2018年02月26日

ゲーテも晩年恐怖したドッペルゲンガーとは?

天才ゲーテも驚愕した!

自分とそっくりの人間が、この世には3人いるのだという。

自分とそっくりの姿をした分身が現れたり、同じ人物が同時に複数の場所に姿を現す不可思議な現象、さらには自分がもうひとりの自分を見てしまう現象などを総称してドッペルゲンガーという。

面白いことに西洋にも同じような捉え方がされている。

多分にオカルト的なニュアンスもあるのだけど、世の中には他人の空似などということもあって興味深いところである。

日本でも、ドッペルゲンガー現象に遭遇することは昔から凶事とされた。

死期が近づくと人の魂がいつの間にか抜け出て勝手に浮遊するのだという。

それを自分で偶然見てしまうことになるということらしい。

ドッペルゲンガーに遭遇すると、死期が近いともいわれる所以である。

そうした怖いドッペルゲンガーではなくて、ここでは楽しい、愉快なドッペルゲンガーを紹介したい。





実録!?ドッペルゲンガーは存在した

 










【完全に一致】似すぎの有名人たちまとめ【生まれ変わり?ドッペルゲンガー?】

 














「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」
経絡論
「日本人奴隷貿易」ノンフィクション

奴隷船
「時代小説短編集・憑依(つく)

tuku










denden3商品詳細
★電磁波中和放電装置「電磁番」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
詳細は外部サイトのリンクページの「環境改善アイテム電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏症や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「環境改善アイテム電磁番」のご案内
電磁波過敏症の症状とはなにか
「環境改善アイテム電磁番」の干渉中和放電効果について
「環境改善アイテム電磁番」を使用されているお客様の声
「環境改善アイテム電磁番」の機能と構造について
「環境改善アイテム電磁番」に関するご質問と解説
「環境改善アイテム電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏症の症状関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
米国大使館電磁波被曝事件








カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
電磁波被曝対策PM2.5汚染・感染症対策ペットの電磁波対策




















































ラベル:有名人
posted by モモちゃん at 18:27| 伝承記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月13日

中東文化圏の華麗な踊りと打楽器奏法

華麗な女性の為のエクササイズ

中東のベリーダンス(Belly dance)をご存知ですか?

ベリーダンスは世界でもっとも起源が古い舞踊として知られていますが、古代のエジプト、トルコといった中東のアラブ文化圏諸国で広まったものです。

世界的にはオリエンタルダンスとして人気がありますが、中東の踊りとして現代ではショービジネス化したものが多くなっています。


ショービジネス化したことから多くの人の目に触れるようになったともいえます。


ベリーダンスにも国や民族によって、ダンス様式だけでなくそれぞれの民族音楽や衣裳などそのスタイルが異なっています。

もともとベリーダンスは女性の親族や女性同士の社交の場でさかんに踊られていたものです。

中東のアラブ文化圏では、こうした伝統的な踊りを通じての女性同士の親族間の繋がりがきわめて深く広範であるともいえます。

定期的に親族間での宴会(パーティー)が開かれるわけですが、その場を盛り上げる踊りは、女性の為の社交的な伝統文化として永く伝承されてきた歴史があります。

しかもベリーダンスは骨盤内臓の血行が促進される健康効果があることもあって、いまでは女性の健康を意識した伝統的で華麗なエクササイズとしても世界中で注目されてきています。



個人的にはベリーダンスで演奏される打楽器のダラブッカ(ドラム)の心地よいリズミカルな響きが好きです。

ダラブッカは、タブラ、ドゥンベク、ダラブッケともいい、膜鳴楽器に分類される打楽器です。

通常はベリーダンスの伴奏としてアラブ音楽やトルコ音楽でよく使われます。

ダラブッカの伝統的な演奏スタイルは、ベリーダンスの伴奏として発展してきただけにダンサーが踊りやすいように、メリハリの利いた簡潔で力強いフレーズが多く使われます。

通常のベリーダンスの伴奏では、伝統的なエジプトスタイルの2拍子系、4拍子系のものが最もよく演奏されます。

踊る時の足の動きにぴったり合っているように思えます。

ベリーダンスは生活の中に広く浸透しています。

特に結婚式では祝福の意味もあって、プロのダンサーがその場で踊って雰囲気を盛り上げる伝統があります。

とても楽しそうで華やかな感じがします。







Playing Darbuka Egyptian Style - Belly Dance Music









GENCER SAVAS - DARBUKA SOLO & BELLY DANCE SHOW










Sadie Bellydance and David Hinojosa Drum Solo Berlin 2015









Sadie and David Drum Solo Switzerland 2016








「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」
経絡論
「日本人奴隷貿易」ノンフィクション

奴隷船
「時代小説短編集・憑依(つく)

tuku










denden3商品詳細
★電磁波中和放電装置「電磁番」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
詳細は外部サイトのリンクページの「環境改善アイテム電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏症や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「環境改善アイテム電磁番」のご案内
電磁波過敏症の症状とはなにか
「環境改善アイテム電磁番」の干渉中和放電効果について
「環境改善アイテム電磁番」を使用されているお客様の声
「環境改善アイテム電磁番」の機能と構造について
「環境改善アイテム電磁番」に関するご質問と解説
「環境改善アイテム電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏症の症状関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
米国大使館電磁波被曝事件








カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
電磁波被曝対策PM2.5汚染・感染症対策ペットの電磁波対策




















































posted by モモちゃん at 12:52| 伝承記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月05日

忘れ去られゆく古代祭祀の由来とは?

古代の遺物の由来を探る




古代の有力な豪族として海人族「安曇氏」の存在はよく知られているが、古代九州の有明海沿岸、筑後水沼郡・山門郡周辺一帯は安曇族の支配下にあった。

kappasin3.jpg



安曇族は本来神系氏族とされるが、大和朝廷成立以前、それも紀元前の弥生時代より軍事的にきわめて重要な地位を占めていた。

その本拠地は北部九州の志賀島、糟屋郡安曇郷周辺にもあって、古来より中国や朝鮮半島と頻繁に交易をしており、その海運水軍力を背景に勢力を伸ばした豪族である。

特に古代中国沿岸地方と共通する潜水漁法、文身の習俗など文化人類学的方面からもその類似性が指摘できる。

有明海沿岸では魏志倭人伝にも記述がある文身の習俗は一部江戸期まで漁業に従事する人々の間には残っていたのであるが、明治の皆兵制度による身体検査でそうした入れ墨自体が厳しく咎められたため、それ以降はこの地では廃れてしたものである。

こうした事実は一般には知られていない。

同様に有明海沿岸部は後世の干拓によって海岸線が遠のき、かっての海人族関連の遺跡や神社などの殆どが内陸部に取り残された形となった。

それらの神社やお宮には今なお伝統的祭事が伝えられているのであるが、その起源を考える上で非常に重要なことがいくつか判明してきた。

これも古代史を考える上での一つの謎解きに繋がることである。


hata4.jpg



古代の海人族の本拠地として、あるいは軍事の棟梁物部氏族との結合が成された特別な地域として上げられるのが、現在の福岡県みやま市瀬高町太神地区がある。

ここには、古代の七支刀の原型が残されている「こうやの宮」同様に、古代の歴史情報が随所に残されている地域でもある。

太神の部落内にある釣殿宮の祭事の先頭に繰り出されてくるご神体は、幡のかたちをしている。

それは紅白のご神幡であり、いわゆる日月の幡といわれていて、後世の錦の御旗の原型ともいうべきものである。

もともとは海人族の船に掲げられた旗印のそれであり、古代より海人祭祀のご神体であったことは明白である。

この釣殿宮の幡のユニークな点は、釣針状のものが幡の下部に描かれていることである。

はじめて目にする人は、その単純な形からすぐさま釣針をイメージするであろう。
これは海洋生活者としての海人族の祭祀そのものに関係することもあるが、釣針状の図案が意味するものは、実は豊漁祈願はもとより古代の海人が航行するときの方角を確かめる天文上の北斗七星をシンボルとして図式的に表わしている。

なぜに北斗七星なのか?なぜに北斗七星でなければならないのかが、ここで一つの疑問として出てこよう。


北斗七星は、古代中国では船星ともいわれ古代の航海者(海人)にとっては方向を見定める重要な天文情報そのものであった。
日月星辰の幡の起源は非常に古く、これも古代中国の神話や伝承に深く関わっているものである。

それだけに、こうした古代の祭祀がそのままの形ではるか遠い古代に北部九州の地に伝播し、いま現在までも廃ることなく伝えられていることに驚きを禁じえない。




hata2.jpg



これは決して大仰な物言いではなくて、古代の伝承遺物として追跡していくことが可能である。

しかもこれらに関連する古代の天文や日月星辰についての考え方は、古代中国の古典籍にもしっかりと記述されている。

徐福渡来時期に近い時代、紀元前二世紀に編纂された『准南子』天文訓に、
「天地の襲精は陰陽となり、陰陽の専精は四時となり、四時の散精は万物となる。積陽の熱気は火を生じ、火気の精は日となり、積陰の寒気は水となり、水気の精は月となり、日月の淫かれて精となるものは星辰となる。
天は日月星辰を受け、地は水潦塵埃を浮く。・・・」
と記されていることでも、古代中国の日月星辰伝説の出典の核心部分に触れることが出来る。

つまり二千数百年前、海人安曇族の支配下であった筑後地方には、すでに古代中国の伝承に基づく祭祀が確実に伝わっていたということになる。

ここで重要なことは、何故に海人安曇族が日月星辰の幡をご神体として崇めていたのかということである。

そして、そこにはどのような意味が隠されているのかということである。

そこには当然、文化的、民俗学的考察も必要である。そこから何らかの手がかりとなる明確な背景や理由が見つかるのではないかと考えるに至った。
古代の海上航行でもっとも恐れられたのが海上での強風である。

海上で強風に晒されれば、古代の小船は一たまりもない。

古代の海人がもっとも恐れたことである。

ここに古代祭祀の原型がある。

連綿と現代までその祭祀が失われずに伝承されている事実そのものが、それを如実に物語っている。

強風による船の転覆や航路から外れて難破することを避けたいとする海人族共通の願いや、海人の信仰心がそこには深く関わっていたわけだ。

そして、それには日月星辰のシンボルが不可欠とされた。

有明海沿岸部の海人安曇族は、古代中国沿岸の海人族とまったく同様の日月星辰のシンボルを彼らの祭祀の中心に置いて当初より掲げ崇めてきた。



hata1.jpg



有明海沿岸一帯の 海人安曇族が日月星辰の幡をご神体として崇めたということは、その背景に東アジアの広範な海洋民族に共通した認識があったことをも意味する。

それだけの理由と明確な祭祀性とが、幡それ自体に備わっていたことにまず注目しなくてはならない。

何がそうさせたのか。実は、これも非常に古い中国の神話伝承が海人族祭祀の背景にも関わっている。


ある時、玄微という道教の術使いの家に十名もの乙女が宿を借りにきた。十八夷という老女に会いにいく途中だという。

ところが、都合よくその夜十八夷が玄微の家にやってきたのであるが、その乙女らのうちの阿措という娘が、あやまって十八夷の服に酒をこぼしてしまい彼女を酷く怒らせてしまった。

乙女達は、十八夷の方術で暴風を沈めてもらおうというと願ってやって来たのだが、そうした不手際があったために面と向かってそれが出来なくなってしまった。そこで玄微に代わりに尋ねてもらうことにした。

さっそく玄微が十八夷に尋ねてみたところ、赤い幡を作ってそれに日月五星を描き、庭の花園の東に立てるだけでよいということだった。


saisi1.jpg



玄微が言われたとおりに幡を立ておいたところ、その日暴風が吹いたが不思議なことに花園だけは無風だった。

そのことがあってはじめて、乙女達は皆花園の花の精であって、老女の十八夷は風の神であることに玄微は気付いた。 後に乙女たちは礼にやってきて、食べると歳をとらないという桃や李をおいていった。


日月星辰の幡を立てることによって、暴風の難を避けることが出来るという古代の呪術、それも古代中国の神仙方術としてひろく知られていたものである。

それがそのまま有明海沿岸域にも海路で伝播し、この地の海人族に受け入れられたことが窺える伝承遺物の一つとなっているわけだ。

そこには、これまでまったく現代人が窺い知れないようなはるか古代の神話伝承がしっかりと介在していたことが窺えるのである。















「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」
経絡論
「日本人奴隷貿易」ノンフィクション

奴隷船
「時代小説短編集・憑依(つく)

tuku










denden3商品詳細
★生体波動測定機器の測定環境も良好に保ちます。ジオパシック・ストレス(風水環境因子)の改善や生体エネルギーのバランス調整にも応用できます。(効果につきましては下記外部リンクのお客様の声をご覧ください↓)
★「電磁番」の広範な効果は生体筋力テスト(Oリング、TL、GSテスト)や波動テストでも確認できます。(関連論文発表)
★「電磁番」はすべて生体波動に同調するようにピアノの調律同様の手法で微調整させて一個づつ手作業で製作していますので、通常の大量生産品とは異なり在庫には自ずと限界があります。
★「電磁番」は治療器具ではありません。防除グッズ、風水グッズとして扱っていただいて結構です。
★製品には詳細な「取り扱い説明書」や健康情報についての資料を添付いたしております。
詳細は外部サイトのリンクページの「環境改善アイテム電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏症や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「環境改善アイテム電磁番」のご案内
電磁波過敏症の症状とはなにか
「環境改善アイテム電磁番」の干渉中和放電効果について
「環境改善アイテム電磁番」を使用されているお客様の声
「環境改善アイテム電磁番」の機能と構造について
「環境改善アイテム電磁番」に関するご質問と解説
「環境改善アイテム電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏症の症状関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
米国大使館電磁波被曝事件








カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
電磁波被曝対策PM2.5汚染・感染症対策ペットの電磁波対策



















































ラベル:海洋民族
posted by モモちゃん at 09:27| 伝承記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

次第に失われていく方言という地方文化

方言には何故だか癒し効果がある?

標準語の世界で育った人には、地方出身者の喋る方言の微妙なニュアンスというものはやはり分からないだろうと思う。

同時に地方出身者も数年間都会で生活すると、使い慣れていた地元の方言の聞こえ方が次第に変わって来るのがわかる。

それは生まれ育った土地の方言に親しみを持つのと同時に、ときたま帰省した時などには新たに身に着いた都会の言語感覚が働いて、今までとは違った別のフィルターを通して方言を聴いているような感覚に陥る。

そのときは、意外にも自分が使って来た方言がひどく田舎っぽく聞こえてしまうのだ。

まるで自分が始めから都会人であったかのように、その耳であらためて地方の方言を聴いているような妙な感覚を覚えるのである。






ココリコミラクルタイプ/奥様は地方出身者










ココリコミラクルタイプ/方言バトル(屋台戦争)

 








方言合コン

 








ココリコミラクルタイプ キャバクラ嬢の素顔








jidai03








denden 


















カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
健康医学専門ネット書店PM2.5汚染・感染症対策PC電脳特選街HPカネマサ工房

ラベル:地方出身
posted by モモちゃん at 09:07| 伝承記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

古来の浦島太郎伝説とディベートは相性がいい

昔話には裏がある?

いじめられていたカメを助けた「うらしまたろう」は、その助けたカメに連れられて竜宮城に招かれます。

竜宮城には表門と裏門とがあったのですが、「うらしまたろう」はこのときどちらから入城したのかご存知でしょうか?

そうです、「うらしまたろう」は表門から入城したのです。


最初、「うらしまたろう」は裏門から入城しようとしたのですが、入ろうとしたら門の扉がいきなり閉じてしまったのです。

そこで「うらしまたろう」はあらためて表門へと回ったのです。

表門には門番がいて、「うらしまたろう」の顔を見るとにやりと笑って小さな声で一言いいました。

「うらしまったろう?」

そうです、「うらしまたろう」は、「裏閉まったろう?」と門番に言われてしまったのです。





気分は浦島太郎、「海亀カメラ」で見るグレートバリアリーフ 'Turtle cam' highlights threat to Australia's Great Barrier Reef








浦島太郎編

 







jidai03




denden 








hal2







hals_minne002









TOP カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
健康医学専門ネット書店PM2.5汚染・感染症対策PC電脳特選街HPカネマサ工房





ラベル:昔話
posted by モモちゃん at 15:28| 伝承記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月05日

大阪弁やと話がよけえ面白おますさかい

地方限定:大阪弁バージョン



あるとき一人の老人が通り雨にあい人家の軒下で雨宿りしとると、その傾きか けた粗末な家の中から女のすすり泣く声が聞こえてきたちうわけや。

覗いてみると、母親がボウズの枕元でうずくまるようにして泣いとるではおまへんか。 老人は思わず声を掛けたちうわけや。

外からの突然の声に女は驚いて泣きはらした顔を上げたちうわけや。老人は静かに語りかけ たちうわけや。
優しそうな老人の言葉に母親は気を許して事の次第を話はじめたちうわけや。

母親の話によると、ボウズの病状が一昨日より急に悪くなり、診てもろた医者は もう手の施しようがないと言って帰ってしもたちう。

ボウズの意識は無く命はいくばくもない様子で、もう死を待つばかりだと言って母親は泣き崩れたちうわけや。

老人は気の毒に思い、オノレは医術の心得がある、このまんま見過ごすにはどうしても心残りやから、オノレにボウズの脈をとらせてはもらえまいかと言うわ。

老人は一通り子の脈を診ると、母親に父親の所在を尋ねたちうわけや。この子の父親は既に 亡く、本日この時まで母一人子一人で暮らしてきたちう。

老人はその答えに頷くと次のように言ったちうわけや。

やはりこの子の命は絶えそうであるちうわけや。そもそもの原因はこの子が母親の陰の気だ けを受けて育てられ、父親の陽の気に包まれなかったことによるちうわけや。そのため体内の 陰陽の調和がとれなくなりよったのや。一刻の猶予もない

 ほんで老人は母親に起死回生の妙法を教えたちうわけや。母親は、ボウズの命が助かるかもし れへんと知って、老人の言うとおりに村中にある若衆宿へ直ちに掛けていったちうわけや。

ほんでは、元気盛りの若者が幾人も泊り込んで共同生活しており、そう広くもな い部屋の中は若者たちの熱気で溢れかえっとった。

母親はその部屋に駆け込むと、若者たちが遊んでいた将棋の駒をひったくるよう にして掴み取ると、すぐさま家にとって返したちうわけや。

その将棋の駒を土瓶で煎じてボウズに飲ませたトコ、生死を彷徨っとったボウズは 奇蹟的回復をみたさかいあったちうわけや。──

ここに登場する老人こそ、朝鮮医学の集大成ともいうべき医学書『東医宝鑑』を17世紀初頭に編纂した名医許俊その人やった。許俊ちう人物は家庭的には決 して恵まれた環境で育ったわけではなかったちうわけや。

なんちうか、ようみなはんいわはるとこの妾腹の子であり、苦学して医を志したさかいあるちうわけや。逸話にもそうした許俊 自身の幼少時の境涯が反映されとるのかも知れへん。

なんや馬鹿馬鹿しい、荒唐無稽の作り話ではおまへんかと思われる向きもあろうわ。


実 はこれによく似た名医の話が、後漢時代に活躍した華佗の伝の中にもあるのや。

東陽県の陳叔山の一歳の男の子が下痢が止まらなくなり、次第に衰弱していった ことがあったちうわけや。


方々手を尽くしたがどうしても病状が良くならへんので父親が心配して、名医として名の聞こえた華佗のもとを遠路訪ねてきたちうわけや。

華佗は一通り病状と経過を聞くと、父親に向かってねちっこく説明し始めたちうわけや。

その子の母親は次の子をすでに妊娠しとるはずや。そのために母乳中に本来含 まれとるはずの母親の陽の気が、おなかの胎児を養うのにようけが吸収されてしまい、その母乳はボウズを養うには不十分な冷たい陰の気に偏ってしまっとるのや。
やからその子がいまのまんま陰の気が充満した冷たい母乳を飲んでいる限り、この病 は回復せんやろう
」と、明解な病理、病機を示したちう。





中国には「名医、棺を返す」と言うような名言があるらしいちうわけや。


これは名医ちう ものは死人さえも生き返らせるのだ、といったニュアンスのものかと思うが、扁鵲 がそうであろうし、唐時代の孫思邈(五八一〜六八二)の伝にも、これにぴったり 当てはまるような話が残されとる。





son.jpg




孫思邈はある日、往診の帰りに棺を担いでいく行列と遭遇したちうわけや。よく見るとその 棺の底からはぽとぽと血が滴って落ちとるではおまへんか。


不審に思った孫思邈は行 列に泣きながら付いていく老婆に、いつ亡くなりよったのかを尋ねたちうわけや。
 
孫思邈が医者であることが分かると、老婆は一人娘が難産で二晩苦しんで出産で きんと数時間前に死んでしもたとええ、泣きながらどうか生き返らせてくれと懇 願したちうわけや。

棺の蓋を開けさせると、中の若い婦人はすでに血の気が退いて顔色は蝋のようで あったちうわけや。脈をとってみると、かすかに触れてくるではおまへんか。  


孫思邈はまだ望みがあると思い、素早く鍼を取り出し経穴を定めて打ったちうわけや。
しばらくすると妊婦の気が動き、顔に血の気がさし生気が蘇ってきたちうわけや。

脈が強くなるとともに、産気づき棺の中から「オギャア、オギャア」ちう産声 が聞こえ赤ん坊が生まれたさかいあるちうわけや。この成り行きには、周りの人々も驚き大歓声 を上げたちうわけや。
何と名医孫思邈は鍼一本で母子二人の命を救ったさかいあるちうわけや。

このように孫思邈は名医としての誉れ高く、今でも中国では仁術を身をもって示した医者として尊敬を集めとる。














denden









    TOPうだ整骨院カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
    時代小説ネット書店健康医学専門ネット書店PM2.5汚染・感染症対策電脳特選街














    ラベル:名医伝
    posted by モモちゃん at 20:03| 伝承記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2014年02月19日

    名医伝・中国朝鮮・名古屋弁バージョン

    特設・名医伝 名古屋弁バージョン

    あるとき一人の老人が通り雨にあい人家の軒下で雨宿りしていると、その傾きかけただだくさな家の中から女のすすり泣く声が聞こえてきよーた。

    覗いてみると、母親が子供の枕元でうずくまるようにして泣いているではねぇきゃ。
    老人は思わず声を掛けやーた。 
    外からの突然の声に女は驚いて泣きはらした顔を上げやーた。
    老人は静かに語りかけやーた。優しそうな老人の言葉に、母親は気を許して事の次第を話はじめやーた。

    母親の話によると、子供の病状が一昨日より急に悪くなり、診てもらった医者はみゃあ手の施しょうがねぇと言って帰ってしまったという。
    子供の意識は無く命はいくばくもねぇ様子で、みゃあ死を待つた〜けりだと言って母親は泣き崩れやーた。

    老人は気の毒に思い、自分は医術の心得がある、このまま見過ごすにはどうしても心残りだで、自分に子供の脈をとらせてはもらえまいかと言う。

    老人は一通り子の脈を診ると、母親に父親の所在を尋ねやーた。
    この子の父親は既に亡く、いままで母一人子一人で暮らしてきたという。

    老人はその答えに頷くと次のように言ったがゃ。
    「やはりこの子の命は絶えそうであゃあ。そもそもの原因はこの子が母親の陰の気だけを受けて育てえる、父親の陽の気に包まれなかったことによゃあ。そのため体内の陰陽の調和がとれのうなったのだ。一刻の猶予もねぇ」

     そこで老人は母親に起死回生の妙法を教えやーた。
    母親は、子供の命が助かるかもしれねぇと知って、老人の言うとおりに村中にある若衆宿へ直ちに掛けていったがゃ。 
    そこでは、元気盛りの若者が幾人も泊り込んで共同生活しており、そう広くもない部屋の中は若者たちの熱気で溢れかえっていやーた。

    母親はその部屋に駆け込むと、若者たちが遊んでいた将棋の駒をひったくるようにして掴み取ると、すぐさま家にとって返しやーた。
     
    その将棋の駒を土瓶で煎じて子供に飲ませたところ、生死を彷徨っていた子供は奇蹟的回復をみたのであったがゃ。──

    ここに登場こく老人こそ、朝鮮医学の集大成ともいうべき医学書『東医宝鑑』を17世紀初頭に編纂した名医許俊その人であったがゃ。許俊という人物は家庭的には決して恵まれた環境で育った〜けではなかったがゃ。
     
    いわゆる妾腹の子であり、苦学して医を志したのであゃあ。逸話にもそうした許俊自身の幼少時の境涯が反映されているのかも知れねぇ。

     なんだた〜けた〜けしい、荒唐無稽の作り話ではねぇかと思われる向きもあろう。
    実はこれによく似た名医の話が、後漢時代に活躍した華佗の伝の中にもあるのだ。

     東陽県の陳叔山の一歳の男の子が下痢が止まらのうなり、次第に衰弱していったことがあったがゃ。
    方々手を尽くしたがどうしても病状が良くならねぇので父親が心配して、名医とし名の聞こえた華佗のもとを遠路訪ねてきよーた。

     華佗は一通り病状と経過を聞くと、父親に向かって詳しく説明し始めやーた。
    「その子の母親は次の子をすでに妊娠しているはずだ。そのために母乳中に本来含まれているはずの母親の陽の気が、おなかの胎児を養うのに多くが吸収されてしまい、その母乳は子供を養うには不十分な冷たい陰の気に偏ってしまっているのだ。
    だでその子がいまのまま陰の気が充満した冷たい母乳を飲んでいる限り、この病は回復せんだろう」と、明解な病理、病機を示したという。

     中国には「名医、棺を返す」と言うような名言があるらしい。
    こりゃ名医というものは死人さえも生き返らせるのだ、といったニュアンスのものかと思うが、扁鵲がそうであろうし、唐時代の孫思邈(五八一〜六八二)の伝にも、これにぴったり当てはまるような話が残されていゃあ。

     孫思邈はある日、往診の帰りに棺を担いでいく行列と遭遇しやーた。
    よくみゃーとその棺の底からはぽとぽと血が滴って落ちているではねぇきゃ。
    son_20130528224728.jpg

    不審に思った孫思邈は行列に泣きながら付いていく老婆に、いつ亡くなったのかを尋ねやーた。 
    孫思邈が医者であることが分かると、老婆は一人娘が難産で二晩苦しんで出産できずに数時間前に死んでしまったといかん、泣きながらどうか生き返らせてくれと懇願しやーた。

     棺の蓋を開けさせると、中の若い婦人はすでに血の気が退いて顔色は蝋のようであったがゃ。
    脈をとってみると、かすかに触れてくるではねぇきゃ。

     孫思邈はまだ望みがあると思い、素ちゃっと鍼を取り出し経穴を定めて打ったがゃ。
    しばらくこくと妊婦の気が動き、顔に血の気がさし生気が蘇ってきよーた。

     脈が強くなるとともに、産気づき棺の中から「オギャア、オギャア」という産声が聞こえ赤ん坊が生まれたのであゃあ。この成り行きには、周りの人々も驚き大歓声を上げやーた。
    何と名医孫思邈は鍼一本で母子二人の命を救ったのであゃあ。

    このように孫思邈は名医としての誉れ高く、今でも中国では仁術を身をもって示した医者として尊敬を集めていゃあ。










      TOPうだ整骨院カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
      時代小説ネット書店健康医学専門ネット書店PM2.5汚染・感染症対策電脳特選街





      denden 










      posted by モモちゃん at 22:14| Comment(0) | 伝承記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

      名医伝・ホジュン・華佗・孫思邈・栃木弁バージョン

      特設・栃木弁バージョン

      あっとき一人の老人が通り雨にあい人家の軒下で雨宿りしてんべと、その傾きか けた粗末な家の中から女のすすり泣く声が聞こえてきたべ。  
      覗いてみっと、母親がガキの枕元でうずくまるようにして泣いてんべぇじゃなかんべか。
      老人は思わず声を掛けたべ。  
      外からの突然の声に女は驚いて泣きはらした顔を上げたべ。老人は静かに語りかけ たべ。
      優しそうな老人の言葉に、母親は気を許して事の次第を話はじめたべ。

       母親の話によっと、ガキの病状が一昨日より急に悪くなり、診てもらった医者は もう手の施しようがねぇと言って帰っちまったというべ。ガキの意識は無く命はいくばくもねぇ様子で、もう死を待つばかりだと言って母親は泣き崩れたべ。

       老人は気の毒に思い、自分は医術の心得がある、このまま見過ごすにはどうして も心残りだべから、自分にガキの脈をとらせてはもらえまいかと言うべ。  
      老人は一通り子の脈を診っと、母親に父親の所在を尋ねたべ。
      この子の父親は既に 亡く、いままで母一人子一人で暮らしてきたというべ。

       老人はその答えに頷くと次のように言ったべ。
      「やはりこの子の命は絶えそうだべ。そもそもの原因はこの子が母親の陰の気だ けを受けて育てられ、父親の陽の気に包まれなかったことによんべぇ。そのため体内の 陰陽の調和がとれなくなったのだべ。一刻の猶予もねぇ」

       ほいで老人は母親に起死回生の妙法を教えたべ。
      母親は、ガキの命が助かっかもし れねぇと知って、老人の言うとおりに村中にある若衆宿へ直ちに掛けていったべ。  
      ほいでは、元気盛りの若者が幾人も泊り込んで共同生活しており、そう広くもな い部屋の中は若者らの熱気で溢れかえっていたべ。

       母親はその部屋に駆け込むと、若者らが遊んでいた将棋の駒をひったくるよう にして掴み取っと、すぐさま家にとって返したべ。
       その将棋の駒を土瓶で煎じてガキに飲ませたところ、生死を彷徨っていたガキは 奇蹟的回復をみたんであったべ。──

       ここに登場する老人こそ、朝鮮医学の集大成ともいうべき医学書『東医宝鑑』を 17世紀初頭に編纂した名医許俊その人であったべ。許俊という人物は家庭的には決 して恵まれた環境で育ったわけではなかったべ。
       
      いわゆる妾腹の子であり、苦学して医を志したんであんべぇ。逸話にもそうした許俊 自身の幼少時の境涯が反映されてんべぇのかも知れねぇ。

       なんだ馬鹿馬鹿しい、荒唐無稽の作り話じゃなかんべかと思われる向きもあろうべ。
      実 はこれによく似た名医の話が、後漢時代に活躍した華佗の伝の中にもあるのだべ。

       東陽県の陳叔山の一歳の男の子が下痢が止まらなくなり、次第に衰弱していった ことがあったべ。
      方々手を尽くしたがどうしても病状が良くなんねぇので父親が心配して、名医とし 名の聞こえた華佗のもとを遠路訪ねてきたべ。

       華佗は一通り病状と経過を聞くと、父親に向かってわかんねからゆうけど説明し始めたべ。
      「その子の母親は次の子をすでに妊娠してんべはずだべ。そのために母乳中に本来含 まれてんべぇはずの母親の陽の気が、おなかの胎児を養うのに多くが吸収されてしま い、その母乳はガキを養うには不十分な冷たい陰の気に偏ってしまってんべぇのだべ。

      だべからその子がいまのまま陰の気が充満した冷たい母乳を飲んでいる限り、この病 は回復しねぇべだべなぁ」と、明解な病理、病機を示したというべ。
      zuju01.gif

       中国には「名医、棺を返す」と言うような名言があるらしいべ。
      これは名医という ものは死人さえも生き返らせるのだ、といったニュアンスのものかと思うが、扁鵲 がそうだべなぁし、唐時代の孫思邈(五八一〜六八二)の伝にも、これにぴったり 当てはまるような話が残されてんべぇ。

      孫思邈はある日、往診の帰りに棺を担いでいく行列と遭遇したべ。
      よく見っとその 棺の底からはぽとぽと血が滴って落ちてんべぇじゃなかんべか。
      不審に思った孫思邈は行 列に泣きながら付いていく老婆に、いつ亡くなったのかを尋ねたべ。孫思邈

      孫思邈が医者であることが分かっと、老婆は一人娘が難産で二晩苦しんで出産できずに数時間前に死んぢまったといい、泣きながらどうか生き返らせてくれと懇 願したべ。

       棺の蓋を開けさせっと、中の若い婦人はすでに血の気が退いて顔色は蝋のようで あったべ。脈をとってみっと、かすかに触れてくるじゃなかんべか。
      孫思邈はまだ望みがあっと思い、素早く鍼を取り出し経穴を定めて打ったべ。
      しば らくすっと妊婦の気が動き、顔に血の気がさし生気が蘇ってきたべ。  
      脈が強くなっとともに、産気づき棺の中から「オギャア、オギャア」という産声 が聞こえ赤ん坊が生まれたんであんべぇ。

      この成り行きには、周りの人々も驚き大歓声 を上げたべ。
      何と名医孫思邈は鍼一本で母子二人の命を救ったんであんべぇ。

      このように孫思邈は名医としての誉れ高く、今でも中国では仁術を身をもって示した医者として尊敬を集めてんべぇ。










        TOPうだ整骨院カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
        時代小説ネット書店健康医学専門ネット書店PM2.5汚染・感染症対策電脳特選街





        denden 










        posted by モモちゃん at 21:21| Comment(0) | 伝承記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

        中国名医伝:筑後弁バージョン

        特設・筑後弁バージョン

        あるとき一人の老人が通り雨におうて人家の軒下で雨宿ばしとると、そんよちゃりしかけとるひゅうなか家の中から女のすすり泣く声が聞こえてきたげなたい。

        なかば覗いてみっと、母親が子供の枕元でうずくまるごとして泣きよるじゃなかね。老人は思わず声ば掛けたげな。
        外から突然声のしたけん女は驚いて泣きはらしとった顔ば上げた。
        老人は静かに語りかけたげな。優しかごたる老人の言葉に、母親は気ば許して事の次第を話はじめたげなたい。

        母親の話によっと、子供の病状が一昨日より急に悪うなって、診てもろっとた医者はもう手の施しようがなかち言うて帰ってしもうたげなたい。
        子供の意識は無く命はいくばくもなかごたる様子で、もう死を待つばかちゆうて母親は泣き崩れたげな。

        老人は気の毒に思うて、オリは医術の心得のあるとばってん、こんまま見過ごすとはどげんしてん心残りじゃけん、オリに子供の脈ばとらせてはもらえんじゃろかち言うたげな。

        老人は一通り子の脈ば診ると、母親に父親の所在ば尋ねたげな。こん子の父親は既に亡く、いままで母一人子一人で暮らしてきたげなたい。

        老人はその答えに頷くと次のごと言うたげな。「やっぱしこん子の命は絶えそうばい。そもそもの原因はこん子が母親の陰の気ばっかし受けて育てられ、父親の陽の気に包まれんやったとがいかんたい。
        そしけん体内の陰陽の調和のとれんごとなったとばい。一刻の猶予もなか」

        そこで老人は母親に起死回生の妙法を教えたげな。母親は、子供の命が助かるかもしれんち知って、老人の言うたごと村中にある若衆宿へ直に掛けていったげな。

        そこでは、元気盛りの若者が幾人も泊り込んで共同生活ばしとって、そげん広くもなか部屋の中は若者たちの熱気で溢れかえっとったげな。

        母親はその部屋さん駆け込むと、若者たちが遊んどった将棋ん駒ばひったくるごとして掴み取ると、すぐさま家にとって返したげな。

        そん将棋の駒ば土瓶で煎じて子供に飲ませたところ、生死を彷徨っとった子供は奇蹟的回復をみたげなたい。──

        ここに登場する老人こそ、朝鮮医学の集大成ちいわれとる医学書『東医宝鑑』ば17世紀初頭に編纂した名医許浚その人じゃったげなたい。そん許浚ちいう人物は家庭的には決して恵まれた環境で育ったわけじゃなかたげな。

        いわゆる妾腹の子であり、苦学して医ば志したげな。逸話にもそげんか許浚自身の幼少時の境涯が反映されているのかも知れんたいね。

        なんか馬鹿馬鹿しか、荒唐無稽の作り話じゃなかかと思われる向きもあるやろう。
        実はこれによう似とる名医の話が、後漢時代に活躍した華佗の伝の中にもあるとたい。

        東陽県の陳叔山の一歳の男の子が下痢が止まらんごとなり、次第に衰弱していったこつのあったげな。

        方々手を尽くしたばってんどげんしてん病状が良くならんけん父親が心配して、名医として名の聞こえた華佗のもとば遠路訪ねてきたげなたい。

        華佗は一通り病状と経過ば聞くげっと、父親に向かって詳しか説明ば始めたげな。「そん子の母親は次の子ばすでに妊娠しとるはずばい。そしけん母乳中に本来含まれとるはずの母親の陽の気が、はらん胎児ば養うとにばっか吸収されてしもうて、そん母乳は子供ば養うとには不十分な冷たか陰の気に偏ってしもうとるとたい。

        そしけんそん子がいまんごつ陰の気が充満した冷たか母乳を飲みよる限り、こん病は回復せんじゃろう」と、明解な病理、病機ば示したげなたい。
        douin.jpg

        中国には「名医、棺を返す」ち言うごたる名言のあるげなたい。これは名医ちゅうもんは死人さえも生き返らせるちゅうごたるニュアンスのものかと思うばってん、扁鵲がそげんやろうし、唐時代の孫思邈(五八一〜六八二)の伝にも、これにぴったっと当てはまるごたる話が残されとるとばい。

        孫思邈はある日、往診の帰りに棺ば担いでいきよる行列と遭遇したげな。
        ようと見るとその棺の底からはぽとぽと血が滴って落ちとるじゃなかね。不審に思うた孫思邈は行列に泣きながら付いていきよる老婆に、いつ亡くなったつか尋ねたげな。

        孫思邈が医者ちゅうこつが分かると、老婆は一人娘が難産で二晩苦しんで出産でけんで数時間前に死んでしもうたちゆうて、泣きながらどげんかして生き返らせてくれと懇願したげなたい。

        棺の蓋ば開けさすっと、中の若か婦人はもう血の気の退いて顔色は蝋のごたったげな。脈ばとってみると、ちょこっと触れてくるじゃなかね。

        孫思邈はまだ望みがあると思うて、素早く鍼ば取り出し経穴を定めて打ったげな。しばらくすると妊婦の気が動き、顔に血の気がさし生気が蘇ってきたげなたい。

        脈が強くなるとともに、産気づき棺の中から「オギャア、オギャア」ちゆう産声が聞こえ赤ん坊が生まれたげな。

        こん成り行きには、周りの人々も驚き大歓声ば上げたげなたい。何と名医孫思邈は鍼一本で母子二人の命ば救ったっばい。

        こげん孫思邈は名医としての誉れ高く、今でん中国では仁術ば身をもって示した医者として尊敬ば集めとるとたい。










          TOPうだ整骨院カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
          時代小説ネット書店健康医学専門ネット書店PM2.5汚染・感染症対策電脳特選街





          denden 










          ラベル:名医伝
          posted by モモちゃん at 08:41| Comment(0) | 伝承記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする