2018年07月31日

超人伝説はどのように記録されたのか?

トーマス・パーの長寿伝説

西欧の長寿者というと、歴史と伝統を誇るイギリスにその記録がある。

そのなかで 第一に上げられるのはトーマス・カーン(1318〜1588
)という人物がまず筆頭であろう。

これは記録として書物にあるのだが、証明しようにも手立てはない。

問題なのは次に上げる長寿者のトーマス・パーである。

この人物についてはいろいろな書物に散見するので、ご存知の方は多いのではあるまいか。

いわゆる、酒のラベルになっているあのオールド・パーおじさんのことである。


old


par.jpg






パーおじさんは1483年2月、イングランドの片田舎のウィニングトンで生まれたありふれた小作人であったからその生涯は判然としないが、農地の借地契約書が残されていて、史料として検証する上では契約時の年齢がその都度確認できるのである。

そこからみれば、明らかにパーおじさんは長寿記録保持者ということになる。

片田舎のウィニングトンで生まれたというだけで、出生時から青年期に掛けての小作人パーおじさんの消息はわからない。

裕福な家に育ってはいなかったことだけは確かである。

パーおじさんの初婚は遅かったらしく、二人の子を成したがはやくに亡くなったというが、おじさんの結婚歴には諸説があってここらも良く分からない。

その後の記録によるとパーおじさんは百歳のとき三人目の妻と死別したのであるが、老いても精力絶倫であったのが災いしてか、百二歳のときに村の娘を強姦して逮捕されてしまうという不祥事を引き起こしてしまった。

高齢者でありながら、まったくもってけしからぬ話である。

ただし別の情報によると少し話は違っていて、年齢も105歳のときにキャサリン・ミルトンという若い女性を孕ませてしまったことで逮捕されたのだという。

相手がキャサリン・ミルトンという未婚の若い女性であったことは確かである。

キャサリン・ミルトンは近隣の村々でも知らぬ者が居ないほどの評判の美人であったから、この事件はよりスキャンダラスな展開になった。

ことが事だけに最初から秘密裏にもみ消せるような事態ではなくて、しかもこれには高齢のパーおじさんが関わっていて、その相手が村人たちが注目する美人であったということもあって結果的には相当な大事件になってしまったのである。

実際にこのときの教会の聴聞か裁判の記録が残されているのかも知れないが、二人の年の差が開き過ぎていることもあって、両者に恋愛が絡んでいたとは考えられず当時も事件性が一段と強調されてしまったようである。

しかも相手の女性を妊娠させてしまい、不義の子を成したとして非難されたのだ。

当時はこうした事件には教会が裁判権を保有していたわけで、結果的にはパーおじさんには教会から厳しい懲罰が下されたのである。

それも十八年間の厳しい禁固刑である。

事件性はあるにしても百歳を越える初犯の長寿者に禁固刑とは過酷である。

当時は情状酌量や執行猶予というような裁判上のおまけも何もなかったのである。

本来ならこうした事件には金銭で示談が成立するであろうが、パーおじさんには弁護士をつけたり保釈金を積む経済的余裕もなかった。

結局理由はどうあれパーおじさんは、このとき確かに女性問題が原因で長期にわたって投獄されたのである。

あえてここでパーおじさんを弁護するならば、彼は年齢に関わらず高齢であっても若々しい精神と肉体とをずっと維持し続けていたに違いないわけで、それだけの魅力的な風貌をも兼ね備えた男性であったといえるのではないだろうか。

しかもパーおじさんは若いころから菜食主義者であり、規則正しいい農家の生活スタイルを続けていたことが、そうした強健さと健康維持につながったのだとされる。

ついでに付け加えるなら、パーおじさんは近くの丘陵地や田園を毎日のように歩き回っていたから百歳を超えても足腰はしっかりしていたのである。

どうみても普通の老人には見えなかったはずである。

そういうこともあってか、劣悪な獄中にあってもパーおじさんはすこぶる健康であった。

パーおじさんは十八年間獄中にあったが、百二十歳で出獄した後、何と百二十二歳で再婚して子をもうけた。

この余裕は何だという感じである。

パーおじさんの行動はまるで青年のようであるし、こうなると人間離れした生命力である。とにもかくにも驚くばかりである。

そういうこともあって、地元では高齢者のパーおじさんの存在はそこそこ有名であった。

元気なパーおじさんの存在が領主の耳に入るようになってから次第に周囲が騒がしくなってくる。

そして貴族であるアロンデールの伯爵、トーマス・ハワードがパーおじさんのことを聞きつけて訪ねてくる。

トーマス・ハワードはパーおじさんの存在を自分の目で確認して驚愕する。

トーマス・ハワード伯爵にとっては一大発見に違いなかった。

さっそくトーマス・ハワード伯爵は、自分の馬車でパーおじさんをロンドンまで三週間もの長旅を経て連れていくことになる。

パーおじさんにはそれなりの服装が整えられた。

ここからパーおじさんの運命が大きく変わり始める。

パーおじさんが世間から注目を浴びだしたのは、実際に国王チャールズ1世に謁見したことからである。

ついには彼の存在が国王の耳にまで達したのである。

会見の際、国王チャールズ1世がパーおじさんに対し、他の者にくらべて何か特別に変わったことを個人的に成したことがあるかどうか尋ねたところ、パーおじさんはかって自分は女性問題で教会から懲罰を受け、課された贖罪を18年を掛けて成し遂げた最も年老いた人間だと苦笑しながら答えてみせた。

これはまさにイギリス風のユーモアでもって、国王に対してパーおじさんは見事に答弁しているではないか。

さすがに国王もこれには驚いて感嘆の声を上げた。

この事実が世間に広まると、パーおじさんはロンドンで一躍有名人となり国民的人気者となった。

記録によるとパーおじさんは、134歳当時まで性的能力が十分にあったというが、その後チャールズ1世の宮廷に招かれて生活していたのである。

ところが、パーおじさんは1635年に152歳に急死してしまう。

それまでの農村での農夫としての生活が本来身体にあっていたらしいのだが、急に宮廷生活を強いられたことが彼の命を縮めてしまったということである。

このときパーおじさんの遺体は、イングランドの著名な解剖学者ウイリアム・ハーベー(William Harvey )によって解剖されたのだが、超高齢のパーおじさんのその体や内臓はどうみても70歳代のものにしか見えなかったというから驚きである。





Westminster.jpg





いまやパーおじさんの墓は観光名所にもなっている。

パーおじさんの墓はロンドンのウェストミンスター寺院内にあって、シェークスピアなどの有名な詩人や文人と一緒に埋葬されているということである。

パーおじさんにはちゃんとした墓碑銘もそこには残されている。


THO: PARR OF YE COUNTY OF SALLOP. BORNE
IN AD: 1483. HE LIVED IN YE REIGNES OF TEN
PRINCES VIZ: K.ED.4. K.ED.5. K.RICH.3.
K.HEN.7. K.HEN.8. K.EDW.6. Q.MA. Q.ELIZ
K.JA. & K. CHARLES. AGED 152 YEARES.
& WAS BURYED HERE NOVEMB. 15. 1635.

「サラップ州のトーマス・パーは1483年に生まれた。エドワード4世、エドワード5世、リチャード3世、ヘンリー7世、ヘンリー8世、エドワード6世、メアリー1世、エリザベス1世、ジェイムズ1世、チャールズ1世の10代にわたる治世を生き、1635年11月15日ここに埋葬された。」と記録されているという。


このような例外を上げていると、一体全体人間の寿命とは何なのだといいたくなる。

平均寿命にも達しないうちに成人病や癌で倒れていく人があるかと思うと、他方でこのような驚異的な長命の事例もあるわけである。

人間と生活環境、職業や嗜好をベースにした詳細な平均余命のデーターは、当の厚生労働省ではなくて生命保険会社のデーターベースの中に蓄積されているという。

実はこれが最も重要な企業機密とされているのだが、これも意外な話ではあろう。









「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」

経絡論
「戦国日本人奴隷貿易の真相」ノンフィクション

奴隷船
「時代小説短編集・憑依(つく)

tuku










denden3商品詳細
★電磁波中和放電装置「電磁番」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
電磁番使用時の注意事項
★「電磁波中和装置電磁盤」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。

詳細は外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏症や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏症の症状とはなにか
電磁波過敏症の症状経過について
「電磁波中和装置電磁番」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏症の症状関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
米国大使館電磁波被曝事件




















































posted by モモちゃん at 08:51| 歴史再発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする