2016年11月15日

日本の風土から小さなメダカが消えそうだ?!

めだかの学校


以前よりメダカを飼いたいと思っていたのですが、つい先日知人から7匹ほど譲っていただきました。


RIMG1210























大きさは2センチあるかないかほどの小さな淡水魚なのですが、これがまた非常に可愛いのです。




RIMG1211


















ぴっぴっと素早く泳ぐのですが、ずっと見ていても見飽きません。





RIMG1219





鉢の中に水草を入れてやっているのですが、ときたまその陰から出てきて泳ぎ回っています。













子供のころ遊んだころは、それほど可愛いとか感じてはいなかったと思うのですが、不思議と何だか郷愁を感じるような気がします。






RIMG1214
それだけ年を取ったということなんでしょうか?













いまではそこらの小川に行ってもメダカはまったくいません。

メダカが生息できるような環境ではないのです。

辛うじてメダカ愛好家のもとで生き残っているというわけです。


ところがよく聞いてみるとメダカを飼っている愛好家の方が、意外にも周りに多いということが分かりました。

みなさん密かに飼っているんですね。びっくりポンです!

これには驚きました。
















jidai03




denden 










カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
健康医学専門ネット書店PM2.5汚染・感染症対策PC電脳特選街HPカネマサ工房

ラベル:淡水魚
posted by モモちゃん at 09:35| 現場を見る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする