2020年07月03日

アメリカはもう一つの災禍に襲われた!

オオスズメバチが遂に海を渡った!

熊本県の山間部に住んでいる知人宅の庭先で話し込んでいたときのことであるが、どうしたことかそば近くまでミツバチが頻繁に飛んでくるのに気が付いた。

この知人宅では自宅近くにニホンミツバチを飼っていた。
その巣箱が林の間に置いてあったから身近にミツバチが飛んできても別段おかしくはないのであるが、それにしても何か様子が変だなあと思っているとそのうちの1匹がいきなり私の手の甲を刺した。

 こちらから何も手出しをしていないのに前触れなくミツバチが興奮して攻撃してくるのはおかしなことであるが、そのミツバチは針先を残したまま飛び去った。

ミツバチの針には返しがあって、抜き取ろうとするとハチの胴体から引きちぎられてしまう。

ミツバチの場合は針を失うと死んでしまう。

そこへ一緒に来ていた妻が「さっきミツバチの巣箱に大きな女王蜂がいた」といってきたのを聞いて、私と知人は一瞬驚いて思わず顔を見合わせた。

女王蜂が今の時期巣箱を出入りするはずはないし、大きな蜂というのならそれは天敵のオオスズメバチに違いあるまい。

大型の肉食スズメバチがミツバチの巣箱を襲っているのだと直感した。

知人は慌てて蝿叩きを手にするとすぐさまミツバチの巣箱の方へ掛けていったのであるが、しばらくすると5、6匹の凶暴なスズメバチを叩き落して笑顔で帰って来た。

やはり妻が目にした大型のハチというのはオオスズメバチであったのだ。

こうして捕獲したスズメバチはいつも焼酎か何かに漬け込んでおくのだという。

道の駅辺りでは、オオスズメバチの成虫が漬け込まれた蜂蜜などが売られている。

知人によると今回同様、この時期になるとスズメバチがミツバチの巣箱を頻繁に襲撃してくるという。

襲ってきた凶暴なオオスズメバチは、強力な顎で小さなミツバチを次々と噛み殺していく。

そのまま放置しておけば、ミツバチの巣が破壊されてしまいかねないのだ。

ミツバチの死骸が累々と転がって巣の中の幼虫も肉団子にされて運ばれ、スズメバチの幼虫の餌にされてしまう。

スズメバチは凶暴な肉食昆虫なのだ。

アメリカに「殺人バチ」が上陸 オオスズメバチを阻止せよ
https://www.nytimes.com/ja/2020/05/08/us/murder-hornets-asian-japan.html

そのオオスズメバチがアメリカ大陸に出現したというニュースが今年五月に報道されていた。

アメリカにはオオスズメバチのような大きな蜂は居ないらしいから、始めて目にする東洋のオオスズメバチにはお手上げだろう。

それも「殺人バチ」としてである。

アメリカでも早速ミツバチが被害を受けているようである。

西洋ミツバチは日本ミツバチと違って、オオスズメバチに対抗する攻撃力を持っていないから次第に駆逐されていくことだろう。

子供の頃は経験しなかったことであるが、最近は温暖化の影響でスズメバチがやたら増殖してきている。

山間部だけでなく都市部にもスズメバチが頻繁に巣を作り始めている。

屋根裏や床下に好んで巣をつくるわけであるが、そのスピードが通常のアシナガバチの巣づくりよりも格段に速くて、大型のものを短期間に作ってしまう。
 
そのまま放置しておくと1週間で直径15センチぐらいの大きさになる。

まるでサッカーボールが張り付いているかのように見える。


su.jpg 

そうしたハチの巣を1,2度破壊しても、スズメバチはあきらめずに再度巣作りを再開してくる。


当方は昨年の夏にアシナガバチに2箇所刺されたのであるが、今年はすでに3箇所も刺されてしまった。

それだけ蜂との遭遇が頻発していることになる。

アシナガバチに刺されるのも強烈な痛みが伴う。

注射の痛みの数百本分はあろうか。

刺された瞬間は焼き火箸を押し付けられたような強烈な激痛が走るとともに、ズキズキと脈打つように痛みが広がる。

私の場合は少しは腫れるが大抵1日程度で症状はなくなって、次第に痒みに変わっていく。

何度も蜂に刺されていると抗原抗体反応からアナフラキシー・ショック状態になる場合があるからここは油断禁物である。

屈強な大人でさえも酷いときは、刺されて数分のうちに意識不明になってその場で倒れこむ場合もあるから、もとよりスズメバチそのものの毒性反応はきわめて危険である。

ところで私事で恐であるが、今回不運にもまたまた蜂に刺されてしまったのである。

それももっとも恐れていたスズメバチにである。

相手がスズメバチだから、いままでとは比較にならないような大変な被害に会ったということになる。

午後4時過ぎ草刈中、いきなり側方向から飛来してバシッツと激突するような形で攻撃されたが、一瞬のうちに下唇部分を刺されてしまっていた。

あの特有の羽音に気付く間もなく、咄嗟のことでこのときはまったく防ぎようもなかった。

麦藁帽子を被って前かがみで作業していたために、スズメバチの飛来も突然の不意打ち攻撃も気付けなかったのである。

大型の大スズメバチだと、通常B29爆撃機のエンジン音のような特徴のある重低音の羽音とガチガチという顎からの警告音とを発しながら威嚇してくる。

しかもスズメバチは仲間の放出した毒液の匂いに刺激されると、攻撃目標が特定されてさらに集団で凶暴化し集中攻撃してくる。

これがもっとも怖いのである。

 
不幸中の幸いというべきか、襲ってきたのはオオスズメバチではなくて一回り小型のキイロかクロスズメバチではなかったかと思う。 

 (下の写真は捕獲したキイロスズメバチ。お尻のハリは太く、自在に出し入れが出来る。) 

kiiro.jpg


それも集団攻撃ではなく単独であったのはよしとすべきである。

一瞬のことだったので、このときはっきりとした正体は確認できなかったが、唇を狙うあたりの習性はスズメバチ特有のものだ。

スズメバチは色の黒いものを目標に集中的に攻撃する。

黒色を狙うのは巣を狙ってくる天敵の熊の毛色に強く反応するためといわれているが、人間であればまず髪の黒い頭や黒目を狙ってくるという習性がスズメバチにはある。

紅い唇は色彩の波長がいくぶん長くて、黒色に近いということで頭同様に攻撃され易いのだ。

それ以外にも香水や整髪料にも敏感に反応するので、女性は特に注意が必要になる。

とにかくスズメバチに刺された時の灼熱感のある強烈な激痛は、小型のミツバチやアシナガバチの比ではない。

やはりスズメバチの方が毒性が格段に強いわけだから、言語を絶した激烈な痛みが襲ってくる。

これには大人でもアナフラキシー・ショックでたちまちぶっ倒れるときがある。

数分間様子を見たが、とにかく痛みに耐えるのに必死だった。
 
刺された直後にふらついて倒れたり吐き気を催すような最悪の急性症状は出なかったので、どうやら幸いにもショック状態には至らないで済んだ。

刺された部位は顎だか唇だかその辺りに激痛が走る。

唇と顎の境目、微妙な境界線辺りなのだ。

傍に居た家内に毒液を吸い出してもらおうと必死になって試みるがうまくいかない。

傍目には大変な状況なのだが、遠目からだと畑の真ん中でいい年の男女が抱き合ってキスしているようにも見えたはずである。

現実にはほぼそれに近い場景であるだけに、本人としてはいかようにもし難い。

感覚的には痛いのだけど、想像するだけでもここらの展開はすこぶる滑稽なのである。

一応刺された部分と思われるところから毒液を吸いだしてもらったが、効果のほどは不明であった。

部位が部位だけに、とにかく刺し口が不明瞭であったのだ。

蜂に刺されたというので傍に居た家族らが心配するが、その後もそのまま草取り作業を続けた。

夕方になるに連れて次第に唇部分の腫れの症状が酷くなってきたのだが、我慢しつつどうにか夕食も食べられた。

刺されて6時間経過した当たりから下唇の腫れがだんだんと顕著になる。

灼熱感や激痛があるので氷嚢で顔全体を冷やすが、まったく効果はない。

この時点で症状が和らぐような手立てはないわけで、ひたすら耐えるしか方法はなかった。

そのような厳しい状況ではあったのだが、慌てて医療機関に駆け込もうという気にはまったくならなかった。

せっかくのことだから、ここはひとつどのように症状が推移していくのかその経過をじっくり観察してやろうと思った。

こういうことには人一倍興味がある。

その夜はどうにか睡眠が取れるのではと思っていたところ、明け方早くに顔面部の不快感で目が醒めてしまった。

顔に触れてみて驚いた。

刺された顔面部の腫れは相変わらず酷く、左側のほほ全体と口の中まで相当腫れが広がってきている。

顔に何かが張り付いて重くまとわりついている感じてある。

口の周りがが痛み、舌が思うように動かせないし、ごわごわした強張り感がある。

目覚めた後は結局朝まで眠れなかったので、そのまま心ならずも早起きをした。

洗顔するにも顔面全体がひきつり痛くて触れない。
 
下唇はまるで赤いタラコ状態でパンパンに腫れ上がってしまっていて、喋るのにも食事をするのにも口周りが引きつって支障をきたす状態である。

まるで口の中に何かを詰め込またようで、口腔内全体が隙間がないほどに膨れ上がってしまった状態で口を動かたびに引きつるような痛みを伴う。



hati3.jpg
 



鏡であらためて自分の顔を見てまたまた驚いた。 

一夜にして顔下半分の風貌が変わってしまい、下唇は松本清張風、ほほから下顎は昔の宍戸錠で、全体的には荒俣宏先生風という具合に、見るからに個性的な顔貌となってしまい鏡を見て思わず苦笑してしまう。

それこそ整形手術でも受けたような変わりようである。

とにかくそのままの状態では人前には出にくいので、暑いさなかではあるがマスクをすることにした。

経過が悪いかと思っていると、ようやくちょうど24時間経過した夕方頃からやや症状は軽快し始める。

唇部分の腫れがやや軽減した感じになる。

左側ほほの腫れはまだ残って固く突っ張った状態で自発痛もある。

顔の表面部を触った感じは硬くなりかけた餅というところで、押さえるとしこりと多少部分的に痛みが残っている感じである。


48時間経過すると唇全体の腫れが引いたようにみえたが、左側ほほの腫れぼったさや違和感はいまだに残存している。

二日目の夜になると下唇にかさぶた状の固いものが出来る。

この時点では感覚的には痛みはほとんどないが、かさぶた部分の腫れぼったさが残っていて顔面部に多少の違和感がある。

これ以降は順調に回復していった。

これが全体の経過である。

とにもかくにも、まあ今回は酷い目にあってしまったのであるが、この程度の症状でどうにか治まったのは不幸中の幸いであった。

以下の画像はスズメバチに刺された直後からの約48時間後の経過を順に写したものである。 



hati.jpg



これら不細工な被害写真をホームページに載せていたら2,3のテレビ局から写真を番組で使わせてくれと言ってきた。

スズメバチ特集が特番になるらしい。

被害写真は時期的に需要があるらしいが、写真には著作権や肖像権があるわけで、これを勝手に編集されて次々と転用されるのは厭なので一応お断りしている次第である。











ブログ読者登録 - にほんブログ村

5G時代に対応した電磁波防御製品の紹介

denden3商品詳細

電磁波過敏対策・5G電磁波攻撃防御製品[電磁番AZ]denjiban-1301 (送料無料)
あなたの気になるその不快感は電磁波が隠れた原因かもしれないのです!
慢性的な疲労感、集中力の低下、頭が重い、耳鳴り、不快なめまい、息苦しさ、眼の奥がいたむ、皮膚が乾燥してひりひりする、すく赤くなる、顔がむくんだりほてる、からだが重く疲れる、肩こりや関節の痛み・・・etc
あなたはこの苦痛を誰に訴え相談されますか?
市役所、消費者生活センターや公的機関、警察、病院、弁護士?・・・etc
そしてすっきりと解消されましたでしょうか?
原因不明の不快な環境ストレスの原因は、多くの場合目には見えない電磁波ノイズが関係しています。
反射錯乱する電磁波ノンズは遮断だけでは防御出来ないのです?!
電磁波中和装置「電磁番AZ」は多用途の機能的防御が可能です。携帯するだけ、貼るだけ、置いておくだけ!
準静電界レベルの干渉による不快な電磁波過敏、電磁波音波攻撃対策の防御製品として、
「電磁番AZ」はご利用者の皆様から高い評価を頂いております。
★電磁波中和放電装置「電磁番AZ」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
★製品サイズ 直径10cm 厚さ 1.5cm 重さ 約80g

電磁番AZ使用時の注意事項

★「電磁波中和装置電磁盤AZ」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。


詳細は外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番AZ」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番AZについての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏について
電磁波攻撃によるストレス症状について
「電磁波中和装置電磁番AZ」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番AZ」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番AZ」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番AZ」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏の関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
電磁波被曝と準静電界について
米国大使館電磁波被曝事件
迫り来る次世代5Gの脅威とは


「天魔王信長の野望を打ち砕く 我が武略に勝算あり」ノンフィクション

tuku
「戦国日本人奴隷貿易の真相とキリシタン弾圧の背景」ノンフィクション

奴隷船

「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」

経絡論

「時代小説短編集・憑依(つく)」
ミステリアスな題材による時代小説

憑依3
「徐福渡来伝説を検証する」太古の日本に渡来した徐福とは何者か?古代史ドキュメント
cover2
「おいしいりょうりをつくろう」
電子絵本シリーズ

dam
「こわいおばけがでたぞ!」
電子絵本シリーズ

dom
「とおせんぼ」
電子絵本シリーズ・ぬりえができる


0_txt

















ラベル:殺人バチ
posted by モモちゃん at 17:33| コロナショック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする