2017年04月25日

ちょいとモダンな駅に降り立った・由布院駅舎

湯布院のJR由布院駅舎をみる

由布市湯布院町のJR由布院駅の駅舎を紹介します。

見た目にもしゃれた外観をしています。

1990年(平成2年)竣工の駅舎は、大分県出身の建築家・磯崎新が設計した木造構造のもので、全体に礼拝堂をイメージしたものとされています。

高さは約12メートルあります。


RIMG0173



















田舎の駅舎ですが、有名な観光地ということでこの駅を利用する乗降客はわりと多いです。

外国人観光客もよく見かけます。





RIMG0169



















シンプルで落ち着いた雰囲気があります。




RIMG0170


















駅舎の天井壁部分はガラス張りになっていて内部の採光が配慮されています。






RIMG0171

















入り口の右隣が広めの待合室になっています。






RIMG0174



















待合室の壁全体はギャラリーに利用できるようになっていて、由布院の催し物案内だけでなく、いつもボランティアによる写真展や絵画展があっています。

小さなステージもあって、ちょっとした演奏会も開かれます。






RIMG0175






























ここも天井が一部ガラス張りなので、雨の日も室内は明るいようです。







RIMG0176



















駅ホームの様子です。


温泉地らしくホームの端に観光客のための足湯の設備(有料)があります。

ここでは列車の待ち時間を利用して足湯が楽しめるというわけです。






RIMG0177






















由布院駅の真向かいには由布岳がみえます。

湯布院は海抜が高いので、天気が悪いと由布岳はほとんど雲に隠れて見えません。






RIMG0172



















これが晴天ともなると、由布岳がくっきりと目の前に現れます。







RIMG1350
































jidai03






denden 


















カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
健康医学専門ネット書店PM2.5汚染・感染症対策PC電脳特選街HPカネマサ工房







ラベル:足湯
posted by モモちゃん at 15:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする