2018年08月09日

原爆被害者数は改ざんされているのか?

真説か、原爆三発分の被害者数とは?

戦艦「大和」元乗組員が見た当時の南京「虐殺は絶対にない」
2018/8/9
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180809-00000010-pseven-life

村上春樹が南京事件「40万人説」言及で中国のネット民絶賛
2017.03.08
https://www.news-postseven.com/archives/20170308_498924.html



一昨年頃、旧日本軍が一般市民を含む多くの中国人を殺害したとされる“南京事件”を否定する内容の書籍が、アパホテルに置かれていることがネットを介して中国で大きく問題化しているというニュースがあった。

その批判されている本というのは、アパグループCEOの元谷 外志雄氏が書いたエッセー集ということである。

当然、言論統制下の国と言論自由の国との間では、国民の反応はまったく違うはずである。

アパホテルのページからその書籍を探してきた。

(引用開始)
『本当の日本の歴史 理論近現代史学』P6二、南京三十万人大虐殺

「中国は日本軍が南京で三十万人を虐殺したと主張しているが、そもそも当時の南京市の人口は二十万人であり、三十万人を虐殺し、その一ヶ月後には人口が二十五万人に増えていたなどあり得ないことだ。しかも国民党中央宣伝部に雇われていた二人を除いて、欧米人など第三国の人が虐殺を目撃した日記も手紙も写真も、記録したものが一つもないことなど、更には、上海大学の朱学勤教授が「いわゆる南京大虐殺の被害者名簿というものは、ただの一人分も存在していない」と論文で発表したにもかかわらず、辞職もさせられていないことなどから、いわゆる南京虐殺事件が中国側のでっちあげであり、存在しなかったことは明らかである。」(引用終わり)
https://www.apa.co.jp/newsrelease/8325


アメリカ国内でバカ売れしている本に「Killing the Rising Sun How Amerika Vanquished World War II Japan」(「日出ずる国を葬り去れ アメリカはどうやって第二次世界大戦で日本を(完全に)征服したのか」)というのがある。

いまどき日本について書かれた歴史書が、全米でこれほど大ヒットしているというのは意外ではある。

本の著者は20年間続いている報道番組の司会者であるビル・オライリー氏ということで、一般人よりもはるかに国際情報には通じている立場のはずであるのだが、意外な内容である。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%83%BC

タイトルにある通り、本書は先の大戦で広島と長崎への原爆投下の正当性を検証する歴史書ということで、彼の有名な「Killing」シリーズの最新本ということになる。

書中では、第二次世界大戦で旧日本軍がアジアで非人道的な行為を行ったと記述されており、南京事件については「日本軍は組織的に冒とく的行為をし、南京の60万人の市民の半分を殺害した。中国の人々が残忍に虐げられるニュースに日本の人々は興奮していた」と表現されている。

彼は狂信的な共和党支持者といわれており、現トランプ政権と相まって過激で一方的発言も出てくるのは当然の流れであるが、注目すべきことは本書に書かれていることは現在中国が喧伝していることとまったく同様だということだ。

いうなれば同一の情報を共有しているということだろう。

ビル・オライリー氏の本書は、発行以来大きな人気を集めているのだという。

早い話、これがアメリカ国内での定説として一般市民の間にも広がりつつあるのだろう。

中国やビル・オライリー氏らは、日本軍が南京で三十万人を虐殺したと主張しているのだが、冷静に考えるとこの数字は余りにも大き過ぎるように思える。

その理由は下記のとおりである。

ネット上に「教えて!goo」というコーナーがある。
そこに登場した質問とそれに対する答えがあったので、以下引用する。
(引用開始)
「原爆・長崎・広島の被害者数は一体どれくらいなんでしょうか。」

「広島は当時人口42万人、死者、行方不明合わせて12万2338人、長崎は、人口24万人、 死者、行方不明合わせて7万3884人と言われています。 被爆後5年間の間に広島で20万人、長崎で14万人です。」(引用終わり)

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/945711.html


これを見たとき咄嗟に考えたのであるが、原爆一発の攻撃で長崎・広島では逃げる間もなく10万人以上、もしくはそれに近い単位の被害者数が発生している。

迫り来る危険を感知するどころか、一瞬にして多くの人命が奪われたのである。

この原爆の人的被害をどう見るかである。

ここで先の南京での三十万人の犠牲者ということであれば、まさにかっての原爆三発分に匹敵する桁違いの未曽有の規模の攻撃が旧日本軍によってなされていたということになる。

どうみても原爆三発に匹敵する犠牲者というのはおかしい。

それほどに当時の日本軍は強大な戦闘力、もしくはそうした部類の最新殺傷兵器を完全装備していたのかということになる。

真偽はともかく旧日本軍は原爆三発に匹敵する戦闘能力があると、ここでは過大に評価されているのだからこれだけでも驚きである。

市民三十万人を原爆を使用せずに、それも通常兵器で一気に虐殺しきったというのであるなら、まさしくこれは想像を絶する超絶情報そのものである。

もっぱら敵となる軍隊に対して構える状況下で、無差別に市民に向ける豊富な銃弾や戦闘エネルギーが無尽蔵に際限なくあり得たとするような設定には大いに矛盾を感じるところである。

冷静に考えれば、妄想、虚言ともいえる一方的な話である。


実は、問題点はこれだけではない。

ここではアパホテルが中国から批判されているのだが、問題の書籍では南京大虐殺の否定と並んで通州事件の陰謀説が紹介されている。

もとより通州事件そのものは日本の歴史教科書では絶対に書かれない中国人による日本人虐殺事件であるが、書籍であえてこれに触れられていることが今回の問題化の本当の背景なのかもしれない。

これなどはいまの日本人には、絶対に知られたくない歴史情報ということなのであろう。




通州事件関連動画





通州事件

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%9A%E5%B7%9E%E4%BA%8B%E4%BB%B6








「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」

経絡論
「戦国日本人奴隷貿易の真相」ノンフィクション

奴隷船
「時代小説短編集・憑依(つく)

tuku










denden3商品詳細
★電磁波中和放電装置「電磁番」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
電磁番使用時の注意事項
★「電磁波中和装置電磁盤」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。

詳細は外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏症や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏症の症状とはなにか
電磁波過敏症の症状経過について
「電磁波中和装置電磁番」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏症の症状関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
電磁波被曝と準静電界について
米国大使館電磁波被曝事件























































ラベル:南京事件
posted by モモちゃん at 11:41| 歴史探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする