2017年05月24日

騙されやすい日本人が学ぶべき極東アジア史とは!

学校では教えない歴史認識

戦後日本では国益を考えた歴史観が持てていないことから、いろいろな国際的トラブルを抱え込んできている。

周辺諸国を含めた本当の歴史認識が必要であろうが、公共放送までもが不正確な改竄された歴史ドラマを垂れ流している。

いまだに誰が何のために情報を操作しているのだろう?

誰かに不都合な情報は一切報道しないこともご都合主義の西洋主義的方便で歴史を観ていることの証拠だろうし、最近の新聞もテレビもまともに信用できないところがある。




『暗黒半島・李氏朝鮮@』宮脇淳子 AJER2012.12.20(3)

 








『暗黒半島・李氏朝鮮A』宮脇淳子 AJER2012.12.20(4)

 







『朝鮮から見た日清戦争@』宮脇淳子 AJER2013.1.10(3)

 








『朝鮮から見た日清戦争A』宮脇淳子 AJER2013.1.10(4)











jidai03



denden 












カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
健康医学専門ネット書店PM2.5汚染・感染症対策PC電脳特選街HPカネマサ工房




タグ:李氏朝鮮史
posted by モモちゃん at 15:15| 歴史を先取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今世紀中に人類が火星に移住すべき理由!

火星一番乗りはドイツ人であった?!

ホーキング博士が警告「人類は100年以内に地球外移住を」2017.05.07
イギリスの理論物理学者、スティーブン・ホーキング博士(75)が「人類が生き延びるためには、今後100年以内に別の惑星に移住を始める必要がある」と警告した。
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170507/frn1705071000001-n1.htm

遥か彼方の宇宙空間にある太陽系の第4惑星である火星の探索活動が現在も続けられていますが、頻繁に異様な物体や生命体に類似した形状物が地表面で発見されてきているようです。

いまのところ画像が不鮮明なまま公開されていることもあって、はっきりと正体は特定はできませんが、それでもどうやら火星には何らかの生物の痕跡があるようです。

おそらくここらは大きなプロジェクトを計画している国の戦略に関わる最高機密であろうと思われます。

ここらはむやみには一般人に知らされることはないということでしょう。

本格的な人類の火星移住計画もあるようで、生存に必要な水の確保や食物の生産活動のためのテラフォーミングの研究がすでに進められています。



Ancient Alien Outpost Found On Mars?









Possible Tree Stump Found On Mars?










Ancient Aliens On Mars: Anomaly, Statue, Tiles, Water, Flower, Stairs












jidai03



denden 












カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
健康医学専門ネット書店PM2.5汚染・感染症対策PC電脳特選街HPカネマサ工房




タグ:惑星移住
posted by モモちゃん at 12:47| 歴史を先取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

将来日本の水資源は中国に牛耳られる?!

日本政府は常に後手に回る!

中国人100万人単位移住計画の全貌とは!
http://www.mag2.com/p/news/240933


私たち世代が育った時代背景でいえば、飲み水をお金を出して買うという感覚はこれっぽっちもなかった。

美味しい水という表現はあったが、あえて美味しい水を探し求めて買い求めるという状況ではなかったのだ。

それが瞬く間に変わってしまったわけで、安全で美味しい水が無尽蔵にあるのは世界中で日本ぐらいしかないという事実もようやく分かりだしたのである。
RIMG1314
世界には日常的に水不足の地域や国々がたくさんあるわけで、水を求めて大規模な騒乱さえも発生している。

これに加えて急激な工業化などで環境が破壊されつつあるわけで、いまや「水資源」は重要な戦略物資であり、今世紀中には「水資源」問題によって戦争も発生するであろうと予想される事態になってきている。

北海道や九州各地で大規模な森林の取り引きが進んでいる。

そこには大方海外資本が登場してきている。

その規模が大きいことにまず驚かずにはいられない。

心ある地域住民はそうした状況に不安や危機感を持っている。

いずれ日本各地の水資源はタンカー輸送で続々と海外に持ち出されることになる。

将来国内の「水資源」問題が表面化しても後の祭りではあろう。







【禁聞】専門家「20年後中国の水資源はなくなる」









中国が買いあさる日本の水資源の危機!日本の土地の4割に持ち主がいない!【青山繁晴】










中国人が進出する時は必ず化ける!水資源の次の狙いは何!










深刻化する中国の水不足(日)










【禁聞】中国で大干ばつ 3か月断水している地域も





















jidai03
















denden 


















カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
健康医学専門ネット書店PM2.5汚染・感染症対策PC電脳特選街HPカネマサ工房




posted by モモちゃん at 13:59| 歴史を先取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

無防備な日本がもっとも被害を受けることになる!

中古の核シェルターはいかがでしょうか?

国内で高額の自家用核シェルター設備が次々と売れているという。

どうやら平和大国日本も核攻撃の心配が出てきたということだ。

核シェルターを自前で用意しなくてはならないという展開が、いかにも付け焼刃的対応でここらは日ごろの危機管理が問われるところである。

しかもその注文が殺到して、そうした需要に追い付かない状況ということである。

don



「近くのできるだけ頑丈な建物や地下街などに避難する」「できれば窓のない部屋へ移動する」−。

政府は4月21日、内閣官房のウェブサイト上で、北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本国内に落下する可能性がある場合の行動について注意喚起したから、何やら深刻な状況のようである。

注意喚起されたとて、近くに頑丈な建物や地下街がない国民は総じてお手上げである。

ご存知のようにヨーロッパ諸国の都市では、核シェルターや防空壕がいたるところに当然のように整備されている。

永世中立国スイスでさえもである。

日本人には知らされないだけで、お隣の韓国内には核シェルターそのものは23000か所に設置されているという。

首都ソウル市内だけでも核シェルターは3300か所の設備がある。ここらは平和大国とはエライ違いである。

日本はあれだけ箱もの建設事業が盛んであった時期に、都道府県や市町村による公営核シェルター建設などは皆無だったのではないか。

その韓国でもここ最近は、防毒マスクがバカ売れしているという。

核だけでなく、北朝鮮の毒ガス攻撃や生物化学兵器への対応が懸念されているわけである。

意外なことに、北朝鮮は生物化学兵器に関しては先進国である。

大規模な毒ガス兵器工場もあれば、膨大な毒ガス兵器の備蓄があるとされているだけに、戦争ともなれば当然VXなどの毒ガス兵器での攻撃は想定されるところである。

毒ガスはミサイルの弾頭に装填可能である。

核だけでなく、毒ガス弾による攻撃にも対処しなくてはならないということで、韓国内では防毒マスクが売れているというわけである。


ネットで見ていると、意外にも毒ガスや核シェルターを題材にしたゲームがあることに気付いた。

核シェルターも防毒マスクも縁のない者だけが、こうしたゲームを楽しんでいるのであろうか?




【PS4】バリアント ハート ザ グレイト ウォー 日本語版プレイ動画パート1









バリアント ハート ザ グレイト ウォー 日本語版プレイ動画パート2









バリアント ハート ザ グレイト ウォー 日本語版プレイ動画パート3










60seconds@?核シェルターで生き残れ!?














jidai03
















denden 


















カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
健康医学専門ネット書店PM2.5汚染・感染症対策PC電脳特選街HPカネマサ工房




タグ:防毒マスク
posted by モモちゃん at 17:03| 歴史を先取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

政治家は何故に己を辞任劇に追い込むのか?!

政治家は何故に辞任するのか?!

女性問題は政治家や校長先生だけではない、精力絶倫を深く考察する

中川俊直 ストーカースキャンダルで政務官を辞任! [不祥事] [編集]

中川俊直経済産業政務官(46)が政務官を辞任することが決まった。


日本教育界注目!

據日本朝日電視台和時事通訊社4月8日報道,日本警方近日逮捕了一名涉嫌違反《兒童色情禁止法》的男子。該男子現年64歲,曾經是濱市立初中的校長。警方稱,
他在過去的20多年間曾對1.2萬名女性實施嫖娼。(2015.04)


「精力」という言葉があるが、これは如何にも東洋医学的意味相が強い。

さらに武道の世界では「精力善用」という、己の行動哲学ともいうべき明確な教えがある。

精力を発散するにも心して善用しなければ、欲望のままではそれこそあらぬ方向に突っ走ってしまうことになる。

その結果、身を損じ、大恥をかき、世間を騒がせ顔向けできぬ事態をも招きかねないわけだ。

ならば、いったいその精力の実体とは何なのか?

「精力善用」とて、根底には東洋的な思想としての節度ある君子の道が示されているわけであるが、それはむしろ表面的な事象に過ぎないのだ。

というのは健康面でみたときの相対的な体力というか、それこそ全体的観点から評価される精神的肉体的活力を指しているからである。

さらにそのなかには当然のことであるが、性的能力に繋がる意味も含まれていることを忘れてはならない。


今回は固い話をより固くして、私見を述べてみたいと思う。

これに関しては意外にも古代中国の竹簡に書かれた古典籍に詳細な記録がある。驚きである。

2千年以上前の古代中国では正統な医学と隣合わせに房中術(玄・素の術)が幅を効かせていた。

現代風にたとえれば、通常の医療とは別に健康増進の筋トレ体操コースがあったとでもいえようか。

これなどは、体の特定の部分ということではなしにト−タルな身体論で人間の生理を認識し、その上で集約された技術的な方術理論を展開していくという、いかにも東洋的発想が全編に横溢して非常に興味深いものである。

しかもそのベ−スとなる古代中国の陰陽五行説や随所に混在する医学知識のその多くが、 古代の内経医学からの借り物か、こじつけである事実も見逃せないのである。

具体的に言うと、この陰陽五行説にしても房中術に必ず出てくる「七損八益 」にしても、これらは『黄帝内経素問』の「陰陽応象大論」を下敷きにしているわけである。

いうまでもなく「陰陽応象大論」では人体と天地自然の陰陽理論を展開し、 その調和のもとに人間自身ができるだけ陽気を温存し、天寿を全うしていくことを教えているものである。

要するに体に無理な負担は掛けるなということである。

ところが房中術はその背後にある神仙思想にからめて、ここから飛躍した理論を持ち出してくる。

人体の陽気を養い、堅持して天寿を全うするという中国医学の根幹になる内経医学の理念に対してあらゆる病が自ら癒え、しかもその術を鍛錬して極めることにより不老不死の道が開けるという、いわゆる秘伝の養生法というものがあるという。

もともと房中術というのは神仙思想から出てきたものであって、医術とは似て非なるものであるが、ここのところの発想が実に紛らわしい。

そこに伝説上の有名な黄帝や神仙の彭祖を引き出してくるところがまた面白い。

彭祖は一夜に四十八人の女を御したとか、四十九人の妻を持ったとか言われる神仙であり、黄帝などは房中術を極め一千二百人の女を御して白日昇天し、仙人の列に入ったというのであるが、これらに続けとばかり理論展開するわけである。

『漢書芸文志』の記述によると、方技類を整理して、それぞれ医経・経方・房中・神僊の四種に分 けているが、房中術は保健養生術の類として扱われている。

というのは、この『芸文志 』の解説部分に次のようにあるからである。

「房中、情性の極にして、至道の際なり。是を以て聖王外の楽みを制して、 以て内の情を禁じ、而してこれが節文を為す。伝に曰く、「先王の楽みを作すは、百事 を節する所以なり」と。楽んでは、節有れば、即ち和平寿考なり。迷者顧みざるに及んでは、以て疾を生じて性命を隕す。」

ここが房中術の最も面白いところである。


日本で編纂された医学全書『医心方』房内にあるように房中術を正しく行なわなければ「夭折の慚有り」、そして正しく「陰陽の術を得ば、即ち不死の道なり」というのである。

しかも伝統的な医学の存在する一方で、このような神仙思想が信じられていたというところがまた愉快でもある。

事実古代中国の王侯貴族たちは、医師とは別にこうした房中術の専門家(方 術士)を側に置いて指導を受けていた。

私がここで最も関心を持つのはやはり医術との関わりである。

たとえば精力減退、 性的不能という症候を一例にとってみよう。

現代的にインポテンツ(ED: Erectile Dysfunction; ED)の一語で片付けられてしまうといかにも部分的機能 低下、失調に聞こえるが、この場合などはむしろ東洋医学的に、房労(房事過多)によって腎水を渇かし腎虚、房労傷、房室損傷となり、その結果としての性的不能と言った方が辻褄が合うように思う。

『医心方』房内に、「玉房秘決に云う。冲和子曰く、夫れ情を極め欲をほしいままにすれば、必ず損傷の病あり。斯れすなわち交験の著明しきものなり」とある。

だから「夭折の慚有り」なのであるが、房中術の中ではこのように房労の認識が極めて明確なのは注目すべき特徴である。

この影響で唐の時代になると、かえって『諸病源候論』などの医学書では虚労損傷(腎気衰弱,腎気虚損,腎虚)がことさら重要視されてきている。

まさしく房労による虚労損傷に警鐘を鳴らしているのである。

「腎は精を蔵す。今腎虚し精を制すること能はず」、「腎気虚損。精を蔵すること能はず」と、『諸病源候論』虚労病諸候の下にあり、そこには多くの関連する病症が書かれている。

『備急千金要方』を著した孫思貌にしても、養生の中で積極的に房中術を取り上げて解説をしているところをみると、彼なりに相当な認識があったと考えられる。

こうした流れは丹波康頼の『医心方』に受け継がれ、さらに後世の朝鮮医学の集大成であるところの『東医宝鑑』にも少なからず影響を与えている。

この許浚(ホジュン)の『東医宝鑑』内景篇では「精は人身の至宝なり」といい、さらに 雑病篇・虚労でも男子の病はまず房労を疑えと教えていることでも分かる。

精こそが生命エネルギーの源泉であるとの見方である。

また許浚の記述によると、精の質量自体は身体中に通常一升六合あるとされ、この精の蔵制が極度に充満すれば成人の場合3升ぐらいにまでなるという。

3升もあるというのは、結局体内の血液成分ということなのだろうか?

そうなると結局精力そのものは相対的な数量認識が可能ということになってくる。

ここに精力の相対量に自ずと個人差が生じる理由があるとされ、同時に養生の必要性が出てくるということになる。

それは精力の温存ということであり、相対的比較でいうならばいわゆる個体差から認識されるところの精力絶倫ということになる。

巷で言うところの精力絶倫とは一体どういうものなのか?

そこでこの精力の個人差について具体的に資料を上げてみようと思う。

とはいっても、こうしたものに関して科学的、また医学的なデ−タの存在を残念ながら私は知らない。

基準値以上のイレギュラーなデータはばらつきがあるだけに学問的評価の対象とはならないということだろう。

どうやらこうした身体機能を総合的に評価統合していく見方は、現代医科学には得てして馴染まないということのようである。


しかしながら巷にはこの精力絶倫なる評価は存在することは確かなことである。

精力絶倫なるがゆえの不祥事や不都合なニュース記事が溢れかえっているではないか。

そうした情報からいけば、情報自体は有り余るほどにあることになる。

中には歴史的な記録にさえなっている。

必要であればいままで書物の中で散見した歴史的記録として明記されているものをここでも列挙できるというわけである。

たとえばフランス文学で有名なヴィクトル・ユゴ−は精力絶倫ということでも知られていた。


彼自身の告白によると、新婚の夜彼は新妻を九回愛撫したという。(『ヴィ クトル・ユゴ−の生涯』アンドレ・モロウ,『新編・フランス文壇史』河盛好蔵)

また歴史書『チェ−ザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』(塩野七生著)の記述 によると、チェ−ザレはフランス国王ルイ十二世によって初夜の絶倫ぶりを証言されている。

そこには次のように書かれている。 「ヴァレンティ−ノ公爵(チェ−ザレ)は、私の時よりも、四本も多く槍を 折った。二回と、夜食を取った後、さらに六回もである。」とある。

十六世紀のイタリアのプラント−ムの作品として知られる『艶婦伝』による と、かってロ−マ人が一夜に十二回という最多記録を残していることが書かれてあった。

この書物は以前は新潮文庫の外国文学に含まれていたが、残念なことに現在絶版になっている。

十八世紀ロココの時代に活躍したカサノバの実録回顧録によると十回という記録がある。

『カサノバ回顧録』も以前はしっかりした全集が出でいたが、現在はこれまた絶版となっている。

日本でもこの種の有名な記録はいくつかあって、古いところでは『日本書紀 雄略天皇元年三月是月条』 に「七度」云々という具体的記述があったように記憶する。

近代では小林一茶の日記、さらに戦後の文献ではディック・ミネの『すりこぎ随筆』(光文社刊)等でもしっかりと確認できる。      


























jidai03
















denden 


















カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
健康医学専門ネット書店PM2.5汚染・感染症対策PC電脳特選街HPカネマサ工房




posted by モモちゃん at 18:48| 歴史を先取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月09日

現実味を帯びてきた人類火星移住計画!

夢の移住計画はいかがですか?

今現在も火星移住計画が着々と進んでいるようです。

そのための事前策として火星環境の改善が検討されています。

火星は大気が薄く、太陽から放射される強力な電磁波(熱や光、大量の電波や放射線)などとともに「太陽風」と呼ばれる微粒の物質が大量に飛来してきています。

これらの太陽風放射エネルギーによって火星の薄い大気は常に吹き飛ばされ続けており、毎秒約100gの割合でガスが宇宙空間にまき散らされているとされています。

この現象からみると何十億年間も火星はこの状態が続いてきていたわけで、膨大な大気物質が失われていたことが観測の結果判明したわけです。

NASA | Solar Wind Strips Martian Atmosphere  









太古の昔には火星にも相当量の水が地表表面に豊富に存在したはずですが、温められ水蒸気となった水が太陽からの太陽風エネルギーを受け続けたことによって次第に失われ、現在のように火星は乾燥した惑星に変わってしまったのだというわけです。

ここからが、いわゆるSFでも取り上げられるテラフォーミングが注目されてきます。

テラフォーミング(英: terraforming)とは、人為的に惑星の環境を変化させて人類の住める惑星に改造することで、通常「地球化」、「惑星改造」、「惑星地球化計画」とも言われています。

火星の場合は大きな宇宙船を火星の軌道上に送り込んで、人工的な磁場シールドを造って太陽風を遮ろうという計画が持ち上がってきています。

これによって地球の放射線帯のヴァン・アレン帯と同様のものも形成されるはずです。

これはすごく壮大なプロジェクトです。

人工的な磁場シールドによって次第に火星が人類が住める環境に変化していくということですから、たいへんにロマンがあります。

宇宙空間に飛び散っていた火星の大気物質がそのまま保持されていけば、やがて大気層も厚くなり固形化していた二酸化炭素も放出されるに従って、大気の温度も上昇し安定してくると思われます。

むかし目にした手塚治虫の鉄腕アトムでは、火星のテラフォーミングがすでに行われて人類が実際に居住している様子が描かれていました。

たしか人工太陽によるテラフォーミングの巻もありました。

ひとつ記憶に残っていることは、このテラフォーミングされた火星の大気のの色について、「地球と違って、紫色」だと書かれていたことです。

これが何だか強く印象に残っています。




A FUTURE MARS ENVIRONMENT FOR SCIENCE AND EXPLORATION
(PDFファイル)http://www.hou.usra.edu/meetings/V2050/pdf/8250.pdf

NASA wants to launch a giant magnetic field to make Mars habitable - ScienceAlert
http://www.sciencealert.com/nasa-wants-to-launch-a-giant-magnetic-shield-to-make-mars-habitable


現在、NASAでは第三次火星探検隊員を募集中です。

P01-Explorers-Wanted-NASA-Recruitment-Poster-600x-1P01-Explorers-Wanted-NASA-Recruitment-Poster-600x-1






























jidai03




denden 


















カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
健康医学専門ネット書店PM2.5汚染・感染症対策PC電脳特選街HPカネマサ工房

タグ:太陽風
posted by モモちゃん at 10:36| 歴史を先取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

SF脳ハッキングがついに現実のものに?!

電磁波過敏症対策アイテム「電磁盤」

電磁波攻撃、嫌がらせ対策グッズ、有害電磁波中和装置「でんじ・ばん」を紹介します。


電磁波中和装置

電磁波中和装置
電磁波過敏症の症状に対処するための環境改善とは何か!?

分厚いコンクリート壁でさえも突き抜けてくる電磁波をどこまで防げるのか!?
電磁波被曝に対する手立ては唯一自衛だけです!

あなたは、知らぬ間に頭痛や不眠症などの不快な波動環境を強いられてはいませんか!!
ストレス社会を反映した電磁波による嫌がらせやストーカー攻撃に対応出来ずに悩んでおられませんか?
人知れず苦しんでいた電磁波過敏症の症状有害電磁波汚染から身を守る最強の自衛防御グッズを紹介します。

お客様からの最初のお尋ね

電磁波過敏症の症状国内で一番大きいタイプの送電線が自宅から150メートルくらいのところにあり、鬱気味になり悩んでいます。同じくらいの所に携帯電波塔も2基あります。

電磁波過敏症の症状 現在近隣からの嫌がらせと思われる電磁波照射で困っています。電磁波の発生源は同じマンションのお隣と思うのですが、でんじ・ばんでお隣からの電磁波を防御できますか?

電磁波過敏症の症状 電磁盤についてお問い合わせさせていただきます。 現在電磁波身体攻撃の嫌がらせを受けており、体が痛みやしびれなどで悩んでおります。この電磁盤は体に携帯しても防御効果がありますでしょうか?

電磁波過敏症の症状対策 電磁波過敏症の症状 ぴりぴり感や体のあちらこちらの痒み、吐き気や動悸に深刻に悩まされて偏頭痛も続き耳鳴りもひどく生きている心地がしません。 症状は3年程前から始まりましたが数ヶ月前より異常なほど電磁波を照射されているのを確信して地獄のような日々を送っています。

電磁波過敏症の症状自宅前の空き地にたくさんの太陽光発電のパネルが設置されてからというもの、不快な皮膚のびりびり感や体調不良が続いています。これを解消することは出来ますでしょうか?


お客様から戴いた感謝のお言葉

電磁波過敏症の症状対策「商品受け取りました。効果にびっくりです。開封してこたつの上に載せただけで、今までの拷問のような手足の痺れ、首筋の張り足の痛みが嘘のように無くなり感謝しております。妻も苦しんでいるので、もうひとつ電磁盤を注文します。」
電磁波過敏症の症状対策「でんじ・ばんの効果に感激しています」
電磁波過敏症の症状対策「でんじ・ばんのお陰で仕事に復帰出来ました」
電磁波過敏症の症状対策「でんじ・ばんには、今まで購入した電磁波対策グッズの中でもはっきりと効果が感じられて大変満足しております」
電磁波過敏症の症状対策「長年悩んでおりました身体の痛みや痒みに大変効果がありました」
電磁波過敏症の症状対策「素晴らしいお品を送っていただきまして、誠にありがとうございました」
電磁波過敏症の症状対策「車を運転すると顔がいつも浮腫んでいましたが、でんじ・ばんを使用しだして腫れなくなりました」

というように、ご利用いただいた方々から多くの感謝のお言葉を頂いております。

カネマサオンライン・ショップ
カネマサオンライン・ショップ

商品画像をクリックすると詳しい説明が表示されます。カネマサオンライン・ショップ
電磁波中和装置
電磁波中和装置
でんじ・ばんの詳しい説明

電磁波過敏症・電磁波攻撃防御グッズとしてお勧めです。
過敏症の自覚症状があっても対策がなく、苦しんでおられる方を対象にしたこだわり製品です。
風水や室内の波動環境改善にも活用できます。
電磁波過敏症の症状対策電磁波中和装置は過敏症で困っておられる方を対象といたしております。
電磁波過敏症の症状対策「でんじ・ばん」は、大量生産品ではありません。
すべて1個づつ、丁寧に手造りした東洋医学の考え方から生まれたオリジナル製品です。

5,000円

携帯電話の電磁波に脳腫瘍リスク WHO組織が指摘
世界保健機関(WHO)の国際がん研究機関(IARC)が、携帯電話の電磁波による脳腫瘍リスクには「限定的な証拠が認められる」とする結果を公表。 [ITmedia]
 世界保健機関(WHO)の国際がん研究機関(IARC)は5月31日、携帯電話の電磁波と脳腫瘍リスクについて過去の調査を評価した結果、携帯電話の電磁波による脳腫瘍リスクには「限定的な証拠(limited evidence)が認められる」とする結果を公表した。  同組織が携帯電話の電磁波による脳腫瘍リスクの可能性について認めたのは初めて。  14カ国の31人によるワーキンググループが24〜31日に会合を開き、欧米の過去の調査結果などを評価した。 Copyrightc 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved


電磁波と不妊症との関連性については以下の情報があります。
[ニューヨーク 2010年 11月 8日 ロイター] ひざの上でノートパソコンを使用 すると、精子の質が低下する可能性があることが、米国の研究で明らかになった。
ニューヨーク州立大ストーニーブルック校のYelim Sheynkin氏が率いたこの研究では、29人の若い男性を対象に、ノートパソコンをひざの上に載せて使用した際の陰のうの温度を計測。これまでの研究で陰のうの温度が1度以上でも上昇すれば精子にダメージを与えることが分かっている
http://jp.reuters.com/article/idJPJAPAN-18055620101108

アメリカの研究所は、強い電磁波を浴びていると、流産や子供の先天性異常を引き起こす可能性が高くなるとの研究結果を公表しました。
イギリスのサンデータイムズでは、携帯電話をポケットに入れて持ち歩く男性は、そうでない男性に比べて、精子数が最大で30%少ないという研究結果が報告されています。
イギリスのエクセター大学のマシューズ博士はさらにこう述べる。
「モバイル機器が一般に広く普及していることと、先進国全体で、ここ10年〜20年ほどの間に精子の質が全般的に低下している現象が見られる点を考慮すれば、早急な研究が必要だということは言えるでしょう」
http://www.huffingtonpost.jp/2014/07/17/story_n_5593985.html

嫌がらせ・悪意のある電磁波攻撃に対応策はあるのか
電磁波攻撃って、何のこと?テレパシー光線銃って何?


いきなり「電磁波攻撃」というと何だかSFの世界のことのように思われがちですが、戦前日本でも電磁波兵器の開発が試みられていました。

当時の技術力では兵器の完成までには至らなかったのですが、初歩的な原理は電子レンジに似たような発想だったようです。

その存在が現実に具体性を帯びてきたのは、かっての米ソの冷戦時代にモスクワの米国大使館が密かに電磁波攻撃を受けていたという海外情報に接したときでした。

外交上の見えない嫌がらせ、陰湿な攻撃として出てきたもので、大使館職員の体調不良が続いたことで調査されて発覚したといいます。

これにはとても驚いた記憶があります。 このときはただ単純に、電磁波を使って何らかの嫌がらせや身体攻撃が出来るということにまず驚いたというわけです。
これらはすべて平和な日本では議論されることのない、いわゆる欧米の軍事医科学分野の情報ということになります。

マイクロ波の危険性 法の外にいる御用学者達


マイクロ波で脳内に音を発生させる兵器『MEDUSA』:「サブリミナルメッセージも」(「テレパシー光線銃」)マイクロ波で脳内に音を発生させる兵器『MEDUSA』:「サブリミナルメッセージも」
マイクロ波聴覚効果(フレイ効果)を使って、脳内に音を発生させる非殺傷型兵器『MEDUSA』。

「新しいタイプの人権侵害と暴力」Finland首席医務官Kilde医学博士の論文
Microchip Implants, Mind Control, and Cybernetics By Rauni-Leena Luukanen-Kilde, MD Former Chief Medical Officer of Finland
December 6, 2000
英文抜粋(*コメント欄に全文の邦訳あり)


【電磁波の種類】


[低周波 → → → → → → → → → → → → → 高周波]

超長波 長波 中波 短波 マイクロ波 ミリ波 赤外線 可視光線  紫外線 X線 ガンマ線
[→・・ 電波」・・← →・・「光」・・ ←  → ・・「放射線」・・←]

光や電波、音波、放射線は物理学でいえばすべて電磁波であって、電磁場を伝わる波動の振動数によっては放射線のように生命を脅かすような高エネルギーの電磁波も存在することになります。

しかもその電磁波の種類によっては目に見えませんから、たとえ被曝してもまったく気付かないわけです。

医療用に使われるマイクロウェーブ治療器などですと、体の深部まで電磁波が浸透して細胞が振動するのである種の温かみを感じます。

調理に使われる電子レンジは高出力で食品を短時間で温めることが可能ですし、温めるということでは原理は同じです。

人体内や食品などに含まれている水分子が、電磁波照射されることによって激しく振動し熱が発生するというものです。

現在では工業用のレーザー加工機や医療用のレーザー、さらに欧米ではすでに本格的なレーザー兵器などが開発されていますが、これらは物理的に光(電磁波エネルギー)を増幅し収束させて周波数を一定に保ちながら指向性を高めたものです。

これらはある程度振動エネルギーが高い波動が使われているのですが、一般には同じ原理でレーザーポインターなどが市販されています。

商品としては安全基準に適応した物が売られているのですが、それでも使用する際にはいくつかの注意点が挙げられています。

それには、
・レーザーポインターを人体に向けては照射しないこと。
・本来の目的外の用途では使用しないこと。
・鏡やガラス等の正反射するものに向けて照射しないこと。
・レーザー光線は直接目に入ると網膜に障害を起こす危険性があるので、レーザー光線を絶対に直視したりのぞいたりしないこと。
・レーザー光線は性質上かなり遠くまで光の出力が減衰せずに直進し到達するので屋外では使用しないこと。
・レーザー光線が目に入った場合は、直ちに専門医の診察を受けること。
・レーザーポインターを子どもに使わせないこと。

といった項目があります。

ご存知のようにレーザーポインターの光線はとても指向性の強い光線です。

最近ニュースにもなりましたが、はるか上空を飛行する航空機のパロットの目にまで届くような指向性があるのです。

低出力のレーザーポインターでさえも使い方によっては、人体の感覚器である目に障害を与える危険性があるということなのです。

「参考資料」(電磁波照射事件ニュース)

・中国人留学生、米旅客機にレーザーポインター照射して逮捕される―米華字紙 http://www.focus-asia.com/socioeconomy/photonews/409654/
・航空機にレーザー照射、19歳少年に有罪判決 米裁判所 http://www.cnn.co.jp/usa/35029986.html
・路線バスにレーザー光線、57歳無職男を逮捕 「ベランダから道に発射した」大阪府警 http://www.sankei.com/west/news/160225/wst1602250086-n1.html


同じように強烈な音(電磁波)は人体の感覚器である耳の聴覚を傷めることがあります。

皮膚も熱線(電磁波)や紫外線(電磁波)が強く働くと火傷や水泡が出来てしまいます。

つまり光線や音波という電磁波は、人体の感受性のある器官、受容器に対して度を超すと悪い影響を与える物理的エネルギーなのです。

現段階ではこうした物理的な電磁波が、人体のもっとも敏感な感覚受容体である目や耳、皮膚などに影響するということなのですが、それ以上の身体的精神的に影響はないといえるのかどうかまでは軍事医科学分野の情報に関わるわけで、その詳細は分かりません。

音や光という物理的波動は人体の感覚器官でそれぞれ感知できるわけですが、実はこうした電磁波により過敏に反応する人が少なからずおられます。

その場合も強い電磁波エネルギーがあるから、そこによりはっきりした身体的悪影響が出現しているのだとは一概にはいえないのです。

たとえば実例を上げますと、人によっては蛍光灯の真下だと気分が悪くなるとか、ヒゲ剃り機器を使うと調子が悪いとか、あるいは自動ドアの傍に近づくだけで体がビリビリすると訴えてくる方がおられます。

ここらの反応には個人差、個体差というものがあります。 こうした場合一般には電磁波過敏症だといわれていますが、意外なことにこれは正式な病名ではありません。

電磁波攻撃対策

電磁波過敏症とは、医学事典にも一切記述がない仮の傷病名に過ぎません。 医療機関に行っても電磁波過敏症ということでは保険治療も一切受けられませんし、それに対応するような治療法とてありません。

電磁波過敏症は日本では医科学的な情報は整備されてはいませんし、認知されてもいないのです。

ですので、ここで電磁波攻撃といっても一般社会ではまったく認知されておらず、たとえそのような事態が出来していたとしても現状では加害者が摘発されたり処罰されたといった展開にはならないと思われます。

しかも現代社会では大量の電磁波が充満していますから、仮にそうした嫌がらせの手段がとられたとしてもその電磁波を特定することはまず不可能ということになります。

さらにいえば、一般論として今現在電磁波による身体への障害が認定されていない以上、実際には特定の電磁波で何らかの身体的被害を被ったとする証拠立てが出来ない可能性が非常に高いということになります。

しかしながら巷には個別に電磁波攻撃の被害を受けているとか、電磁波照射用の機器などもネット上には多くの情報として存在しています。

現代社会の世相を反映してそうした悪意を持った嫌がらせ攻撃を想定したり機器類を使用したりということは、当然考えられるわけでまったく無関心ではいられないことになります。

動物が嫌がる超音波(電磁波)を照射して、野良猫やネズミ、ハトを寄せ付けない専用機器も市販されている時代です。

コンビニ店舗前にたむろする若者だけに感じられる高音域の波動を照射して、その場から忌避させる方法もとられています。

人間とて生体に不快感を覚える波動域の電磁波に敏感に反応するのは当然のことではないでしょうか。

実際にネット上で「電磁波攻撃、嫌がらせ」で検索すれば多くの関連情報が出てきます。

ここでいえることは、出来るだけ不必要な電磁波は意識して身体に被曝しなようにして、電磁波環境を出来るだけ少なくする生活空間を造ることが重要だといえます。

それが個人レベルで出来る対応策であり、最良の防御策だと思います。

すでに欧米や中国では暴徒を鎮圧する目的で、非殺傷レベルの電磁波が使われようとしています。

暴徒をその場から速やかに退去させることのできる米軍の新しい非殺傷兵器「アクティブ・ディナイアル・システム(Active Denial System、ADS)」などがすでに登場してきています。

有効射程距離1キロの電磁波照射システムを標的に向かって作動させるもので、照射された暴徒は耐え難い「熱感」を全身に感じることになります。


このように電磁波照射だけで暴徒は簡単に制圧できるのです。


電磁波によるマインドコントロールについて
2012年9月にデンマークにてオープン・マインド・カンファレンスという、環境や健­康や政治などの幅広いテーマについて議論する国際会議が開催された時のDr.Henn­ing Witteによるインタビュー動画





電磁波、電界、BMI、BCI、それに類似する電磁波で人体がコントロールできる

(リンク)マインド・リーディング(思考盗聴)は犯罪だ!
https://www.youtube.com/watch?v=bB-xdFGZSgE


2017.02.03 FRI 08:00
個人の思考を読み取る「脳ハッキング」に成功:米大学実験 ごく短い時間だけ表示されるサブリミナル画像への脳神経反応を調べることで、個人の宗教的信念や政治的傾向などを調べることができるという実験結果が発表された。
ワシントン大学の研究者、タマラ・ボナチは1月31日(米国時間)、セキュリティーカンファレンス「Enigma」で、ある実験について説明した。単純なヴィデオゲームを利用して、一定のテンポで表示されるサブリミナル画像への神経反応を収集できる方法を示したものだ。
TEXT BY DAN GOODIN TRANSLATION BY MINORI YAGURA/GALILEO ARS TECHNICA (US)










jidai03




denden 










カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
健康医学専門ネット書店PM2.5汚染・感染症対策PC電脳特選街HPカネマサ工房



posted by モモちゃん at 15:35| 歴史を先取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

地球規模の大実験がもたらすものとは?!

時空を少しだけいじってみました!

人類種が地球上に現れてから約20万年が経過しているという。

この間に人類の文明は高度に進歩すると、その科学力の暴走によって自ら災禍を招き二度三度と滅亡したらしい。

30年以上以前の若い頃にミステリアスなチャーチワードの古代大陸関連の著書などを手当たり次第に読んだことがあった。

「アトランティス」や「ムー」といわれる太古の大陸である。

しかも海外の情報だけでなく、日本でも出口王仁三郎は大正11年に『霊界物語:第9巻』の中で太古の時代に「太平洋の真中に縦が二千と七百浬(かいり) 、横が三千一百浬の黄泉(よもつ)の島」という巨大な大陸があったとしている。

ここらはミステリアスな情報が符合していて興味深いところである。

それらの大陸の古代文明は非常に高度に発達していたといい、大いに栄華を誇っていたが巨大な自然災害が襲い大陸そのものが一夜にして海底に沈み消滅したとされる。

そのような折、ある別系統の神智学の書物に興味深い記述があった。

チャネリングによる情報として、意外なことに古代の大陸崩壊はいわゆる自然災害などではではなく、人為的に引き起こされてしまったものだとする記述があった。

何でも古代人らは地下に巨大なトンネルを造って、それで何かの大実験を試みていたというのだ。

そうした記述を読んだ時、当時の私にはそれが何のことなのかさっぱり意味不明で半信半疑であった。

地下での大きな実験とは何なんだろう?

何らかの物理学的な実験だとすると、それは未知のエネルギー装置なのか、あるいは地上の重力場を変えるような実験だったのか漠然と興味本位に想像したに過ぎなかった。

空想を膨らませていけば、時空を歪めてみたりしするようなある種のタイムマシン開発の基礎実験だったのかもしれないし、あるいは未知の反物質の生成実験だったのかもしれない。

少なくとも相当な危険性を秘めていた実験だったということになる。

今思うに、その実験とはヨーロッパで現代進められている「超大型粒子加速器」による実験と似たようなものではなかったかと、ふと思い至ったのであった。



超大型粒子加速器でブラックホール製造実験

 







CERNにおける光速衝突実験の危険性とそのあるまじき実態

 








もしもブラックホールが発生したら black hole experiment

 
















jidai03




denden 










カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
健康医学専門ネット書店PM2.5汚染・感染症対策PC電脳特選街HPカネマサ工房

posted by モモちゃん at 15:59| 歴史を先取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

次に来るのは鬼界カルデラか南海トラフか?

鬼界カルデラか南海トラフか?

世界一の地震国日本の歴史は、この地震との度々の遭遇の歴史でもあった。

記録として残されているのは、わずか千数百年分に過ぎない。

有史以前からの大地震と津波によって、九州や本州中央部、さらには東北において、いくつもの文明や王朝が壊滅したという古史伝承の類がある。

日本の地下にはそうした埋没した歴史さえも当然存在するということである。

地震予知は不可能であるということは、物理学者や地震学者が一番よく知っているはずである。

しかしながら巨大地震が発生するであろうことは、その予兆現象を観察集積していけば次第に分かってくるはずである。

現に鬼界カルデラや南海トラフといったマグマ溜まりがあることが分かっている。

これらの巨大さは、まさしくわれわれの想像をはるかに超えたものである。

これらがある限り日本列島は常に崩壊の危機と隣接していることになる。

現代ではこうした自然災害の危険と同時に、原発や巨大ダムといった施設、高層ビル群、高速道といった建造物が大きな被害を受ければ、さらなる崩壊が二重、三重と重なる事態が発生することとなる。

鬼界カルデラか南海トラフといった未曽有の規模の大地震が発生すれば、数千万人単位の被害さえもがすでに想定されている。




“リアルな恐怖”南海トラフ起きたら・・・CG映像公開(16/09/28)












【南海トラフ超巨大地震】内閣府が公開した衝撃のシミュレーションCG(最新版)「そのとき何が起こるのか?」 東北地震を超える可能性。熊本地震や鳥取地震が引き金になるかもしれない。











南海トラフ巨大地震










世界一危険な火山は日本に!カルデラ噴火で日本は崩壊へ進むのか!?《衝撃》















jidai03




denden 










カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
健康医学専門ネット書店PM2.5汚染・感染症対策PC電脳特選街HPカネマサ工房

posted by モモちゃん at 09:22| 歴史を先取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月23日

漫画家手塚治虫が危惧した近未来の様相!

半世紀後、現実になった!

たしか最初に無人偵察機、あるいは空中を飛行する小型の無人攻撃機(武装ロボット)がいきなり攻撃してくるという奇抜な場面に遭遇したのは半世紀前のマンガ雑誌であった。

それは確か手塚治虫の鉄腕アトムが最初であったと思う。

それがどうやら現実のものとなった。

いまや音もなく、はるか上空3000メートルの高度からピンポイントで攻撃を仕掛けてくる無人攻撃機。

それらはGPSや高性能センサー、多機能望遠レンズ、ミサイルを装備している。

さらにこれにがAI(人口知能)ロボットになったら、まさしくかっての漫画そのもの設定になる。








イラク戦争 スナイパーを捕捉して攻撃する無人航空機

 







[軍事]無人攻撃機 MQ-1 プレデター MQ-9 リーパー

 







PREDATOR C "Avenger" UAV











jidai03




denden 










TOP カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
健康医学専門ネット書店PM2.5汚染・感染症対策PC電脳特選街HPカネマサ工房






posted by モモちゃん at 09:20| 歴史を先取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月22日

新兵器UFOと戦闘機の編隊飛行を観る!

ついに新兵器UFOも実戦配備か?

世界の戦闘地域や激しい戦場では、頻繁にUFOに遭遇するといわれてきた。

たしかにベトナム戦争当時もそうであった。

空中を飛行している様子は、戦闘機や攻撃ヘリコプターでもないようだ。

空中に静止しているかとみえて、反転して飛び去る様子では素早い動きを見せる。

UFOはいわゆる新兵器なのかもしないのであるが、通常の戦闘機とも並んで飛行したりしてある種の極秘のテスト飛行をやっているようにも見える。





UFO escorted by Jet Fighters over US military base in TURKEY !!! June 2016










Amazing Footage shows UFOs flying over people in SOUTH AFRICA !!! May 2016










UFO escorted by Air Force Fighters











jidai03




denden 










TOP カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
健康医学専門ネット書店PM2.5汚染・感染症対策PC電脳特選街HPカネマサ工房






タグ:テスト飛行
posted by モモちゃん at 09:24| 歴史を先取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月15日

第二次月面古代遺跡調査隊を今回再編成しました?!

月面古代遺跡探検隊に参加しませんか?!

月面や火星表面にはいくつもの建造物や遺物があるのだという。

公表された写真やデータは修整加工されているともいう。

さらには観測データや画像の大半は隠蔽されたまま、公開されていないとも言う。

P01-Explorers-Wanted-NASA-Recruitment-Poster-600x-1



とにかくそうした秘密のベールに包まれた天体の裏の事情を考えながらこっそり覗いてみると、たしかにそれらしく見えて面白い。

宇宙空間はとてつもなく広くて深い。

だからこそ、そこには窺い知れない謎が隠されている。


NASAでは、勇敢な探検隊員をいまでも募集しているらしい。














月面で撮影された建造物らしき画像集










月面都市の映像集/ Lunar cities video

  







火星にある建造物・UFO基地 写真詰め合わせ

 








月・火星政府の建造物( 3 )---92 Ngo未来大学院=NFS=NGO FUTURE SCHOOL

 








月面に知的生命体の物体と掘削された跡を発見

 

















jidai03




denden 










TOP カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
健康医学専門ネット書店PM2.5汚染・感染症対策PC電脳特選街HPカネマサ工房

タグ:探検隊
posted by モモちゃん at 08:54| 歴史を先取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月27日

生活防衛術としての電磁波対策を考える

本当に、嫌がらせ・悪意のある電磁波攻撃に対応策はあるのか!?

いきなり「電磁波攻撃」というと何だかSFの世界のことのように思われがちですが、戦前日本でも電磁波エネルギーによる殺人光線兵器の開発が密かにが試みられていました。


当時の技術力では実現は出来なかったのですが、鶏が殺傷できる程度の初歩的なレベルに過ぎずその原理は電子レンジに似たような仕組みだったようです。


そうした電磁波の存在が現実に具体性を帯びてきたのは、かっての米ソの冷戦時代にモスクワの米国大使館が密かに電磁波攻撃を受けていたという海外情報に接したときでした。

それは外交上の見えない嫌がらせ、陰湿な攻撃として出てきたもので、大使館職員の体調不良が続いたことで調査されて発覚したといいます。


これにはとても驚いた記憶があります。 このときはただ単純に、電磁波を使って何らかの嫌がらせや身体攻撃が出来るということにまず驚いたというわけです。


【電磁波の種類】
[低周波 → → → → → → → → → → → → → → → →高周波]

超長波 長波 中波 短波 マイクロ波 ミリ波 赤外線 可視光線  紫外線 X線 ガンマ線
[→・・ ・・・・・電波」・・・・・・・・← →・・・・・・・・「光」・・・・・ ←  → ・・「放射線」・・←]


光や電波、音波、放射線は物理学でいえばすべて電磁波であって、電磁場を伝わる波動の振動数によっては放射線のように生命を脅かすような高エネルギーの電磁波も存在することになります。


しかもその電磁波エネルギーの種類によっては目に見えませんから、たとえ被曝してもまったく気付かないわけです。


医療用に使われるマイクロウェーブ治療器などですと、体の深部まで電磁波が浸透して細胞が振動するのである種の温かみを感じます。


調理に使われる電子レンジは高出力で食品を短時間で温めることが可能ですし、温めるということでは原理は同じです。


人体内や食品などに含まれている水分子が、電磁波照射されることによって激しく振動し摩擦熱が発生するというものです。


現在では工業用のレーザー加工機や医療用のレーザー、さらに欧米ではすでに本格的なレーザー兵器などが開発されていますが、これらは物理的に光(電磁波エネルギー)を増幅し収束させて周波数を一定に保ちながら指向性を高めたものです。


これらはある程度振動エネルギーが高い波動が使われているのですが、一般には同じ原理でレーザーポインターなどが市販されています。

商品としては安全基準に適応した物が売られているのですが、それでも使用する際にはいくつかの注意点が挙げられています。

使用説明書には、

・レーザーポインターを人体に向けては照射しないこと。
・本来の目的外の用途では使用しないこと。
・鏡やガラス等の正反射するものに向けて照射しないこと。
・レーザー光線は直接目に入ると網膜に障害を起こす危険性があるので、レーザー光線を絶対に直視したりのぞいたりしないこと。
・レーザー光線は性質上かなり遠くまで光の出力が減衰せずに直進し到達するので屋外では使用しないこと。
・レーザー光線が目に入った場合は、直ちに専門医の診察を受けること。
・レーザーポインターを子どもに使わせないこと。
といった項目があります。

ご存知のようにレーザーポインターの光線はとても指向性の強い光線です。

最近ニュースにもなりましたが、はるか上空を飛行する航空機のパロットの目にまで届くような指向性があるのです。

低出力のレーザーポインターでさえも使い方によっては、人体の感覚器である目に障害を与える危険性があるということなのです。

同じように強烈な音(電磁波)は人体の感覚器である耳の聴覚を傷めることがあります。

皮膚も赤外線(電磁波)や紫外線(電磁波)が強く働くと皮膚面に火傷や水泡が出来てしまいます。

つまり光線や音波という電磁波は、人体の感受性のある器官、受容器に対して度を超すと悪い影響を与える物理的エネルギーなのです。


現段階ではこうした物理的な電磁波が、人体のもっとも敏感な感覚受容体である目や耳、皮膚などに影響するということなのですが、それ以上の身体的精神的に影響はないといえるのかどうかまでは分かりません。

これらはいわゆる軍事医科学分野の情報になります。


音や光という物理的波動は人体の感覚器官でそれぞれ感知できるわけですが、実はこうした電磁波により過敏に反応する人が少なからずおられます。

その場合も強い電磁波エネルギーがあるから、そこによりはっきりした身体的悪影響が出現しているのだとは一概にはいえないのです。

たとえば人によっては蛍光灯の真下だと気分が悪くなるとか、ヒゲ剃り機器を使うと調子が悪いとか、あるいは自動ドアの傍に近づくだけで体がビリビリすると訴えてくる方がおられます。

ここらの反応には個人差、個体差というものがあるからです。
こうした場合一般には電磁波過敏症だといわれていますが、意外なことにこれは正式な病名ではありません。

電磁波過敏症とは、医学事典にも一切記述がない仮の傷病名に過ぎません。 医療機関に行っても電磁波過敏症ということでは保険治療も一切受けられませんし、それに対応するような治療法とてないのです。

当然、電磁波過敏症そのものは日本では医科学的に認知されてはいないのです。

ですので、ここで電磁波攻撃といっても一般社会ではまったく認知されていませんので、たとえそのような事態が実際に出来していたとしても現状では加害者が摘発されたり処罰されたといった展開にはならないと思われます。

現代社会では日常的に大量の電磁波が充満していますから、仮にそうした嫌がらせの手段がとられたとしてもその電磁波を特定することはまず不可能ということになります。

さらにいえば、一般論として今現在電磁波による身体への障害が認定されていない以上、実際には特定の電磁波で何らかの身体的被害を被ったとする証拠立てが出来ない可能性が非常に高いということになります。

医科学的に証拠立てられない以上、法的規制も処罰のしようがありません。

まさに野放しの状況ともいえます。

しかしながら巷には個別に電磁波攻撃の被害を受けているとか、電磁波照射用の機器なども実際にネット上には多くの情報として存在しています。

その被害者は、たいていが個人であったり弱い立場の人たちが対象になり易いようです。

たとえば容易に立ち退かない住民に対して、外部から分からないように電磁波照射で嫌がらせ攻撃して引っ越しを余儀なくさせる。

そうした特定個人に対して嫌がらせ、ストーカー攻撃で電磁波照射をするといったケースです。

市販の動物忌避用機器でも攻撃はできますし、指向性や出力機能を増幅させることも可能なわけです。

盗聴器同様ネット上ではいろいろと類似品が市販されてもいます。

現代社会の世相を反映してそうした悪意を持った嫌がらせ攻撃を想定したり機器類を使用したりということは、当然考えられるわけでまったく無関心ではいられないことになります。

ここでいえることは、出来るだけ不必要な電磁波は意識して身体に被曝しなようにして、電磁波環境を出来るだけ少なくする生活空間を造ることが重要だと考えます。

それが個人レベルで出来る対応策であり、最良の防御策だと思います。


すでに現在では暴徒を鎮圧するシステムも欧米や中国では非殺傷レベルの電磁波が使われようとしています。

暴徒をその場から速やかに退去させることのできる米軍の新しい非殺傷兵器「アクティブ・ディナイアル・システム(Active Denial System、ADS)」などがすでに登場してきています。


有効射程距離1キロの電磁波照射システムを標的に向かって作動させるもので、照射された暴徒は耐え難い「熱感や痛み、不快感」を全身に感じることになります。



このように電磁波照射だけで暴徒は簡単に制圧できるのです。



環境改善アイテム電磁盤は、どんな場合に活用できるのか?


「中和装置電磁盤」は、 1個づつの手造り製品で大量生産品ではありません。外観も黒いゴム面で被覆されていて、見た目には決してかっこよくはありません。でもすごい機能を秘めています。(※電磁波過敏症の症状の不安のある方、すでに過敏症や不眠で苦痛のある方にご利用いただくことを主対象といたしております)



室内のパソコンや身近な電気製品、タップからの過剰な電磁波、電磁誘導が気になる方 日常生活レベルでの「電磁波過敏症の症状」、「電磁波ハザード」「原因が特定されないアトピー症状」で困っておられる方 店舗入り口の自動ドアの電磁波や照明器具の電磁波に不快感を感じて困っておられる方 パソコン操作中の不快な頭痛やもやもや感、肩凝り、首のこわばりや痛み、しびれ、まぶたの腫れ、目の疲れ、耳鳴り、慢性的な不眠症が気になる方車を長時間運転すると、目の周りが腫れたり顔がむくんでしまう方老年期でもないのに白内障傾向が指摘されている方 自動車運転中や通勤電車内で頭痛や肩・首筋の引きつるような筋肉痛や不快感、吐き気、めまい、疲労感に悩まされる方 自宅周辺もしくは隣接する工場、電柱トランス、送電線・変電所施設からの電磁波が気になる方 マンションなど壁越しに隣接する部屋からの変動電磁波が気になる方外部からの悪質な電磁波照射にさらされている方



店内設置の盗難防止装置の電磁波レーダーに不快感を感じる方 電磁波調理器具、ガス器具点火プラグの電磁波や静電気による皮膚のピリピリ感や掻痒感(カユミ)、目の不快感が気になる方 携帯電話やテレビゲームを頻繁に使用していて心配な方 職場でのレジスター、事務機器、モーター類の周辺でのもやもやした不快感を解消したい方 ドライブ中のペットの車酔いを解消したい方 寝室や居室内のジオパシック・ストレス(住居環境・風水)を改善したい方 その他、原因が特定できない頭痛や疲労感、慢性的不眠症、皮膚のほてりや痒みに悩まされる方強い電磁波をあびるとめまいや、ふらつき、発作などが頻発される方


「でんじ・ばん」のさらに詳しい使用方法につきましては、 「中和装置電磁盤」を使用されているお客様の声 をご覧ください。


これ以外にも苦痛を伴う電磁波障害の症状自体は多種多様ありますが、効果的な対処法は電磁盤による防御法を検討されることです。

当初より
電磁波過敏症の症状の不安のある方、すでに過敏症で苦痛や障害のある方にご利用いただくことを主対象といたしております。

電磁波過敏症等の症状が 発現していないいわゆる健常者の方には、本器具による直接の効果は何ら自覚いただけないと存じます。

ちょうどメガネなどの補助具が日常の生活にどうしても必要な場合とそうでない場合とがあるのと同様です。

本体が光ったり、振動したりして警報を発するものでもありませんので、何の情報もなく手にされただけでは、 いわゆる(なんじゃ、こりゃ?)ということになります。
(ただし電磁波被曝防止効果ということでは、 健常者にもそのまま健康器具としてご利用いただけます)

これまでにも、当方の中和装置電磁盤をご使用いただき電磁波の悪影響から開放された事例が実際に幾例もあります。

当初は半信半疑でお使いになった結果、いままでの日常的な不快感から開放されたとして大変喜ばれております。

できましたら始めに1個だけ購入していただき、中和装置電磁盤の実際の防御効果を確認して十分に納得いただく手順をお勧めいたします。

中和装置磁盤電はすべて手造り製品で通常の装飾品や量産品ではありませんので一般には市販はされていません。

少数の、それも必要とされる方だけに使っていただければというポリシーのこだわりの製品です。

炭素成分を 多く含んだ黒いゴム面で被覆しており決して見栄えのよい外観ではありませが、 機能構造上のどうしても換えがたくありますのでこの点は何卒ご了承ください。

また手作りの製品ということで在庫が少なく、一度にたくさんのご注文には対応できない場合があります。



電磁盤使用時の注意事項
★「中和装置電磁盤」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップや電気店の盗難防止システムのセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し有害電波の波形を変換してしまいます。
電磁波過敏症
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時に店内の警報機が作動してしまう場合があります。
店内持ち込みによる警報機誤作動トラブルには十分ご注意下さい。

★「中和装置電磁盤」は、治療器具ではありません。電磁波被曝対策器具です。


「でんじ・ばん」を被覆するゴムの臭いが気になる場合は、本体をラップ類で包んでいただければ機能に支障なく使っていただけます。




「でんじ・ばん」の効果について、最初にお伝えしたいこと

当初はいろいろな苦痛を訴えてこられますが、「でんじ・ばん」を身近にセットしていただきますと、多くの場合それまでの不快感がそれこそ嘘のように払拭されてしまうことがあります。

使っていただいた皆様は、効果を確認されると一様に「不思議だ!」とおっしゃいます。


電磁波中和放電装置・電磁波過敏症対策 いままでの苦痛は一体何だったのだろうという感じで、あらためて戸惑われる方もおられます。

電磁波過敏症の症状の苦痛自体は錯覚ではありません。そのおぞましい感覚が取り除かれるまでは、それこそ通常の生活がおくれないほどに苦しまれるのです。

電磁波による過敏症や不快感に苦しまれている場合でも、それらの症状がずっと継続して続くものではありません。

適切に対応すれば不快感は軽減していきますし、健康な日常の生活がおくれる状態にもどることができます。

中には過敏症のために不自由な生活を強いられたり、お仕事まで制限されるまで追い込まれるというようなきびしい状況に置かれている方も少なくありません。

電気を一切使わない生活、あるいはわざわざ田舎に住居を変えてしまわれるなど、それまでの生活環境をすべて変えざるを得なくなるケースさえあるのです。
しかし一旦それらの苦痛から開放されると、狐につままれたような感覚を覚えられるのです。

それまでの苦痛が強ければ強いほど、そうした不思議な感覚に包まれます。
原因となる電磁波が目に見えないだけに、それは自然な反応なのです。



















denden 














TOP カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
時代小説ネット書店健康医学専門ネット書店PM2.5汚染・感染症対策PC電脳特選街HPカネマサ工房

タグ:有害電磁波
posted by モモちゃん at 06:00| 歴史を先取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月13日

電磁波マインドリーディングの恐怖が迫る!?

嫌がらせ・悪意のある電磁波攻撃に対応策はあるのか


電磁波攻撃って、何のこと?

いきなり「電磁波攻撃」というと何だかSFの世界のことのように思われがちですが、戦前日本でも電磁波兵器の開発が試みられていました。


当時の技術力では兵器の完成までには至らなかったのですが、初歩的な原理は電子レンジに似たような発想だったようです。


その存在が現実に具体性を帯びてきたのは、かっての米ソの冷戦時代にモスクワの米国大使館が密かに電磁波攻撃を受けていたという海外情報に接したときでした。

外交上の見えない嫌がらせ、陰湿な攻撃として出てきたもので、大使館職員の体調不良が続いたことで調査されて発覚したといいます。


これにはとても驚いた記憶があります。 このときはただ単純に、電磁波を使って何らかの嫌がらせや身体攻撃が出来るということにまず驚いたというわけです。




マイクロ波で脳内に音を発生させる兵器『MEDUSA』:「サブリミナルメッセージも」(「テレパシー光線銃」)


「新しいタイプの人権侵害と暴力」Finland首席医務官Kilde医学博士の論文
Microchip Implants, Mind Control, and Cybernetics

【電磁波の種類】

[低周波 → → → → → → → → → → → → → 高周波]

超長波 長波 中波 短波 マイクロ波 ミリ波 赤外線 可視光線  紫外線 X線 ガンマ線
[→・・ 電波」・・← →・・「光」・・ ←  → ・・「放射線」・・←]


光や電波、音波、放射線は物理学でいえばすべて電磁波であって、電磁場を伝わる波動の振動数によっては放射線のように生命を脅かすような高エネルギーの電磁波も存在することになります。


しかもその電磁波の種類によっては目に見えませんから、たとえ被曝してもまったく気付かないわけです。

医療用に使われるマイクロウェーブ治療器などですと、体の深部まで電磁波が浸透して細胞が振動するのである種の温かみを感じます。


調理に使われる電子レンジは高出力で食品を短時間で温めることが可能ですし、温めるということでは原理は同じです。

人体内や食品などに含まれている水分子が、電磁波照射されることによって激しく振動し熱が発生するというものです。


現在では工業用のレーザー加工機や医療用のレーザー、さらに欧米ではすでに本格的なレーザー兵器などが開発されていますが、これらは物理的に光(電磁波エネルギー)を増幅し収束させて周波数を一定に保ちながら指向性を高めたものです。

これらはある程度振動エネルギーが高い波動が使われているのですが、一般には同じ原理でレーザーポインターなどが市販されています。


商品としては安全基準に適応した物が売られているのですが、それでも使用する際にはいくつかの注意点が挙げられています。


それには、
・レーザーポインターを人体に向けては照射しないこと。
・本来の目的外の用途では使用しないこと。
・鏡やガラス等の正反射するものに向けて照射しないこと。
・レーザー光線は直接目に入ると網膜に障害を起こす危険性があるので、レーザー光線を絶対に直視したりのぞいたりしないこと。
・レーザー光線は性質上かなり遠くまで光の出力が減衰せずに直進し到達するので屋外では使用しないこと。
・レーザー光線が目に入った場合は、直ちに専門医の診察を受けること。
・レーザーポインターを子どもに使わせないこと。

といった項目があります。

ご存知のようにレーザーポインターの光線はとても指向性の強い光線です。

最近ニュースにもなりましたが、はるか上空を飛行する航空機のパロットの目にまで届くような指向性があるのです。


低出力のレーザーポインターでさえも使い方によっては、人体の感覚器である目に障害を与える危険性があるということなのです。


「参考資料」(電磁波照射事件ニュース)
・中国人留学生、米旅客機にレーザーポインター照射して逮捕される―米華字紙 http://www.focus-asia.com/socioeconomy/photonews/409654/
・航空機にレーザー照射、19歳少年に有罪判決 米裁判所 http://www.cnn.co.jp/usa/35029986.html
・路線バスにレーザー光線、57歳無職男を逮捕 「ベランダから道に発射した」大阪府警 http://www.sankei.com/west/news/160225/wst1602250086-n1.html


同じように強烈な音(電磁波)は人体の感覚器である耳の聴覚を傷めることがあります。

皮膚も熱線(電磁波)や紫外線(電磁波)が強く働くと火傷や水泡が出来てしまいます。


つまり光線や音波という電磁波は、人体の感受性のある器官、受容器に対して度を超すと悪い影響を与える物理的エネルギーなのです。


現段階ではこうした物理的な電磁波が、人体のもっとも敏感な感覚受容体である目や耳、皮膚などに影響するということなのですが、それ以上の身体的精神的に影響はないといえるのかどうかまでは軍事医科学分野の情報に関わるわけで、その詳細は分かりません。


音や光という物理的波動は人体の感覚器官でそれぞれ感知できるわけですが、実はこうした電磁波により過敏に反応する人が少なからずおられます。

その場合も強い電磁波エネルギーがあるから、そこによりはっきりした身体的悪影響が出現しているのだとは一概にはいえないのです。


たとえば実例を上げますと、人によっては蛍光灯の真下だと気分が悪くなるとか、ヒゲ剃り機器を使うと調子が悪いとか、あるいは自動ドアの傍に近づくだけで体がビリビリすると訴えてくる方がおられます。


ここらの反応には個人差、個体差というものがあります。 こうした場合一般には電磁波過敏症だといわれていますが、意外なことにこれは正式な病名ではありません。

電磁波過敏症とは、医学事典にも一切記述がない仮の傷病名に過ぎません。 医療機関に行っても電磁波過敏症ということでは保険治療も一切受けられませんし、それに対応するような治療法とてありません。


電磁波過敏症は日本では医科学的な情報は整備されてはいませんし、認知されてもいないのです。

ですので、ここで電磁波攻撃といっても一般社会ではまったく認知されておらず、たとえそのような事態が出来していたとしても現状では加害者が摘発されたり処罰されたといった展開にはならないと思われます。


しかも現代社会では大量の電磁波が充満していますから、仮にそうした嫌がらせの手段がとられたとしてもその電磁波を特定することはまず不可能ということになります。


さらにいえば、一般論として今現在電磁波による身体への障害が認定されていない以上、実際には特定の電磁波で何らかの身体的被害を被ったとする証拠立てが出来ない可能性が非常に高いということになります。


しかしながら巷には個別に電磁波攻撃の被害を受けているとか、電磁波照射用の機器などもネット上には多くの情報として存在しています。

現代社会の世相を反映してそうした悪意を持った嫌がらせ攻撃を想定したり機器類を使用したりということは、当然考えられるわけでまったく無関心ではいられないことになります。


動物が嫌がる超音波(電磁波)を照射して、野良猫やネズミ、ハトを寄せ付けない専用機器も市販されている時代です。

コンビニ店舗前にたむろする若者だけに感じられる高音域の波動を照射して、その場から忌避させる方法もとられています。


人間とて生体に不快感を覚える波動域の電磁波に敏感に反応するのは当然のことではないでしょうか。

実際にネット上で「電磁波攻撃、嫌がらせ」で検索すれば多くの関連情報が出てきます。


ここでいえることは、出来るだけ不必要な電磁波は意識して身体に被曝しなようにして、電磁波環境を出来るだけ少なくする生活空間を造ることが重要だといえます。

それが個人レベルで出来る対応策であり、最良の防御策だと思います。


すでに欧米や中国では暴徒を鎮圧する目的で、非殺傷レベルの電磁波が使われようとしています。

暴徒をその場から速やかに退去させることのできる米軍の新しい非殺傷兵器「アクティブ・ディナイアル・システム(Active Denial System、ADS)」などがすでに登場してきています。


有効射程距離1キロの電磁波照射システムを標的に向かって作動させるもので、照射された暴徒は耐え難い「熱感」を全身に感じることになります。








このように電磁波照射だけで暴徒は簡単に制圧できるのです。


電磁波によるマインドコントロールについて
2012年9月にデンマークにてオープン・マインド・カンファレンスという、環境や健­康や政治などの幅広いテーマについて議論する国際会議が開催された時のDr.Henn­ing Witteによるインタビュー動画







電磁波、電界、BMI、BCI、それに類似する電磁波で人体がコントロールできる








マインド・リーディング(思考盗聴)は犯罪だ!
 https://www.youtube.com/watch?v=bB-xdFGZSgE















denden 








hal2







hals_minne002









TOP カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
時代小説ネット書店健康医学専門ネット書店PM2.5汚染・感染症対策PC電脳特選街HPカネマサ工房

posted by モモちゃん at 09:17| 歴史を先取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月06日

いずれ尖閣列島は中国が占有する!?

平和大国日本でのお昼寝が最高!

共産党の藤野保史政策委員長が26日に出演したNHK番組で、防衛費について「人を殺すための予算」と発言したことについて、藤野氏は番組終了後、発言を「不適切」として取り消すコメントを出した。(産経新聞)


「多くの中国人は、日本がどれだけ平和になったのかを知らない」 ハーバード大学名誉教授 エズラ・ヴォーゲル


Trouble In Paradise

 






何の変テクもないアニメ動画。

カニの姿を日本人に置き換えるとどことなく共感できる。

見方を変えると島国日本に暮らす平和そのものの日本人に見えてくる。

頭上から突然降ってくるヤシの実とは何だろうか?

消費税アップか?

台風地震災害か?

はたまた原発問題か?

それとも北朝鮮ミサイル発射か?

予想される少子化、人口減問題か?

いやいや、悪化する財政問題か?



まあ、さしあたって心配することはないということか。

それにしても島国日本は、本当に平和でパラダイスなのか?



















denden 








hal2







hals_minne002









TOP カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
時代小説ネット書店健康医学専門ネット書店PM2.5汚染・感染症対策PC電脳特選街HPカネマサ工房

タグ:平和大国
posted by モモちゃん at 15:18| 歴史を先取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする