2018年12月04日

文化人のやることは傍目には面白い!

これが本物の文化人!

一世を風靡した直木賞作家野坂昭如氏(1930年(昭和5年)10月10日 - 2015年(平成27年)12月9 日)が亡くなって3年が経つ。

テレビやマスコミを賑わせたその破天荒な言動は、どこかユーモアがあって格段に面白い人であった。

世間にも名の知れた文化人なのに暴力沙汰も度々登場したりして、意外とパワフルな作家なんだということで型破りなイメージがとても強かった。

昭和という激動の時代を力いっぱい生きて、さらに脳梗塞のリハビリで回復した後も執筆に励んでいたと聞いてあらためて凄い人なんだと感心したものである。

そうしたなか、1990年に東京プリンスホテルで開かれた大島監督と小山明子夫妻の結婚30周年を祝うパーティーで、予定より何時間も待たされ酔って怒った野坂昭如氏が壇上で祝辞を述べた後に大島監督にいきなり右フックを食らわせた。

当日その様子はテレビでも紹介されていた。

動画として残されている野坂昭如氏と大島渚氏との一瞬の殴り合いは、本物の文化人らしい親しげな交流が垣間見られたようで実にいい。

二人ともまるで少年のようである。

殴ったことを誇っているわけじゃない。ほんとうにわるかったしかし殴る相手がいたことをうれしく思うと、事件後に週刊誌に野坂昭如氏の詫びとも思える文章が掲載されていた。






野坂昭如&大島渚流「緊張と緩和」

 






94.4.241/2

 






野坂昭如の自己弁護小説 『火垂るの墓』 「昭如」と「清太」の違い Grave of the fireflies - Akiyuki Nosaka .









hal2







hals_minne002









「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」

経絡論

「戦国日本人奴隷貿易の真相とキリシタン弾圧の背景」ノンフィクション

奴隷船

「時代小説短編集・憑依(つく)

tuku
天魔王信長の野望を打ち砕く 我が武略に勝算あり」ノンフィクション

tuku










denden3商品詳細
★電磁波中和放電装置「電磁番」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
電磁番使用時の注意事項
★「電磁波中和装置電磁盤」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。

詳細は外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏症や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏症の症状とはなにか
電磁波攻撃によるストレス症状について
「電磁波中和装置電磁番」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏症の症状関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
電磁波被曝と準静電界について
米国大使館電磁波被曝事件
















































































ラベル:文化人類学
posted by モモちゃん at 08:24| 昭和という時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする