の中で人の声が聞こえませんか?

携帯電話の電磁波に脳腫瘍リスク WHO組織が指摘
世界保健機関(WHO)の国際がん研究機関(IARC)が、携帯電話の電磁波による脳腫瘍リスクには「限定的な証拠が認められる」とする結果を公表。 [ITmedia]
 世界保健機関(WHO)の国際がん研究機関(IARC)は5月31日、携帯電話の電磁波と脳腫瘍リスクについて過去の調査を評価した結果、携帯電話の電磁波による脳腫瘍リスクには「限定的な証拠(limited evidence)が認められる」とする結果を公表した。 同組織が携帯電話の電磁波による脳腫瘍リスクの可能性について認めたのは初めて。 14カ国の31人によるワーキンググループが24〜31日に会合を開き、欧米の過去の調査結果などを評価した。Copyrightc 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved




ケータイ放射線でDNAの二本鎖切断が証明されていた(米 上院公聴会)

米国上院公聴会において、日本国内では絶対に出てこない携帯電話による電磁波被曝についての医科学者による驚くべき証言がなされています。

・ケータイ放射線でDNAの二本鎖切断が証明されていた(米 上院公聴会)

画面下の歯車マークをクリックし日本語を選択すると字幕が表示されます。









Wi Fi、無線LAN副作用の危険性










マイクロ波の危険性 法の外にいる御用学者達























jidai03









denden 










TOP カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
健康医学専門ネット書店PM2.5汚染・感染症対策PC電脳特選街HPカネマサ工房






ラベル:御用学者
posted by モモちゃん at 13:08| 現場を見る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする