2019年07月05日

韓国 「輸出規制」の背景とは?

日韓の対立はどこまで深刻化する?!

7月1日、日本政府は有機ELや半導体製品の製造に用いるフッ化ポリイミドとレジスト(感光材)、エッチングガス(フッ化水素)の3品目について、輸出許可の申請を簡略化する優遇措置の対象から韓国をはずすと発表し、4日から発動したと報道されている。

驚いたことに、8月からは、米国、ドイツ、オーストラリアなど日本と関係する安全保障上の友好国27か国を対象に輸出の際の手続きや審査を省略している、いわゆる「ホワイト国」からも韓国を除外するという。

これにはどのような背景かあるというのか。

上滑りする日本のマスコミは、ここでも右往左往しているばかりである。

ハイテクに直結する今回の3品目の輸出規制にしても、「ホワイト国」から韓国を除外するといっても、これは日本単独で安易に決定できるようなレベルのものではあるまい。

明らかにここはすべて米国の指示に、日本政府が忠実に従ったと云うことであろう。

本来反日国の韓国が「ホワイト国」であり得ること自体が日本人にとっては奇異にも思えることだか、米国の戦略上、日本に隣接する反日国韓国は安全保障上の「ホワイト国」に含めさせられていたということである。

まともに考えれば日本が反日国韓国を「ホワイト国」に加えてまでして特別優遇する必要などはなかったはずである。

この辺りのことを日本人も韓国人もまったく気付いていないようである。

韓国などは、もとより戦争犯罪人の日本が「ホワイト国」として自国を特別扱いすることは当たり前のことだと見下していたはずである。

この建前がいきなり崩れて韓国は驚愕しているに過ぎない。

何故に日本がここにきて豹変したのか韓国人には理解できないのである。

韓国の文政権は、自国の立ち位置を見間違っている。

盟主国米国から離反しつつあるのであれば、もはや韓国をこれまで通り「ホワイト国」の座に置いておく必要はないわけで、米国の戦略上ここで韓国企業の勢いを削ぐ手立てが講じられても不思議ではあるまい。

外貨を稼ぐ筆頭企業のサムスンが揺らげば、韓国経済は凋落するのみである。

他国の経済を左右しかねない施策を日本が単独で採れるはずがあるわけはない。

それも安全保障に関わる隣国である。

そのような外交戦略が日本政府から出てくるわがあるまい。

土下座と謝罪外交が日本外交の常套手段だけに、さすがにこのレベルとなると日本が自ら決定できるような外交戦略ではあり得ない。

要は米国主導の安保戦略から身を引こうとしつつある南朝鮮に対して、米国が一つの警告として出してきたものであろう。


もともと金持ち大国米国は、日韓の争いに介入すらするつもりはないはずである。

日韓の経済戦争は報復合戦を経て、どちらかが根を上げて大国米国の仲介を求めるまで今後も続くはずである。

結局のところ、この戦略には米国の威信が背後で見え隠れしていることになる。

しかしながら韓国の文政権は北朝鮮に接近しつつも、いまだにこうした米国の本来のパワーバランスの存在を十分には認めてはいないようである。
























「天魔王信長の野望を打ち砕く 我が武略に勝算あり」ノンフィクション

tuku
「戦国日本人奴隷貿易の真相とキリシタン弾圧の背景」ノンフィクション

奴隷船

「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」

経絡論

「時代小説短編集・憑依(つく)」
ミステリアスな題材による時代小説

tuku
「徐福渡来伝説を検証する」太古の日本に渡来した徐福とは何者か?古代史ドキュメント
cover2
「おいしいりょうりをつくろう」
電子絵本シリーズ

dam
「こわいおばけがでたぞ!」
電子絵本シリーズ

dom
「とおせんぼ」
電子絵本シリーズ・ぬりえができる

tosenbo





denden3
商品詳細

電磁波過敏対策・電磁波攻撃防御製品[電磁番]denjiban-101
原因不明の不快な環境ストレスの原因は、多くの場合目には見えない電磁波ノイズが関係しています。
反射錯乱する電磁波ノンズは遮断だけでは防御出来ないのです?!
電磁波中和装置「電磁番」は多用途の機能的防御が可能です。携帯するだけ、貼るだけ、置いておくだけ!
準静電界レベルの干渉による不快な電磁波過敏、電磁波音波攻撃対策の防御製品として、
「電磁番」はご利用者の皆様から高い評価を頂いております。
★電磁波中和放電装置「電磁番」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。
(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
★製品サイズ 直径10cm 厚さ 1.5cm 重さ 約170g

電磁番使用時の注意事項

★「電磁波中和装置電磁盤」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。


詳細は
外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏について
電磁波攻撃によるストレス症状について
「電磁波中和装置電磁番」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏の関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
電磁波被曝と準静電界について
米国大使館電磁波被曝事件














































ラベル:日韓の対立
posted by モモちゃん at 13:41| 歴史的瞬間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする