2020年02月08日

新型肺炎蔓延で何故悲観論が出て来ているのか!?

もはやオリンピックどころではあるまい!

医学研究の分野では数理統計学という精緻な統計処理が応用されることがあります。

これは初期段階から時間の推移と共に増大拡散されていく伝染性疾患の蔓延のシミュレーション処理などでも応用されるのですが、ここで高度で精緻な統計処理がされれば、事前に今後展開するであろう大方の予想そのものはほぼ正確に掴めることになるわけです。

そのようなこともあって、今回の新型コロナウイルスの感染の規模と今後の展開予想が欧米の専門家からも次々と出されてきています。

今回の中国内陸部の湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスの感染をめぐり、日増しに世界的な流行拡大を懸念する声が高まっている理由は他にもあります。

すでに日本を始め世界中に拡散しつつある現実を観ても、新型コロナウイルスの感染力そのもののもたらす影響は深刻なのだだといえます。

中国情報はこうした感染拡大に対してはもっぱら隠蔽工作がなされている状況にあっては、正確な情報を掴めないわけで、さらなる混乱と感染拡大が進行していくことは避けられないと思われます。

ここからはさらなる国家レベルの検疫の強化によって防災体制を維持していく必要があるわけですが、世界規模の災禍と云うことになると今後さらなる事態の発生が予想されます。

それだけに日本の危機管理は実にお粗末としか云えません。

政府が救援のチャーター便を飛ばしたことはいいとしても、その後の対応は杜撰としか云いようがありません。

帰国者の隔離の遣り方がまったくなっていないということです。

隔離するなら民間施設などではなく全員を専用の施設に移送し、個別に隔離して経過観察するのが当然の処置のはずです。

検査拒否した者をそのまま自宅に帰すなど云った対応には驚愕してしまいます。

このような場合の国レベルの対応策や法整備はいまだに成されていないと云うことなのでしょう。

こうした場合、緊急に疑わしい感染源、感染ルート、感染し得る人員の接触はすべて確実に遮断しなくては、感染そのものは防ぎようがありません。

クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の場合とて、同様にその対応には呆れてしまいます。

乗客は早急に専用の施設に移送し、個別に隔離して経過観察するのがここでも最善の方法であろうと考えます。

船室は複数の人が利用しているわけで、それぞれ個別隔離と云うことにはなりません。

船内から感染者が発生した以上、すでに船内施設自体がコロナウイルスで汚染されているわけですから、そのまま乗客を危険な場所に同室の状態で居続けさせるというのでは、結局はさらなる感染者を増やすばかりです。

第一そうした乗客を船上スタッフに管理させ続けるという処置自体が不適切であるといえます。

あるいは最初からクルーズ船をそのまま乗客を隔離した病棟船にしてしまうということなのかもしれませんが、余りにもお粗末な対応だと思います。

このままですと、感染のループは途切れずに船内感染者はますます増えていくのではないでしょうか。

一旦新型肺炎コロナウイルスが拡散し始めれば、人口密度も交通網も密集している日本ほど危険性が高い国はないわけですから、ここは最高レベルの危機管理の対応が考えられて当然のことだと思われます。


危機管理手云えば、日本国内だけの問題では済まされない事態も考えられます。

今後のさらなる展開として、特に日本にとっては地政学的にも北朝鮮の動静がもっとも気になるところです


北朝鮮「謎の高熱」で5人死亡、新型肺炎か不明も当局は隠ぺい
https://news.yahoo.co.jp/byline/kohyoungki/20200208-00162156/
2020/2/8

北朝鮮は再三にわたって新型コロナウイルスの自国への侵入はないと云っていますが、中国国境と隣接しており人員による物資の移入が欠かせない以上、今回の新型コロナウイルスが防げるはずはありません。

肝心の防疫体制や国内の衛生管理が不備である以上、急速に国内に感染が蔓延することになります。


新型コロナウイルス感染が流通部門や軍内部の兵員にまで蔓延すれば、独裁的な国家体制は統制が維持できなくなり、たちまち大きな騒乱や暴動に発展しかねません。

情報が統制され隠蔽される下で一旦そうした混乱が発生すれば、大きな危機感と恐怖が国民を襲い国家体制が崩壊しかねません。

もし最悪北朝鮮の体制が崩壊すれば、そこからは大量の武装難民、感染難民が発生します。

そうなると軍の核兵器管理はどうなるかと云うことになり、これとてとても怖いことなのです。


新型肺炎で中国70都市“封鎖”に!? 1億6千万人が事実上“幽閉状態”…習政権の初動対応遅れに国内外から不満噴出! 専門家「中国経済の終わりの始まりだ」 《武漢肺炎拡散加速 中国34座城市封城》
2020.2.7
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/200207/for2002070008-n1.html


デフレ経済の低成長の中にある日本にとって、こうした中国国内の混乱は看過できるものではありません。

中国産品の供給なしには日常的な消費財だけではなく、肝心の工業生産も成り立ちません。

それこそサプライチェーンということでは、中国は非常に重要な役割を果たしているからです。

[爆卦]深セン封城今晩生效,沒有緩衝期
http://moptt.tw/p/Gossiping.M.1581083755.A.A4B

都市封鎖の中に国内最大の生産拠点深セン市がすでに含まれているとの情報が事実であれば、これこそ今後の展開をすべて象徴しているものと云えます。

しかも中国からの何十万もの観光客に大方支えられている観光立国政策にしても、こうなると大きく揺らぐことになります。

中国の経済力すでにそれだけの規模で日本経済を大きく下支えしているわけで、中国経済の減速はたちまち日本の経済に影響を及ぼすことになります。



先月の当方の警告ブログ・

スーパー耐性菌・新型SARSの可能性はありやなしや?2020/01/07
http://denjiha55.blog.fc2.com/blog-entry-2332.html

このようにいち早くブログで心配したとおり中国の新型肺炎は、いよいよ深刻度を増してきました。

ネット上では多くの未確認の情報が錯綜していますが、欧米の専門家からは悲観的な予想が出て来ています。

【新型肺炎】「パンデミックになるのはほぼ確実」「封じ込められなくなりそうだ」米専門家が悲観発言
https://news.yahoo.co.jp/byline/iizukamakiko/20200204-00161616/

台湾、中国本土からの入境禁止    南京など34都市「封鎖」か
2020/2/6
https://this.kiji.is/597971696768681057


さらに一瞬のことですが、中国国内で驚愕の数字がテレビ画面に表示されたようです。

↓この報道が事実なら、2020年の東京オリンピックはほぼ絶望的なことになります。

しかも中国国内の新型肺炎の死亡率そのものは15%を超える事になりそうです。

新聞/藏不住了?中國騰訊疑似曝光武漢肺炎疫情數字 民視新聞網
民視

5a6ced4469f69a972e2de5ee5190517d


https://tw.news.yahoo.com/amphtml/%E5%BF%AB%E6%96%B0%E8%81%9E-%E8%97%8F%E4%B8%8D%E4%BD%8F%E4%BA%86-%E4%B8%AD%E5%9C%8B%E9%A8%B0%E8%A8%8A%E7%96%91%E4%BC%BC%E6%9B%9D%E5%85%89%E6%AD%A6%E6%BC%A2%E8%82%BA%E7%82%8E%E7%96%AB%E6%83%85%E6%95%B8%E5%AD%97-041349411.html


新型肺炎、中国の“衝撃”惨状 感染者「27万人以上」予測も…習政権は“隠蔽”に奔走、「国賓」来日に潜む危険
2020.2.4
https://www.iza.ne.jp/kiji/world/news/200204/wor20020420000009-n1.html?utm_source=yahoo%20news%20feed&utm_medium=referral&utm_campaign=related_link


中国・武漢で対応した医者死亡  病院スタッフが逃げ出す阿鼻叫喚〈週刊朝日〉2020/1/26(日)
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200126-00000016-sasahi-cn


「政府の発表を信じないで」 ネットに医療関係者の告発相次ぐ
2020年1月25日
https://news.livedoor.com/article/detail/17717913/









「新型肺炎の感染規模はSARSの10倍」香港の専門家、「武漢はすでに制御不能」と絶望
浦上 早苗 Jan. 24, 2020,
https://www.yomiuri.co.jp/world/20200125-OYT1T50088/
https://www.businessinsider.jp/post-206340

中国の新型肺炎、広州市の医療関係者も感染との情報
2020年01月20日
https://www.epochtimes.jp/p/2020/01/50840.html

武漢市新型肺炎「患者198人に増加」推計1700人超?米3空港で検疫強化
2020年01月20日
 
https://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/3/2/32780.html

中国の肺炎ウイルス、感染者は1700人以上か 英大推計 米国は空港での検疫強化
2020/1/18
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200118-00000022-jij_afp-int











「天魔王信長の野望を打ち砕く 我が武略に勝算あり」ノンフィクション

tuku
「戦国日本人奴隷貿易の真相とキリシタン弾圧の背景」ノンフィクション

奴隷船

「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」

経絡論

「時代小説短編集・憑依(つく)」
ミステリアスな題材による時代小説

憑依3
「徐福渡来伝説を検証する」太古の日本に渡来した徐福とは何者か?古代史ドキュメント
cover2
「おいしいりょうりをつくろう」
電子絵本シリーズ

dam
「こわいおばけがでたぞ!」
電子絵本シリーズ

dom
「とおせんぼ」
電子絵本シリーズ・ぬりえができる

tosenbo





denden3商品詳細

電磁波過敏対策・電磁波攻撃防御製品[電磁番AZ]denjiban-1301
あなたの気になるその不快感は電磁波が隠れた原因かもしれないのです!
慢性的な疲労感、集中力の低下、頭が重い、耳鳴り、不快なめまい、息苦しさ、眼の奥がいたむ、皮膚が乾燥してひりひりする、すく赤くなる、顔がむくんだりほてる、からだが重く疲れる、肩こりや関節の痛み・・・etc
あなたはこの苦痛を誰に訴え相談されますか?
市役所、消費者生活センターや公的機関、警察、病院、弁護士?・・・etc
そしてすっきりと解消されましたでしょうか?
原因不明の不快な環境ストレスの原因は、多くの場合目には見えない電磁波ノイズが関係しています。
反射錯乱する電磁波ノンズは遮断だけでは防御出来ないのです?!
電磁波中和装置「電磁番AZ」は多用途の機能的防御が可能です。携帯するだけ、貼るだけ、置いておくだけ!
準静電界レベルの干渉による不快な電磁波過敏、電磁波音波攻撃対策の防御製品として、
「電磁番AZ」はご利用者の皆様から高い評価を頂いております。
★電磁波中和放電装置「電磁番AZ」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。
(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
★製品サイズ 直径10cm 厚さ 1.5cm 重さ 約170g

電磁番AZ使用時の注意事項

★「電磁波中和装置電磁盤AZ」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。


詳細は
外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番AZ」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番AZについての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏について
電磁波攻撃によるストレス症状について
「電磁波中和装置電磁番AZ」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番AZ」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番AZ」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番AZ」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏の関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
電磁波被曝と準静電界について
米国大使館電磁波被曝事件
迫り来る次世代5Gの脅威とは

































































ラベル:数理統計学
posted by モモちゃん at 10:42| 近未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする