2019年11月25日

プリンターの寿命が尽きるとき!

年末はプリンターのメンテナンス!

どうやら日頃使ってなかったプリンターが必要な時期が近づいてきました。

そうです、年末ということでさっそく年賀状書きのシーズンがやって来たというわけです。

毎年インクジェットプリンターで年賀状を印刷するのですが、普段は部屋の片隅に置いたままです。

最近のプリンターですと、猫が飛びのったりするとときたまタッチセンサーが作動してプリンターが勝手に起動してしまうことがあります。

普段はレザープリンターをもっぱら使うので、ほぼ1年近くインクジェットプリンターの方はまったく使用しないこともあります。

そこでさっそくインクジェットプリンターのテスト印字やってみると、やはりインク切れ状態になっていました。

長期間放置していたこともあって、セットしていたインクが自然乾燥してしまったようです。

インクを補充してみましたが、全体にかすれた状態でうまく印字できません。

ここで新しいインクと交換したとしても、うまく印刷出来ないのには理由があります。

故障と考えてしまえばそれまでですが、ここで諦めてはいけません。

まだまだ十分使えるプリンターです。

手っ取り早く新型のプリンターを購入するという手もありますが、長期間放置する使い方だとまた同様の現象が起きてしまいます。

ここで一工夫、必要になるということです。


長く放置していたことで、プリンターの印字ヘッド部分でインクが乾燥して固まり、インクの吹き出し口が詰まってしまったんだろうと考え直接ヘッドをクリーニングすることにしました。



RIMG2635



















まず手順としては、パソコンのコントロールパネルから使用しているプリンターを選びそのプロパティーを開きます。

これは、プリンターを申し訳程度に軽くお掃除する感じのものです。

プリンターのユーティリティを使ってテスト印字やクリーニングを繰り返してみました。

何度か繰り返してみましたがどうしても印字状態が改善せず、やはりかすれたままでした。

プリンターのユーティリティを使ってもこれ以上の改善は無理と考え、ここでついにプリンターのヘッド部分をアルコールで直接洗浄することにしました。

プリンターの機種によっては、構造的に出来ないものもあります。

当方では、これが毎年の慣例のようになってしまっています。

手慣れたものです。

プリンターによっては、ヘッド部分を取り出して全体をアルコールに浸すこともあります。

もちろん水でも可能です。

これで汚れなどが綺麗に洗い落とせます。

今回はすっかり乾燥してしまっているのでプリンター本体からヘッドを取り出して、アルコールに浸した綿棒でヘッドを直接クリーニングしました。

プリンターのインクはアルコールによく溶けます。





RIMG2631



















これが本体から取り出したヘッド部分です。

やはり乾燥して汚れています。







RIMG2632



















インクがヘッド部分で乾燥して固くなっています。

これだと通常のユーティリティによるクリーニング操作だけでは綺麗になりません。







RIMG2634



















アルコールに浸した綿棒でヘッド部分をクリーニングしました。

固まっていたインクがすぐに溶けて拭い落せます。







RIMG2633




















インクも補充完了です。

これで通常通りに印刷できるようになりました。

年数的には相当使っているのですが、日本製はとても品質が良いので手入れさえすればまだまた使えるというわけです。

経験的には25年以上も使用できた機種もありました。


ただし、このプリンターヘッドは消耗品なので最終的にはこれを交換しなくてはならないことになります。

しかもこれが純正部品となると価格が張ります。

わざわざプリンターヘッドを買い換えるぐらいなら、新しいプリンターを購入した方がよいという場合も出てきます。


プリンターを使い続けて本体に寿命がくると、ついには印字の正常な制御が出来きずに突然暴走する現象が発生して、意味不明の記号のような文字が印字され始めます。

しかもプリンターのコントロールが効かなくなると、モーターが激しく回転して狂ったようになってしまいます。

さすがにこうなると廃棄せざるを得ません。











「天魔王信長の野望を打ち砕く 我が武略に勝算あり」ノンフィクション

tuku
「戦国日本人奴隷貿易の真相とキリシタン弾圧の背景」ノンフィクション

奴隷船

「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」

経絡論

「時代小説短編集・憑依(つく)」
ミステリアスな題材による時代小説

tuku
「徐福渡来伝説を検証する」太古の日本に渡来した徐福とは何者か?古代史ドキュメント
cover2
「おいしいりょうりをつくろう」
電子絵本シリーズ

dam
「こわいおばけがでたぞ!」
電子絵本シリーズ

dom
「とおせんぼ」
電子絵本シリーズ・ぬりえができる

tosenbo





denden3
商品詳細

電磁波過敏対策・電磁波攻撃防御製品[電磁番]denjiban-1301
あなたの気になるその不快感は電磁波が隠れた原因かもしれないのです!
慢性的な疲労感、集中力の低下、頭が重い、耳鳴り、不快なめまい、息苦しさ、眼の奥がいたむ、皮膚が乾燥してひりひりする、すく赤くなる、顔がむくんだりほてる、からだが重く疲れる、肩こりや関節の痛み・・・etc
あなたはこの苦痛を誰に訴え相談されますか?
市役所、消費者生活センターや公的機関、警察、病院、弁護士?・・・etc
そしてすっきりと解消されましたでしょうか?
原因不明の不快な環境ストレスの原因は、多くの場合目には見えない電磁波ノイズが関係しています。
反射錯乱する電磁波ノンズは遮断だけでは防御出来ないのです?!
電磁波中和装置「電磁番AZ」は多用途の機能的防御が可能です。携帯するだけ、貼るだけ、置いておくだけ!
準静電界レベルの干渉による不快な電磁波過敏、電磁波音波攻撃対策の防御製品として、
「電磁番AZ」はご利用者の皆様から高い評価を頂いております。
★電磁波中和放電装置「電磁番AZ」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。
(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
★製品サイズ 直径10cm 厚さ 1.5cm 重さ 約170g

電磁番AZ使用時の注意事項

★「電磁波中和装置電磁盤AZ」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。


詳細は
外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番AZ」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番AZについての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏について
電磁波攻撃によるストレス症状について
「電磁波中和装置電磁番AZ」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番AZ」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番AZ」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番AZ」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏の関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
電磁波被曝と準静電界について
米国大使館電磁波被曝事件

迫り来る次世代5Gの脅威とは






























ラベル:年賀印刷
posted by モモちゃん at 07:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする