2017年04月01日

次第に失われていく方言という地方文化

方言には何故だか癒し効果がある?

標準語の世界で育った人には、地方出身者の喋る方言の微妙なニュアンスというものはやはり分からないだろうと思う。

同時に地方出身者も数年間都会で生活すると、使い慣れていた地元の方言の聞こえ方が次第に変わって来るのがわかる。

それは生まれ育った土地の方言に親しみを持つのと同時に、ときたま帰省した時などには新たに身に着いた都会の言語感覚が働いて、今までとは違った別のフィルターを通して方言を聴いているような感覚に陥る。

そのときは、意外にも自分が使って来た方言がひどく田舎っぽく聞こえてしまうのだ。

まるで自分が始めから都会人であったかのように、その耳であらためて地方の方言を聴いているような妙な感覚を覚えるのである。






ココリコミラクルタイプ/奥様は地方出身者










ココリコミラクルタイプ/方言バトル(屋台戦争)

 








方言合コン

 








ココリコミラクルタイプ キャバクラ嬢の素顔








jidai03








denden 


















カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
健康医学専門ネット書店PM2.5汚染・感染症対策PC電脳特選街HPカネマサ工房

ラベル:地方出身
posted by モモちゃん at 09:07| 伝承記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする