2019年02月12日

珍品コレクションの話し!

ノイロメーター良導絡測定機器について


良導絡やノイロメーターといっても、ご存知の方は少ないであろうと思います。

昭和40年代当時に医学博士の中谷義雄先生がテレビに出演して良導絡や電気針を紹介されていたのですが、残念なことにそれ以降表立ってノイロメーターや良導絡がマスコミで紹介された記憶はありません。

即効性のある痛み治療法として当時注目を集めました。

ryo


ノイロメーターとは、その良導絡通電測定に使われた専用の機器のことです。

良導絡は中国医学(鍼灸)を西洋医学の分野から解析して、測定と検査、さらには治療法へと結びつけた画期的なシステムとして登場したました。

この斬新な手法は、データを扱うということでは早い段階でコンピューターでもシステム化され非常に相性が良かったように思います。

除痛だけでなく、自律神経系の疾患や多くの慢性疾患にも治療効果が発揮されていたこともあり注目を集めていました。

中国医学のエッセンスを西洋医学的な手法でシステム化され、良導絡治療を完成された中谷先生には天才的な閃きがあったと思います。



<良導絡>とは、1950年中谷医博が京都大学医学部生理学教室での研究によって創始された電気針による自律神経調整療法のことです。

良導絡療法の測定時に使用される測定器として、東洋医学や鍼灸業界ではその専用機であるノイロメーターがよく知られています。

全身の通電測定によって出現する<反応良導点> が、中国医学古来のツボ=経穴とほぼ一致したことから、鍼灸治療を科学的に評価していく上で活用できるデータが得られるとして国内外でも注目されました。


keira


中谷医博は人体の皮膚の通電抵抗のパターンを集積し統計処理の結果、中国医学でいう伝統的な経絡と類似する24本のラインが体表面にあることを発見しました。

体表面には通電測定時に電気の特に流れやすいポイントが出現しますが、そうしたポイントをいわゆる電気の導かれやすい点、反応良導点といい、それらの良導点を線状に結んだラインを良導絡といわれるものです。


良導絡現象や反応良導点は「皮膚交感神経の反射」、自律神経の状態を表すものという見方がされているようです。

以下、その測定器ノイロメーターといわれた機器をいくつか紹介します。






RIMG1766
















これが40年以前に最初に入手した通電測定器(ノーベルメーターTYPE-1)です。

反応良導点が出現するとメーター値が上がって「ブシューッツ」と音が変わってポイントを的確に教えてくれます。

探索導子が特殊な形をしています。

この機種をいまだに大事に持っている人(鍼灸師)はおそらくいないと思います。

私にとっては思い出のある貴重品です。





RIMG1701


















これはかってベストセラーだったノイロメーターLCMです。

探索音がドレミの音階で表現されて、使いやすいコンパクトな機種です。

これを実際に活用された方は相当数おられたと思います。





RIMG1768

















これは大型のノイロメーターNA-Fです。

これも割と古い機種ですが、左部分の通電測定機能と右半分は低周波通電機能が一つに合体しています。





RIMG1767



















これはノイロメーターTYPE-601-VOICE-SYSTという珍しい機種です。

ハイテクの高価な機種となります。

左側にアナログメーター、右側にデジタルメーターがそれぞれセットされています。

まず左側のアナログメーターで通電計測し、それを探索導子側のスイッチを押すと計測データが右側のデジタルメーターに送られます。

送られたデータは電光パネルに数字で表示され、同時に数値が明瞭な音声で出力されます。

ちなみに音声は女性です。

いちいちアナログメーターを見なくていいのでとても便利です。

手早く通電測定と記録が手元でも出来ます。

これらの機種は点検して手入れをしていますので、すべて正常に可動します。



文献資料、専門書、日本良導絡自律神経学会雑誌

http://www.jsrm.gr.jp/publication_info.html

ノイロメーター良導絡の研究団体組織です。ここでは最新情報が入手できます。


以下、ノイロメーターを使用して良導絡自律神経測定の手順を説明した動画を紹介します。





良導絡測定方法 Ryodoraku in Japan








良導絡は中華圏でもひろく知られています。

良導絡(經絡能量分析儀)手部穴道測定點
















denden3商品詳細

電磁波過敏症対策・電磁波攻撃防御製品
原因不明の不快な環境ストレスの原因は、多くの場合目には見えない電磁波ノイズが関係しています。
電磁波中和装置「電磁番」は多用途の機能的防御が可能です。携帯するだけ、貼るだけ、置いておくだけ!
準静電界レベルの干渉による不快な電磁波過敏症、電磁波音波攻撃対策の防御製品として、
「電磁番」はご利用者の皆様から高い評価を頂いております。
★電磁波中和放電装置「電磁番」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
★製品サイズ 直径10cm 厚さ 1.5cm 重さ 約170g

電磁番使用時の注意事項

★「電磁波中和装置電磁盤」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。


詳細は外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏症や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏症について
電磁波攻撃によるストレス症状について
「電磁波中和装置電磁番」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏症の症状関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
電磁波被曝と準静電界について
米国大使館電磁波被曝事件





「天魔王信長の野望を打ち砕く 我が武略に勝算あり」ノンフィクション

tuku
「戦国日本人奴隷貿易の真相とキリシタン弾圧の背景」ノンフィクション

奴隷船

「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」

経絡論

「時代小説短編集・憑依(つく)」
ミステリアスな題材による時代小説
tuku
「徐福渡来伝説を検証する」太古の日本に渡来した徐福とは何者か?
古代史ドキュメント
cover2
「おいしいりょうりをつくろう」
電子絵本シリーズ
dam
「こわいおばけがでたぞ!」
電子絵本シリーズ
dom
「とおせんぼ」
電子絵本シリーズ・ぬりえができる
tosenbo






































































































































ラベル:自律神経調整
posted by モモちゃん at 07:05| 昭和という時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする