2017年03月12日

アガルタに繋がる人類史の大きな謎とは何か?

ハイジャンプ作戦の謎

日本人には耳慣れないことであるが、西洋やアジア大陸の一部では古代より地底には別の王国があるといわれてきた。

それがアガルタ伝説である。

SF小説でもジュール・ヴェルヌが 1864年に「地底探検」を発表したし、1959年にはそういう映画が作られた。

アガルタとは、地球の中心に別世界あるという説であるだけではなく、それは人々があこがれる理想世界を意味しており、同時にアガルタは地底に存在するという都市の名称でもあるという。

20世紀にはナチス・ドイツがアガルタに強い関心をもっていて、探検隊を世界各地に派遣したとかいわれるが、それ以外にも実際に古今東西の多くの科学者や権力者、探検家がアガルタを捜し求めてきた。

さらには戦争直後の米軍による南極におけるハイジャンプ作戦の謎も絡んでくるし、ときたま報道される南極の古代遺跡や3つの古代ピラミッドの存在も注目される。
 

最近ではCIA元職員エドワード・スノーデンが、米国政府内部の極秘情報として地底人の存在を示唆したことが知られる。

地底人世界は、地上の人類世界よりもはるかに高度な文明が発達していているとされるだけに、ここらは俗悪な人類世界ではにわかには信じがたい話ではあるのだが、宇宙旅行以上にスリリングな世界が本当に足元にあるということになれば愉快この上ないことである。

それこそ平和なアガルタの住人からみれば、地表の人類のいまの様子はまるで野蛮な戦国時代を見ているようなものであろう。




ナチス・ドイツ : UFO作戦 (ロシア/2006) [日本語字幕]  










【閲覧注意】地球の内部が空洞だった説が衝撃的すぎる・・・ 地球の内部には高度文明があるなど地球空洞説に関する知られたくない事実。 【ミステリー】











南極大陸の謎! グーグルアースで古代遺跡を発見! かつて南極には古代文明が存在していた?  










ロシア 巨大隕石落下 (CIA元職員スノーデンの極秘情報 地底人)

 








極秘映像(ソビエトの宇宙船ミールから撮影された地球内部の入り口の映像) アガルタ - 地球内部の入り口 Top secret"AGARTHA - INNER EARTH ENTRANCE"












jidai03




denden 


















カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
健康医学専門ネット書店PM2.5汚染・感染症対策PC電脳特選街HPカネマサ工房

posted by モモちゃん at 12:22| 歴史ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする