2016年11月17日

大牟田市有明レトロ建造物の画像紹介

レトロな財産がある

大牟田市というところは、個人的にはとても懐かしいい都市である。

以前はちょっとしたデパートがあって、田舎町から年に何回か親に連れて行ってもらうのがとても楽しみであった。

大牟田は日本の近代において石炭産業の中核にあって、三池炭鉱を筆頭に経済発展に貢献してきた輝かしい歴史がある。

石炭産業の衰退とともにその勢いは失われた感はあるが、かっての生産や輸送を担った港湾や多くのインフラ設備はいまでも市内各所に残されている。





RIMG1238





















昨日、建設中の有明無料道路を車で走っていたら車窓からとてもレトロなレンガ壁が目に飛び込んできた。




RIMG1243




















思わず途中で道路を迂回してその建造物をわざわざ見に行った。

その建物は青空に映えて見事に輝いて見えた。






RIMG1240





















毎日この建物を目にしている人には格別な思いはないのかもしれないが、産業基盤を支えたこういう歴史的建造物がいまだにしっかりと残されていることはまれなことのように思える。

こうした風格のある外観はそう簡単にはにじみ出てはこない。






RIMG1242




















歴史を感じさせるとてもモダンで均整の取れた建造物である。

窓枠の形や中のステンドグラスなど雰囲気がいい。






RIMG1241



















大牟田市は終戦間際に大規模な米軍による爆撃によって甚大な被害を受けた。

そうした戦災を潜り抜けた建造物であれば、なお一層輝いて見えることになる。










jidai03




denden 










カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
健康医学専門ネット書店PM2.5汚染・感染症対策PC電脳特選街HPカネマサ工房

タグ:産業遺産
posted by モモちゃん at 10:06| 歴史再発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする