2018年12月20日

お江戸の薬価も需要と供給で決まっていた!

死ぬまでに高貴薬を飲んでみたい?

約30年前に観たテレビの番組で中国の漢方薬が紹介されていたのだが、そのなかで天然の二十年ものの薬用人参が展示販売されているところが映しだされていた。


この一本の立派な人参の販売価格が、なんと当時70万円だといっていた。

現在であれば、優に5倍以上にはなっているだろう。


一瞬唖然としたが天然資源が枯渇している現状を考えれば、その稀少価値は計り知れないとも感じた。


人参といえば朝鮮人参が有名であるが、江戸時代の吉宗の代になって初めて国産化されたといい、それまではすべて大陸からの輸入品に頼っていたのである。



ninjin







たとえば正倉院御物のなかに人参は含まれていたし、後に光明皇后の施薬院のためにそこから五十斤(三十キログラム)もの人参が流用されたというが、とてつもなく貴重な渡来薬物であったのだ。


時代劇にも人参は高貴薬としてよく登場する。


親の病気に薬代が嵩み、娘が泣く泣く身売りするというよくある話がそれである。


当時、それほど人参は高かったかどうか、どうしても当時の事情が知りたくなって図書館に行って調べてみたことがある。

「江戸物価事典」という専門書がある。


江戸時代の天保七年に人参一斤(六百グラム〕銀三十八貫という高値があったというが、大抵は一斤が銀十六貫辺りが平均的相場だったらしい。

1貫=3.75kgとすると、銀十六貫は60キログラムになる。

人参1グラム、銀100グラムと云うことになる。

当時の専門技術者であった京都の大工の日当が銀三匁(江戸は五匁)、これで銀十六貫を割ると5333日分に当たる計算である。

1匁は3.75gと定められていて、五円硬貨1枚の重さに相当。

平成27年11月26日の銀の相場でいくと、大工の日当は720円になる。(江戸だと1200円相当)。

現在平成30年12月20日の銀の相場でこれを計算してみたところ、大工の日当は1125円、人参六百グラムは約360万円相当になる。

当時の銀の価値は日本国内での基準であって、ここでは確かな経済指標とはならないのは確かである。

ほかの物価と換算した場合は、江戸時代は現在より銀の価値が2〜3倍になるのでさらに人参の薬価そのものは高くなってしまう。

たとえば通説に従って一両を現代の3万円と換算すると、大工の日当は1500円、人参一斤は8百万という感覚であろうか。

しかもこれは人参の仕入れ値であれば、転売されるに従って値はつり上がっていく。

容易く庶民の手に入る価格ではない。

とにかく現在の経済感覚で単純に計算したところで正確な数値が出てきはしないが、 それでもこの驚くべき価格には現代人でもおおよそ感覚的には察しが付くというものである。

物価が上がるのは需要と供給に関係があるということぐらい、経済オンチの私にも分かる。

円安だと、今も昔も同様に海外からの舶来品は当然高くなる。

それに当時の人参は供給量が特に少ない薬物ときている。

だがこの高値には、もう一つ理由があるようである。


寛文・延宝(1661〜1680)の頃、数原通玄という良医、朝鮮人参の効能を考へ──衆人の命を助くる事限り知らず。──これより大効ある事をいよいよ知る」と、 『近代世事談』にあるとおり、この時代人参の薬効に人気が集まったらしい。

昔から人参湯の薬効そのものは起死回生の薬として知られていた。

この薬湯は漢方の医学書『金匱要略』に登場するし、『傷寒論』には理中丸として出てくる。 

いまでいう特別な新薬というわけではなかった。

しかしながら、通常処方される人参湯には三両(十二匁)、つまり45グラム(現代では十五日分)の人参が必要となるが、とても一般庶民が買える薬ではない。

円に換算するとこれだけで60万以上もする高貴薬である。

天文(1532〜1554)の頃の名医永田徳本は薬一服18八文以上取らなかった。

患者が二代将軍秀忠のときも治療代は18文だけしか取らなかったというが、これは例外中の例外であろう。

医療保険がないわけだから、この時代の医療や医薬が安価であるはずはないのだ。

江戸時代医家,売薬で巨富を成すものが多かったのは、各種の史料をみれば分かることであるが、ここには高貴薬の人参が絡んでいる。

安政度で診察料が銀十五匁から三十匁(約一万五千円)、往診料は初度に二十二匁五分、その後は一度毎に十五匁ということで、こうした医療費とは別に一里内外は三十匁、二里は六十匁、二里半は二両、三里以上は五両(約十五万円)、おまけに二里以上は駕籠の往来であれば、 さらに往診療として駕籠賃、弁当代は病家が出すというものであった。

薬代はというと、七日分が銀三十匁、三日分が十五匁であるが、宵越しの金など持たない庶民はそう簡単に医者に掛かれなかったのである。

そうなると自然とお手軽な鍼灸療法ということになる。灸は京阪とも二十四文(約144円相当) ですえられた。

按摩代は子供の按摩の揉み代、上下揉んで二十四文。大人の按摩は上下揉みは四十八文であったのだ。

現代でいえば、お手軽クイック整体というところである。

もちろんこれが相場であるから、世間にはこれより高い料金を取った者もいたであろうし、より安めに割り引いた場合もあったろう。

これを酒の価格と比較すると実感としてよく分かる。

安政の時代では、上酒一升が三百四十文から四百文(約2400円)のあいだであったという。『守貞漫稿』

ただし当時には、今のように酒に割高な税金は掛けられてはいなかった。



酒で病を紛らわすことも少なくなかった。







hal2







hals_minne002









天魔王信長の野望を打ち砕く 我が武略に勝算あり」ノンフィクション

tuku
「戦国日本人奴隷貿易の真相とキリシタン弾圧の背景」ノンフィクション

奴隷船

「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」

経絡論

「時代小説短編集・憑依(つく)」
ミステリアスな題材による時代小説
tuku










denden3商品詳細
★電磁波中和放電装置「電磁番」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
電磁番使用時の注意事項
★「電磁波中和装置電磁盤」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。

詳細は外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏症や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏症の症状とはなにか
電磁波攻撃によるストレス症状について
「電磁波中和装置電磁番」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏症の症状関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
電磁波被曝と準静電界について
米国大使館電磁波被曝事件
















































































ラベル:薬価
posted by モモちゃん at 11:06| 江戸時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする