2017年07月24日

巨大地震に日本は常に無防備と言わざるを得ない!

鬼界カルデラか南海トラフか?

世界一の地震国日本の歴史といえば、この地震との度重なる遭遇の歴史そのものでもあった。

記録として残されているのは、わずか千数百年分に過ぎない。

有史以前からの大地震と津波によって、九州や本州中央部、さらには東北において、いくつもの文明や王朝が壊滅したという古史伝承の類がある。

日本の地下にはそうした埋没した歴史さえも人知れず存在するということである。

地震予知は不可能であるということは、物理学者や地震学者が一番よく知っている。

しかしながら巨大地震が発生するであろうことは、その予兆現象を観察集積していけば次第に分かってくる部分もあるのは確かである。

現に鬼界カルデラや南海トラフといったマグマ溜まりがあることが分かっている。

これらの巨大さは、まさしくわれわれの想像をはるかに超えたものである。

これらがある限り日本列島は常に崩壊の危機と直面していることになる。

現代ではこうした自然災害の危険と同時に、原発や巨大ダムといった施設、高層ビル群、高速道といった建造物群が大きな被害を受ければ、さらなる崩壊が二重、三重と重なる事態が発生することとなる。

ここで鬼界カルデラか南海トラフといった未曽有の規模の大地震が発生すれば、数千万人単位の被害さえもが発生することがすでに想定されている。




“リアルな恐怖”南海トラフ起きたら・・・CG映像公開(16/09/28)












【南海トラフ超巨大地震】内閣府が公開した衝撃のシミュレーションCG(最新版)「そのとき何が起こるのか?」 東北地震を超える可能性。熊本地震や鳥取地震が引き金になるかもしれない。











南海トラフ巨大地震










世界一危険な火山は日本に!カルデラ噴火で日本は崩壊へ進むのか!?《衝撃》















jidai03








jidai03



denden3


















カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
健康医学専門ネット書店PM2.5汚染・感染症対策PC電脳特選街











posted by モモちゃん at 05:56| 歴史の盲点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする