2019年04月29日

電磁波に過敏に反応するとはどういうこと?

電磁波攻撃に対応策がある!?

中国の音響兵器で米外交官攻撃
  ビル・ガーツ  2019/3/24
https://vpoint.jp/column/billgertz/133419.html


いきなり「電磁波攻撃」というと何だかSFの世界のことのように思われがちですが、戦前すでに日本では電磁波エネルギーによる殺人光線兵器の開発が密かにが試みられていました。


当時の科学技術力では実現は出来なかったのですが、鶏が殺傷できる程度の初歩的なレベルに過ぎず、その原理は電子レンジに似たような仕組みだったようです。


そうした電磁波の存在が現実に具体性を帯びてきたのは、かっての米ソの冷戦時代の1950年代にモスクワの米国大使館が密かに電磁波攻撃を受けていたという海外情報に接したときでした。

それは外交上の見えない嫌がらせ、陰湿な攻撃として出てきたもので、大使館職員の体調不良が続いたことで調査されて発覚したといいます。


これにはとても驚いた記憶があります。 このときはただ単純に、電磁波を使って何らかの嫌がらせや身体攻撃が出来るということにまず驚いたというわけです。


【電磁波の種類】
[低周波 → → → → → → → → → → → → → → → →高周波]

超長波 長波 中波 短波 マイクロ波 ミリ波 赤外線 可視光線  紫外線 X線 ガンマ線
[→・・ ・・・・・電波」・・・・・・・・← →・・・・・・・・「光」・・・・・ ←  → ・・「放射線」・・←]



光や電波、音波、放射線は物理学でいえばすべて電磁波であって、電磁場を伝わる波動の振動数によっては放射線のように生命を脅かすような高エネルギーの電磁波さえも存在することになります。


しかもその電磁波エネルギーの種類によっては目に見えませんから、たとえ被曝していても気付きません。


医療用に使われるマイクロウェーブ治療器などですと、体の深部まで電磁波が浸透して細胞が振動するのである種の熱感を感じます。


調理に使われる電子レンジは高出力で食品を短時間で温めることが可能ですし、原理は同じです。


この場合人体内や食品などに含まれている水分子が、電磁波照射されることによって激しく振動し摩擦熱が発生するというものです。


現在では工業用のレーザー加工機や医療用のレーザー、さらに欧米ではすでに本格的なレーザー兵器などが開発されていますが、これらは物理的に光(電磁波エネルギー)を増幅し収束させて周波数を一定に保ちながら指向性を高めたものです。


これらはある程度振動エネルギーが高い波動が使われているのですが、一般には同じ原理でレーザーポインターなどが市販されています。

商品としては安全基準に適応した物が売られているのですが、それでも使用する際にはいくつかの注意点が挙げられています。

使用説明書には、
・レーザーポインターを人体に向けては照射しないこと。
・本来の目的外の用途では使用しないこと。
・鏡やガラス等の正反射するものに向けて照射しないこと。
・レーザー光線は直接目に入ると網膜に障害を起こす危険性があるので、レーザー光線を絶対に直視したりのぞいたりしないこと。
・レーザー光線は性質上かなり遠くまで光の出力が減衰せずに直進し到達するので屋外では使用しないこと。
・レーザー光線が目に入った場合は、直ちに専門医の診察を受けること。
・レーザーポインターを子どもに使わせないこと。
といった項目があります。

ご存知のようにレーザーポインターの光線はとても指向性の強い光線です。

最近ニュースにもなりましたが、はるか上空を飛行する航空機のパロットの目にまで届くような指向性があるのです。

低出力のレーザーポインターでさえも使い方によっては、人体の感覚器である目に障害を与える危険性があるということなのです。

同じように強烈な音(電磁波)は人体の感覚器である耳の聴覚を傷めることがあります。

皮膚もコタツ暖房などの赤外線(電磁波)や紫外線(電磁波)が強く働くと皮膚面に火傷や水泡が出来てしまうことがあります。

つまり光線や音波という電磁波は、人体の感受性のある器官、受容器に対して度を超すと悪い影響を与える物理的エネルギーなのです。


現段階ではこうした物理的な電磁波が、人体のもっとも敏感な感覚受容体である目や耳、皮膚などに影響するということなのですが、それ以上の身体的精神的な影響はないといえるのかどうかまでは分かりません。

ここから先はいわゆる軍事医科学分野の情報になります。

音や光という物理的波動は人体の感覚器官でそれぞれ感知できるわけですが、実はこうした電磁波による被曝により過敏に反応する人が少なからずおられます。

こうした物理的エネルギーに対しての反応も当然個人差があるということになります。

大陽光線の下では普通の生活が出来ずに、紫外線で皮膚にひどい火傷を負ってしまう人もいます。いわゆる過敏症の方々です。

太陽からの紫外線も物理的電磁波なのですが、同様に生活環境での人工的な電磁波に身体的影響を受けるという方々もおられます。

そこには強い電磁波エネルギーがあるからはっきりした身体的悪影響が出現してしまうのだ、とは一概にはいえない場合もあります。

たとえば人によっては蛍光灯の真下だと気分が悪くなるとか、ヒゲ剃り機器を使うと調子が悪いとか、あるいは自動ドアの傍に近づくだけで体がビリビリすると訴えておられる方もおられます。

携帯電話が駄目という方もおられます。

ここらの反応にはやはり個人差、個体差というものがあるからです。

こうした場合一般には電磁波過敏症だといわれていますが、意外なことにこれは正式な病名ではありません。

たとえそういう身体反応があったとしても病気ではないという事です。

公式には病気としては認定されないと云うことです。

電磁波過敏症とは、医学事典にも一切記述がない仮の傷病名に過ぎません。

医療機関に行っても電磁波過敏症ということでは保険治療も一切受けられませんし、それに対応するような治療法とてないのです。

当然、電磁波過敏症そのものは日本では医科学的に認知されてはいないのです。

しかしながら世界保健機構では「電磁波過敏症」は認知されていて、報告書も出されています。

おもしろいですね。この辺りは。

ですので、ここで電磁波攻撃といっても一般社会ではまったく認知されていませんので、たとえそのような事態が実際に出来(しゅったい)していたとしても現状では加害者が摘発されたり処罰されたといった展開にはならないであろうと思われます。

現代社会では日常的に大量の電磁波が充満していますから、仮にそうした嫌がらせの手段がとられたとしてもその電磁波を特定することはまず不可能であろうということになります。

さらにいえば、一般論として今現在電磁波による身体への障害が認定されていない以上、実際には特定の電磁波で何らかの身体的被害を被ったとする証拠立てが出来ない可能性が非常に高いということになります。

医科学的に証拠立てられない以上、法的規制も処罰のしようがありません。

まさに野放しの状況ともいえます。

しかしながら巷には個別に電磁波攻撃の被害を受けているとか、電磁波照射用の機器なども実際にネット上には多くの情報として存在しています。

その被害者は、たいていが個人であったり弱い立場の人たちが対象になり易いようです。

たとえば容易にその場所から立ち退かない住民に対して、外部から分からないように電磁波照射で嫌がらせ攻撃して引っ越しを余儀なくさせる。

あるいは特定個人に対して嫌がらせ、ストーカー攻撃で電磁波照射をするといったケースです。

市販の動物忌避用機器でも攻撃はできますし、ポインターで指向性や出力機能を増幅させることも可能なわけです。

盗聴器同様ネット上ではいろいろと類似品が市販されてもいます。

現代社会の世相を反映してそうした悪意を持った嫌がらせ攻撃を想定したり、機器類を使用したりということは当然考えられるわけで、まったく無関心ではいられないことになります。

ここでいえることは、出来るだけ不必要な電磁波は意識して身体が被曝しなようにして、電磁波環境を出来るだけ少なくする生活空間を造ることが重要だといえそうです。

それが個人レベルで出来る対応策であり、最良の防御策だと思います。


すでに現在では暴徒鎮圧のシステムも欧米や中国では出現していて、実際に非殺傷レベルの電磁波が使われようとしています。

暴徒をその場から速やかに退去させることのできる米軍の新しい非殺傷兵器「アクティブ・ディナイアル・システム(Active Denial System、ADS)」がそれです。


有効射程距離1キロの電磁波照射システムを標的に向かって作動させるもので、照射された暴徒は耐え難い「熱感や痛み、不快感」を全身に感じることになります。



このように電磁波照射だけで暴徒は簡単に制圧できるのです。


電磁波中和装置は、どんな場合に活用できるのか?
「中和装置電磁番」は、 1個づつの手造り製品で大量生産品ではありません。外観も黒いゴム面で被覆されていて、見た目には決してかっこよくはありません。でもすごい機能を秘めています。(※電磁波過敏症の症状の不安のある方、すでに過敏症や不眠で苦痛のある方にご利用いただくことを主対象といたしております)

室内のパソコンや身近な電気製品、タップからの過剰な電磁波、電磁誘導が気になる方 日常生活レベルでの「電磁波過敏症の症状」、「電磁波ハザード」「原因が特定されないアトピー症状」で困っておられる方 店舗入り口の自動ドアの電磁波や照明器具の電磁波に不快感を感じて困っておられる方 パソコン操作中の不快な頭痛やもやもや感、肩凝り、首のこわばりや痛み、しびれ、まぶたの腫れ、目の疲れ、耳鳴り、慢性的な不眠症が気になる方車を長時間運転すると、目の周りが腫れたり顔がむくんでしまう方老年期でもないのに白内障傾向が指摘されている方 自動車運転中や通勤電車内で頭痛や肩・首筋の引きつるような筋肉痛や不快感、吐き気、めまい、疲労感に悩まされる方 自宅周辺もしくは隣接する工場、電柱トランス、送電線・変電所施設からの電磁波が気になる方 マンションなど壁越しに隣接する部屋からの変動電磁波が気になる方外部からの悪質な電磁波照射にさらされている方



店内設置の盗難防止装置の電磁波レーダーに不快感を感じる方 電磁波調理器具、ガス器具点火プラグの電磁波や静電気による皮膚のピリピリ感や掻痒感(カユミ)、目の不快感が気になる方 電磁波過敏症の症状対策近隣に設置されたソーラーパネル・パワーコンディショナー装置や動物忌避用の超音波・電磁波発生機の使用時に波動が気になる方携帯電話やテレビゲームを頻繁に使用していて心配な方 職場でのレジスター、事務機器、モーター類の周辺でのもやもやした不快感を解消したい方 ドライブ中のペットの車酔いを解消したい方 寝室や居室内のジオパシック・ストレス(住居環境・風水)を改善したい方 その他、原因が特定できない頭痛や疲労感、慢性的不眠症、皮膚のほてりや痒みに悩まされる方強い電磁波をあびるとめまいや、ふらつき、発作などが頻発される方



tima















「電磁番」のさらに詳しい使用方法につきましては、
「中和装置電磁番」を使用されているお客様の声 をご覧ください。


これ以外にも苦痛を伴う電磁波障害の症状自体は多種多様ありますが、効果的な対処法は電磁番による防御法を検討されることです。

当初より
電磁波過敏症の症状の不安のある方、すでに過敏症で苦痛や障害のある方にご利用いただくことを主対象といたしております。

電磁波過敏症等の症状が 発現していないいわゆる健常者の方には、本器具による直接の効果は何ら自覚いただけないと存じます。

ちょうどメガネなどの補助具が日常の生活にどうしても必要な場合とそうでない場合とがあるのと同様です。

本体が光ったり、振動したりして警報を発するものでもありませんので、何の情報もなく手にされただけでは、 いわゆる(なんじゃ、こりゃ?)ということになります。
(ただし電磁波被曝防止効果ということでは、 健常者にもそのまま健康器具としてご利用いただけます)

これまでにも、当方の電磁波中和装置電磁番をご使用いただき電磁波の悪影響から開放された事例が実際に幾例もあります。

当初は半信半疑でお使いになった結果、いままでの日常的な不快感から開放されたとして大変喜ばれております。

できましたら始めに1個だけ購入していただき、中和装置電磁番の実際の防御効果を確認して十分に納得いただく手順をお勧めいたします。

中和装置電磁番はすべて手造り製品で通常の装飾品や量産品ではありません。必要とされる方だけに使っていただければというポリシーの、こだわりの製品です。

炭素成分を 多く含んだ黒いゴム面で被覆しており決して見栄えのよい外観ではありませが、 機能構造上のどうしても換えがたくありますのでこの点は何卒ご了承ください。

電磁番使用時の注意事項                   電磁波過敏症
★「中和装置電磁番」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップや電気店の盗難防止システムのゲートでのセンサー(レーダー)の電磁波にも反応し有害電波に干渉中和してしまいます。

そのため「電磁番」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時に警報機が誤作動してしまう場合があります。店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。

★「中和装置電磁番」は、治療器具ではありません。電磁波被曝対策器具です。












「天魔王信長の野望を打ち砕く 我が武略に勝算あり」ノンフィクション

tuku
「戦国日本人奴隷貿易の真相とキリシタン弾圧の背景」ノンフィクション

奴隷船

「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」

経絡論

「時代小説短編集・憑依(つく)」
ミステリアスな題材による時代小説
tuku
「徐福渡来伝説を検証する」太古の日本に渡来した徐福とは何者か?
古代史ドキュメント
cover2
「おいしいりょうりをつくろう」
電子絵本シリーズ
dam
「こわいおばけがでたぞ!」
電子絵本シリーズ
dom
「とおせんぼ」
電子絵本シリーズ・ぬりえができる
tosenbo






















denden3商品詳細

電磁波過敏対策・電磁波攻撃防御製品
原因不明の不快な環境ストレスの原因は、多くの場合目には見えない電磁波ノイズが関係しています。
反射錯乱する電磁波ノンズは遮断だけでは防御出来ないのです?!
電磁波中和装置「電磁番」は多用途の機能的防御が可能です。携帯するだけ、貼るだけ、置いておくだけ!
準静電界レベルの干渉による不快な電磁波過敏、電磁波音波攻撃対策の防御製品として、
「電磁番」はご利用者の皆様から高い評価を頂いております。
★電磁波中和放電装置「電磁番」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。
(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
★製品サイズ 直径10cm 厚さ 1.5cm 重さ 約170g

電磁番使用時の注意事項

★「電磁波中和装置電磁盤」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。


詳細は
外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏について
電磁波攻撃によるストレス症状について
「電磁波中和装置電磁番」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏の関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
電磁波被曝と準静電界について
米国大使館電磁波被曝事件
























posted by モモちゃん at 19:12| 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする