2020年02月13日

わんわん戦争の時代を覚えていますか?

懐かしい童謡の世界?

昭和の童謡唱歌には懐かしいものが沢山あるのですが、歌詞の意味を大人に丁寧に解説してもらったというような記憶がありません。

音楽の時間も大抵がそのまま真似て歌うかしていたわけで、残念ながら耳で聴いただけのうろ覚えでしかありません。

そういうこともあって、当時歌っていながら思っていたことと後年歌詞の意味を考えた時まったく違った意味に捉えていたことに気付かされることがあります。

いわゆる勘違いというものですが、これがとても可笑しいのです。

子供の直感とは変なもので、何の疑問もなくそう思い込んでしまっているところが後から考えると無性に可笑しく思えるわけです。

そういえば湾岸戦争時代、子供から「わんわん戦争ってなあに?」といきなり聞かれたことがありました。





【♪うた】赤い靴 - Akai Kutsu|♬赤いくつ はいてた 女の子♫【日本の童謡・唱歌 / Japanese Children's Song】  





「異人さんに連れられて行っちゃった」というのを「ひいじいさん」とか、どこかの「いいじいさん」とか聴き間違えていた友人も少なくなかった。

ここらは子供ながらも複雑な家庭環境を思いやっていたりしていたわけで、取りあえず可哀そうな赤い靴をはいた女の子は「いいじいさんに連れられて行っちゃった」ということになるわけだ。

当時は異人などという語彙など知るよしもなかった。




ふるさと (故郷)  




ひらがなで「うさぎおいしかのやま」と書かれているわけで、私などは「うさぎは食べたら美味しいのだ」と随分後まで勘違いしていた。

九州の田舎育ちだけに、実際に大人からうさぎを食べた話はよく聞いていたし、夏休みに野ウサギを捕まえて食べたという友人の自慢話しなども耳にしていた。

どの辺りの山のうさぎが美味しいのだろうかとも漠然と思っていた。





◆Y3. お山の杉の子  織井茂子&鷹の羽児童合唱団  




  「これこれすぎのこ おきなさい おひさまにこにこ こえかけた こえかけた」

これも、はげ山の小さな杉の子におひさまが、にこにこと「声かけた」のであるが、てっきりおひさまは杉の子が大きくなるように「肥え掛けた」のだと思っていた。

当時の田舎には畠や田圃の脇に農家の肥料にするための肥溜めがあった。

作物や木々はそうした肥料を掛けて大きくするものだと思っていた。

小さな杉もこの肥を掛けて、大きくするのだと勘違いしたわけだ。





野ばら(シューベルト)<日本語> (ソプラノ:鈴木貴子)







この曲の歌詞は古語ばかりで、小学生には言い回しがとても難しかった。

肝心の歌詞もひらがなで表記されていたのだが、その内容とて大方意味不明でもあった。

それにこの歌詞の「飽かず眺む」という部分は、「あかずながーむ」というふうに聴こえて、そのまま歌いつつも「アカズナガーム」って一体何だろうと思っていた。

ガームって食べるガムのことなのか?

「アカズナガーム」って「チューインガム」に似ているとも漠然と思っていた。


今思えば可笑しな話である。










「天魔王信長の野望を打ち砕く 我が武略に勝算あり」ノンフィクション

tuku
「戦国日本人奴隷貿易の真相とキリシタン弾圧の背景」ノンフィクション

奴隷船

「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」

経絡論

「時代小説短編集・憑依(つく)」
ミステリアスな題材による時代小説

憑依3
「徐福渡来伝説を検証する」太古の日本に渡来した徐福とは何者か?古代史ドキュメント
cover2
「おいしいりょうりをつくろう」
電子絵本シリーズ

dam
「こわいおばけがでたぞ!」
電子絵本シリーズ

dom
「とおせんぼ」
電子絵本シリーズ・ぬりえができる

tosenbo





denden3商品詳細

電磁波過敏対策・電磁波攻撃防御製品[電磁番AZ]denjiban-1301
あなたの気になるその不快感は電磁波が隠れた原因かもしれないのです!
慢性的な疲労感、集中力の低下、頭が重い、耳鳴り、不快なめまい、息苦しさ、眼の奥がいたむ、皮膚が乾燥してひりひりする、すく赤くなる、顔がむくんだりほてる、からだが重く疲れる、肩こりや関節の痛み・・・etc
あなたはこの苦痛を誰に訴え相談されますか?
市役所、消費者生活センターや公的機関、警察、病院、弁護士?・・・etc
そしてすっきりと解消されましたでしょうか?
原因不明の不快な環境ストレスの原因は、多くの場合目には見えない電磁波ノイズが関係しています。
反射錯乱する電磁波ノンズは遮断だけでは防御出来ないのです?!
電磁波中和装置「電磁番AZ」は多用途の機能的防御が可能です。携帯するだけ、貼るだけ、置いておくだけ!
準静電界レベルの干渉による不快な電磁波過敏、電磁波音波攻撃対策の防御製品として、
「電磁番AZ」はご利用者の皆様から高い評価を頂いております。
★電磁波中和放電装置「電磁番AZ」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。
(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
★製品サイズ 直径10cm 厚さ 1.5cm 重さ 約170g

電磁番AZ使用時の注意事項

★「電磁波中和装置電磁盤AZ」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。


詳細は
外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番AZ」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番AZについての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏について
電磁波攻撃によるストレス症状について
「電磁波中和装置電磁番AZ」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番AZ」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番AZ」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番AZ」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏の関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
電磁波被曝と準静電界について
米国大使館電磁波被曝事件
迫り来る次世代5Gの脅威とは

























































ラベル:童謡唱歌
posted by モモちゃん at 14:41| 昭和という時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする