2018年02月19日

緊迫の155mm榴弾砲実弾演習を垣間見る

平和ボケとは言われない

米軍は2019年度の予算案で、155ミリ砲弾15万発の購入費用を要求した。これは当初の予定より825%多い。サイト「Task and Purpose」が報じた。2018年02月17日
https://jp.sputniknews.com/politics/201802174589611/


いわゆる大砲である榴弾砲の発射音はもちろん、着弾したときの爆発音も凄く迫力があります。

昔は大筒、国崩し、大砲、カノン砲とか呼ばれていました。
日本でも16世紀には西洋から輸入されていたのですが、鉄砲同様に次第に国産化もされていきました。

当初は陸上の戦闘で使われましたが、海洋での戦いでもオランダ製やイギリス製が軍船にも搭載されるようになります。

大型の軍船には40門前後の大砲が積載され、砲手も戦闘要員として乗船していました。

現在は無反動砲や榴弾砲が主流のようです。

2,30キロメートルの短距離の攻撃には軽量で機動性がある榴弾砲が活用されています。

日本国内での米軍実弾演習でもこの榴弾砲実弾発射演習が実施されています。





アメリカ陸軍 M119 105mm、M777 155mm榴弾砲









M777榴弾砲(155mm)砲撃訓練・タリスマンセイバー2015 - M777 Howitzer Live Fire, Talisman Saber 2015












「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」
経絡論
「日本人奴隷貿易」ノンフィクション

奴隷船
「時代小説短編集・憑依(つく)

tuku










denden3商品詳細
★電磁波中和放電装置「電磁番」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
詳細は外部サイトのリンクページの「環境改善アイテム電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏症や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「環境改善アイテム電磁番」のご案内
電磁波過敏症の症状とはなにか
「環境改善アイテム電磁番」の干渉中和放電効果について
「環境改善アイテム電磁番」を使用されているお客様の声
「環境改善アイテム電磁番」の機能と構造について
「環境改善アイテム電磁番」に関するご質問と解説
「環境改善アイテム電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏症の症状関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
米国大使館電磁波被曝事件








カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
電磁波被曝対策PM2.5汚染・感染症対策ペットの電磁波対策




















































ラベル:平和ボケ
posted by モモちゃん at 08:23| 現場を見る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする