2018年09月25日

本来キノコ狩りは貴族趣味の野遊びであった!

キノコ採り中の遭難死亡事故相次ぐ 山梨2018/09/25https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180925-00000616-san-soci

長野市の夫婦が毒きのこで食中毒・県内では3年ぶりの発生2018/09/25https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180925-00337252-sbcv-l20


キノコ狩は命がけ

毎年キノコの時期になると食中毒や遭難といった事故が発生する。

危険な山中に入って道に迷うこともある。

キノコを見付けても、食用キノコと毒キノコの判別はとても難しい。

キノコ採取に慣れている人でも間違えて中毒になる場合かある。

美味しいキノコといえばいろいろあるのだが、先般毒キノコの「スギヒラタケ」を食べたという中毒事件を耳にして、ふと平安時代のきのこ狩り名人の藤原陳忠のことを思い出した。

その経緯は古典文学作品に登場する。

「今昔物語集 巻28 「信濃守藤原陳忠落入御坂語 第三十八」 に紹介されている逸話であるが、これを最初に読んだとき藤原陳忠という人物に好感をもってしまった。

まさに平安時代のナチュラリストというべき人物である。


以下は「今昔物語集」に収録されている可笑しな逸話である。

「今は昔、信濃守藤原陳忠と云ふ人ありけり。任国に下りて国を治めて、任はてにければ上(のぼ)りけるに、御坂を越ゆる間に、多くの馬どもに荷をかけ、人の乗りたる馬、数知らず続きて行きける程に、多くの人の乗りたる中に、守の乗りたりける馬しも、懸橋(かけはし)の端の木を後足を以て踏み折りて、守、逆様(さかさま)に馬に乗りながら落ち入りぬ。底いくらばかりとも知らぬ深さなれば、守、生きてあるべくもなし。」



当時信濃守を任されていた藤原陳忠は任期を終えて京の都に帰る途中であったのだが、そのとき陳忠は馬に乗って数人の従者を従えて足下が危険な御坂峠を越える途中であった。

そこは険しい崖っぷちで、深い谷のそばの懸け橋を通りかかったのである。

そのとき、ふいに陳忠が乗っている馬が足を滑らせてしまい陳忠共々谷底へ転落してしまった。

ここから転落してはとても無事で済まされることはなく、主人陳忠が生きているようには思えなかったが、従者たちが深い谷底を覗いていると下からかすかに陳忠の呼ぶ声が聞こえてきた。

「おーい、おーい」と呼び声がする。

なんと陳忠は生きていた。

谷底へ転がり落ちた陳忠は、このとき落ちながらも崖に生えていた木の枝を必死に掴んでどうやらそれ以上の落下を避けることができたのだ。

乗っていた馬の方はそのまま谷底へ転落してしまっていて、どうすることもできない。

陳忠は近くの枝を足場に必死にしがみついていたのであるが、するとその急な崖の斜面に珍しいヒラタケがびっしりと生えているのに気がついた。

一瞬、陳忠の目が輝いた。

ナチュラリストで食通の陳忠はそのヒラタケが格別美味であることを知っていた。

おお、これほどにたくさん、生えておるわい!」

しかもそれがきわめて入手し難いキノコであったのだ。

陳忠は、片手を伸ばしてヒラタケを思わずつかみ取る。

まさしく上等のヒラタケである。




mushrooms-295823_640


















陳忠は、従者に籠を下ろすように命じる。

従者が言われるままに籠を下ろしてするすると引き上げると、その籠にはヒラタケだけかいっぱい入っている。

再度籠を下すように、陳忠は崖下から叫ぶのである。


「「亦引け。」と云ふ声あれば、声に随ひて引くに、

此の度はいみじく重し。あまたの人かかりてくり上げたるを

見れば、守、旅籠に乗りてくり上げられたり。

守、片手には縄をとらへ給へり。今片手には、平茸を三ふさ

ばかり持ちて上り給へり。」


陳忠は従者に縄と籠を下すように命じると、この得難いチャンスを逃すまいとばかりにそこらに生えているヒラタケをかき集め、これを手土産にしながら従者の下ろした籠でどうにか救出されたのである。


陳忠は絶体絶命の危機から脱して非常に幸運だった。

陳忠は命が助かった上に珍しいヒラタケも手に入れことで、このとき満足気だったかというと、意外にもそうではなかった。

「落ち入りつる時に、馬はとく底に落ち入りつるに、我は後れてふためき落ち行きつる程に、木の枝のしげくさし合ひたる上に不意(すずろ)に落ちかかりつれば、其の木の枝のさはりつれば、それをふまへて、大きなる股の枝に取りつきて、それをかかへてとまりつるに、其の木に平茸の多く生えたりつれば、見すて難くて、先づ手の及びつる限り取りて、旅籠に入れて上げつるなり。未だ残りやありつらむ。云はむ方なく多かりつるものかな。いみじき損を取りつる物かな。いみじき損を取りつる心地こそつれ。」




何と崖の上に無事這い上がった陳忠は崖の下にはまだ沢山のヒラタケがあったと心残り気なことをいい、それを採り残してきてしまったことが「とてもくやしい、おしいことをした」などと何とも強欲なことを口にするのでまわりの者は呆れかえってしまった。

それほどにヒラタケは陳忠にとって珍味であって、格別美味しい食材であったということだ。

取り残したことが余程口惜しかったのであろうが、まあそれでも、陳忠は傷だらけになりながらも珍味でもある珍しいヒラタケの収穫に成功したわけで、自分が命拾いしたこと以上にこのとき思いがけずキノコ狩りが出来たことがよほど嬉しかったらしく、その経緯が面白おかしく古典文学にもしっかり収録されているわけである。

それこそ、転んでもただでは起きない藤原陳忠は、珍しくしたたかなお公家さんだったというわけである










「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」

経絡論
「戦国日本人奴隷貿易の真相」ノンフィクション

奴隷船
「時代小説短編集・憑依(つく)

tuku










denden3商品詳細
★電磁波中和放電装置「電磁番」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
電磁番使用時の注意事項
★「電磁波中和装置電磁盤」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。

詳細は外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏症や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏症の症状とはなにか
電磁波攻撃によるストレス症状について
「電磁波中和装置電磁番」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏症の症状関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
電磁波被曝と準静電界について
米国大使館電磁波被曝事件








































































posted by モモちゃん at 23:09| 歴史発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする