2019年11月01日

明治期中国人が爆買いしたものとは何か?

有益な情報とは一体何なのか!?

表向き有益な情報を提供するといいながらも、何だかお節介とも想えるような話は昔からあったのは確かである。


中国唐の時代の大中3年(849)にある老僧が皇帝(宣宗)に拝謁したということが記録されている。

錢易』・南部新書・辛「大中三年、東都(洛陽)に一僧進む。年一百二十歳、宣宗、 何の薬を服して此に至るかを問う。
僧對えて曰く。臣少は賤、素、薬を知らず。性本茶を好む。至る處、唯茶是を求む。
或いは出て亦、日に百余椀に遇う。常の如く日に亦、四五十椀を下らず。因、茶五十斤を賜る。保寿寺に居せしむ。」──


唐代の話であるが、日頃からお茶をがぶがぶ飲んでいたら百二十歳まで長生きした坊さんが居たというのである。

眉唾ものではあるが、それでも百歳以上と云うことであれば驚異的な長寿である。

この坊さんどこぞでのんびりと暮らしていたであろうに誰かおせっかいな者がいて、 どこそこに長寿の坊主が居りますよというようなことを皇帝に奉上してしまったらしい。

もとより奏上そのものは自薦他薦を問わない。

それで、その坊さんはとうとう洛陽の都まで引き出され、宣宗に拝謁することになってしまった。

皇帝は長寿の坊さんに謁見すると、「どんな薬を飲んだらそのように長生きできるのかのお?」と訊ねる。

特別な薬も飲んだ覚えのない坊さんは、「いえ生来お茶が好きなので日に百杯、少ないときでも四、五十杯ほど飲んでおりますだけで、云々」と答えたわけである。

何のことはない、お茶が好きな坊さんがたまたま長寿だったというだけのことである。

坊さんは奏上の結果、茶五十斤を賜った。

ちなみに中国唐代の1斤の重さは680グラムだったから五十斤の茶葉だとすると約34キログラム相当ということか。

どうでもよいことであるが、坊さんにとっては奏上自体はまったく余計なお世話なのである。
ninjin.jpg


こういう例は他にもいくつかある。

我が国でも九世紀の薬学者の竹田千継は中国から伝わった薬物の専門書である『神農本草経』で枸杞の薬効を知り、なんと十七歳 よりその枸杞茶を続けて服用していたところ九十七歳になっても髪は黒々として若々しく、周囲の者を驚かせていた。

まわりの(おせっかいな)声もあって斉衡二年(八五五)に以前より体の弱かった文徳天皇に、この枸杞の服用を進める奉上をついつい出してしまった。

これには天皇が大いに喜ばれるとともに、彼の本草学者としての知識と経歴とをかわれたことで、さっそく宮廷の薬草園での枸杞の栽培管理の役目を仰せつかってしまった。

しかもその上に側近として左馬寮允にまで任ぜられてしまった。

こうなると竹田千継の日々はやたらと忙しくなり、活力の元であった枸杞茶をゆっくりと飲む暇さえもがなくなってしまって、急激に老化・老衰現象が現れて二年ほどしてあっけなく死んでしまった。

これが余計なおせっかいでなくて何であろうか。 
口は災いの元と云うべきか。


因みにこういった長寿者・万能薬の存在といった種類の奉上はお上にも特に喜ばれるものであって、権力者から見れば瑞兆にかかわることとして紹介者や奉上した者には場合によってはたくさんの御褒美が下賜されたのである。

当然欲も絡んでの、いわゆるご褒美目的の奏上も少なくないのはいうまでもないことになる。

やはり昔も今も価値ある情報というのは巷にはあるわけで、それを受ける方もそれなりに適切に対応していないと詐欺まがいの情報に振り回されてしまうであろうし、逆に拒めば有益なニュー スが入ってこなくなる。

いわゆるインテリジェンス管理が問われることになる。

しかしながら昔から長寿法やら奇薬というのは、時の権力者が天下に布告してまでしてひろく巷に求めていたから実際に宮廷に持ち込まれる機会は少なくはなかった。

たとえば隋の煬帝の時代の奇薬に関する奉状というものが、わが国で編纂された医学書の『医心方』にもそのまま転載されている事実がある。

この原典となる書籍そのものは中国では早くに散逸してしまっていて、わが国の『医心方』にのみ転載記録されている貴重な医薬情報ということであるから、ここでは特に注目しなければならないところである。

原文には次のように書かれている。

「(古今)録験方に云う、益多散。
女子、臣妾、再拝して書を皇帝陛下に上る。頓首、頓首、死罪、死罪。愚聞く、上善は君を忌まずと。妾が夫、華浮、年八十、房内衰ふ。知る所従り方を得たり。
方は、生地黄、洗い薄く切り、一升の清酒を以て浹さしむ。浹へば乃ち千たび搗きて屑と為す。十分。
桂心、一尺、二分に准ず。甘草、五分、炙る。朮、二分、乾漆、五分を用いる。
凡そ五物、搗きて末とし、篩に下し治めて合する。食後に酒を以て、方寸匕を服すこと日に三たびす。華浮、此の薬を合わせて未だ之を服すに及ばずして病没す。
故、浮に奴あり、益多と字なす。年七十五、病みて腰屈み髪白く、横ざまに歩きて傴僂む。妾、之を憐れみ、薬を益多に與う。
服すること二十日にして腰伸び、白髪は黒く更わり、顔色猾澤、状三十の時の若し。
妾に婢有り、番息、謹善と字なす二人なり。益多以て妻と為し、男女四人を生ましむ。
 益多出て酒を飲み、酔いて帰れば、趣して謹善を取る。謹善、妾の傍らに在りて臥す。
益多追いて謹善を得て、與に交通す。
妾、覚り偸み聞くに、気力多く壮動にして、又微に他の男子に異なるあり。
妾、年五十なるも、房内更に開きて懈怠するを、人は識らず。自ら女情を絶断すること能はず、為して二人を生む。
益多は、妾、番息等三人と陰陽を合わせて極まり無し。時に妾、奴と通ぜしを恥識り、即ちに益多を殺す。
脛を折りて中を視れば、黄髄有り、更に充満す。是を以て、此の方に験有るを知る。
陛下御するに膏を用いれば、髄随いて満る。君、宜しき良方なり。臣妾、死罪、稽首再拝、以て聞す。」


このようにただ漢文を読み下しても、一般には馴染まないのでこれをわかりやすく現代風に意訳してみよう。

「(古今)録験方に益多散という処方があります。
ある女が言う。わたくしは再拝して皇帝陛下に書を上つります。頓首して謹んで申し上げます。
わたくしは善いことは陛下に忌みはばかることなく奉上するものときいております。
わたくしの夫華浮は八十歳で腎虚となりましたが、知り合いから一つの処方を教えられました。(中略)

この処方を食後に酒でもって一寸四方の匙の分量を日に三回服用します。
夫華浮はせっかくこの薬を調合いたしましたのに、これを服用しないままに病死してしまいました。
それで、夫には益多という奴隷がありまして、年は七十五になりますが病気で腰が曲 がり髪も白く、横向きに歩いて背中がまるくなってしまっておりました。
わたくしはこれを憐れに思い、この薬を益多に与えました。
二十日間ほど服用しましたところ腰が伸びて白髪も黒く更わり、顔色までがつやつやして見た目には三十代の若々しさとなりました。

わたくしには番息、謹善という二人の婢がありましたが、益多は二人を妻にして男女四人を生ませてしまいました。
益多は外に出て酒を飲み、酔って帰れば、趣くままに謹善に抱きつきました。
謹善は わたくしの側にきて臥しました。
益多は追ってきて謹善を捕まえて、ともに交わったのです。
わたくしが、それとなく窺うと益多は気力が充実していよいよ壯んでありました。
またすこし他の男と異なるところがありました。

わたしは五十歳になりますが、ますます欲情が高まり、どうしようもなく悩んでおりました。
このように自ら女としての情欲を断ち切ることができず、そのまま二人の子供を生みました。
その後も益多は、わたくしと番息ら三人を相手にしまして精力絶倫で極まるところを知りません。
わたしは奴隷と通じたのを恥ずかしく思い、益多をいきなり殺してしまいました。
益多の脛を折って中をみますと黄髄があり、しかもそれは充満しておりました。
このことでこの処方の本当の効能を知ったわけです。
陛下が女を御されるのにこの膏を用いられれば、思いのまま髄が満ち溢れることでしょう。
陛下、これはまことに良い処方であります。臣妾が稽首再拝してここに謹んで申し上げます。」



おせっかいこの上ない話であるが、驚くべき内容の奉状である。

同時に、薬効を示すのにこれ以上の効能書はないのではと思えるほどの実録としての迫力がある。

これらの記述内容はフィクションではない。嘘偽りのない話なのである。 

というのは、これの出典元である『古今録験方』を撰したのは当時の有名な名医であった甄権先生であり、彼は唐の初代皇帝太宗の寵を蒙った専属侍医として知られていた。

しかも甄権先生は隋の開皇元年に秘書省正字の役職についた経歴があるだけに、そのとき宮廷内のこうした記録文書にも頻繁に眼をとおす機会があった。

宮廷内の書庫に保管されていたこの奏上を発見した甄権先生は驚愕した。

さっそく甄権先生は奏上に記されている「益多散」の処方を自らの手で調合すると、それをしばらく服用してみた。

益多散は奏上に記されているように、たしかに驚くような効能があった。

事実、すでに老齢であった甄権先生は、それ以降はすこぶる健康な生活を続けることが出来ただけではなく、結果的には百三歳の長寿を全うした。

百歳以上というは当時としては、希というかとにかく記録的な長命であったのだ。

「益多散」はこの甄権先生がその医学書に収録している重要な処方の一つである。

このような経緯を考えると、いかにも効能抜群の精力剤に思えてくるから面白い。

さしずめ益多散ドリンクなるものがあってもおかしくはないであろう。

日本古来の医学書「医心方」は江戸時代になって皇室の書陵部から幕府に伝えられ復刻されたことで、幸いにも市井の医師も閲覧できるようになった。

明治になって、中国唐代のすでに散逸してしまった医学書が日本の古い医学書「医心方」に転載されていることが知られると、多くの中国人が「医心方」を持ち帰ったという事実がある。

いまでいう中国人による爆買い状態が発生したということになる。

いやはやこのような話を紹介するのも、あるいはおせっかいきわまりないのかもしれない。



「天魔王信長の野望を打ち砕く 我が武略に勝算あり」ノンフィクション

tuku
「戦国日本人奴隷貿易の真相とキリシタン弾圧の背景」ノンフィクション

奴隷船

「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」

経絡論

「時代小説短編集・憑依(つく)」
ミステリアスな題材による時代小説

tuku
「徐福渡来伝説を検証する」太古の日本に渡来した徐福とは何者か?古代史ドキュメント
cover2
「おいしいりょうりをつくろう」
電子絵本シリーズ

dam
「こわいおばけがでたぞ!」
電子絵本シリーズ

dom
「とおせんぼ」
電子絵本シリーズ・ぬりえができる

tosenbo





denden3
商品詳細

電磁波過敏対策・電磁波攻撃防御製品[電磁番]denjiban-1301
あなたの気になるその不快感は電磁波が隠れた原因かもしれないのです!
慢性的な疲労感、集中力の低下、頭が重い、耳鳴り、不快なめまい、息苦しさ、眼の奥がいたむ、皮膚が乾燥してひりひりする、すく赤くなる、顔がむくんだりほてる、からだが重く疲れる、肩こりや関節の痛み・・・etc
あなたはこの苦痛を誰に訴え相談されますか?
市役所、消費者生活センターや公的機関、警察、病院、弁護士?・・・etc
そしてすっきりと解消されましたでしょうか?
原因不明の不快な環境ストレスの原因は、多くの場合目には見えない電磁波ノイズが関係しています。
反射錯乱する電磁波ノンズは遮断だけでは防御出来ないのです?!
電磁波中和装置「電磁番AZ」は多用途の機能的防御が可能です。携帯するだけ、貼るだけ、置いておくだけ!
準静電界レベルの干渉による不快な電磁波過敏、電磁波音波攻撃対策の防御製品として、
「電磁番AZ」はご利用者の皆様から高い評価を頂いております。
★電磁波中和放電装置「電磁番AZ」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。
(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
★製品サイズ 直径10cm 厚さ 1.5cm 重さ 約170g

電磁番AZ使用時の注意事項

★「電磁波中和装置電磁盤AZ」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。


詳細は
外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番AZ」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番AZについての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏について
電磁波攻撃によるストレス症状について
「電磁波中和装置電磁番AZ」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番AZ」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番AZ」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番AZ」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏の関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
電磁波被曝と準静電界について
米国大使館電磁波被曝事件

迫り来る次世代5Gの脅威とは



















ラベル:クコ茶
posted by モモちゃん at 09:41| 歴史の盲点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする