2017年02月10日

環境破壊も歴史的レベルの中国の現状

いきなり中国:肺がん死亡率が465%増
ジャーナリズム .
http://biz-journal.jp/2016/02/post_13630.html

「中国、肺がん死亡率が465%増…危険な大気汚染が日本に「越境汚染」のおそれも
 1月18日付北京晩報記事によると、北京市衛生委員会を中心に、北京市内の病院や北京大学腫瘍研究センターなどが行った共同研究で、北京市民のがん患者の数は毎年約3.6%の割合で増加を続けており、15年前と比べて550%の増加となっている。また、1日平均で113人ががんにかかっており、同市市民の死因は8年連続で悪性腫瘍がトップだ。」

すべての情報が統制されこうした環境情報の公表が禁止された中国では、これらの関連論文もすでにすべて削除されてしまっている。

北京、最悪の大気汚染は「危険」レベル [公害・汚染]、 大気の越境汚染が本格化している。

深刻な大気汚染問題を抱える 中国ではPM2.5が原因と見られるスモッグで、飛行機が着陸不可という事態が度々発生している。

まるで毒ガス弾…中国各地を襲う大気汚染というニュースの見出しが躍るのは日本だけである。

客観的に言えば、ここにきて中国は国土の環境防衛に失敗したわけで、今後の経済発展には暗雲が立ち込めてくると思われる。

結果これらの大きなリスクを抱えたまま、周辺諸国まで汚染を振りまいていくことになる。

いずれ重金属やメチル水銀汚染も本格的に懸念されてくるであろう。

もう、ここまでいくともとへは戻れない。


北京・香港の大気汚染:リアルタイム大気質指標(AQI)

http://aqicn.org/city/hongkong/jp/





【衝撃の中国】危険なスモッグ!この空模様が毎日のように続きます・・・中国の実態








豚にアヒル 人間の死体が漂流する河川








【観覧注意】 衝撃!中国のリサイクル食用油 原料は下水道の汚水









【衝撃の中国】環境汚染!川に直接ゴミを捨てる危険な業者!もうダメですか?中国の実態








【閲覧注意】絶対に食べてはいけない危険な中国食品トップ10








中国の環境破壊問題!PM2 5と黄砂の大気、水質、土壌汚染で川が爆発炎上、奇形児童量産で癌症村の出現・・・?帰化した元中国人が未来を予想する!
 














jidai03




denden 










カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
健康医学専門ネット書店PM2.5汚染・感染症対策PC電脳特選街HPカネマサ工房

ラベル:環境汚染
posted by モモちゃん at 18:01| 歴史的瞬間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする