2018年08月04日

SEO−Googleのアップデートが気になるとき!

いま検索で上位表示を狙う意味


本格的にインターネットを始めたころというと、パソコンのOSのWindows 95が登場したころだったと思います。

当初から仕事に関連した情報発信が目的でした。

それ以前もパソコン通信なるものがありましたが、検索エンジンが機能し始めたWindowsの環境とはとうてい比べものにもなりませんでした。

それだけにインターネットの世界では、やはり当初からこの検索エンジンというものの存在が大きかったように思います。

しかも当時は自分のサイトを検索サイトに登録すれば即上位に表示されるというわけで、まるで早い者勝ちの世界だったように思います。

それほど簡単に、思い通りに上位表示できたのです。


検索エンジンの特に面白いところは、一般ユーザーがサイト検索した際にいの一番に表示されたものがもっとも確かな情報と勝手に錯覚してしまうところではないでしょうか。

まず最初に出てきて、すぐに目に入るもので手っ取り早く事を済ませてしまうという感じです。

表現はよくありませんが、これは目の前の餌をまけば食いついてくる魚だけを相手にしているお手軽商法の手法と変わらないということです。

しかしながらこれがもっとも効率がいいのです。

これですと、検索して最初に手にする情報の質そのものの善し悪しの判断などは二の次か、あるいはまったく問題とはされてはいないうことでもあります。

たとえば美味しいラーメン店や技術のある美容院を検索したとしても、検索エンジンがそれらのラーメンの味を直接比較吟味したわけでもなく、また一々個別に美容師の技量を直接体験してみたというわけでもありません。

ここらは、はっきりしています。

一列に順位付けされて並べられた検索結果の適格さとは、本来まったく別次元の基準による表示結果でしかありません。

つまりそのラーメンが格別旨いから検索結果が上位表示されているなどといった、単純なレベルでの話ではないことになります。

今はやりの口コミサイトも代わり映えありません。

事実口コミサイトへのサクラ投稿を専門にしている業者もありますし、口コミサイト操作による上位表示もビジネス化されています。

常に消費者としてのネットユーザーは、いまだにそうした加工された情報をもっぱら探り続けているということになります。

検索エンジン自体もネットビジネスであるわけで、PPC広告などの収入源に左右される以上、検索そのものにあれこれとフィルターが掛かってきます。

そうなると検索エンジンといえども、そこには単純に考えられるような精度の高い公明正大、かつ公平な情報検索だけを提供しているというわけでもなく、それはまったく相対的な別のレベルでの序列で並べられた恣意的検索結果だと言えるわけです。

多くのサイトを検索するとはいっても、そこにはもうまったく別の評価基準(アルゴリズム)が独自に設定されているわけで、そこから検索エンジンが相対的に比較して順位決定しているに過ぎません。

その結果として、そうしたビジネスレベルの恣意的検索結果をネットユーザーがどこまで検索結果を信用するかということになります。





RIMG1941















最近の検索エンジンは多くの改良がなされて格段に利巧になったなどとよくいわれますが、検索時のアルゴリズムの手数を増やしただけの話であって、サイトのコンテンツの良し悪しまで的確に評価できるものであろうはずがありません。

そこにAI(人工知能)が導入されてきたとしても、当然検索エンジンのビジネスとしての目線が外されてしまうはずはありません。

むしろ検索エンジンとしてのビジネススタイルに特化されたAI(人工知能)がさらなる巧妙な恣意的検索結果を提供してくるに違いありません。

まず確かな情報を発信しているサイトとして、権威ある政府機関や研究所、大学の情報サイト、報道メディア機関のサイトといった、本来サイトレベルが高く評価されているところが検索の主軸に置かれているとみるべきです。

それに多くの相対的で序列構成で枝葉が増えていっていく感じです。

こうしたベースの上に検索エンジンが稼動しているわけで、基本的にはより有用なサイトほど上位表示され易くなっているとする理屈の上に成り立っています。

そこからの評価が外れてしまえば、いわゆるそれはネット上の「あるだけサイト」ということになります。

それこそ誰からも閲覧されないサイトということになります。

ネット上の「あるだけサイト」サイトが、ごまんとあるのが現実です。

しかもこのことに、いまだに気付いていない設置者も少なくないのです。

検索エンジンでの存在価値は1ページ目だけにあります。

2ページ目、3ページ目に表示されるような「あるだけサイト」を製作してもらって、それにまともに製作料を払うなどバカらしい話だということです。

何故ならば、検索するといっても一般のユーザーの多くは、実際には検索結果の1ページ目しか見てはいないからです。

検索結果は、1ページで事足りるというのが現実です。

ここでは検索エンジンが検索した結果を順次ずらずらと表示するということと、ユーザーがその1ページ目だけを閲覧するということには特別な意味合いはないということがいえます。

言うなれば、検索エンジンにとって2ページ以降の「あるだけサイト」は蛇足であり、ほんの付け足しに過ぎません。

検索エンジンにとって、「あるだけサイト」の序列などはどうでもいいわけです。

だからこそ時間を惜しむ忙しいユーザーは、手っ取り早く1ページ目だけしか見ないのだともいえます。

もちろんユーザは2ページ目を見てもいいわけですし、あるいは3ページ目にユーザーが本当に探し求めていた情報や知りたい情報があるかもしれないわけです。

ただ便宜的に、ユーザーは1ページ目を重視しているわけで、やはりそこは上位表示されたサイトにだけにまず注目するわけです。

このことは検索エンジンが利口になればなるほど顕著になってくるのではないでしょうか。

当然のことですが、ネットユーザーが1ページ目だけである程度の基準を十分満たしたレベルのサイト情報が確保できるという認識が出来上がってしまえば、おそらく今後は大多数のユーザーに規定概念としてそれが定着してしまうに違いありません。

考えてみれば、ネット上にもこうしたシビアな格差空間があるということです。

ネットの世界では、こういう検索エンジンの状況を踏まえた上でより確実な宣伝効果を求めていくわけですし、さらにはビジネスとしてここからどうにかして検索エンジンに好まれるように工夫しつつ自分のサイトを上位表示させようと試行錯誤していくわけです。


前回、当方のサイトが「Googleのパンダアップデートとペンギンアップデート」によって、上位表示から一気に圏外に弾き飛ばされてしまったということを書きました。

その対応策としてやったことは、いままでとはまったく逆の手法でした。

これまでいいと思ってやったことがすべて駄目であるのなら、ここでその反対のことをやったらどうなるのかという単純な発想からとった行動でした。

いままで無闇に並べていただけのコンテンツをサイトから削ぎ落としてページを2,3割削除しました。

SEOの項目もシンプルな記述に修正してみました。

外部リンク、相互リンクの類は全て削除しました。

1ヶ月、2ヶ月とそのまま経過を見ました。

その結果どうなったか。



RIMG2372
















当然のことですが、SEOなどが検索エンジンに反映されるまでには時間が掛かります。

それこそ1ヶ月、2ヶ月経っても何の変化もありませんでした。

この間ほとんど放置状態でした。

ところがそこから少しづつ変化が現れてきたのです。

思いがけないことに、徐々に検索順位が上がり始めたのです。

理由はさっぱり分かりません。

そして3ヶ月目、ついに検索1ページ目に復帰出来たのです。

しかも、以前のように1位、2位といった検索のトップ上位に表示されるようになりました。

検索エンジンそのものが、これまでとは何かが違ってきていたのです。

当初は、検索上位に上げるには強力なコネか伝手が必要なのだろうという考えもありました。

もちろんここでサイトレベルの高いサイトからの後押しがあれば、短時間に上位に上げられるはずなのです。

手っ取り早くPPC広告などの手法を使えば簡単なことです。

さらにここでオールドドメインといった後押しの効く、それこそ強力な地縁、血縁同様の足掛かりがあるのであれば一気に上位表示は達成できます。

豊富な資金さえあれば宣伝効果も大きくアップできますし、実際の効果を出すまでの時間さえも大幅に短縮することが出来ます。

面白いことに、ここらの流れも背景も現実世界とどことなく似ています。

当然、ネット世界なら費用対効果がダイレクトに期待できるところなのです。

でも今回はただ放置しておく、本当にシンプルな手法のみで確かな反応が得られたのです。これにはびっくりです。

短期間のサイトの上位表示は一筋縄ではいかないわけで、そうした現実を噛みしめつつ日々努力して行かざるを得ませんが、そうだからこそネット世界そのものが格別に面白いものなのだとも言えるのです。










「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」

経絡論
「戦国日本人奴隷貿易の真相」ノンフィクション

奴隷船
「時代小説短編集・憑依(つく)

tuku










denden3商品詳細
★電磁波中和放電装置「電磁番」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
電磁番使用時の注意事項
★「電磁波中和装置電磁盤」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。

詳細は外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏症や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏症の症状とはなにか
電磁波過敏症の症状経過について
「電磁波中和装置電磁番」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏症の症状関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
米国大使館電磁波被曝事件






















































posted by モモちゃん at 10:22| 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする