2018年12月28日

偏食し過ぎると長生きしてしまいます?!

偏食して長生きしてみませんか!?
“フルーツしか食べない男”研究者驚愕の腸内環境に
2018年4月18日

http://news.livedoor.com/article/detail/14593802/



わがままに長生きしてぇーとい云いつつ、本当に長生きできたという羨ましい話?
------------------------------------------------------------------

現代は色々な情報が氾濫し錯綜している時代である。

しかも昔の人々と比べれば日々入ってくる情報は極めて大量であって、それも一日という時間で区切ってみても数十倍、数百倍にもなるであろう。

情報といってもその内容においては、その信憑性を逐一確認していく作業も当然必要となり、これにもまたさらに多くの情報源が必要になる。

始めからデマと分かるものはいいが、なかには信じ難いものも少なくない。

そういう意味ではいかに雑文とはいえ、ただ面白いというだけでそうした未確認情報をここに紹介することはできない。

このように改まって書かなくてはならないほど現代は不可思議、キテレツな話が溢れすぎているのである。

頭をある程度固くしてしまえば許容範囲が限定されて、そうしたことに煩わされることはなくなるだろうが、当方の頭は格別軟弱にできているらしく、それこそ得体の知れぬ情報にあれこれ引っ張られてしまう。

世の中十人十色とかいうが、これまた千差万別ということもあり意外、例外の類が多いのもその原因の一つである。

一つの枠組み、範疇というものに収まれば何ということもないわけだが、現実には人物や健康情報に関するものを取り上げても定型にはまらな い事象が次々と出てくる。

これなど個性的、特異な存在といえば聞こえはいいが、その実、 奇人、変人、超人となると記録の対象となるわけである──。


たとえば、

フランス人の外科医ポリトママン博士は一九一六年に百四十歳の長寿を全うしてこの世を去ったが、何でも二十五歳の時から大酒呑みになったのだという。

死亡するその日の夕方も、大手術が成功したといって愉快そうに呑んでいて、そのままこときれたのであった。 大酒呑んで長生きとは、何とも羨ましい話ではないか。

アメリカのテキサス州に住む元軍人のジュノ・A・ウイルソン大佐は、九十四歳になるまで一度も歯ブラシを用いたことも、歯科医の厄介になったこともなかった。

それでいて歯は一本も欠けていなかった。

生涯、虫歯、歯周病を知らぬとは、何とも羨ましい話である。

アイルランドのバレー・カフェーのボイル・ネールは、オートミルとトマトとミルクだけで百十五年も生きたという。

似たような話であるが、アメリカのニューヨーク州の優秀な外科医であったスティーヴン・スミス博士(一八二三〜一九二二)は子供の時の病気のためパンとミルク以外の食事をとることができず、 七〇年間それだけで過ごしてきた。

そして七〇歳になったとき、これに小量の葡萄酒をつけ加えたという。

博士は九九歳の長寿で保ってこの世を去ったが、ついに一片の肉も食べずに一生を終わったと記録されている。(『世界奇談集』R.L.リプレー)


偏食万歳、たとえ人参、ピーマン、肉類を食わずとも人間は不健康にもならないし、偏食だからといって短命にもならないのだ。

以上ここに紹介した事例は例外中の例外であるが、健康維持に汲々としている現代人には理解しがたい事例ばかりである。

皮肉にもこれらの事例のなかには医者が登場しているから余計に奇異に見えるというわけである。

できたら直接ご高説を拝聴してみたかった。

これらは個人の健康観や食生活を中心に見たとき、特に例外的であるから長寿なのかといいたくなるが、結果的に長寿であったから例外になったわけであろう。

しかしながら、このように例外をいくつも集めると例外も例外としてのそれなりの存在感が出てくるから面白い。

よく調べると例外にも同じような仲間がいて、例外にも前例や類例があるということが認識されてくるというのは非常に愉快なことである。










denden3商品詳細
★電磁波中和放電装置「電磁番」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
電磁番使用時の注意事項
★「電磁波中和装置電磁盤」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。

詳細は外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏症や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏症の症状とはなにか
電磁波攻撃によるストレス症状について
「電磁波中和装置電磁番」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏症の症状関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
電磁波被曝と準静電界について
米国大使館電磁波被曝事件




「天魔王信長の野望を打ち砕く 我が武略に勝算あり」ノンフィクション

tuku
「戦国日本人奴隷貿易の真相とキリシタン弾圧の背景」ノンフィクション

奴隷船

「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」

経絡論

「時代小説短編集・憑依(つく)」
ミステリアスな題材による時代小説
tuku
「徐福渡来伝説を検証する」太古の日本に渡来した徐福とは何者か?
古代史ドキュメント
cover2












































































ラベル:フルーツ
posted by モモちゃん at 13:34| 歴史奇談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする