2016年11月10日

現代に伝えられた謎のオーパーツって何?

オーパーツって、ご存知ですか?

貴金属である最古のプラチナ使用例は3000年以上前の古代エジプト第18王朝 (紀元前1567−1320年)までさかのぼることができ、当時のファラオの装身具にプラチナが使われていたことが知られている。

 この最古のプラチナ製装飾品が、「テーベの小箱」と呼ばれる化粧箱である。(ルーブル美術館蔵)

同様に南米エクアドル、ペルー、コロンビアでは、古代のインディオたちが高度な精錬・冶金・鍛造の技術を用いて、純度80 パーセント以上のプラチナの装身具を製作していた。

 特に紀元前100年頃、古代南米文明であるプレ・インカ文明では、ゴールドとプラチナを使った儀式用の宝飾品が作られていた。

原住民のインディオ(古代アンデス人)は、はるか昔から金や銀、プラチナの冶金・加工技術を確立していたと推定されるのだが、プラチナのを溶かす摂氏1770度以上の高温をコ ントロールする当時の冶金術がどのようなものであったのか、その技術がいまだに解明されないままである。

因みにプラチナは融点が最も高い金属であり、プラチナの加工技術がヨーロッパで確立したのは18世紀後半のことであり、本格的な炉が欧米で作られたのは19世紀初頭であった。






【驚愕】存在するはずのない謎の遺物・オーパーツ7選  










存在するはずのない謎の遺物・オーパーツ 【驚愕】謎だらけ!未だ解明されていない地球上の古代遺跡・遺物・オーパーツ   












【衝撃】月面に高さ5600mの超巨大な塔が立っている!?Google Moonで発見!隠された謎とは?【月の恐るべき事実】












【衝撃】地球上の現代の科学でも解明できない謎10選!嘘のようで本当の話。















jidai03




denden 










カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
健康医学専門ネット書店PM2.5汚染・感染症対策PC電脳特選街HPカネマサ工房

ラベル:月の遺跡
posted by モモちゃん at 18:04| 歴史ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする