2018年06月20日

人類の後にいずれ彼らが栄える!

カマキリは肉食系最強の昆虫です

身近な昆虫、カマキリのことをご存じですか?

夏場から秋口に掛けて田舎ではよくカマキリを見かけます。




0501051
















昆虫といってもカマキリは貪欲な肉食性です。

動くものを狙って、何でも捕食してしまいます。

性格は攻撃的で凶暴と言えます。

カマキリは強力な大顎と獲物を捕獲する鎌状の大きな前足を持っています。

羽根を広げて飛ぶことも出来ます。





0501052















捕食する獲物はそれこそ色とりどりです。

選り好みはしません。

トンボ、スズメバチ、バッタ、ゴキブリ、クモ、さらには大物のミミズ、カエル、ヘビ、ヤモリなども捕食します。

別のカマキリに出くわせば、ときたま共食いもします。





0501053















その体は意外と柔軟性があって、胴を掴まれても上体を180度回転して果敢に攻撃してきます。

特に頭部は回転が効いて、自在にそれも広範囲に動かせます。





0501054
















カマキリはメスの方がオスより体型が大きいのが特徴です。

またよく知られていることですが、カマキリは交尾中にメスがオスを捕食することがあります。

交尾中にメスがオスの頭部にかじりつき、運動神経の中枢の組織をまずボリボリと囓って食べ始めます。

これでオスはまったく体が動けなくなるわけで、そのまま上半身からどんどん捕食されてしまうわけです。






0412















オスは上半身が食べられても下半身は機能するというわけで、この辺りは自然の摂理といいますかすごくシビアです。

オスは捕食されて雌の産卵のための重要な栄養源になるわけです。





041

















この場合、食べられるのはオスであってメスが捕食されることはありません。

あくまでもオスがメスに食べられるのです。

また必ず捕食されるわけでもなく、そのときメス側に空腹感があればの話です。

運悪く飢えたメスに遭遇したら、肉食系のオスであってもメスに食われてしまうことになります。

カマキリそのものは昆虫世界の凄腕のスナイパーであり、孤独な暗殺者という感じです。

カマキリのオスに遭遇したら、その宿命にちょっと同情してあげて下さい。









「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」
経絡論
「日本人奴隷貿易」ノンフィクション

奴隷船
「時代小説短編集・憑依(つく)

tuku










denden3商品詳細
★電磁波中和放電装置「電磁番」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
電磁番使用時の注意事項
★「電磁波中和装置電磁盤」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。

詳細は外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏症や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏症の症状とはなにか
電磁波過敏症の症状経過について
「電磁波中和装置電磁番」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏症の症状関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
米国大使館電磁波被曝事件


































ラベル:昆虫世界
posted by モモちゃん at 09:25| 歴史を先取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月19日

トランプ大統領には経済ノーベル賞がふさわしい!

中身がない“政治ショー”――米朝首脳会談は金正恩の「大勝利」だった
2018/6/18

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180618-00106299-playboyz-pol


間抜けな日本人には知らされないこと?!

シンガポールで行なわれた史上初の米朝首脳会談は当初予想されたほどには評価されてはいないようである。

かねてより話し合いのテーブルに着きたかった両首脳が会談できたのであるから、結果からいえばどうみても大成果であったはずである。

軍事大国である以前に米国は経済大国である。一方の北朝鮮は核を保有する資源大国である。

世界最大の経済大国と世界有数の資源大国とが結びつくのは自然な流れである。

北朝鮮が核兵器を保有しているといっても、北朝鮮はただの核保有国ではない。

他にも核保有国はいくつも上げられるであろうが、北朝鮮は世界有数の地下資源保有大国でもあるのだ。

これは長年北朝鮮を偵察衛星が探査して再確認されてきたことである。

それは米国が予想した以上の規模での埋蔵量であり、北朝鮮の保有する潜在的国富ともいうべき比類のない資産であることを意味する。

北朝鮮はこの国富を隣接する同盟国中国からも懸命にその保有を独自に堅持し続けてきていた。

かって韓国統計庁が調査し発表した「北朝鮮の主要統計指標」によると、2008年時点で北朝鮮の地下鉱物資源は総額で6兆4000億ドル規模であるとされ、その内訳は黄金2000トン、鉄5000億トン、マグネサイト60億トン、無煙炭45万トン、銅290万トン、さらに鉄鉱石や石炭、燐灰石、マグネサイト、ウランなど、二百種類を超える有用鉱物が確認されており、経済的な価値がある鉱物資源も四十種を超えるとされている。

近年とみに価値が高まっている希少金属のタングステン、ニッケル、モリブデン、マンガン、コバルト、チタニウムなども豊富とされ、特にそのマグネサイトの埋蔵量(四十億トン)は世界で最大規模とみられている。

原子力開発に不可欠なウラン資源も世界最大の約四百万トンの埋蔵量があるとされるわけで、北朝鮮の地下資源には近隣諸国や米国も強い関心を持ち続けていたわけである。

現在では実際に開発が可能な北朝鮮の地下資源はおよそ2億1600万トン規模であり、金額にして3000兆ウォンの巨額の資源を保有していると試算されている。

おそらくこれとて過少な評価であろう。

国内のニュースでは間近に米朝間の緊張から戦争の危機があるようにさかんに報道されていたが、戦争どころかこの巨大な地下資源を巡っての経済協力の話が進むべく水面下では本格的な経済交流の交渉が進展していたというべきであったであろう。

最先端の外科的ピンポイント攻撃が成功して現政権が倒れてしまえば、直ちに中国軍が国内を制圧し北朝鮮のすべてを掌握してしまうことになろう。

それではまさに中国が漁夫の利を得るわけであって、米国には何の見返りはない。それよりは現政権を保障し温存しつつ経済的関係を拡大していく方が当面は米国の国益に繋がるではないか。

だから米国は大規模な空母打撃群や世界最大の病院船まで展開して、北朝鮮を脅してでもどうにかして交渉のテーブルに金正恩を座らせようと必死であったのだ。

米国は無駄金を使わない。あるとすれば初期投資である。

トランプ大統領はビジネスマンだけに、こうしたビジネスチャンスを逃すはずはあるまい。

北朝鮮の金正恩もしたたかであって、ビジネスの交渉をより有利に持っていくことを狙ってきていたわけである。

独裁者として核を保有していれば、交渉の場では臆することなく対等にビジネスの話が出来るというものである。

北朝鮮の金正恩は、米国が保有する採掘技術や金属製錬技術が喉から手が出るほど欲しいのである。

世界中で誰がこれらの地下資源をもっとも高く買ってくれるのか?

友好国とはいえロシアや中国の技術では採算が採れるレベルへ持って行くにはきわめて効率が悪いのだ。

北朝鮮は経済交渉を米国と進展させると同時に、明らかに国際市場にも参入したがっているのである。

そのためには、いまの北朝鮮の金正恩にとって中国やロシアを相手にするよりは世界最大の経済大国と直に経済交渉を進めた方が格段に実入りは大きいはずである。

そのために最大限生かすべき北朝鮮の国富としての地下資源なのである。

北朝鮮の地下資源の中でも最近注目されているのが石油である。

戦略的地下資源というべきものが、あらためてここでは注目されてくるであろう。

これまた世界有数の規模と見られている石油埋蔵を考えたとき、その採掘権を北朝鮮が保有しているというだけでもビジネスの種は尽きないのである。

しかもここでも石油採掘技術の核心部分を米国企業が保有していることを考え合わせれば、北朝鮮の金正恩がいまただちに交渉すべき相手は当然ビジネスマン・トランプ大統領ということになる。

対立だ、戦争だなどといっている場合ではない、肝心なことは新たな資源大国が日の目を見るかどうかの話なのである。

もう地下核実験は必要ないのである。

米国は実験によって有用な多くの地下資源が汚染されることをどうにかして回避させたかったのである。

放射能に汚染されれば大事な資源が台無しになってしまうではないか。

穿った見方をすれば、ようやく北朝鮮は夢にまで見た経済大国への切符を手にしたといえるのであろう。

当然ビジネスの話の場だけに、日本人拉致問題などは後回しどころか割愛される。


















「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」
経絡論
「日本人奴隷貿易」ノンフィクション

奴隷船
「時代小説短編集・憑依(つく)

tuku










denden3商品詳細
★電磁波中和放電装置「電磁番」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
電磁番使用時の注意事項
★「電磁波中和装置電磁盤」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。

詳細は外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏症や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏症の症状とはなにか
電磁波過敏症の症状経過について
「電磁波中和装置電磁番」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏症の症状関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
米国大使館電磁波被曝事件


































ラベル:米朝首脳会談
posted by モモちゃん at 07:58| 歴史を先取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月31日

若者よ10年後は海外への出稼ぎを覚悟しろ!

整体院・アロマ・癒しサロン開業マニュアル

何故健康サロン、癒し整体はインターネットと相性がいいのか?
海外進出も視野に入る新ビジネスのチャンス!
ビジネス・起業スキルアップ情報

むしろ整体・癒しサロンは地方の田舎でこそ開業のチャンスがあります!

整体院開業に、学歴や年齢、性別、国籍に関係なく自営業として就業可能です。
どなたでも自由に癒し整体業(医業類似行為)・リラクセーションの職業につけます。
どなたでも就業に対する熱意とそのスキル(skill)さえあれば確かなビジネスチャンスがあります。

@整体業には公的免許は必要ではありません。当然、薬物の取り扱い、病気の診断、手術、治療など医師法に触れる行為は禁止されています。

A健康を害する行為を行わなければ憲法で保障された職業選択の自由として、健康増進や癒し整体の療術を業とすることが出来ます。

B整体は伝統的な民間療法の一つです。法律の範囲内での健康法を業として施すことは違法ではありません。

C癒しやリラクセーションなど、広告や看板設置も業務の内容について法律の範囲内で自由にできます。

こうした療術業については、「いわゆる無届医業類似行為業に関する最高裁判所の判決について」(昭和35年3月30日)に基づき、昭和36年6月に行われた「衆議院社会労働委員会の徒手技術(療術)行為の審議に対する厚生省 (現・厚生労働省)の意見要旨」でも示されています。

業務に必要な施術面でのスキルを磨くことはもとより、親切丁寧な接客に必要な社会性のあるコミュニケーションセンスを身につけることが出来れば誰でも整体師になれます。これこそが最大のポイントです。

資格や設備についての条件や法的規制がないこともあって、多くの場合初期投資も小額で開業可能です。

場合によっては施術スペースだけ用意すればいいわけで、高額な機械器具などは特別必要ありません。

ご存知ですか、この業界は国籍さえもまったく関係ないのです。
手っ取り早く仕事が出来る分野ということで外国人でさえ進出できる新しい業態なのです。

しかもネット環境さえあれば関連する専門的情報も簡単に入手できるのです。

不況にも強く定年もありませんので、女性であっても一生涯に渡って独立して自由に癒しやリラクゼーション分野の仕事が続けられます。

初期投資が押さえられることから、今後も多くのヘルス関連企業や大手の美容サロンが続々と進出してきます。

何故なら癒しやリラクゼーションの分野の潜在的需要は、日本だけではなく世界中で増え続けているからなのです。

いまや世界と競合しても勝ち残っていけるビジネススキルが備わっているのは、この分野であるということです。





ただし癒し整体・療術の範囲をしっかり厳守すること

もちろん開業に際しては個人でも多少の適性は考慮すべきです。
日ごろから癒しや健康情報に関心がある方、接客が得意な方、話題が豊富で人との会話が得意な方、武道(有段者)やスポーツ、介護などの経験がある方、インターネットを使って市場調査やSNS情報の発信が自分で出来る方、マーケティングやセールスの接客センスがある方などはより適性があって有利です。

これが、まず癒し整体業に従事する上での重要な個人のスキルになり得ます。

「整体業」は、ただ看板だけを挙げてじっと待っていれば顧客が自然に集まるというものではありません。

整体や癒し健康サロンなどの広告に関して、現在インターネット分野は規制がほとんどされていません。

法律で規定された業種は必ずその業務範囲と広告の規制とが課せられますが、規制のない業態にはそうした部分の拘束がないわけです。

そこでは業態としての自由な広告表現ができるわけで、営業活動はやり易いことがまず第一に挙げられます。

しかし当然のことですが、癒し整体や療術の範囲から逸脱すると規制の対象となります。

当然のことですが、病気治療などの医師法や薬事法などの法律に抵触する広告は規制されます。

もとより逸脱した違反広告は厳しく罰せられるべきものなのです。

「整体業」の広告や集客手法に関していえることは、現代のインターネットそのものは不可欠の宣伝媒体となるということです。

始めは口コミでスタート出来ても、継続的に集客していくにはインターネットを使ったセールスメニューが当然必要です。

まわりにある整体院やアロマサロンを見てみてください。
そこにいかに巧みなイメージ戦略がネット上で展開されているかを観察してみてください。

整体そのものは、ファッションや美容の業界にも似た美意識に訴えるイメージ戦略がもっとも発揮できる業態ですので、女性にはより有望な職種となりうるのです。

最低限、インターネットを利用した広告媒体だけは最初に用意する必要があります。

開業資金の都合で立地条件がよくない自宅開業を選択した場合などは、特にそうしたネット広告の初期投資が盛業を目指すための重要な必須ポイントとなります。


まず業務範囲のリスク対策をしておくことが重要です!

職業である以上、就業中のリスクはあります。

社会的規範、関連法規等は当然のこと、社会生活として人との接触が頻繁であればいろいろなトラブルも生じるわけですからそれらは常識の範囲として個別に対処すべきことです。

ここでいう就業リスクとは、癒し整体業や療術業でのリスクや接客トラブルそのものは必須の事項として事前にリスク管理として考慮しておくべきだということです。

まず手始めとして、自賠責の保険に加入があげられます。

癒し整体業や療術業を対象とした専門の「賠償保険」がありますので、可能な限りこれを利用しておくべきです。



開業に関係する法律は絶対に見落とせない!
整体業や健康癒しサロン開業は自由であっても、やはりそこには直接関係してくる法律があります。
何が出来て何が規制されているのかの判断基準はこれらの関連法規に従うべきなのです。
こうした知識無しの安易な受け売りだけで業務は継続できないことを理解しておかなくてはなりません。

整体師ー整体院開業整体師、整体院に関連する法規の解説












「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」
経絡論
「日本人奴隷貿易」ノンフィクション

奴隷船
「時代小説短編集・憑依(つく)

tuku










denden3商品詳細
★電磁波中和放電装置「電磁番」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
電磁番使用時の注意事項
★「電磁波中和装置電磁盤」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。

詳細は外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏症や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏症の症状とはなにか
電磁波過敏症の症状経過について
「電磁波中和装置電磁番」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏症の症状関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
米国大使館電磁波被曝事件
































ラベル:海外進出
posted by モモちゃん at 09:27| 歴史を先取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月29日

自然破壊でホタルはたちまち激減する

ホタルが乱舞する

今年もホタルが舞う季節となりました。

ホタルは自然環境の変化で突然姿を消してしまうことがあります。

40年以前には、自宅の庭でホタルを見つけたこともありました。

わざわざ山奥までホタルを探しに行くこともありますが、その数が数千、数万ともなると圧巻です。

そのとき森や林のホタルが呼吸を合わせるように一斉に光を点滅させるのですが、ぴったりとそのリズムが合っていてとても神秘的で不思議な情景です。

ホタルが飛び交う時期は少し蒸し暑い時と、曇ってやや肌寒い時とがあります。

周囲にはうっすらと靄が掛かっていて、せせらぎの音と蛙の鳴く声も聞こえてきます。





Nikon D800でホタル動画撮影(3) Firefly

 








蛍の舞 dance of the fireflies 2014 (伊豆キャンプフィールドと清和県民の森のホタル)

 









揖斐川町 「轟観音・ホタルの里」 2011

 









「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」
経絡論
「日本人奴隷貿易」ノンフィクション

奴隷船
「時代小説短編集・憑依(つく)

tuku










denden3商品詳細
★電磁波中和放電装置「電磁番」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
電磁番使用時の注意事項
★「電磁波中和装置電磁盤」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。

詳細は外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏症や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏症の症状とはなにか
電磁波過敏症の症状経過について
「電磁波中和装置電磁番」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏症の症状関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
米国大使館電磁波被曝事件
































posted by モモちゃん at 07:48| 歴史を先取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月21日

人造人間とお付き合い出来ますか!?

人造人間が新しい歴史を作る!


「ペッパーの父は孫正義ただ一人」 ソフトバンクが要請2018年1月23日
https://www.asahi.com/articles/ASL1R4WFQL1RULFA022.html



2014年、世界初の感情を認識するヒト型ロボットとして誕生したソフトバンクグループの「Pepper(ペッパー)」は、その翌年には19万8000円で一般に販売された。

Pepperは、声、触覚、感情表現により人とコミュニケーションを図ることを目的に作られ た人型ロボットであり、コンパニオン機能が強調されている。

いよいよ人間と会話が出来るロボットが一般家庭にやってくるというわけで、人造の人型ロボットと共存するSF世界がついに出現したことになる。

動物型ロボットで癒し効果を出すというものもすでに登場してきている。

こうした発想は現代突然発生してきたものではない。

古代からロボットや人造の創造物は考えられていたことである。

SF小説にも度々登場してきたわけで、そうした意味ではそれほど無関心でいられる話題ではない。

人工頭脳を持った自立型AIロボットが人間と敵対する、あるいは人間を支配しようとするSF映画なども少なくはない。

逆に、そうした人造人間に理想的な個性を見出して恋愛の感情を抱くというSF小説も確かにあった。

50年以前、SF小説の専門誌であった「SFマガジン」に掲載されていた「10月の朝」という短編小説がまさにそれであった。

作者名は忘れたが、半世紀経ても記憶に残る鮮烈なイメージを残してくれた。

そこで気付いたことは、人間はロボットの類を好ましく可愛いとイメージできる場合と、それとは逆に不気味だ、怖いと意識して忌避するすることがあるということが考えられるのである。

つまりその仕草や話しぶりが人間そっくりであることがことさら好ましいことなのか、あるいは人間に似過ぎることが何やら得体のしれない異質の存在として認識されてしまうのかどうかということである。

これは人それぞれの受け取り方であろうが、これがロボットや人造人間の本格的な登場と共に人間社会で新たなストレスを発生させることになると予想している。

このことがただの杞憂に過ぎないのかどうか、ここらが近未来的にはもっとも気になるところである。


荒唐無稽な話しだろうといわれてしまいそうであるが、今回はそれに輪をかけたような奇怪な話を紹介したい。

というのは、こうした事例はすでに過去の人類史の記録の中にいくつか散見できるからである。

まずはそれらを紹介していきたい。

不可解な話と思ってはいっても同じような話がたて続けに出てくると、これは一体全体何だというなんだろうということになるのだが、ありふれたSF小説の類ではないのは確かである。

過去の歴史上の有名な人物が登場し、しかも密かに人造人間製造にも関わってい たという意外や意外、何やら奇妙奇天烈な話なのだ。

しかもそれが歴史が古く2千年以上も昔の話だから、当然そこには何の科学的根拠もそれらしい発想さえもなかったのではと誰もが考えがちである。

ところがどっこい話が話だけに、逆にそうとばかりはいえないような部分も出てくるからなお更この話は珍奇でおもしろいことになってくる。

意外なことにそれらの事例は、人造物そのものが画期的な発明であるとかいった前向きな捉え方がされているわけではない。

むしろ人型の創造物が人間さながらの振る舞いをすることに、驚きとともに言いようのない不気味さが醸し出されている。

ここらが現代の人造ロボットの登場とはまったく異なっている。


その1つは、歌人として名高い西行(1118〜1190)が高野山の山奥で修行中に、不思議な「反魂の秘術」を使って密かに人間そっくりの者を造ったという逸話がある。

それこそ人間の姿をした人形かアンドロイドかといったところである。

西行は山中にこもって、ついにその「人間そっくりの者」をどうにか造り上げる。

しかし、ようやく出来上がったその人造人間は顔の色艶も青白く、符抜けた笛のような奇妙な声でぼそぼそ喋るので、なおさらに薄気味悪く思えてとうとう終いには山奥に捨ててしまったのだという。

こうなると西行は、優れた細工師かエンジニアかということになる。

歌人、僧侶というのは仮の姿であったということで、これなどは西行の経歴には多くの謎が隠されているといわれることにも繋がってくるような突拍子もない話なのだ。


西行はその後に京にのぼり、当時の秘術の大家として知られていた伏見前中納言師仲卿のもとを訪ねこのときの経緯を詳細に話す機会があった。

そして自分が試みた「人間そっくりの者」製作過程の手順や材料についてもあれこれと謙虚に教えを請うたという。

中納言は一通り西行の話を聞くと、彼が行った「反魂の秘術」そのものが未熟なのを指摘しただけでなく、さらに技巧的な修行によって奥義を極めれば本物そっくりの人造人間が確実に造れるのだとも語った。

そして実際に、かって中納言が造った人造人間のなかには大臣にまで出世した者がいると言って愉快そうに笑ってみせたのであった。

これは一つのブラックユーモアであろうが、今でいうところの培養されたクローン人間ともとれるわけで何とも恐ろしげな話ではないだろうか。(出典『撰集抄』参照)



実は西洋にもこれによく似た同じような話がある。

十三世紀最大のスコラ哲学者、科学者と して有名なレーゲンスブルクの司教アルベルトゥス・マグヌス(1206〜1280)は、化学、医学、精密機械工学、天文地理学といた科学全般に精通していた著名な学者でもあったが、その彼が20年以上の歳月をかけてついに全自動の機械人間・アンドロイドを造り上げたという不可思議な話がある。

magu.jpg

マグヌスが心血を注いで制作したその画期的機械人間は自ら歩き回り、人を相手に会話し、さらには召使として雑用までこなしたという優れ物であったという。

ところがある時、彼の家を訪ねてきた弟子のトマス・アクィナスと人造人間が会話していたのであるが、どうしたことか人造人間はトマスをひどく怒らせてしまった。

人造人間の応答は少しも面白くなかった上に、トマスにむかって小馬鹿にしたような傲慢な受け答えをしたのである。

激昂したトマスは、終いには傍にあったハンマーでその人造人間を叩き壊してしまった。(出典『太古史の謎』アンドール・トマス著)

一説によると、トマス・アクィナスはおしゃべり好きな人造人間の言葉遣いが原因で怒ったのではなくて、あまりにも人間そのものにしか見えないその者の言い知れぬ不気味さに恐怖を覚えて無我夢中で壊してしまったのだともいう。

不気味過ぎる存在ということでは、何やら西行の人造人間の製造失敗話とも似ているわけで、このあたりは非常に興味深いところである。

意外なことに、こうした人造人間(ロボット)に敵意を抱く人間は現代でもときたま見られるのである。

「 ロボットを殴り倒した男、ロボットに通報され逮捕 ?? シリコンバレー
カリフォルニア州・マウンテンビュー(Mountain View)警察によると、2017年4月19日、マイクロソフトとグーグルのシリコンバレー本社の近くにあるスタートアップKnightscopeの本社・駐車場で、警備ロボットを殴り倒した41歳のハードウエアエンジニアの男性が逮捕された。」
https://www.businessinsider.jp/post-33193


ここではロボットに対する何らかの違和感や差別意識が働いていたのかもしれないのであるが、いずれこうした問題が近未来の社会では多発してくることであろう。

外見だけでなく、人造人間は限りなく人間そのものに近付いていくであろうが、やはりそこにはいくばくかの不気味さは伴うように思える。


似たような話は、実ははるか古代にも事例があった。

古代中国にもこの手の奇怪な逸話が伝わっていて、たとえば魏の二代目明帝(在位226〜238)はこうした機械仕掛けを好むということで広く知られていた。

宮廷内でもいろいろな精巧な機械類を造らせていたが、なかでも曲芸や舞踊、器楽演奏までこなすカラクリ人形がことの他お気に入りであった。

同じ頃、隣国の呉の大帝(229年 - 252年. 姓・諱, 孫権)も明帝と競うようにして自分で歩くカラクリ人形を造らせていたのだが、皇后がその人間そっくりの美男の人造人間にすっかり魅せられてしまい、 これに嫉妬した皇帝は直ちに人造人間を破壊するように命じたという逸話がある。

古代中国ではこうした特殊な工作技術を、一部では「怪術の法」と言われていた。

いまでいうところのロボット電子工学か精密工学の部類である。

王族や貴族階級の間では、こうした特殊なカラクリ技巧が持て囃されていたようである。



さらにこれに繋がる最古の事例として出てくるのが、古典籍『列子』湯問篇に紹介されている3千年近く前の逸話が特に有名である。

ここらもちゃんと文献史料として残っているわけである。

周の五代目天子穆王(? - 紀元前940年)の時代に、偃師という名工が見事なカラクリ人形をつくり上げ、それを王に献上したのだという。

そのカラクリ人形の立ち振るまい、舞い踊る姿を見て穆王は本当の人間ではないかと一瞬錯覚するほどであった。

ところがこの人形は王の寵姫にこっそり色目をつかい、このことで穆王の逆鱗に触れてしまう。

人形は、女性から見れば理想的なイケメンそのものであったのだ。

これに嫉妬した穆王は怒りに任せて、いきなり人形を叩き壊そうとする。

これも無理からぬ話であって、呉の大帝と同様に王様というのは殊のほか嫉妬深いのだ。

これには製作者の偃師も大いに恐れ入って、穆王の目の前で直ちに人形をばらば らに分解してすべての仕掛けを見せたのである。

ただの人形なんですと言うわけである。

現代の人造ロボットであれば、電子部品が胴体にたくさん組み込まれているのと同じである。

その人形の体は、革や木片、にかわ、漆、白黒、丹青など多くの素材を集めて精巧に造ら れていたのであるが、穆王がよく調べると内部には内臓として肝・胆・心・肺・ 腎・腸・胃の五臓六腑が、外部には体を支える構造として筋骨・関節・皮毛・歯髪がそれぞれ似せて造ってあって人体の構造として形が見事なまでに揃っていた。

つまり、それらの各部品を複雑に組み合わせていくと元の人形の姿になるというわけである。

穆王は内部構造を興味深く観察しながら、ためしに人形の胸から心の臓を取り外してみた。

するとどうしたことか、たちどころに人形は舌がもつれた様になってうまく喋れなくなってしまった。

これをみた穆王は、面白いと感じた。

次に王が肝の臓を取り外すと人形の目が、まったく機能しなくなった。

次に腰の脇から腎の臓を取り外してみると人形は、力が抜けたようになって立って歩けなくなってしまったのである。

ここではじめて穆王は精巧で緻密な人形の構造に驚き、思わず感嘆の声を上げたのであった。──。


残念ながら古典籍『列子』自体には、これ以上の詳しい状況説明はされていない。

3千年も前にこのような精巧な人造人間が造れるかという疑問はさておき、こういう話は後世過去の人物の名を借りて創作されたと考えられるわけだが、それにしても愉快である。

なぜこのカラクリ人形は、体内の臓器部分を取り外すと喋れなくなったのか、なぜ目が機能しなくなったのか、なぜ一歩も歩けなくなったのか。

現代人から見るとその理由が判然としない。

残念なことに現代人にはそれを説明できるような情報は持ち合わせてはいない。

実はこれを種明かしして詳しく説明するには、さらに中国医学的謎解きが必要なってくるのである。



zou2.jpg


その謎解きがされると、この話しはさらに奥深いものになり格段に面白くなる。

つまりここでの古典『列子』の記述内容自体は、古代の中国医学の解剖学的な五臓と身体機能との相互の生理的関係がそれぞれに示されていて非常に興味深い部分なのだ。

実際に中国古代の医学書 『黄帝内経』の身体機能に関連する記述内容と逐一符合していて、ここらは一層興味が湧いてくる筋立てとなっている。

要するに、当時の医療に直結した解剖学や生理学の知識が網羅されているということである。

たとえば心臓と舌の生理学的関係は、『黄帝内経』では、「心は舌を主る」(陰陽応象大論)、「心気は舌に通ず」(脉度篇)と書かれている。

心臓と舌とは特別な機能的関連性があるのだという。

心臓機能の異状は、舌の動きにも機能低下をもたらすというのだ。

また肝臓と目については、「肝は竅を目に開く」、「肝は目を主る」、「肝気は目に通ず」、「肝和するとき則ち能く五色を辨ず」、「肝は血を受けて能く視る」というように記述されている。(金匱真言論・陰陽応象大論・脉度篇・五臓生成論)

肝機能の低下は、視力や目の機能の異状をきたすというのである。

このように『黄帝内経』では、五臓六腑の解剖学的情報とともに、これらの内蔵と身体機能との生理学的関連性が詳細に書かれている。

内蔵が病気で冒されると、それに関連した身体機能が低下し失調するという当時の病理観にもそのまま繋がる。

驚くべきことであるが、古代中国では数千年以前にすでにこうした詳細な内蔵の生理的機能と身体の関連性が医学情報として知られていた。

古代の医学書『黄帝内経』はそうした医学情報の宝庫でもあるのだ。

古代中国では、一時期当時の西洋文明をはるかに凌駕した自然科学的な人体考察がされていたということになる。

それらが文献情報として残されているということは、これらの医学的情報が当時の知識人にも伝わっていたということになる。

つまりここでは、心臓の機能が変調をきたすと舌が腫れて喋れなくなったりするという意味である。

またここでは肝機能の異状によって網膜の機能異常や視力の低下が現れるともいうのである。

腎機能と歩行機能との関連でも同様で、古代の中国医学的な情報を求めるならさしずめ「腎は骨を主る」(宣明五 気篇)とその関連性は書かれている。

「腎は骨を主る」とは、腎が正常に機能しなくなると体を支える骨の成長や再生が損なわれ、骨そのものが脆く弱くなるという。

これは腎機能の衰えが老化とも関連があって、骨が次第に脆くなることをも意味している。

さらには、「腰は腎の府、転揺する能わざるは腎将に憊んと す」、「筋骨解堕師、・・・歩行正しからず」(上古天真論)ということで、腎機能が弱れば足腰が衰えて萎えてしまうとされるのである。

つまりこの古代中国の人造人間の話は突き詰めていくと、見事なまでに当時考えれらていた古代中国の医学理論に基づいた生理観や病理情報を直裁に取り入れていることがわかるわけで、これがこの話の肝心な謎解きの部分というわけである。

ここらは奇妙というかミステリアスな展開である。



    Getting some air, Atlas?




























    「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」
    経絡論
    「日本人奴隷貿易」ノンフィクション

    奴隷船
    「時代小説短編集・憑依(つく)

    tuku










    denden3商品詳細
    ★電磁波中和放電装置「電磁番」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
    ★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
    ★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
    ★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
    電磁番使用時の注意事項
    ★「電磁波中和装置電磁盤」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
    そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。

    詳細は外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
    電磁波過敏症や電磁波攻撃対策法については
    外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
    電磁波中和装置電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
    「電磁波中和装置電磁番」のご案内
    電磁波過敏症の症状とはなにか
    電磁波過敏症の症状経過について
    「電磁波中和装置電磁番」の干渉中和放電効果について
    「電磁波中和装置電磁番」を使用されているお客様の声
    「電磁波中和装置電磁番」の機能と構造について
    「電磁波中和装置電磁番」に関するご質問と解説
    「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
    電磁波過敏症の症状関連の出版物
    最近の重要な電磁波情報
    不眠症対策について
    レーザーポインター攻撃
    スマホ電磁波の対策予防法
    スマホ乗っ取り攻撃について
    電磁波攻撃・嫌がらせ対策
    最新の電磁波攻撃機器とは
    米国大使館電磁波被曝事件


































    ラベル:人権問題
    posted by モモちゃん at 07:54| 歴史を先取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2018年05月18日

    AIロボットも息抜きがしたいに決まっている!

    脱走してもお咎めなし!?

    ロシアのロボット工学の研究所で制作された自律学習型のAIロボットが、自由意思で作動していて、ついに研究所を脱出してしまったという驚きのニュースがある。

    研究所を脱出した後このロボットは市内を走り回りまわっていたらしく、道路を横断しようとした際にバッテリーが切れて動けなくなりそこで交通渋滞を引き起こしてしまったという。

    この最先端のAIロボットは以前にも研究所屋外に脱出しているところを発見されたことがあって、明らかに自由意思が働いて学習しながら作動していたらしい。

    ほほえましくもあり、同時になにやら空恐ろしい感じもしないでもないが、本当にすごいロボットが出現したものである。


    Russian Robot Promobot Escapes Laboratory  











    このニュースをみた時、まずうちの愛猫ボンのことを思い出してしまった。

    ボンは、一応家猫なので外には出さないようにしているのだが、しきりに外に出たがりときたま脱走することがある。




    IMG_20161211_135014


































    一度、二度となりの屋根の上に登っているのを発見して、驚いたことがある。














    「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」
    経絡論
    「日本人奴隷貿易」ノンフィクション

    奴隷船
    「時代小説短編集・憑依(つく)

    tuku










    denden3商品詳細
    ★電磁波中和放電装置「電磁番」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
    ★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
    ★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
    ★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
    電磁番使用時の注意事項
    ★「電磁波中和装置電磁盤」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
    そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。

    詳細は外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
    電磁波過敏症や電磁波攻撃対策法については
    外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
    電磁波中和装置電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
    「電磁波中和装置電磁番」のご案内
    電磁波過敏症の症状とはなにか
    電磁波過敏症の症状経過について
    「電磁波中和装置電磁番」の干渉中和放電効果について
    「電磁波中和装置電磁番」を使用されているお客様の声
    「電磁波中和装置電磁番」の機能と構造について
    「電磁波中和装置電磁番」に関するご質問と解説
    「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
    電磁波過敏症の症状関連の出版物
    最近の重要な電磁波情報
    不眠症対策について
    レーザーポインター攻撃
    スマホ電磁波の対策予防法
    スマホ乗っ取り攻撃について
    電磁波攻撃・嫌がらせ対策
    最新の電磁波攻撃機器とは
    米国大使館電磁波被曝事件


































    ラベル:脱走劇
    posted by モモちゃん at 21:34| 歴史を先取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2018年05月07日

    AIロボット兵器開発の近未来像を考える!

    近未来のロボット戦争は空恐ろしい

    ロボットやドローンが登場するSF漫画の空想世界での戦争が現実味を帯びてきました。

    そして無人機ドローンが表舞台に登場してきました。

    驚くべき展開です。

    偵察飛行と攻撃能力を持った全自動のAIドローンというものの存在を具体的に見せつけられたのは、何十年も前の「鉄腕アトム」のSF漫画の中でありました。

    それ以降、戦闘力を持ったロボットや無人機ドローンは度々SFマンガの中で登場しました。

    天才的な発想をもった漫画家手塚治虫は、もっとも早くにAIドローンという不気味な飛行物体をしっかりと創造していたわけです。

    今思い出しても、驚きを禁じ得ません。


    ロボットやドローンは平和利用すれば多大な恩恵を人類にもたらしてくれますが、一度戦争兵器として使い出せば際限なくその方向に突き進んでしまいます。



    フランス、AIの軍事活用の研究機関「国防イノベーション庁」設立へ
    佐藤仁  | 学術研究員/ジャーナリスト 3/24
    https://news.yahoo.co.jp/byline/satohitoshi/20180324-00083018/


    「人工知能はロシアだけでなく、全人類にとっての未来だ。この分野のリーダーになる者が世界の統治者になる」。2017年9月1日(現地時間)、ロシア国内の選ばれた1万6,000校に配信されたライヴ動画で、プーチン大統領はそう述べた。
    同国政府の軍事産業委員会は、2025年までに軍事装備の30パーセントをロボット化するという達成目標を設定している。





    Dahir Insaat - Deployable Anti-Tank HE Missile Rounds Combat Simulation [720p]







    New weapons of the Russian Army 2018/Новейшее оружие Российской Армии 2018 год.








    Dahir Insaat - Unmanned Gun & Missile Copter Container System Combat Simulation [720p]  









    Топ Самого СЕКРЕТНОГО и ОПАСНОГО ОРУЖИЯ МАССОВОГО ПОРАЖЕНИЯ







    「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」
    経絡論
    「日本人奴隷貿易」ノンフィクション

    奴隷船
    「時代小説短編集・憑依(つく)

    tuku










    denden3商品詳細
    ★電磁波中和放電装置「電磁番」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
    ★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
    ★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
    ★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
    電磁番使用時の注意事項
    ★「電磁波中和装置電磁盤」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
    そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。

    詳細は外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
    電磁波過敏症や電磁波攻撃対策法については
    外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
    電磁波中和装置電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
    「電磁波中和装置電磁番」のご案内
    電磁波過敏症の症状とはなにか
    電磁波過敏症の症状経過について
    「電磁波中和装置電磁番」の干渉中和放電効果について
    「電磁波中和装置電磁番」を使用されているお客様の声
    「電磁波中和装置電磁番」の機能と構造について
    「電磁波中和装置電磁番」に関するご質問と解説
    「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
    電磁波過敏症の症状関連の出版物
    最近の重要な電磁波情報
    不眠症対策について
    レーザーポインター攻撃
    スマホ電磁波の対策予防法
    スマホ乗っ取り攻撃について
    電磁波攻撃・嫌がらせ対策
    最新の電磁波攻撃機器とは
    米国大使館電磁波被曝事件
































    ラベル:ロボット代行
    posted by モモちゃん at 10:23| 歴史を先取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2018年04月11日

    地球温暖化というのは歴史的詐欺情報である!

    不動産投資の百年後を考える?!

    いま現在地球上の氷が急速に解けつつあるが、南極や北極の氷河も年々目に見えて減少しつつあるという。

    このまま地球の温暖化が進んでいけば、やがて急激な海面水位の上昇を見ることになるという情報もある。

    地球上の氷がすべて溶けると海面が6,70メートルも上昇することになり、気象変動と共に海面下に水没してしまう国も出てくるというわけである。

    これは本当であろうか?

    地球温暖化の傾向は抑制されることなく、今後も継続するであろうともいわれている。

    地球の氷がすべて溶ければどうなるかは、実際のところ科学者にもよくわからないのだ。

    地球規模の気象現象はまだ不明な部分が多いということなのだ。

    単純に海面の上昇によって地球の陸地面積が激減することだけは、どうやらスーパーコンピュータの計算でも明らかになっている。















    極点の真実!地球温暖化と云うイメージ操作!  







    「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」
    経絡論
    「日本人奴隷貿易」ノンフィクション

    奴隷船
    「時代小説短編集・憑依(つく)

    tuku










    denden3商品詳細
    ★電磁波中和放電装置「電磁番」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
    ★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
    ★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
    ★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
    電磁番使用時の注意事項
    ★「電磁波中和装置電磁盤」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
    そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。

    詳細は外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
    電磁波過敏症や電磁波攻撃対策法については
    外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
    電磁波中和装置電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
    「電磁波中和装置電磁番」のご案内
    電磁波過敏症の症状とはなにか
    電磁波過敏症の症状経過について
    「電磁波中和装置電磁番」の干渉中和放電効果について
    「電磁波中和装置電磁番」を使用されているお客様の声
    「電磁波中和装置電磁番」の機能と構造について
    「電磁波中和装置電磁番」に関するご質問と解説
    「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
    電磁波過敏症の症状関連の出版物
    最近の重要な電磁波情報
    不眠症対策について
    レーザーポインター攻撃
    スマホ電磁波の対策予防法
    スマホ乗っ取り攻撃について
    電磁波攻撃・嫌がらせ対策
    最新の電磁波攻撃機器とは
    米国大使館電磁波被曝事件


















    ラベル:イメージ操作
    posted by モモちゃん at 08:43| 歴史を先取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2018年04月03日

    日本の国力は相対的に下がり続ける?!

    東大合格者17人が海外大に進学した理由 プレジデントオンライン 飯田 樹
    2018/04/04
    http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%E6%9D%B1%E5%A4%A7%E5%90%88%E6%A0%BC%E8%80%8517%E4%BA%BA%E3%81%8C%E6%B5%B7%E5%A4%96%E5%A4%A7%E3%81%AB%E9%80%B2%E5%AD%A6%E3%81%97%E3%81%9F%E7%90%86%E7%94%B1/ar-AAvrcLl?li=BBfTvMA&ocid=ientp#page=2

    日本発の高品質な科学成果発表はさらに3.7%減少
    http://univ-journal.jp/20092/

    国内大学の論文数、化学、材料科学、物理学分野が急減
    http://univ-journal.jp/19950/

    2017年の特許出願数、中国が日本を抜いて2位に--3年以内に米国を上回りトップへ
    https://japan.cnet.com/article/35116497/

    米国に迫る中国の軍事力 驚異的な軍備の近代化、課題はソフト面
    https://newsphere.jp/world-report/20180216-4/


    日本はいずれ衰退する!?

    「なぜよその国に技術が行ってしまったのか。それは企業の経営者が無能過ぎるからなんです。今、有機ELではSamsungやLGのAMOLED(アクティブマトリクス式有機EL)が知られています。つまりメイド・イン韓国ですね。でも、それは結局メイド・バイ・ジャパニーズなんです。日本は自分のところに実用化のために必要なものが全部あるのに、結局なにもできませんでした。三洋などもすごい技術を持っていたのにです」
    城戸淳二教授・山形大学 大学院理工学研究科有機デバイス工学専攻教授 2017年8月10日
    http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1075333.html


    日本からのハイレベルの論文が減るのは当たり前のことである。

    いまや優秀な日本人学者は海外に研究拠点を求めている。海外の研究機関の方がはるかに研究資金が豊富だからだ。

    限られた時間で多くの成果を得るには、日本国内で燻っていくよりは海外に進出した方が格段に有利であることはたしかであろう。

    ひとつ日本人にネックになるのがトイレ事情である。

    ウォシュレットで育った若い学生は、いまやウォシュレットのない生活環境には抵抗があるらしい。これは残念なことである。

    できたらウォシュレットを引っさげてでも海外に飛躍してもらいたいものだ。

    衰退していく日本で、今後も科学者が優遇されてないのは判りきったことである。



    発明者は日本人で、東北帝国大学の教授の八木秀次博士(1886-1976)と、当時その助手だった宇田新太郎博士(1896-1976)が1926(大正15)年2月に発明した画期的なアンテナがあった。


    それは二十世紀の三大発明の1つともいわれるものである。

    八木の指導の下、宇田が実際の開発作業を担当し名称もこの二人の名前に因んで正式には宇田・八木アンテナというが、特許を単独で取得した八木教授の名を冠して一般には「八木アンテナ」と呼ばれる。

    戦後テレビ受信用アンテナとして世界を席巻した画期的なアンテナである。

    発明された当初、日本では特許も取得されたものの、この発明の重要性が認識されないまま特許権の延長も認められなかったが、八木と宇田の最初の英文報告書は日本よりむしろアメリカで注目され物理学会でも高く評価された。

    1928年に八木は米国を訪問し当時のIRE(アメリカ無線技術者協会)等で日本の短波研究の状況について講演してこのアンテナ技術は大きな賞賛を受けた。

    1930年頃には米国で宇田・八木アンテナは軍需用(航空機、船舶)として活用され始め、悪天候や夜間(視界不良)に飛行機が空港に着陸するときの誘導システムに使用されるようになる。

    英国は、第二次大戦の1940年当時ドイツからの爆撃攻撃に対して複数地点より観測して目標位置を特定するという原始的な無指向性アンテナを使用する短波帯のCHレーダーから、格段に機能性が優れた宇田・八木アンテナを使用したVHFレーダーを本格的に実用化した。

    これに対して当時の日本では宇田・八木アンテナの発明がありながら、まったく評価されずに捨て置かれたままであった。

    しかも大戦中に皮肉な展開が出てくる。

    昭和17年(1942)年2月25日シンガポール戦の後で、日本陸軍は英国軍からの鹵獲物としてレーダーの残骸と操作ノート(ニューマン(Newmann)文書)を入手するのである。

    記録によると日本陸軍は、シンガポール占領時に「米国と英国の類似の地上固定式電波警戒機と移動式の対航空機用電波標定機を1組づつ、操作説明書と共に捕獲した。」(佐藤源貞博士覚書)とある。

    調査にあたった日本陸軍のもとでこのレーダー装置が相当に優秀な電探装置であることが判明したが、ニューマン文書の中に「Yagi antenna」という言葉が頻繁に出てくるのに遭遇し、これは「ヤジ」と読むのか、それとも「ヤギ」と読むのかその語彙の意味も読み方も技術将校にも分からなかった。

    日本の情報将校が「Yagi」という記号が日本語であることに気付かないまま、捕虜の技術者にその意味を問うたところ、「あなたは本当にそれの意味が解らないのか?”YAGI”とはそのアンテナを開発した日本人の名だ!」と返され驚嘆したと言う実話がある。

    米軍は英国とのレーダー技術分野の研究を共有しており、すでに1941年12月7日(現地時間(日曜日)午前7時02分)に米軍がオアフ島の北のオパナ(Opana)に設置した新型レーダーで日本軍が真珠湾を攻撃する飛行機の飛来を約200km北方に接近しつつあるのを事前に発見していたが、米軍側はそれを味方の編隊機と錯覚しこの情報は生かされなかったのだが、このときの真珠湾レーダー(Pearl Harbor Radar)にも宇田・八木アンテナが装備されていた。

    また、広島と長崎に投下された原子爆弾にもこのアンテナが装着されていて、爆弾の爆発高度を決定するために用いられていた。


    何故に日本人の画期的な発明である宇田・八木アンテナは、肝心の日本国内で有効に活用されなかったのであろうか?

    米英は宇田・八木アンテナの画期的な機能をいち早く認識したうえで、これを使ったレーダー装置の開発に多額の予算と技術者とを惜しまず投入した。

    この辺りのトップの判断はまさしく戦略的である。

    それに比べ日本の軍部にしてもその参謀首脳は低能としか思えない。

    もともと日本には、単なる戦術があっても確たる戦略がないのだという。

    日本のトップは総じてそういう部類に入るということである。

    日本企業はエンジニアを優遇しない。

    エンジニアを優遇しないから日本企業は自ずと凋落していく。

    凋落したシャープや東芝といった企業の優秀な技術者は次々と外資に取られ続けている。

    もはや二番手、三番手に立ってしまうのであれば、世界の市場でのビジネス展開も思うようには進められなくなっていくであろう。













    「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」
    経絡論
    「日本人奴隷貿易」ノンフィクション

    奴隷船
    「時代小説短編集・憑依(つく)

    tuku










    denden3商品詳細
    ★電磁波中和放電装置「電磁番」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
    ★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
    ★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
    ★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
    電磁番使用時の注意事項
    ★「中和装置電磁盤」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
    そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。

    詳細は外部サイトのリンクページの「環境改善アイテム電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
    電磁波過敏症や電磁波攻撃対策法については
    外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
    電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
    「環境改善アイテム電磁番」のご案内
    電磁波過敏症の症状とはなにか
    電磁波過敏症の症状経過について
    「環境改善アイテム電磁番」の干渉中和放電効果について
    「環境改善アイテム電磁番」を使用されているお客様の声
    「環境改善アイテム電磁番」の機能と構造について
    「環境改善アイテム電磁番」に関するご質問と解説
    「環境改善アイテム電磁番」を使った気の調整法について
    電磁波過敏症の症状関連の出版物
    最近の重要な電磁波情報
    不眠症対策について
    レーザーポインター攻撃
    スマホ電磁波の対策予防法
    スマホ乗っ取り攻撃について
    電磁波攻撃・嫌がらせ対策
    最新の電磁波攻撃機器とは
    米国大使館電磁波被曝事件


















    ラベル:科学技術
    posted by モモちゃん at 10:16| 歴史を先取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2018年03月20日

    日本の年金マイナンバー制度は崩壊する?!

    年金情報を中国業者に委託 5百万人、マイナンバーも 
    2018/03/19

    http://news.livedoor.com/article/detail/14456469/

    今度は韓国の造船メーカーからイージス艦や潜水艦の設計図流出の可能性。 4万件にのぼる資料流出。ハッキングの方法やIPアドレス等の分析により、北朝鮮の仕業と確認された Nov 01, 2017 10月31日付けで韓国の「東亜日報」が大手造船メーカーが昨年4月北朝鮮によるハッキングを受けたと報じる 。
    ・イージス艦と潜水艦の設計図及び戦闘システムなどの機密60件も含まれ、日米のミサイル防衛の弱点を北朝鮮に掴まれた可能性も

    「ハッキング受けた」 パラダイス文書2017年11月6日


    http://www.asahi.com/articles/ASKC40040KC3UHBI025.html?iref=pc_rellink

    パラダイス文書の内訳は、@大手法律事務所アップルビーの内部文書683万件Aシンガポールの法人設立サービス会社「アジアシティ」の内部文書56万6千件Bバハマ、マルタなど19の国・地域の登記文書604万件だ。

    パラダイス文書「U2」ボノ氏の名も 1340万件入手2017年11月6日

    http://www.asahi.com/articles/ASKBV7JKHKBVUHBI03R.html

    大西洋にある英領バミューダ諸島などタックスヘイブン(租税回避地)に設立された法人などに関する電子ファイル1340万件を南ドイツ新聞(独ミュンヘン)と非営利組織の国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ、米ワシントン)が新たに入手した。朝日新聞など各国の提携記者の共同取材で100人を超える国の要職経験者や大企業とタックスヘイブンとの関わりが浮上。


    大規模サイバー攻撃、米MSが政府の脆弱性管理を批判 「トマホーク流出に匹敵」
    2017年05月15日
    http://www.afpbb.com/articles/-/3128210?cx_tag=pc_sns&cx_position=2#cxrecs_s

    (朝鮮日報日本語版) 韓国軍:南北全面戦に備えた「作戦計画5027」一部が流出
    朝鮮日報日本語版 4/4(火)
    昨年9月、韓国軍の外部インターネット網と内部用イントラネット(国防網)が、北朝鮮と推定されるハッカーによって、軍創設以来初めて不正アクセスされる事件が発生した。


    自衛隊内部情報も漏えいか?

    防衛省にサイバー攻撃、陸自の情報流出か 共同通信が報道
    防衛省と自衛隊の情報基盤がサイバー攻撃を受け、陸上自衛隊のシステムに侵入されていたことが分かったと、共同通信が伝えた。
    防衛省と自衛隊の情報基盤がサイバー攻撃を受け、陸上自衛隊のシステムに侵入されていたことが分かった――共同通信が配信したこんな記事が、11月28日付けの中日新聞などに掲載された。陸自の内部情報が流出した可能性が高いという。
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1611/28/news069.html

    北がサイバー攻撃で外貨獲得 大量破壊兵器の開発資金に=韓国政府

    聯合ニュース 4/4(火)


    カスペルスキー「バングラ中央銀行ハッキング事件、北関与の証拠」
    朝鮮日報日本語版 4/5(水)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170405-00000914-chosun-kr


    ニューヨーク連銀にあるバングラデシュ中央銀行の口座から8100万ドル(約88億円)が盗み出された事件の調査で、同中銀のネットワーク内にパキスタンと北朝鮮を含む3つのハッカー集団の痕跡が見つかったが、実際に資金を盗み出したのはそのうちの3番目の集団であることが判明した。2016年5月11日 12:43 JST
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-05-11/O6ZP7C6S972I01

    先般日本年金機構がサイバー攻撃されウィルスにやられて、個人情報約125万件が流出するという不祥事が発生しましたし、パナマの法律事務所、モサック・フォンセカ (Mossack Fonseca) によって作成された一連の機密文書、いわゆるパナマ文書が漏れ出たことでも世界に注目されました。

    その漏えい文書には1150万件のオフショア金融センターを利用する21万4千社の企業株主や多くの著名な政治家や富裕層の人々の詳細な情報があるということで、電子データとして合計2.6テラバイト (TB) にも及ぶ膨大な情報量があるとのことです。

    とにかく、これまでにない大規模なハッキングだと言えます。

    パナマの法律事務所であれば、普通の企業レベルのセキュリティーであったろうと予想されますが、やはりここらは情報管理の盲点が突かれてしまったのだと思います。

    今の時代どこでも起こりうることで、情報を秘守することはほとんど不可能な状況だと言えそうです。

    はっきり言って、これが日本であっても現在のセキュリティーレベルではほぼ防御することは不可能です。

    日本では、国民総背番号制(national identification number、 共通番号制度)の実施がどんどん進められています。

    これによって全ての国民に固有の番号を振り別け、いよいよコンピュータネットワークによる行政事務の効率化を進めて個人を迅速に特定し識別管理していくという夢のような制度が導入されるというわけです。

    個人情報としては氏名、登録出生地、住所、性別、生年月日、婚姻関係といった戸籍情報をベースとし、そこに付随して管理対象となる社会保障制度納付状況、収入と納税履歴、負債・資産情報、公共料金納付履歴、学歴や職歴、各種取得免許、医療病歴、犯罪履歴、各種保険加入状況、金融口座クレジット情報、渡航履歴などが次々と枝葉のように付け加えられ網羅されていきます。

    ここらは法的な手数の問題であり、多くの枝葉が付くのはそれこそ時間の問題だと思います。

    実際には医療関連情報も健康保険証と一体化させていく行政側の狙いもあって、各自治体でもいずれこれらは具体化する方向に進んでいくようです。

    ここで挙げた付帯される情報もほんの一部に過ぎません。

    個人のクレジット情報で書籍購入歴や嗜好品目、旅行先といった項目さえも調べようとすれば容易に確認できます。

    思想信条や交友関係など本人さえ気付かなかった身辺情報が集積されデータベース化されるというより、システムが稼働し始めれば自動的に作り上げられていきます。

    取り出そうと思えば個人の病歴や服薬履歴、余命データなどもずるずる引き出せるはずです。

    システムを運用する場合もその端末自体は、そこらに無数にあることになります。

    これはとても怖いことです。

    あれこれ言われても、結局情報の集積、情報の一元化とはそういうことです。

    たとえば、あなたは身近な親しい友人の個人情報をいくつ特定できますか?

    親しい関係であってもおそらく20項目、30項目程度ではないでしょうか。

    これが200,500項目となればどうですか?

    そこには同居する家族でも気付いていない個人情報が出てくるはずです。

    今流行りのフェイスブックでさえ60項目の個人情報が流出すると言われていますが、国民総背番号制によっていわゆる個人情報の総勘定元帳そのものが個別に用意されるわけで、これらの情報を閲覧すればいわゆるプロファイリングなどは簡単にできてしまいます。

    多くの情報を本制度によって管理すればそれだけ行政遂行コストが下がり、国民にとっても自己の情報を確認や訂正がしやすいメリットがあるといわれています。

    一方では、国民の基本的人権が制限されたり、行政機関による違法な監視、官僚の窃用や、不法に情報を入手した者による情報流出の可能性があること、さらには公平の名のもとに国民のすべての資産を把握し、巨額に膨れ上がった政府債務の解消のために実施されるとする預金封鎖を容易にすることを懸念する意見が巷にはあるようです。

    そういうこともあって、いまだに国民総背番号制を推進するのに反対する意見も各方面からも出てきているわけです。

    要は政府機関が国民の国民総背番号制の下で集積した情報をどこまでしっかりと管理保全できるのかということです。

    現状ではこれらの個人情報が不用意に漏洩する危険性はきわめて高いわけです。

    何故そう言えるのか。

    それには明確な理由があります。

    先の大戦では日本軍やナチスドイツの最高機密であった暗号でさえも、連合国側が技術的に解読して筒抜け状態でした。

    絶対に破られないとされていたものが、もろくも崩壊したのです。

    現代の世界の趨勢からみれば国家レベルの情報管理などセキュリティーの壁を越えられてしまい、容易に外部から侵入されハッキングされてしまう状況下にあります。

    こうしたハッキングは悪意のある個人ではなく、大抵組織的なものです。

    いまのネットシステムは、そもそも米国が軍事的に開発したものであって、本来これに対抗する独自の力が日本にはないということなのです。

    それを認識せずして大きなシステムを早々に稼働させてしまうということは危険この上ありません。



    最近は個人のパソコンを標的にした新種のゾンビウイルスが、国内でもいよいよ本格化してきたようです。

    インターネットバンキングの利用者を狙ったもので、通常のウイルス駆除作業後もパソコンを再起動すると再び再生してくる消えないゾンビウイルスによるサイバー攻撃です。

    一旦しっかりと手順どおりに画面上では駆除されたかにみえて、実際はパソコン内にウイルスが生き残っていることになります。

    いわゆるこれなどは単に偽装駆除されているだけなのです。

    国内でも相当数被害が確認されていると報道されています。

    これに侵入されてしまうと金融機関を装った偽サイトなどに誘導されてしまいます。

    ロシアのコンピューター・セキュリティー大手「カスペルスキー・ラボ」は今年2月興味深いニュースを公表しました。

    2013年末から現在までに、全世界30カ国の銀行約100社が極めて高度なサイバー強盗に遭い、総額10億ドル(日本円で1185億円相当)が不正送金される被害に遭っていたとのリポートを発表したのです。

    これだけ明確に巨額の被害額が特定されたのは始めてではないでしょうか。

    それらの被害の大半はロシア国内や日本、米国、そしてオランダやスイスといった欧州の金融機関に被害が集中していて、それらの金融機関から数百万ドル(数億円)単位で不正送金されていたというのです。

    インターポール(国際刑事警察機構)はロシアやウクライナ、中国のハッカー集団による犯行の可能性が高いとみているようですが、どうやらこうしたネット犯罪の実態は追跡し難いようです。

    被害額は総額10億ドルということですが、これはおそらく氷山の一角であろうと思われます。

    実際はこれの何倍かの被害が発生しているはずです。

    それをすべて公表したら巷の金融機関への信頼は大きく損なわれるに違いありません。

    ハッカーが駆使する巧妙なハッキングやスキミングの高度なテクニックは、後からそれと気付いても遅過ぎるのです。

    気付いた時は相当な被害を被った後だからです。

    慌てて追跡しても途中で侵入時の足あとが途絶えてしまえば、なす術はありません。


    これらは一般のユーザには関係ないような事件に思われがちですが、ネットで繋がっている個人のパソコン勝手に乗っ取られて最悪の場合には一般市民とて誤認逮捕となる場合もあります。

    日常的ネット回線を介して知らない間に悪質なウィルスに感染させられる危険性があるわけです。

    ネット上の入手し易いフリーソフトなどは手軽に使えて便利なのですが、最近はこれには注意しないと思わぬトラブルが発生します。


    便利なフリーソフトを
    ダウンロードした際に犯罪に絡む悪質なマルウェアまでも一緒に咥えこまされてしまいます。

    いわゆるスパイウェア系統の悪質なプログラムもフリーソフトと同時にインストールされて、不用意にパソコン内に侵入されてしまうのです。

    ユーザー自身がまったく気付かなければそれまでですが、これが意外と厄介なのです。

    ユーザが個別に閲覧したWebページの履歴や実行した操作の内容、金融取引のパスワードやメールアドレスなどの情報を収集するスパイウェアが、知らないうちに組み込まれてしまうこともあります。

    どこまで違法なのかは知りませんが、勝手に
    メールアドレスと個人情報を抜き盗っていくわけです。

    先般ある企業から名指しでメードアドレスが特定された形で、メールが一方的に送られてきて驚いたことがあります。

    勝手にどこかで個人情報を入手しているわけです。

    さらに言えば、個人のパソコンや民間企業のセキュリティなどは高が知れています。

    鍵の掛かっていないような、セキュリティの甘い部屋には勝手に侵入されてしまうのと同様の状況なわけです。

    貧弱な防御だけに、悪意を持って侵入されれば防ぎようがありません。

    インターネットの世界でもっともセキュリティが高いレベルにあるはずの米国の軍事関連企業や国防省さえも頻繁に侵入され、機密情報がハッキングされ続けているのです。

    意外にも米国の銀行は、これらの機関より1ランク下のセキュリティレベルに置かれています。

    米国の銀行の役員には必ず軍事的要職にあった人物が名を連ねています。

    それだけ金融システムのセキュリティレベルそのものが重要視されているということになります。

    当然のことですが、それでも金融機関がもっとも頻繁にネット攻撃には晒され続けているわけです。

    銀行本体さえもがそうしたネット被害を頻繁に受けているのです。

    ネット上にはいわゆる完璧な
    セキュリティというものはありません。

    ネット社会では、いわばそうした脆弱さが常に存在し続けているわけです。

    始めからそうした欠陥部分を内蔵しているところがネット社会の面白さだともいえます。

    結局のところそうした欠陥を補ったり、脆弱さを防御するためのシステムを工夫したりするといったビジネスチャンスを限りなく創出していくネット空間というものが、当初から巧妙に用意されていたということになります。

    ハッカーたちから見れば、意外なことに米国以外の銀行や日本の金融機関のセキュリティはさらにその下のレベルにあります。

    一般企業やオフショア関連の法律事務所であれ、これよりもさらにレベル自体は格段に低いわけです。

    狙われたら最後、大抵の機密情報は抜き取られてしまいます。

    だからまともに外部からネット攻撃を食らったらぽしゃるような企業は、そこらにぞろぞろあるだろうということになります。

    日本などはサイバー攻撃はやり放題ですから、それこそサイバー犯罪の温床はどこにでも転がっているというわけです。

    国内金融機関の公表されない被害などは、それこそ相当な額に登るだろうと予想されます。

    毎年その被害額は増加しているのも確かです。

    ネット犯罪はそれだけ高度にビジネス化しているのだともいえます。

    一日部屋にこもってPCに向かって座っているだけで事足りる亜空間犯罪の世界が現実には存在し得るというでことになります。

    これを組織的に人海戦術でやられると堪りません。

    ネットは物理的集団攻撃に対してきわめて脆弱なのです。

    現在は国外からネット回線を使って侵入するというよりは、相当数の訓練された要員を直接送り込んで国内のインターネット接続を中継するプロキシ(代理)サーバーを使って水面下で活動しているようです。

    日本国内では、ネット上の規制がそれほど厳しくないからです。

    それこそやり放題です。

    面白いことに平和大国ほどすべて渡って危機感が欠落しているようで、おおむね日本のネット社会全般はセキュリティレベルが格段に低いのです。

    たしかにここらは居たしかたない状況ではあります。

    要するに国民が自由をより志向する以上、それ相応のリスクも覚悟すべき状況にあるというわけです。

    サイバー犯罪ということでは、個人のデータを取り込んで金銭を搾取することから企業の機密情報を盗み取る産業スパイ行為までいくらでもあるわけですが、今後ともこうした犯罪は深刻度を増していくはずです。

    確かに産業界でも最先端の技術情報も多額の開発費を直接投入するよりは、必要に応じて競争相手から掠め盗る方がはるかに効率がいいはずです。

    そこにはペーパー企業を隠れ蓑にした大がかりな組織的サイバー犯罪さえもが存在します。

    そうした犯罪行為が拡散していく背景には国際的な対立や軍事戦略が絡んでいるわけで、すでにネット上では熾烈な国家間の情報戦が日々
    繰り返されていることになります。

    それだけに、情報漏洩といえども多分に計算された政略的駆け引きが裏に隠されているのだともいえます。

    その結果、成り行きによってはこれが突然の政変にも繋がるかもしれないのです。

    当然ながら非合法なネット犯罪の背後には、数千数万の人員を投入した組織規模のそうした動きがあるということになります。

    日本のセキュリティ対策は貧弱ですし、法的にも面倒な規制も掛かりませんので日本を足掛かりにすれば
    どこよりも活動し易いということは確かです。

    だから予想だにしない無様な事態も出来してくるわけです。


















    「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」
    経絡論
    「日本人奴隷貿易」ノンフィクション

    奴隷船
    「時代小説短編集・憑依(つく)

    tuku










    denden3商品詳細
    ★電磁波中和放電装置「電磁番」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
    ★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
    ★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
    ★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
    詳細は外部サイトのリンクページの「環境改善アイテム電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
    電磁波過敏症や電磁波攻撃対策法については
    外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
    電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
    「環境改善アイテム電磁番」のご案内
    電磁波過敏症の症状とはなにか
    「環境改善アイテム電磁番」の干渉中和放電効果について
    「環境改善アイテム電磁番」を使用されているお客様の声
    「環境改善アイテム電磁番」の機能と構造について
    「環境改善アイテム電磁番」に関するご質問と解説
    「環境改善アイテム電磁番」を使った気の調整法について
    電磁波過敏症の症状関連の出版物
    最近の重要な電磁波情報
    不眠症対策について
    レーザーポインター攻撃
    スマホ電磁波の対策予防法
    スマホ乗っ取り攻撃について
    電磁波攻撃・嫌がらせ対策
    最新の電磁波攻撃機器とは
    米国大使館電磁波被曝事件











    ラベル:機密漏洩
    posted by モモちゃん at 09:00| 歴史を先取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2018年03月19日

    身近なレーザービームで世界が変わる!

    レーザー光線はライターにもなる!

    現在巷で外国製の高出力レーザーポインターが、一部で注目されています。

    強力な指向性を持つ物理的な電磁波が照射出来るものです。

    それも本来の使用目的とは違って、むしろその桁外れの違反物とも思える強力な電磁波パワーそのものが人気を集めているようです。

    マッチやライターがなくとも電磁波エネルギーでタバコに簡単に火が付けられます。

    犬や猫、カラスまでもが、片手で電磁波照射するだけで簡単に撃退できる便利グッズというわけです。

    当然これで顔面に攻撃されたら失明してしまいます。

    しかもこれが、ネットで簡単に購入できるのですから驚きです。





    カラス撃退にも効果的、出力保証の高出力ブルーレーザーポインター GIGA*LASER









    100mWの中出力グリーンレーザーポインターで1キロ先から照射されたらどう見える










    超強力3000mw レーザーポインターブルー 殺傷力高すぎ!と話題になったあの強力レーザーポインターでポップコーンをつくる実験











    50000mW超強力撃退用青色レーザーポインター高出力瞬間焼跡










    世界を震撼させた!この超強力レーザーポインター の人気が急上昇!











    未来の戦争 レーザー兵器  









    「参考資料」(電磁波照射事件ニュース)
    違法レーザーポインター販売容疑、10業者摘発
    国の安全基準を超える出力のレーザーポインターをインターネットで販売したとして、大阪や京都、栃木など7府県警が今月、計10業者を消費生活用製品安全法違反容疑で一斉摘発し、うち4業者の4人を逮捕していたことが、捜査関係者への取材でわかった。(読売新聞2016.07.30)
    http://news.yahoo.co.jp/pickup/6209389
    ・中国人留学生、米旅客機にレーザーポインター照射して逮捕される―米華字紙
    http://www.focus-asia.com/socioeconomy/photonews/409654/
    ・航空機にレーザー照射、19歳少年に有罪判決 米裁判所
    http://www.cnn.co.jp/usa/35029986.html
    ・路線バスにレーザー光線、57歳無職男を逮捕 「ベランダから道に発射した」 大阪府警
      http://www.sankei.com/west/news/160225/wst1602250086-n1.html







    「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」
    経絡論
    「日本人奴隷貿易」ノンフィクション

    奴隷船
    「時代小説短編集・憑依(つく)

    tuku










    denden3商品詳細
    ★電磁波中和放電装置「電磁番」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
    ★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
    ★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
    ★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
    詳細は外部サイトのリンクページの「環境改善アイテム電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
    電磁波過敏症や電磁波攻撃対策法については
    外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
    電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
    「環境改善アイテム電磁番」のご案内
    電磁波過敏症の症状とはなにか
    「環境改善アイテム電磁番」の干渉中和放電効果について
    「環境改善アイテム電磁番」を使用されているお客様の声
    「環境改善アイテム電磁番」の機能と構造について
    「環境改善アイテム電磁番」に関するご質問と解説
    「環境改善アイテム電磁番」を使った気の調整法について
    電磁波過敏症の症状関連の出版物
    最近の重要な電磁波情報
    不眠症対策について
    レーザーポインター攻撃
    スマホ電磁波の対策予防法
    スマホ乗っ取り攻撃について
    電磁波攻撃・嫌がらせ対策
    最新の電磁波攻撃機器とは
    米国大使館電磁波被曝事件










    posted by モモちゃん at 10:12| 歴史を先取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2018年03月16日

    日本人限定で出題された難問は解けるのか!

    難問・東大の日本史入試問題は解けますか?

    それほどいい出題であれば、いっそのこと国会議員全員にも同様の模試でも受けさせて歴史を勉強させたらいいと思う。


    東大の日本史”【問題】
    1882〜1883(明治15〜16)年、伊藤博文らは、ドイツをはじめヨーロッパ諸国において、憲法や立憲的諸制度の調査にあたった。その際、彼等はしばしばドイツの政治家や学者などから、明治維新以来日本政府が進めてきた改革は余りに急進的であり、日本がいま立憲制度を取り入れようとするのは、必ずしも賢明なこととはいえない、とする忠告を受けたといわれる。
    そこで、諸君が伊藤博文らの調査団に加わっていたと仮定し、上述のようなドイツ側の忠告に対して、日本として立憲政治を取り入れる必要があることを説明する文章を8行(記者注:240字)以内で記せ。(1989年度・第4問)
    http://toyokeizai.net/articles/-/118992

    何やら奇を衒ったような問題ではないか。

    重箱の隅をつつくような知識を問うよりは、より今日的、かつグローバルな日本史問題に若い頭脳を試したらどうかとも思う。

    東大の現代社会の問題などはどのような内容が出題されているのか興味ぶかいところである。

    大学入試問題で、「シビリアンコントロールの致命的なところを500字以内で記せ」とか出題されたら面白いと思う。


    現行平和憲法で平和は本当に守られるのか?

    憲法でいう戦争放棄とは、即自衛権の放棄には繋がらないらしい。

    実際に自衛隊があるわけだから、現状ではそう解釈せざるを得ないだろう。

    戦争放棄とは、「戦争をしない」という国家的意思表示とともに「こちらから戦争を仕掛けない」という2つの意味が含まれるはずである。

    ここが重要である。

    われわれは他国の憲法の条文にはまったく関心がないのだが、本来日本国憲法は国家としての自衛権をも放棄しようという指向性を内在しているともいえよう。

    立場によっては、そう解釈したいとする向きもある。

    一般国民からみてもここらの憲法論議は実に面白い。

    頭の固い憲法学者の机上の議論などは、どうみてもとろくさいのである。


    憲法は自国の行動原理であると同時に、国家的都合そのものをもある意味表明している。

    だから国民総意の下に制定されたとされたとする憲法の機能目的の範囲には、当然「国家の都合」によって限定される部分があるはずである。

    だからその憲法の機能目的の範囲で戦争放棄しようと、憲法をもとにあれこれ議論しようともその国の勝手である。

    当然そこで「国家的都合」で設定できる憲法上の「平和」自体も限定されるであろう。

    なぜなら対外的な戦争にはかならず対戦相手国が存在するわけだから、一方的な手前勝手な平和論が成り立つはずがない。

    もとより他国の「国家的都合」である戦闘行為そのものを制限規定する力などは「日本国憲法」には備わってはいない。

    そう考えると、平和を守るということではここにもう一つの外すことのできない絶対的ファクターがあることに気が付く。

    当然のことであるが「戦争をしない」「こちらから戦争を仕掛けない」という国家的理念と同時に、自国の平和維持というものには「他国から戦争を仕掛けられない態勢」という、いわゆる防衛という戦争抑止力にも対処する必要があることになる。

    ここから専守防衛という考え方が出てくる。

    他国からの侵略行為そのものは、その国の「国家的都合」に他ならないし、
    そこには何らかの戦略的目的があるわけである。

    「他国から戦争を仕掛けられる」という他国の「国家的都合」に対しては、いかに平和憲法の権現であるところの日本国憲法といえども、他国の戦略的目的はまったく制御はできないということである。

    軍隊としての法規、いわゆる独自の軍法会議が整備されていない以上、日本の自衛隊にはまともな戦闘は出来ない。


    現状でもし日本が戦争を仕掛けられたら、もっぱら撃たれっぱなしでいるしかないわけである。

    突き詰めれば、現行平和憲法ならそれすらもどこかで容認しているのであろう。

    結局のところ平和という理想の花は、日本国内の日本人の頭の中のお花畑でしか咲かないということである。

    となると自称平和憲法だけで日本の平和が守られるとするのは、ある種の思い込みにも似た一方的な信仰心にもみえてくる。

    平和憲法さえあれば、日本には核ミサイルの類は飛来しないし、平和憲法さえあれば防空核シェルターさえも必要ではないのである。

    平和憲法は絶対の信頼感と安寧とを日本人にもたらしてきたという訳である。

    しかしこれは世界に類を見ない勝手な思い込みであるように思える。

    この種の思い込みに関して言えば、実は遙か二千年前の古代人の間にも同様の事例があったという事実はあまり知られてはいない。

    かっての古代中国では、他国からの侵略による「兵害を免れる」手法として、五月五日に五色の糸を肘に結ぶと「兵の鬼気(ものの気)を避ける」という道教的呪術があったことが知られていた。

    そのように、そうした呪術が人々にひろく信じられていたのである。

    古代では、攻め込んでくる敵兵には恐ろしい死神が憑いていて、その体には人を容赦なく殺傷する鬼気(物の怪)が憑いていると考えられていた。

    しかしそのようなときに身を守る呪術さえ施しておれば、敵兵に殺されることはないと信じられていた。

    その兵禍を避ける方法というのは、「五月五日に五色の糸を肘に結ぶ」として、事前に決まった時に決まったことを呪術として手順通りにやっておくことが必要であるとされていた。

    その神事の期日が毎年五月五日であった。

    古代人はこの日に平和を祈念していたのであるが、ちょうど現代日本であれば憲法記念日の祝日行事のようなものである。

    ここで問題なのは当時のこの呪術である。

    そんな馬鹿なというようなことが、当時は当たり前に信じられていた。

    奇しくもこれが古代に通用した普遍的な呪術であり、民衆に浸透していた古代の兵禍を避ける方術の基本的考え方であった。

    これが古代の原始的な「呪能」信仰といわれるものである。

    呪能」信仰自体は現代社会にも形を変えて残されてきている。

    呪能」信仰は生活の中に当たり前のように溶け込んでいる。

    いまの日本人が考えているように、平和憲法だけで日本の平和が守られるとするのは、まさしくこれが現代版「呪能」信仰といえるものなのかも知れない。

    現代の日本人とて、古代人の呪能を一概に笑うことは出来ないのである。


    シビリアンコントロールと専守防衛

    Hero House Cat Saves Boy From Dog Attack - Today Show - May 15 2014   





    動画「My Cat Saved My Son」の場合は飼い猫であるから、これはさしずめ有事の自衛隊出動というところであろうが、だがこれには直前にシビリアンコントロールが効いていたようにはまったく思えない。

    第一、自衛隊にはこうした攻撃に対して俊敏な対抗処置は取れないのであるから、たとえ話であるとしても犬の突然の攻撃に即猫の自衛隊が出動したなどとはここで表現するのには所詮無理があることになる。

    犬の攻撃に対して、猫はその最初の一撃(足に一噛み)に素早く反応し出動している。

    いわゆる早期警戒システムが実質働いたわけで、間髪入れない迅速な反撃行動に出ているのである。

    どうみても猫の反撃の素早さが最大の抑止力となっていて、それによって犬の方は瞬時に撤退している。

    猫からみれば自分が攻撃されたわけではなく、飼い主の(無抵抗な)子供が犬に一方的に攻撃されたのであるからある意味集団的自衛権を行使したのだとも考えられる。

    飼い主側と猫との間にはそれなりの信頼(同盟)関係があったことは確かであろうが、シビリアンコントロールどころか明確な相互扶助、集団的自衛権に関しての事前契約がされていたのかどうかはまったく分からない。

    毎日餌という報酬を得ていたということであれば、猫はある種の傭兵かボディガード的存在であった可能性はある。

    日本の平和憲法の下では、自衛隊といえども戦争(戦闘)行為は憲法違反であるから、ここでは反撃さえも出来まい。

    早い話演習ではない戦闘行為は即憲法違反、違憲行為である。

    法的には一発でも発射すれば銃刀法違反、あるいは殺人罪で捕まってしまう。


    ここは戦闘行為ではなく、あくまでも威嚇射撃であるとしても現実には違憲なのである。



    自衛権の放棄はどうよ?

    「個別的自衛権だって必要ない。万が一他国が攻めてきたら国民は無抵抗で降伏し、すぐに首相や政治家が和平交渉に出るんです」

    (引用元)
    http://i.imgur.com/tKavxVy.jpg


    ↑これは平和憲法の条文冒頭に、他国との交戦状態に遭遇した場合直前に自衛権を瞬時に放棄し即無条件降伏を一方的に宣言することを条文に入れるということであろうか?

    他国の一方的戦争行為には無条件降伏で対応し、ただちに侵略占領行為を容認するということであろう。

    後は首相や政治家が和平交渉に出て、他国の言いなりの傀儡政権に順次移行するという外交手順であろうか。

    さらに言えば、先般より「日本に核の雨を浴びせる」と北朝鮮に脅されている情勢を深刻に考えて、ここは国の安全を考えて早期に降伏の意思を表明しておくべきなのかもしれないではないか?

    それも核ミサイルを撃ち込まれた後では遅過ぎるであろう。




    アニメで観る無抵抗主義の村-日本








    「無抵抗主義の村-日本」の無抵抗主義ということはきわめて悠長な話であって、無抵抗そのものが武器になる、あるいは平和への最善の方策などという手前勝手な主張そのものが、端から安直に侵略側に受け入れられる余地などあるとは到底思えない。

    唯一ここで言えることは、結局のところ相手の武力に屈して自らの手で奴隷売買の契約書(条約)にしたり顔で署名したも同然ということであろう。

    何のこともない、そこで軍事行動を回避したつもりでも侵略後の傀儡政権に強制的に徴兵されれば元の木阿弥である。

    侵略者に白紙委任状を渡しておきながら、後から予想外の展開に地団太踏んでも遅かろうて。

    無抵抗主義とは最初からそのように、国民そのものが人間としての権利も尊厳も放棄することを自ら宣言しているのに他ならない。

    危険この上ないことである。

    侵略に対してあえて武力による抵抗はしない。たとえ食料や財産を奪われてもいい、とにかく大事な命さえ助かればいいということである。

    一見尊い人命至上主義の体を成しているかにみえて、その裏に見え隠れする卑屈さは否めない。

    まずもって侵略側の都合の下で自国民の命の保障がとれるかどうかの確証とてないわけで、今後生き残って少数民族・日本村としての形を成すかどうかも不明確な事態ではあろう。


    ここらは歴史を振り返れば明白である。

    無抵抗主義の下では極端な話し、常に国家は非情であって国民はかってのシベリア抑留者同様、国そのものに見捨てられ僻地開発の労働力として集団移送される奴隷化条項もそこには加味されるであろうが、将来そこから開放され生きて故国に還られるかどうかは分からない。

    非常時では、自国民といえども自国に捨てられるである。それが棄民、棄兵策である。

    シベリア抑留も外交的に、自国の武装解除させた兵員を戦勝国の奴隷要員として扱われることを日本がすすんで容認したのである。

    その結果がシベリア抑留という終戦時の悲劇であった。


    日本は平和憲法で戦争を放棄している。

    そう宣言している以上、そこから生じるであろう外交上の利点や対外的な不安要因は国民すべてが享受しなくてはならない。

    国が戦争を放棄するということは、外交の最終手段としての武力による戦争をしてまで国民の生命と財産とは守らない、守り得ないということである。

    ここに国家の都合が隠されている。

    それは実際問題として、どうにも否めようがないであろう。

    だからこそ他国から国民がいくら拉致されようと、あるいは領土が侵犯されようと日本という国自体は憲法で国家機能を制限されているという理由で、非戦争体制でいつまでも傍観していられる。

    いうなれば、ここでは憲法上では相対的な棄民さえもが成されるということがいえよう。

    それが日本国憲法の理念とするところの、いわゆる平和維持ということである。

    しかしながら、これはある意味日本人全体にとっては非常に居心地がいいものではあろう。







    「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」
    経絡論
    「日本人奴隷貿易」ノンフィクション

    奴隷船
    「時代小説短編集・憑依(つく)

    tuku










    denden3商品詳細
    ★電磁波中和放電装置「電磁番」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
    ★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
    ★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
    ★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
    詳細は外部サイトのリンクページの「環境改善アイテム電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
    電磁波過敏症や電磁波攻撃対策法については
    外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
    電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
    「環境改善アイテム電磁番」のご案内
    電磁波過敏症の症状とはなにか
    「環境改善アイテム電磁番」の干渉中和放電効果について
    「環境改善アイテム電磁番」を使用されているお客様の声
    「環境改善アイテム電磁番」の機能と構造について
    「環境改善アイテム電磁番」に関するご質問と解説
    「環境改善アイテム電磁番」を使った気の調整法について
    電磁波過敏症の症状関連の出版物
    最近の重要な電磁波情報
    不眠症対策について
    レーザーポインター攻撃
    スマホ電磁波の対策予防法
    スマホ乗っ取り攻撃について
    電磁波攻撃・嫌がらせ対策
    最新の電磁波攻撃機器とは
    米国大使館電磁波被曝事件









    ラベル:東大受験
    posted by モモちゃん at 09:52| 歴史を先取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2018年03月04日

    世界のAI技術に後れをとる日本

    公的中抜きが酷過ぎる理由!?


    年金制度は大丈夫なの?

    若い世代ほど、年金制度に対して不安視している人が多いようです。

    消費税などの税金が投入されたり、原資を巧みに運用するなどして着実に給付されていくという割と楽観的な話も一方ではあります。

    少子高齢化が予想以上に進みつつある日本の現状からみれば、いろいろな課題や疑問点があるようです。

    実際の運用管理は、GPIF年金積立金管理運用独立行政法人」というお役所らしい名称の組織がやっているようですが、ここに年金全体の今後の命運がかかっています。

    それと、年金制度の理念というか、スタート時点での当時の官僚側の基本的考え方が「厚生年金保険制度回顧録」に記録されていますが、とても興味深い内容になっています。








    「厚生年金保険制度回顧録」

     発行:(株)社会保険法規研究会

     編集:財団法人 厚生団

      第159回国会 予算委員会 

     第18号 平成16年3月3日(水曜日)でも取り上げられた内容です。

     

      一部抜粋

      -----------------------< ここから引用開始 >-----------------------

     

    それで、いよいよこの法律ができるということになった時、 これは労働者年金保険法ですね。 

    すぐに考えたのは、この膨大な資金の運用ですね。 

    これをどうするか。これをいちばん考えましたね。 

    この資金があれば一流の銀行だってかなわない。 

    今でもそうでしょう。 
    何十兆円もあるから、一流の銀行だってかなわない。 
    これを厚生年金保険基金とか財団とかいうものを作って、その理事長というのは、日銀の総裁ぐらいの力がある。 

    そうすると、厚生省の連中がOBになった時の勤め口に困らない。 

    何千人だって大丈夫だと。金融業界を牛耳るくらいの力があるから、これは必ず厚生大臣が握るようにしなくてはいけない。 

    この資金を握ること、それから、その次に、年金を支給するには二十年もかかるのだから、その間、何もしないで待っているという馬鹿馬鹿しいことを言っていたら間に合わない。 

    そのためにはすぐに団体を作って、政府のやる福祉施設を肩替りする。 
    社会局の庶務課の端っこのほうでやらしておいたのでは話にならない。 

    大営団みたいなものを作って、政府の保険については全部委託を受ける。 

    そして年金保険の掛金を直接持ってきて運営すれば、 年金を払うのは先のことだから、今のうち、どんどん使ってしまっても構わない。 

    使ってしまったら先行困るのではないかという声もあったけれども、そんなことは問題ではない。

    二十年先まで大事に持っていても貨幣価値が下がってしまう。 
    だからどんどん運用して活用したほうがいい。 

    何しろ集まる金が雪ダルマみたいにどんどん大きくなって、将来みんなに支払う時に金が払えなくなったら賦課式にしてしまえばいいのだから、それまでの間にせっせと使ってしまえ。


      -----------------------< ここまで引用終了 >----------------------- 
    http://www.office-onoduka.com/mag2/005_20070304.html







    ◆武田邦彦:【年金はなくなる】年金の完全理解と大改革(1)




    ところで中国では最先端のAI技術で全国民の画像認識や手軽な支払い決済システムが構築されつつあるが、この際日本もそうした合理的な運用管理を外注で委託したらどうであろうか。

    お役人の人手をとらずに1億人分なんざ数分で処理が出来るであろうに。










    「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」
    経絡論
    「日本人奴隷貿易」ノンフィクション

    奴隷船
    「時代小説短編集・憑依(つく)

    tuku










    denden3商品詳細
    ★電磁波中和放電装置「電磁番」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
    ★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
    ★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
    ★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
    詳細は外部サイトのリンクページの「環境改善アイテム電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
    電磁波過敏症や電磁波攻撃対策法については
    外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
    電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
    「環境改善アイテム電磁番」のご案内
    電磁波過敏症の症状とはなにか
    「環境改善アイテム電磁番」の干渉中和放電効果について
    「環境改善アイテム電磁番」を使用されているお客様の声
    「環境改善アイテム電磁番」の機能と構造について
    「環境改善アイテム電磁番」に関するご質問と解説
    「環境改善アイテム電磁番」を使った気の調整法について
    電磁波過敏症の症状関連の出版物
    最近の重要な電磁波情報
    不眠症対策について
    レーザーポインター攻撃
    スマホ電磁波の対策予防法
    スマホ乗っ取り攻撃について
    電磁波攻撃・嫌がらせ対策
    最新の電磁波攻撃機器とは
    米国大使館電磁波被曝事件








    カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
    電磁波被曝対策PM2.5汚染・感染症対策ペットの電磁波対策




















































    ラベル:年金崩壊
    posted by モモちゃん at 18:08| 歴史を先取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2018年02月24日

    地球人には理解不能な宇宙人のメッセージ?

    地球人はきわめて危険な存在!?

    1963年〜67年の間、カナダの国防相を務めたポール・ヘリヤー氏は、以前から「宇宙人はすでに地球を訪れている」として、機会あるごとに世界中の指導者たちに宇宙人情報を開示するよう求め続けています。

    ヘリヤー氏は、「人類はあまりにも長い間、戦争に高額な軍事費をかけ慈悲の心を忘れてきた。我々人類は核兵器を発明したが、宇宙で再び原爆を使用することがあれば人類のみならず宇宙全体にも影響を及ぼすことになる」と主張するとともに、宇宙人は核兵器を使用することに警鐘を鳴らしているとも伝えています。


    ポール・ヘリヤー氏はテレビ出演もしていて、その動画がネットでも観れます。

    動画画面右下の「設定」ダイヤルを操作すると字幕が表示され、日本語にも自動翻訳されます。




    Must SEE- Defense Minister of Canada Tells RT Of Proof of ET's & UFOs RT News 12-30-2013








    宇宙人と遭遇したらまず聞いてみて?

    未確認の飛行物体が世界中を自由に飛び回っているようです。

    どこのだれが操縦しているのか分かりませんが、それとなく人間世界を観察しているようにも思えます。

    巨大な自然災害や戦場で頻繁に目撃されるともいいます。

    UFOで飛来した宇宙人と接触して会話を交わしたという話にも関心があって、そういう情報には昔から注目していました。

    40年前ほど以前にある新聞のトピックスにそうした類の海外記事が偶然載せられていたのですが、その内容をいまでも覚えています。

    それには、宇宙人との接触で伝えられたことが紹介されていました。

    いわゆるメッセージということでしょうか。

    主要な項目が4点ほどあって、それには以下のように書かれていました。

    1・ひろい宇宙には地球人以外にも知的生命体は多数存在している。地球人より高度に発達している種族もいるし、まったく未発達状態のくだらない種族もいる。

    2・地球人が信仰するキリスト教は、本来の教えとは違った(間違った)かたちで後世に伝えられている。

    3・地球人は電気エネルギーをうまく活用している。

    4・地球人の将来は、現状と比較して今後も良くも悪くもならない。

    これらは宇宙人からのありがたいお告げに違いありませんが、地球世界の状況は今後も不安定であって、どうやら平和な世界はそう簡単には実現しそうにはないということでしょう。

    要するに、この先も混迷の続く世界が待ち構えているということです。


    人類には理解出来ない!?


    ネット上には、1964年に米国空軍基地エリア51で撮影されたとされる「エイリアンインタビュー」の映像というのがあります。

    捕獲されたエイリアンの話しによると、人類の大半が近未来の大規模な核戦争により死滅するというものです。

    映像やその内容の真偽は不明ですが、宇宙人との会話内容はとても興味深いものがあります。

    西洋人の理解の及ばない話しであって、面白いことに宇宙人の語る内容そのものはどこか東洋的な深遠さに繋がるところがあります。



    『 エイリアンインタビュー 』 ローレンス・R・スペンサー編 Lulu com








    エイリアンインタビュー2 日本語訳【修正版】 EBE Alien Interview part 2 Japanese
























    「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」
    経絡論
    「日本人奴隷貿易」ノンフィクション

    奴隷船
    「時代小説短編集・憑依(つく)

    tuku










    denden3商品詳細
    ★電磁波中和放電装置「電磁番」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
    ★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
    ★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
    ★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
    詳細は外部サイトのリンクページの「環境改善アイテム電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
    電磁波過敏症や電磁波攻撃対策法については
    外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
    電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
    「環境改善アイテム電磁番」のご案内
    電磁波過敏症の症状とはなにか
    「環境改善アイテム電磁番」の干渉中和放電効果について
    「環境改善アイテム電磁番」を使用されているお客様の声
    「環境改善アイテム電磁番」の機能と構造について
    「環境改善アイテム電磁番」に関するご質問と解説
    「環境改善アイテム電磁番」を使った気の調整法について
    電磁波過敏症の症状関連の出版物
    最近の重要な電磁波情報
    不眠症対策について
    レーザーポインター攻撃
    スマホ電磁波の対策予防法
    スマホ乗っ取り攻撃について
    電磁波攻撃・嫌がらせ対策
    最新の電磁波攻撃機器とは
    米国大使館電磁波被曝事件








    カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
    電磁波被曝対策PM2.5汚染・感染症対策ペットの電磁波対策




















































    posted by モモちゃん at 08:16| 歴史を先取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2018年02月13日

    日本に迫り来る危機、第二弾?!

    次は鬼界カルデラか南海トラフか?

    世界一の地震国日本の歴史といえば、この地震との度重なる遭遇の歴史そのものでもあった。

    記録として残されているのは、わずか千数百年分に過ぎない。

    有史以前からの大地震と津波によって、九州や本州中央部、さらには東北において、いくつもの文明や王朝が壊滅したという古史伝承の類がある。

    日本の地下にはそうした埋没した歴史さえも人知れず存在するということである。

    地震予知は不可能であるということは、物理学者や地震学者が一番よく知っている。

    しかしながら巨大地震が発生するであろうことは、その予兆現象を観察集積していけば次第に分かってくる部分もあるのは確かである。

    現に鬼界カルデラや南海トラフといったマグマ溜まりがあることが分かっている。

    これらの巨大さは、まさしくわれわれの想像をはるかに超えたものである。

    これらがある限り日本列島は常に崩壊の危機と直面していることになる。

    現代ではこうした自然災害の危険と同時に、原発や巨大ダムといった施設、高層ビル群、高速道といった建造物群が大きな被害を受ければ、さらなる崩壊が二重、三重と重なる事態が発生することとなる。

    ここで鬼界カルデラか南海トラフといった未曽有の規模の大地震が発生すれば、数千万人単位の被害さえもが発生することがすでに想定されている。




    “リアルな恐怖”南海トラフ起きたら・・・CG映像公開(16/09/28)











    南海トラフ巨大地震












    カルデラ爆発 国家を滅ぼす最強最悪火山大噴火  











    世界一危険な火山は日本に!カルデラ噴火で日本は崩壊へ進むのか!?《衝撃》












    「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」
    経絡論
    「日本人奴隷貿易」ノンフィクション

    奴隷船
    「時代小説短編集・憑依(つく)

    tuku










    denden3商品詳細
    ★電磁波中和放電装置「電磁番」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
    ★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
    ★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
    ★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
    詳細は外部サイトのリンクページの「環境改善アイテム電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
    電磁波過敏症や電磁波攻撃対策法については
    外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
    電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
    「環境改善アイテム電磁番」のご案内
    電磁波過敏症の症状とはなにか
    「環境改善アイテム電磁番」の干渉中和放電効果について
    「環境改善アイテム電磁番」を使用されているお客様の声
    「環境改善アイテム電磁番」の機能と構造について
    「環境改善アイテム電磁番」に関するご質問と解説
    「環境改善アイテム電磁番」を使った気の調整法について
    電磁波過敏症の症状関連の出版物
    最近の重要な電磁波情報
    不眠症対策について
    レーザーポインター攻撃
    スマホ電磁波の対策予防法
    スマホ乗っ取り攻撃について
    電磁波攻撃・嫌がらせ対策
    最新の電磁波攻撃機器とは
    米国大使館電磁波被曝事件








    カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
    電磁波被曝対策PM2.5汚染・感染症対策ペットの電磁波対策




















































    ラベル:未曾有
    posted by モモちゃん at 08:45| 歴史を先取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする