2016年11月21日

尾張名古屋弁が何故標準語ではないのかのん?

名古屋弁を標準語に

かっては秀吉が日本六十六州を統一し、その支配下に置いたのだから尾張弁辺りが標準語になっていたとしてもおかしくはないところである。

秀吉の天下が彼一代で終わった短命政権であったことで、この標準語の流れそのものは途中で頓挫してしまったのだと思われる。

名古屋弁は言い回しが微妙な変化があって面白い。

聴いていて何だか元気になる感じかする。

女性が使うととても愛嬌があっていい感じである。

戦国の敵方との交渉の場では説得力が発揮されて、調略にはもっとも適していたのではなかろうか?

むしろ平和時には向かないのかもしれない。






名古屋弁講座











河村たかし名古屋市長 -[Network2010]










方言彼女。 方言講座 右手愛美(名古屋弁)










アミライト.mp4















jidai03




denden 










カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
健康医学専門ネット書店PM2.5汚染・感染症対策PC電脳特選街HPカネマサ工房

タグ:天下統一
posted by モモちゃん at 11:15| 歴史再発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする