2020年11月18日

国債紛争地に持ち込まれる軍用電子機器とは何か

いま話題の軍用電子機器とは何か?

目には見えない電磁波被曝の危険性とは?!

現代日本のストレス社会に持ち込まれている電磁波音波攻撃の脅威とは?!
もし実際にあなたがマイクロ波攻撃の標的にされたらどうしますか?
すでに海外からベトロニクス(軍用電子機器)として開発された機器類と似た仕様の物が日本国内で出回っているという話もあります。非殺傷のものでも悪用されたら大変な事です。

15分でインド軍全員が嘔吐…銃撃せず勝利した中国の秘密兵器 2020/11/17
中国がインドとの国境紛争でマイクロ波(極超短波)攻撃をしたと、香港明報と米華字メディア多維が16日、中国人民大国際関係学院副院長の金燦栄教授の言葉を引用して一斉に報じた。


中国が「電磁プラズマ砲」を開発中と主張している
https://aviation-space-business.blogspot.com/2020/11/blog-post_18.html#!/2020/11/blog-post_18.html


日航機にレーザー照射か、成田 昨年11月、着陸前 2020/10/3


「5Gは健康に害」科学者235人が本気警告! がん、遺伝子、生殖器、神経損壊… 人間の毛穴が“アンテナ”になる結果も! 2019.06.01.


中国の音響兵器で米外交官攻撃 ビル・ガーツ  2019/3/24p>


ロシアの新兵器は、敵の視力を奪い嘔吐させる
Russian Weapon Makes Enemy Hallucinate, Vomit 2019年2月5日

アメリカの国立環境衛生科学研究所のNTP(米国国家毒性プログラム)の最終報告、心臓の腫瘍、マイクロ波と癌の関係は明白と結論 2018年11月05日



中国、キューバの米外交官に異変…脳を襲う「マイクロ波」攻撃の恐怖
衝撃のニュースは、米紙ニューヨーク・タイムズなどが報じた。同紙は1日、外交官の脳損傷について「マイクロ波が原因と思われる」という、ペンシルベニア大学・脳損傷治療センターのダグラス・スミス所長の見解を報じた。米紙報道 2018/9/12


 キューバで音響攻撃を受けたとする米外交官ら、「捉えどころのない」脳内損傷 か 2018年2月16日 18:57 発信地:マイアミ/米国 [ 北米, 米国 ]  21人のうちの18人が「自宅やホテルの部屋内で、聴いたこともない、局所的な音が発症時に聞こえた」と報告している。その音は「指向性があり、極度に大きく、単音で持続的な音調」と説明されており、患者の大半はその音を高音だったとしているが、2人だけは低音だったとしている。

在中国の米政府職員、「異常な」音聞き脳損傷 大使館が注意呼びかけ 【AFP=時事】在中国の米国大使館は23日、中国に駐在する米政府職員1人が「異常な」音を聞いて軽度の外傷性脳損傷(MTBI)を受けたとして、健康状態について注意するよう呼び掛けた。2018/5/23

Newsweek (ニューズウィーク日本版) 2017年 12/26号 [静かな戦争]

2017年12月19日ニューズウィーク
音の兵器は70カ国超で既に実用、ナチスの「音波砲」も現実に?
Using Sound to Attack
キューバの首都ハバナにある米大使館の職員らが相次いで体調不良を訴えたのは、米大統領選が行われた16年11月。原因不明の難聴、頭痛、鼻血、めまい、耳鳴りなどの症状はその後も続き、カナダ大使館の外交官も同じような症状を訴えた。



米国大使館電磁波被曝事件・在キューバ大使館員、大部分撤収=米、「音波攻撃」で措置(2017/9/30)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017093000013&g=int

【ワシントン時事】米国務省は29日、キューバ駐在の米外交官らが「音波を使った攻撃」で健康被害を受けたとみられる問題で、在キューバ大使館員の半数以上を削減することを明らかにした。職員の家族全員の帰国も命じた。



キューバでナゾの「音響兵器」が米外交官を襲った 脳損傷、聴覚障害、吐き気(2017/9/14)
http://www.sankei.com/premium/news/170914/prm1709140005-n1.html

キューバの首都ハバナの米大使館などで、聴覚障害や吐き気、頭痛を訴える外交官が相次いでいる。調査した米政府は「高度な音響装置」による攻撃だと結論付けたものの、装置がどのようなものかが分かっておらず、犯人像や目的についても明らかになっていない。米メディアが「謎の事件」、「謎の兵器」などと報じる事案は、謎が謎を呼ぶ展開となっている。

(以上転載)


Dangerous Sound? (ハバナで被害の原因になった音源が公開されている!?)




ハバナ米大使館へのマイクロ波攻撃は米国の逆鱗に触れた!

ここでの表現は「音波攻撃」とされているが、実際は「電磁波(マイクロ波)攻撃」と表現すべきところである。
耳で感知出来ない音波もマイクロ波も物理学的には同じ電磁波の範疇に入るのだから。

人体頭部、それも堅い頭蓋骨に包まれた脳にまで損傷を与えたというのであれば、こうしたレベルの音波(電磁波)が本当の原因であったのかどうかは不明である。

報道としてそこには意図的にニュアンスを弱めているわけだが、健康被害を受けたとされる米国からみればここはいささか痛し痒しのところであろう。

「電磁波(マイクロ波)攻撃」といえば前世紀の米ソ冷戦時代には両国間ではそうした外交上の摩擦があって、同様の深刻な健康被害を大使館員が受けていたのだから何やらかっての歴史が繰り返されている感じがしないでもない。
それもナチスドイツの大がかりな音波砲を持ち出すまでもないのだ。

ここで「電磁波(マイクロ波)攻撃」などというと、さもハイテクの最先端のテクノロジーがかかわっているのだろうと考えがちであるが、意外にも前世紀のローテクが使われているのである。

それは本来ちょっとした音波発信器や磁電管(マグネトロン)、スピーカーの類いでしかないわけで、それらは簡単に手に入る市販の電子部品や機材でも十分に間に合う代物である。それこそ最新のコンパクトなデジタルオーディオパワーアンプと制御する専用ソフトが揃えば手軽にシステム化できる。

マイクロ波の危険性 法の外にいる御用学者達





もとより旧式のナチスの「音波砲攻撃」については十分な情報を持っている軍事大国が特別騒ぎ立てることもないだろうが、今回は防御に関しては後手に回っているのは皮肉な展開といえよう。
今回の事件はありふれた民間企業のオフィスで発生した事件ではなく、れっきとした政府機関である米国大使館で起こったものである。はじめから計画的に狙われていたとみるべきであろう。

この事件では少なくとも21人の大使館員が2017年後半から2018年8月にかけて、難聴や睡眠障害、めまいなどの健康被害を訴えて、さらには重傷の者は入院加療中であるとのニュースであるのだが、実際には被害自体は相当深刻らしく職員らが復帰出来るのかどうかも現在も不明らしい。

しかも米国側はキューバ政府と協力し捜査を継続しているものの、誰が攻撃を行ったか、どのような機器が使用されたのかもその詳細な実態は不明のままだとされている。
何らかの外交上の嫌がらせか報復行為といったところであろう。

直後の報道によると米政府はこの事件を重要視していて、すでに現地に2000名もの専門要員を派遣して広範囲にわたって科学的調査を展開していたようだが、まったく痕跡や事件の手掛かりは何ら得られていないというのも不可解である。

電磁波過敏対策 「音波攻撃」だろうが「電磁波(マイクロ波)攻撃」であろうが、すべて同じ物理的な電磁波の波動エネルギーが悪用されたのであり、それは目にも見えないし匂いもしないので人に気付かれることはないし、いつどこから誰が仕掛けたのかも皆目判らない。

しかも離れた場所からコンパクトな専用機器で照射攻撃されているのであれば、いよいよ実態の解明は困難になってくる。
むしろ相手はそうした陰湿な攻撃が可能だから仕掛けてきたというべきであろう。

しかし被害そのものは深刻だ。単なる頭痛や吐き気、めまいだけでは済まない状況にある。
電磁波が照射されている間に次第に職員の間には仕事中に集中力がなくなり、頻繁にイライラしたり情緒も不安定になる人が出てくる。

そうした攻撃が一定期間集中的に行われたのであれば症状も継続し、いずれ自律神経にも異常が現れてくることになる。
不眠症も深刻になり、精神的にもダメージを受け続ければ統合失調症状態で出勤出来なくなったり、日々の大使館業務もままならぬ状況になってくる。
それが数人ではなくて、20人以上ともなれば状況は深刻といわざるを得ない。

同事件についての米CNNテレビ(2017/8/20 電子版)によると、謎の攻撃が始まったのは昨年11月中旬からだというから一年近く攻撃が継続していたことになる。
それ以来10人以上の米外交官と、その家族が治療を受け、そのうち外交官2人は難聴など長期治療が必要な症状だったといい、2017年6月にはカナダ外交官5人とその家族も同様の症状を訴えるに至ったという。

米CBSテレビ(2017/8/23 電子版)は、被害を受けた外交官らの診療記録を入手したとしてそれらの症状を詳細に伝えている。
そこでは難聴、吐き気、頭痛、平衡障害が主に訴えられており、中には軽度の脳損傷や中枢神経の損傷が見られるとのことである。
当然発症後に入院状態のままの患者がいるということである。

診断した医師の一人は、現状からみて将来にわたって健康上のリスクが現われる危険性があると指摘したということであるから被害自体は相当に深刻といわざるを得ない。

しかもそうした職員が一人や二人ではなく、二十人以上もの職員が日常業務から離れるとなれば米国政府もこのまま放置しておくことは出来ないだろう。

しかしながらこうした大使館員の健康被害を受けて米国政府が2000名もの専門要員を派遣したということには、いかにも大仰なことではないのか。
これにはどういう背景があるのか、いささか気になるところである。
要するに今回の事件の実態というのは、やはり軍事行動同様の規模で2000名もの特殊部隊を派遣するほどの深刻な被害そのものが実際に発生していたということである。

結局のところ大使館職員の被害状況は、これまで公表されている以上のものがあったとみるべきであろう。
端的に表現するならば、被害を受けた職員は職場復帰出来ないほどの深刻なダメージを受けていたということになる。

彼らは難聴、吐き気、頭痛、平衡障害が主に訴えられており、中には軽度の脳損傷や中枢神経の損傷が見られるということであれば、これらが回復しない限り元の仕事に復帰することはできないことになる。
その深刻度が2000名もの特殊部隊を派遣するきっかけであり、本当の理由であった。

一部では今回の事件は自然現象(コオロギの啼き音)が偶然重なって起きたものではないかという珍説も出されていたのだが、よりによって米国大使館だけがそうした深刻な被害に遭遇するというのも余りにもおかし過ぎる話ではあろう。

それどころか、実際に欧米には電磁波による身体ハザード(障害)の医科学論文はたくさんあるわけだから、これらの医学情報を悪用して意図的に電磁波被曝を行えばそうした被害が出てくるのは当然のことである。

さらには秘密裏に軍事転用された機器(ベトロニクス・軍用電子機器)の使用も疑われることになる。
そうなるとすでに同様の機器や電磁波照射による群衆鎮圧システム「ADS」を持っている米国からすれば、今回の事件そのものはやはり痛し痒しと表現すべきところであるに違いない。

マイクロ波攻撃が密かに仕掛けられたこと自体は米政府も確認しているはずであるが、問題は実際にそうした目的に使用されたであろう実行可能なシステム機器を現場近くに持ち込み、こうした狙い撃ち同然のマイクロ波攻撃が秘密裏になされたこと自体が脅威であるとみられているはずである。

とにかくそうした痕跡が何も発見されてはいないのであるから、米国政府は地団駄踏む状況ではあろう。

電磁波による攻撃やその人体への影響は軍事医科学の専門家には十分な知識はあるだけに、その実際の照射システムそのものにはそれなりに見当は付くはずである。ただしそれが今回発見されなかっただけのことである。

その音源(電磁波)が単一のものか、あるいは複数の照射による物理的な浸透力の強い干渉波エネルギーが使われたのかどうかの事実関係も問われてくるわけで、今後調査現場ではそうした機材の特定作業が集中的に追跡されるであろう。

かっての米ソ冷戦期のマイクロ波攻撃は今回のケースよりはさらに深刻であって、大使館職員には白血病や悪性腫瘍が発生していたといわれている。

超音波やマイクロ波攻撃そのものは本来軍事機密に関わるものだけにこれ以上の詳細は外部には公表はされないであろうし、表向きは外交上の事件として隠されていくはずであるが、事件が事件だけに到底こののままで済まされることはない。
この事件は明らかに米国政府の逆鱗に触れたのである。

端的に言えば今回の事件は電子戦であり、サイバー戦の様相にそのまま重なるものであって、明らかに外交官が攻撃を受けたのであるから世界最大の軍事大国・経済大国米国の威信が大きく傷つけられたことになる。
この結果は、今後国際的な場でその形を変えての明確な報復劇が実行されることになるはずである。



Vehicle-Mounted Active Denial System (V-MADS)米軍の新しい非殺傷兵器「ADS」とは?


アメリカには一切の電波が遮断された街がある 2015年6月23日

電磁波と不妊症との関連性については以下の情報があります。
[ニューヨーク 2010年 11月 8日 ロイター] ひざの上でノートパソコンを使用 すると、精子の質が低下する可能性があることが、米国の研究で明らかになった。
ニューヨーク州立大ストーニーブルック校のYelim Sheynkin氏が率いたこの研究では、29人の若い男性を対象に、ノートパソコンをひざの上に載せて使用した際の陰のうの温度を計測。これまでの研究で陰のうの温度が1度以上でも上昇すれば精子にダメージを与えることが分かっている
http://jp.reuters.com/article/idJPJAPAN-18055620101108

アメリカの研究所は、強い電磁波を浴びていると、流産や子供の先天性異常を引き起こす可能性が高くなるとの研究結果を公表しました。
イギリスのサンデータイムズでは、携帯電話をポケットに入れて持ち歩く男性は、そうでない男性に比べて、精子数が最大で30%少ないという研究結果が報告されています。

イギリスのエクセター大学のマシューズ博士はさらにこう述べる。
「モバイル機器が一般に広く普及していることと、先進国全体で、ここ10年〜20年ほどの間に精子の質が全般的に低下している現象が見られる点を考慮すれば、早急な研究が必要だということは言えるでしょう」
http://www.huffingtonpost.jp/2014/07/17/story_n_5593985.html












ブログ読者登録 - にほんブログ村

5G時代に対応した電磁波防御製品(新製品)の紹介

denden3商品詳細

電磁波過敏対策・5G電磁波攻撃防御製品[電磁番AZ]denjiban-1301 (送料無料)
あなたの気になるその不快感は、電磁波が隠れた原因なのかもしれません!
慢性的な疲労感、集中力の低下、頭が重い、耳鳴り、不快なめまい、息苦しさ、眼の奥がいたむ、皮膚が乾燥してひりひりする、すぐ赤くなる、顔がむくんだりほてる、からだが重く疲れる、肩こりや関節の痛みがある、外部から執拗に不快な電磁波、音波攻撃がある・・・etc
あなたはこの苦痛を誰に訴え相談されますか?
市役所、消費者生活センターや公的機関、警察、病院、弁護士?・・・etc
そしてすっきりと解消されましたでしょうか?
原因不明の不快な環境ストレスの原因は、多くの場合目には見えない電磁波ノイズが関係しています。
反射錯乱する電磁波ノンズは遮断だけでは防御出来ないのです?!
電磁波中和装置「電磁番AZ」は多用途の機能的防御が可能です。携帯するだけ、壁に貼るだけ、傍に置いておくだけ!
準静電界レベルの干渉による不快な電磁波過敏、電磁波音波攻撃対策の防御製品として、
「電磁番AZ」はご利用者の皆様から高い評価を頂いております。
★電磁波中和放電装置「電磁番AZ」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。
(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を改善し電磁波レベルで整え防御します。(詳しい取り扱い説明書を添付しております)
★製品サイズ 直径10cm 厚さ 1.5cm 重さ 約80g

電磁番AZ使用時の注意事項

★「電磁波中和装置電磁盤AZ」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。


取り扱いの詳細は
外部サイトリンクページの「電磁波中和装置電磁番AZ」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏や電磁波攻撃対策法については
外部サイトリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番AZについての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏について
電磁波攻撃によるストレス症状について
「電磁波中和装置電磁番AZ」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番AZ」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番AZ」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番AZ」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏の関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
電磁波被曝と準静電界について
米国大使館電磁波被曝事件
迫り来る次世代5Gの脅威とは
電磁番AZのセット価格案内








jyou




「天魔王信長の野望を打ち砕く 我が武略に勝算あり」ノンフィクション

tuku
「戦国日本人奴隷貿易の真相とキリシタン弾圧の背景」ノンフィクション

奴隷船

「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」

経絡論

「時代小説短編集・憑依(つく)」
ミステリアスな題材による時代小説

憑依3
「徐福渡来伝説を検証する」太古の日本に渡来した徐福とは何者か?古代史ドキュメント
cover2
「おいしいりょうりをつくろう」
電子絵本シリーズ

dam
「こわいおばけがでたぞ!」
電子絵本シリーズ

dom
「とおせんぼ」
電子絵本シリーズ・ぬりえができる

tosenbo




















posted by モモちゃん at 09:53| 近未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月17日

未来戦争の様相のナゴルノ・カラバフ戦闘

カミカゼドローンの脅威が襲い来る!

旧ソ連のアルメニアとアゼルバイジャンが30年にわたる係争地で再び大規模戦闘が勃発している。

今回は2020年9月27日の朝、ナゴルノ・カラバフ境界沿いで勃発したものだが、何度も停戦合意があったにも関わらず、その度に覆されいまだに混乱が続いている。

ここで注目されるのは、この戦闘では本格的に無人機ドローンが表舞台に登場してきたことである。

アゼルバイジャンはイスラエル製のカミカゼドローンやトルコ製のミサイル搭載ドローンを駆使して果敢に攻撃を展開してきている。

しかも軍用車両や戦車、移動ミサイル、さらにはロシア製のアンチドローンシステムまでもがその標的となっている。

当初よりアゼルバイジャンは巧妙なピンポイントによるドローン攻撃を展開している。

カミカゼドローンは相手の索敵レーダーの電磁波を捉えると、それを標的としてロックオンして的確に破壊する。

地上にある兵器システムや戦車などはこうなると無力でしかない。

もはやこうした戦争はドローンによる制空権の推移で決着するのかも知れない。





Mini HARPY: Multi-Purpose Tactical Loitering Munition  







Mülki infrastruktur və dinc əhalimizi atəşə tutan düşmən darmadağın edilir










旧ソ連のアルメニアとアゼルバイジャンが30年にわたる係争地で再び大規模戦闘 世界が注目するワケは?(2020年10月2日)






ブログ読者登録 - にほんブログ村

5G時代に対応した電磁波防御製品(新製品)の紹介

denden3商品詳細

電磁波過敏対策・5G電磁波攻撃防御製品[電磁番AZ]denjiban-1301 (送料無料)
あなたの気になるその不快感は、電磁波が隠れた原因なのかもしれません!
慢性的な疲労感、集中力の低下、頭が重い、耳鳴り、不快なめまい、息苦しさ、眼の奥がいたむ、皮膚が乾燥してひりひりする、すぐ赤くなる、顔がむくんだりほてる、からだが重く疲れる、肩こりや関節の痛みがある、外部から執拗に不快な電磁波、音波攻撃がある・・・etc
あなたはこの苦痛を誰に訴え相談されますか?
市役所、消費者生活センターや公的機関、警察、病院、弁護士?・・・etc
そしてすっきりと解消されましたでしょうか?
原因不明の不快な環境ストレスの原因は、多くの場合目には見えない電磁波ノイズが関係しています。
反射錯乱する電磁波ノンズは遮断だけでは防御出来ないのです?!
電磁波中和装置「電磁番AZ」は多用途の機能的防御が可能です。携帯するだけ、壁に貼るだけ、傍に置いておくだけ!
準静電界レベルの干渉による不快な電磁波過敏、電磁波音波攻撃対策の防御製品として、
「電磁番AZ」はご利用者の皆様から高い評価を頂いております。
★電磁波中和放電装置「電磁番AZ」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。
(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を改善し電磁波レベルで整え防御します。(詳しい取り扱い説明書を添付しております)
★製品サイズ 直径10cm 厚さ 1.5cm 重さ 約80g

電磁番AZ使用時の注意事項

★「電磁波中和装置電磁盤AZ」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。


取り扱いの詳細は
外部サイトリンクページの「電磁波中和装置電磁番AZ」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏や電磁波攻撃対策法については
外部サイトリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番AZについての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏について
電磁波攻撃によるストレス症状について
「電磁波中和装置電磁番AZ」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番AZ」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番AZ」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番AZ」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏の関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
電磁波被曝と準静電界について
米国大使館電磁波被曝事件
迫り来る次世代5Gの脅威とは
電磁番AZのセット価格案内








jyou




「天魔王信長の野望を打ち砕く 我が武略に勝算あり」ノンフィクション

tuku
「戦国日本人奴隷貿易の真相とキリシタン弾圧の背景」ノンフィクション

奴隷船

「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」

経絡論

「時代小説短編集・憑依(つく)」
ミステリアスな題材による時代小説

憑依3
「徐福渡来伝説を検証する」太古の日本に渡来した徐福とは何者か?古代史ドキュメント
cover2
「おいしいりょうりをつくろう」
電子絵本シリーズ

dam
「こわいおばけがでたぞ!」
電子絵本シリーズ

dom
「とおせんぼ」
電子絵本シリーズ・ぬりえができる

tosenbo




















posted by モモちゃん at 09:26| 近未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月29日

車の自動運転システムは軍事技術ではないのか?

科学技術はすべからく軍事に資する!


美術全集を見ていたら、風刺画家のドーミエの作品に「科学者の妄想」というのがあった。

累々と横たわる死体を眺めて、 にやりとほくそ笑んでいる科学者らしき一人の男の姿がそれには描かれていた。

科学者が大量殺戮を夢想しているという、ドーミエらしい洞察の本当の背景は知る由もないが、当時も戦争の手段として近代的な兵器開発が彼らの手によって進められていたことは疑いようのない事実であったろう。

最先端科学の需要の多くが軍事産業であることは現代の世界的コ ンセンサスであろうと思うし、かっての日本もその例外ではなかっ た。

明治時代にドイツ医学が幅を利かしたのも当時の政府が軍陣医科学の早急な導入を目指したがためであった。

当然、この当たりを勘案すれば伝統的皇漢医学では当時の富国強兵の施策には馴染まないのは誰の目にも明らかであったろう。

いまのような平和な状況にあれば、国民一般の東洋医学指向は多少強くなるであろうことは頷けるところである。
しかしいつまでもそうした時代が続くことはあるまい。

一旦、国内治安が急速に悪化すれば、たちどころに軍陣医科学が幅を利かすであろう。

まあそれはそれで妥当なことであろうと思うが、 これまで医学をも含めて科学技術は決して個人のものではなくて、 常に国家機関のコントロールがなされるものであった。

戦前戦中の日本は、要するに「科学技術はすべからく国防に資する」という軍国主義的大義名分が幅をきかせていたわけである。

太平洋戦争中の細菌部隊や化学兵器部隊の存在が明らかになってくるに従って、多くの第一線の科学者らがそうした作業に強制的に従事させられていたことがわかる。

世界の軍事大国はいまも変わらずこの理念で進んでいる。

科学の発展そのものには確かに真理追究のロマンがある。 

20世紀初頭のドイツの科学者の中には、宇宙に向けてロケットを打ち上げる夢をもって地道な研究を続けていた学者グループがあった。

これに目を付けたナチス・ ドイツは、新兵器に転用できる科学技術としてロケット研究を高く評価した。

そして瞬く間に無人爆撃機、さらにはV2号ロケットへと造り替えていった。
ヒットラーの期待に応えて、完成したV2号ロケットは次々とロンドン市内に打ち込まれ市民を震え上がらせた。

このロケットには画期的な姿勢制御装置(ジャイロ)がすでに搭載されていた。

ドイツ敗戦時、連合国側のアメリカとソ連の軍隊はこのV2号ロ ケット施設を競って接収した。

ここで工場設備はもとより、開発や製造に従事した科学者や技術者数千人を拘束しそれぞれの国に移送したのである。

そして自国内にそっくりそのままのロケット工場を造り上げた。

大戦後判明したことであるが、当時のドイツの科学技術水準は他国を大きく引き離していたわけで、皮肉にもその後の米ソの宇宙競争を支えたものは、まさにヒットラーの遺産ともいうべきこれらの先端科学技術であった。

同じように日本軍のの細菌兵器データはアメリカ国防省が戦後すべてを掌握した。
当然のことながら、科学技術というのは開発過程において莫大な時間と経費とがかかる。

それらの資金を得るためには、補助金や研究開発をバックアップしてくれる確かなスポンサーが必要になる。

軍事に力を入れている国々の科学技術者の海外への国費留学とて、軍事科学者養成の重要なプログラムの一つである。

欧米にはそうした背景が伝統的にあったから、中世の王侯貴族のもとでの詐欺まがいの錬金術でさえそうした資金集めが盛んに行われた。

イタリア・ルネッサンス時代の巨匠といえば、「モナリザ」の作者であるレオナルド・ダ・ヴィンチが有名であるが、彼は優れた画家であるだけでなく、建築、 自然科学、解剖学、天文学、機械工学、さらに地理学や数学まで幅 広い分野にわたって卓越した才能を発揮した。 reo

ダ・ヴィンチは二万ページに及ぶ研究ノートを書き残したが(三分の 二は散逸した)、その中ではすでに自動車や自転車、飛行機、ヘリ コプター、ボールベアリング、変速機、歯車といったものを考え出していたことでも知られる天才的科学者でもある。

しかしその彼でさえも自分を王侯に売り込み、資金を得るための有力なスポンサーを確保するためには手段を選ばなかった。

有力者であるミラノ公、ロドビエ・スフォ ルツァにあてた手紙には、大量殺戮兵器の設計を示唆しながら、「兵器の大家、設計者と自負する人のものはありきたりである。私はいろいろな兵器が作れるから一度会っていただきたい」と、殺人兵器の開発に貢献できることに言及して巧みな就職活動をやっている。

事実彼の残した設計図の中には、馬車に回転する刃を装備して走りながら敵兵を切り倒すものや三段式連射砲、無数の大砲を装備した戦車などもある。

さらには水を入れた巨大なフラスコをレンズにして太陽光線を集め、一度に多数の敵兵を焼き殺す光線兵器のアイデアも詳細に記録している。

その驚くべき発想には、皮肉にも近代の殺戮兵器をも彷彿とさせるほどの空恐ろしさが伴うものであった。

kaku
20世紀アメリカの原爆開発(マ ンハッタン計画)にしても二十億ドルの莫大な経費と十三万人もの科学技術者が短期間に投入されたわけである。
 

莫大な経費の掛かる不毛の兵器開発は結局この原爆というものに集約されるわけであるが、核実験が国際世論からいかに非難されよ うと、国防というスタンスが現実に存続する以上今後もどこかで強行されるはずである。

かってアメリカのネバダ州で初めて核実験が成功したとき、あのオッペンハイマー博士はわが手を見つめて「これで私も死神になった」と呟いたという。

現代世界を支えるインターネットや半導体技術、スパコン、原子炉発電、全地球型のGPS、航空機、AI、ナノ技術、大容量電池、宇宙開発、バイオ技術にしても根幹には軍事技術が大きく関わっている。

綺麗事を並べてみてもいまやそうしたテクノロジーや情報なしには世界経済も回わっていかないのも現実である。

科学者もエンジニアにしても高額な報酬や実検のための整った研究設備と云った経済的支援を常に求め続けている。

科学者としての活動が継続できる環境が補償されるのであれば、そうした最先端の研究設備や潤沢な資金力は研究者にとって最大の魅力であるはずである。

だから有能な科学者は、外資系の企業や世界の軍事大国の求めに応じて続々とそれらのもとに集まっていく。

頭脳流出などという生やさしいものではあるまい。

自分たちが造り上げた物がどう使われるかは開発した科学者が壱番よく分かっているはずであり、所詮そこには高邁な思想も理念も入り込む余地などはない。

それを端から拒むのであれば、科学者であることを今すぐ止めるべきであろう。

科学者の立場にある者は常に死神の最も近くに立っていることを肝に銘ずるべきであろうし、常にそうした道義的責任を持つべきである。

古代の宗教儀式では、神に差し出す生け贄として時には人の命が奪われることがあった。 

これは豊饒という人間の飽くなき欲求のうちに、ささやかな生け贄が用意されたわけであるが、これを野蛮というべきか否かは問題ではない。

人間の営みのうちに、必然的に犠牲者があることは事実であるし、科学のもたらす恩恵のうちにも人類は大変なリスクを背負っていることは否めないであろう。


Oculus創業者の軍事テック企業が開発中、「戦争用OS」が実現する世界
2020/10/29
https://news.yahoo.co.jp/articles/b6194538b5388cadeb295b5f7eda222b9885db23

「学問の自由」掲げ、中国に魂売る能天気な科学者
2020/10/29
https://news.yahoo.co.jp/articles/6ccc00b657b17cf81d384aac940df5dd4feecc94

中国「千人計画」参加者が明かす“拝金主義” 論文ボーナスは1500万円、データ捏造に走る者も
2020/10/30
https://news.yahoo.co.jp/articles/a02f37876a4d21e6510cdf825b513c32b76e026c


ブログ読者登録 - にほんブログ村

5G時代に対応した電磁波防御製品(新製品)の紹介

denden3商品詳細

電磁波過敏対策・5G電磁波攻撃防御製品[電磁番AZ]denjiban-1301 (送料無料)
あなたの気になるその不快感は電磁波が隠れた原因かもしれないのです!
慢性的な疲労感、集中力の低下、頭が重い、耳鳴り、不快なめまい、息苦しさ、眼の奥がいたむ、皮膚が乾燥してひりひりする、すく赤くなる、顔がむくんだりほてる、からだが重く疲れる、肩こりや関節の痛み・・・etc
あなたはこの苦痛を誰に訴え相談されますか?
市役所、消費者生活センターや公的機関、警察、病院、弁護士?・・・etc
そしてすっきりと解消されましたでしょうか?
原因不明の不快な環境ストレスの原因は、多くの場合目には見えない電磁波ノイズが関係しています。
反射錯乱する電磁波ノンズは遮断だけでは防御出来ないのです?!
電磁波中和装置「電磁番AZ」は多用途の機能的防御が可能です。携帯するだけ、貼るだけ、置いておくだけ!
準静電界レベルの干渉による不快な電磁波過敏、電磁波音波攻撃対策の防御製品として、
「電磁番AZ」はご利用者の皆様から高い評価を頂いております。
★電磁波中和放電装置「電磁番AZ」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。
(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
★製品サイズ 直径10cm 厚さ 1.5cm 重さ 約80g

電磁番AZ使用時の注意事項

★「電磁波中和装置電磁盤AZ」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。


詳細は
外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番AZ」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番AZについての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏について
電磁波攻撃によるストレス症状について
「電磁波中和装置電磁番AZ」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番AZ」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番AZ」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番AZ」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏の関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
電磁波被曝と準静電界について
米国大使館電磁波被曝事件
迫り来る次世代5Gの脅威とは







jyou




「天魔王信長の野望を打ち砕く 我が武略に勝算あり」ノンフィクション

tuku
「戦国日本人奴隷貿易の真相とキリシタン弾圧の背景」ノンフィクション

奴隷船

「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」

経絡論

「時代小説短編集・憑依(つく)」
ミステリアスな題材による時代小説

憑依3
「徐福渡来伝説を検証する」太古の日本に渡来した徐福とは何者か?古代史ドキュメント
cover2
「おいしいりょうりをつくろう」
電子絵本シリーズ

dam
「こわいおばけがでたぞ!」
電子絵本シリーズ

dom
「とおせんぼ」
電子絵本シリーズ・ぬりえができる

tosenbo




















ラベル:軍事技術者
posted by モモちゃん at 08:37| 近未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月17日

世界的コロナ感染が終熄しない理由

コロナ災禍は今後本格化する!

アメリカでの新型コロナウイルス感染者が800万人を突破した。

4月1日に4000人を突破したというニュースに驚いていたが、ここにきて予想を超える増加率である。

ヨーロッパでも先進国といわれる国々でも死者が増え続けている。
Coronavirus Cases:39,517,391 (Last updated: October 16, 2020, 22:05 GMT)
https://www.worldometers.info/coronavirus/

すでに世界の感染者数の累計は4000万人に近付いているし、死者数は1,107,812人になっている。

インドや南米大陸でも犠牲者は大幅に増えている。

それに比較して、アジア地域でも人口密度の高い日本での感染者や死者は、いまのところ低く押さえられている。

欧米諸国から見ると、このことが奇妙なことのように捉えられている。

人口密度が高い生活空間にいる日本人が、何故に感染者や死者が少なくて済まされているのか不思議だというわけである。

医療水準そのものが、世界一だからか?

ちなみに一部では日本人の多くが、BCGを受けていることに起因しているのではないかとも云われているようである。

いまだに本当にそうなのかどうかはよく分からない。

多くの日本人はほとんどの人がマスクを装着して外出する。

店内出入りの際には手を消毒し、非接触で検温する。

医療機関や公的機関だけではなく混み合うスパー内などでは、マスク着用は必須条件である。

マスク




















衆人がこれを見事なまでに堅持し続けている。これはすごい事だと思う。

日常的にコロナ対策が徹底してきている。

その結果、いまではコロナ感染者が連日発生していない自治体や県がいくつもある。

ここで最も確かなことは、日本人の生活習慣や生活空間が欧米諸国より格段に清潔であるからだと個人的には確信している。

とにかく日本人から見れば、欧米人の生活習慣は清潔とは云えない部分があり過ぎる。

表面を着飾ることと、清潔感とは全く別ものである。

欧米人は日本人と違って、入浴といった体全体を頻繁に洗ったり日々清潔に保つという習慣そのものが少ないのも理由であろう。

見た目でどうこう云う以前に、そこには不潔さが隠されている。

体臭そのものは強い香水で紛らわせるのが、伝統的な欧米文化でもある。

アメリカ人などは、トイレに行ってもまず手を洗うということをしない。

日常的にも手を洗わずに、そのまま食事をしても平気である。

レストランのフィンガーボールなどは、よほどのことでもない限り出ては来ないであろう。

しかも家屋内も靴を履いたままの生活であって、犬猫同様そのまま寝室でも土足同然に出入りしてベッドにも寝転がる。

室内の生活空間まで靴履きのまま動き回ると云うことの不潔さに、日本人は大いに違和感を感じる。

それこそ家畜小屋と変わらない。

家屋自体が大きいだけに、屋外と室内との線引きが意外と曖昧なのだ。

ここらは欧米文化に憧れる世代にはかっこ良く見えるのかも知れないが、私らの世代から見ればてんでいただけない。

欧米人は友人との親しさを示したり、それを表現するのに身体接触を殊の外好む独特の習慣を持っている。

握手やハグ、頬同士の接触、唇によるキスなど、家族間だけではなく、他人とも頻繁にべったりと濃厚な接触を日常的に繰り返す。

こうした日頃の生活習慣は急には変えられない。

変えようとしない生活習慣ということで、これなどは感染症予防の面から見れば、きわめて危険な行為のはずである。

しかも欧米人は、日常的なマスクによる予防という行為には偏見を持っている。

特に欧米人はマスクをするのは感染した病人だけという意識が強いから、一般の健康人は感染予防のマスクをする必要性をほとんど考えることがない。

個人の生活習慣に干渉されたり、注意されることを欧米人は嫌うしいささか頑固でもある。

それだけに日本人から見れば、欧米人はあまりにも無防備過ぎる状況に身を置いているように見える。

パワーだけでは感染症は防げないはずである。

このように見ていけば、今回のような欧米での爆発的な感染拡大の危険性そのものは日常生活の習慣そのものの内にあったように思えてならない。

それこそ、人々の日常的な生活習慣など変えようはあるまい。

欧米での感染者が早期に抑制されないのであれば、今回の新型コロナウイルスによる死者は、結果的にはさらに増えることになるのではあるまいか。

今後、たしかに感染拡大については医学的な見地から解明はされてはいくだろうが、生活習慣としての清潔指向というものはきわめて重要な要素ではないかと思う次第である。









ブログ読者登録 - にほんブログ村

5G時代に対応した電磁波防御製品(新製品)の紹介

denden3商品詳細

電磁波過敏対策・5G電磁波攻撃防御製品[電磁番AZ]denjiban-1301 (送料無料)
あなたの気になるその不快感は電磁波が隠れた原因かもしれないのです!
慢性的な疲労感、集中力の低下、頭が重い、耳鳴り、不快なめまい、息苦しさ、眼の奥がいたむ、皮膚が乾燥してひりひりする、すく赤くなる、顔がむくんだりほてる、からだが重く疲れる、肩こりや関節の痛み・・・etc
あなたはこの苦痛を誰に訴え相談されますか?
市役所、消費者生活センターや公的機関、警察、病院、弁護士?・・・etc
そしてすっきりと解消されましたでしょうか?
原因不明の不快な環境ストレスの原因は、多くの場合目には見えない電磁波ノイズが関係しています。
反射錯乱する電磁波ノンズは遮断だけでは防御出来ないのです?!
電磁波中和装置「電磁番AZ」は多用途の機能的防御が可能です。携帯するだけ、貼るだけ、置いておくだけ!
準静電界レベルの干渉による不快な電磁波過敏、電磁波音波攻撃対策の防御製品として、
「電磁番AZ」はご利用者の皆様から高い評価を頂いております。
★電磁波中和放電装置「電磁番AZ」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。
(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
★製品サイズ 直径10cm 厚さ 1.5cm 重さ 約80g

電磁番AZ使用時の注意事項

★「電磁波中和装置電磁盤AZ」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。


詳細は
外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番AZ」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番AZについての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏について
電磁波攻撃によるストレス症状について
「電磁波中和装置電磁番AZ」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番AZ」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番AZ」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番AZ」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏の関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
電磁波被曝と準静電界について
米国大使館電磁波被曝事件
迫り来る次世代5Gの脅威とは






jyou




「天魔王信長の野望を打ち砕く 我が武略に勝算あり」ノンフィクション

tuku
「戦国日本人奴隷貿易の真相とキリシタン弾圧の背景」ノンフィクション

奴隷船

「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」

経絡論

「時代小説短編集・憑依(つく)」
ミステリアスな題材による時代小説

憑依3
「徐福渡来伝説を検証する」太古の日本に渡来した徐福とは何者か?古代史ドキュメント
cover2
「おいしいりょうりをつくろう」
電子絵本シリーズ

dam
「こわいおばけがでたぞ!」
電子絵本シリーズ

dom
「とおせんぼ」
電子絵本シリーズ・ぬりえができる

tosenbo




















ラベル:累計感染者数
posted by モモちゃん at 08:23| 近未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月11日

地球にそっくりな惑星があるという事実!?

未知の「第9惑星」の正体とは?


数年前に発見された地球によく似た惑星に「プロキシマb」という惑星があります。

この惑星には水が液体で存在可能な状態にあるということで、「ハビタブル惑星」と呼ばれています。

しかもこの惑星は、地球から約4光年先という非常に近いところに位置していることでも注目されています。

水があると云うことは地球環境にも似ていることは確かです。

そして、そのプロキシマbにはいわゆる広大な海そのものが存在しているかもしれないという研究が報告されています。


地球のいとこ発見=似た位置に「太陽」も―NASA

 【ワシントン時事】地球から1400光年離れた宇宙で、これまで発見された中では、地球と太陽に大きさや位置関係などが最も似た惑星と恒星が見つかったとして、米航空宇宙局(NASA)が2015年7月23日に発表しました。

NASAの専門家は「地球のいとこ」と表現していますが、それまでにも地球によく似た惑星は発見されていました。

その惑星は地球から白鳥座の方向におよそ500光年離れたところで見つかり、「ケプラー186f」と名づけられました。
 
その大きさは地球の1.1倍と、ほぼ同じで、回っている恒星からの距離が適度に離れているために、水が液体の状態で存在する可能性があることが予想され、生命が存在しうる惑星だということです。

NASAは、地球と比較して「双子とまでは言えないが、地球のいとこのようなものだ」と紹介しています。

広大な宇宙空間には地球そっくりないとこやはとこのような惑星があるということです。





Are There Other Earths?


2006年に太陽系の9番目の惑星であった冥王星が突然、準惑星に格下げになりました。

結果太陽系の惑星はいきなり8個になったのです。

しかしその後、太陽系には「第九惑星」があるという学説が台頭してきたのです。

「第九惑星」だった冥王星がその地位を保っていたのなら、「第十番惑星」の存在が実際に議論されていたはずです。

Is “Planet 9” actually a primordial black hole?
謎の「第9惑星」の正体は原始ブラックホールか? 英天文学者が提唱
https://www.technologyreview.jp/s/166031/is-planet-9-actually-a-primordial-black-hole/


個人的には「第十番惑星」が本当に発見されて欲しいのです。

それだけ「第十番惑星」という名称には特別な関心があります。

それは少年時代に「第十番惑星」セルゲイ・ベリヤ−エフ作:という面白いSF小説を読んだからなのです。

とてもわくわくする小説でした。

その「第十番惑星」は同じ太陽系にあって、太陽を挟んで地球とまったく真反対に位置していて同じ軌道を公転している惑星が存在するというものでした。

通常では太陽を挟んでいることで、互いの惑星の存在は相手からは見えないというわけです。

しかも地球とその大きさもそっくりな双子の惑星というのです。

その「第十番惑星」の存在を確認するために、宇宙船で少年科学者が地球から飛び立つというものでした。

この辺りはとても面白い展開でした。

ただその「第十番惑星」には地球とは違って夜空に2つの月(衛星)が存在していましたし、地上には巨大なゴリラ人間が住んでいたました。



 「第十番惑星」というSF小説は、たしか「少年少女世界科学名作全集10」(1961、昭和36年)に含まれていました。

すでに絶版なのかも知れません。










ブログ読者登録 - にほんブログ村

5G時代に対応した電磁波防御製品(新製品)の紹介

denden3商品詳細

電磁波過敏対策・5G電磁波攻撃防御製品[電磁番AZ]denjiban-1301 (送料無料)
あなたの気になるその不快感は電磁波が隠れた原因かもしれないのです!
慢性的な疲労感、集中力の低下、頭が重い、耳鳴り、不快なめまい、息苦しさ、眼の奥がいたむ、皮膚が乾燥してひりひりする、すく赤くなる、顔がむくんだりほてる、からだが重く疲れる、肩こりや関節の痛み・・・etc
あなたはこの苦痛を誰に訴え相談されますか?
市役所、消費者生活センターや公的機関、警察、病院、弁護士?・・・etc
そしてすっきりと解消されましたでしょうか?
原因不明の不快な環境ストレスの原因は、多くの場合目には見えない電磁波ノイズが関係しています。
反射錯乱する電磁波ノンズは遮断だけでは防御出来ないのです?!
電磁波中和装置「電磁番AZ」は多用途の機能的防御が可能です。携帯するだけ、貼るだけ、置いておくだけ!
準静電界レベルの干渉による不快な電磁波過敏、電磁波音波攻撃対策の防御製品として、
「電磁番AZ」はご利用者の皆様から高い評価を頂いております。
★電磁波中和放電装置「電磁番AZ」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。
(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
★製品サイズ 直径10cm 厚さ 1.5cm 重さ 約80g

電磁番AZ使用時の注意事項

★「電磁波中和装置電磁盤AZ」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。


詳細は
外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番AZ」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番AZについての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏について
電磁波攻撃によるストレス症状について
「電磁波中和装置電磁番AZ」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番AZ」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番AZ」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番AZ」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏の関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
電磁波被曝と準静電界について
米国大使館電磁波被曝事件
迫り来る次世代5Gの脅威とは




jyou




「天魔王信長の野望を打ち砕く 我が武略に勝算あり」ノンフィクション

tuku
「戦国日本人奴隷貿易の真相とキリシタン弾圧の背景」ノンフィクション

奴隷船

「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」

経絡論

「時代小説短編集・憑依(つく)」
ミステリアスな題材による時代小説

憑依3
「徐福渡来伝説を検証する」太古の日本に渡来した徐福とは何者か?古代史ドキュメント
cover2
「おいしいりょうりをつくろう」
電子絵本シリーズ

dam
「こわいおばけがでたぞ!」
電子絵本シリーズ

dom
「とおせんぼ」
電子絵本シリーズ・ぬりえができる

tosenbo
































ラベル:宇宙観測
posted by モモちゃん at 07:35| 近未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月24日

中国製家庭用品が席巻する理由が分かった!

堅い陶器に穴を開けてみる!

陶器類に自在に穴を開けてみたい!

以前からガラスや陶器に穴を開けて、かわいい花を植えてみたいと思っていました。

それに対応した道具を探していたのですが、ようやくアマゾンで中国製の堅牢なホールソーが見つかりました。

先端にはダイアモンドカッターが付いていますから、これだとあらゆるものに穴を開けることが出来ます。

ワンタッチで装着できる優れものです。

さすがは中国製という感じです。

このアタッチメントを電動ドリルにセットするだけで簡単に陶器類の穴開け作業が可能になります。

使わなくなった古い陶器やインテリア風な陶器類でまず試してみることにしました。

最初は力加減が判らず作業を開始しましたが、力が入りすぎたため底が割れてしまいました。





RIMG0936



しかしながらそれ以降は要領と手加減がわかり、スムーズに穴開け作業が出来ました。














作業中にはホールソーが高速で回転する際に摩擦熱が発生しますので、陶器の表面は水で濡らしておくと作業はやり易くなります。





RIMG0931    





わりと綺麗に穴が開きます。











慣れてきたので、次々と穴開けをやっていきました。





RIMG0933





これらの穴を開けた陶器には植物を植えます。












固い陶器でも比較的簡単に穴開けができます。







RIMG0940


















30分ほどで、ケース一杯の陶器の穴開けが完了しました。

深めのお皿やお椀でも、何でもござれです。




RIMG0942



















次々と大きめの鉢や花入れにも挑戦しました。

穴の大きさも手元のホールソーを取り替えれば、好きな大きさに開けることが出来ます。





RIMG0941



















最後にはもっとも大きい花器もこの通り穴が開きました。

作業中、失敗したのは最初の1個だけでした。

さて次に、これらの穴あき陶器に何を植えようかと思案中です。





ブログ読者登録 - にほんブログ村

5G時代に対応した電磁波防御製品(新製品)の紹介

denden3商品詳細

電磁波過敏対策・5G電磁波攻撃防御製品[電磁番AZ]denjiban-1301 (送料無料)
あなたの気になるその不快感は電磁波が隠れた原因かもしれないのです!
慢性的な疲労感、集中力の低下、頭が重い、耳鳴り、不快なめまい、息苦しさ、眼の奥がいたむ、皮膚が乾燥してひりひりする、すく赤くなる、顔がむくんだりほてる、からだが重く疲れる、肩こりや関節の痛み・・・etc
あなたはこの苦痛を誰に訴え相談されますか?
市役所、消費者生活センターや公的機関、警察、病院、弁護士?・・・etc
そしてすっきりと解消されましたでしょうか?
原因不明の不快な環境ストレスの原因は、多くの場合目には見えない電磁波ノイズが関係しています。
反射錯乱する電磁波ノンズは遮断だけでは防御出来ないのです?!
電磁波中和装置「電磁番AZ」は多用途の機能的防御が可能です。携帯するだけ、貼るだけ、置いておくだけ!
準静電界レベルの干渉による不快な電磁波過敏、電磁波音波攻撃対策の防御製品として、
「電磁番AZ」はご利用者の皆様から高い評価を頂いております。
★電磁波中和放電装置「電磁番AZ」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
★製品サイズ 直径10cm 厚さ 1.5cm 重さ 約80g

電磁番AZ使用時の注意事項

★「電磁波中和装置電磁盤AZ」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。


詳細は外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番AZ」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番AZについての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏について
電磁波攻撃によるストレス症状について
「電磁波中和装置電磁番AZ」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番AZ」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番AZ」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番AZ」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏の関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
電磁波被曝と準静電界について
米国大使館電磁波被曝事件
迫り来る次世代5Gの脅威とは




jyou




「天魔王信長の野望を打ち砕く 我が武略に勝算あり」ノンフィクション

tuku
「戦国日本人奴隷貿易の真相とキリシタン弾圧の背景」ノンフィクション

奴隷船

「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」

経絡論

「時代小説短編集・憑依(つく)」
ミステリアスな題材による時代小説

憑依3
「徐福渡来伝説を検証する」太古の日本に渡来した徐福とは何者か?古代史ドキュメント
cover2
「おいしいりょうりをつくろう」
電子絵本シリーズ

dam
「こわいおばけがでたぞ!」
電子絵本シリーズ

dom
「とおせんぼ」
電子絵本シリーズ・ぬりえができる


0_txt

































ラベル:商機
posted by モモちゃん at 06:59| 近未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月12日

米国は誰も知らない秘密兵器を持っている !?

すべてのUFOは秘密兵器である!

ドナルド・トランプ米大統領は10日、ミシガン州に訪問する前に記者団に対し米国は誰も知らない兵器を持っていると発言した。2020年09月11日
https://jp.sputniknews.com/us/202009117765961/

米海軍のパイロット、「ほぼ毎日のように」UFO目撃報告をしていた
2019/5/29
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190529-00031009-rolling-int



いよいよ核エネルギーを使った反重力装置が地球上で完成しつつあるようです。

秘密裏に飛行実験が盛んに繰り返されているようで、これまでにもその飛行の様子が度々カメラに捉えられています。

これまで巷で言われてきたように、これらの未確認飛行物体UFOの本当の正体は宇宙から飛来してきたものなどではなく、軍事目的に地球上で開発されたものということになります。

飛行物体そのものは、これまでの飛行原理とは全く違ったシステムで空中に浮かび飛んでいるものです。

成層圏だけではなく、さらに月面周辺でも飛行実験が繰り返されているようです。

注目すべき最新のUFO動画を紹介します。





POPOCATEPETL ?BASE DIMENSIONAL








tr3 black manta
























ブログ読者登録 - にほんブログ村

5G時代に対応した電磁波防御製品(新製品)の紹介

denden3商品詳細

電磁波過敏対策・5G電磁波攻撃防御製品[電磁番AZ]denjiban-1301 (送料無料)
あなたの気になるその不快感は電磁波が隠れた原因かもしれないのです!
慢性的な疲労感、集中力の低下、頭が重い、耳鳴り、不快なめまい、息苦しさ、眼の奥がいたむ、皮膚が乾燥してひりひりする、すく赤くなる、顔がむくんだりほてる、からだが重く疲れる、肩こりや関節の痛み・・・etc
あなたはこの苦痛を誰に訴え相談されますか?
市役所、消費者生活センターや公的機関、警察、病院、弁護士?・・・etc
そしてすっきりと解消されましたでしょうか?
原因不明の不快な環境ストレスの原因は、多くの場合目には見えない電磁波ノイズが関係しています。
反射錯乱する電磁波ノンズは遮断だけでは防御出来ないのです?!
電磁波中和装置「電磁番AZ」は多用途の機能的防御が可能です。携帯するだけ、貼るだけ、置いておくだけ!
準静電界レベルの干渉による不快な電磁波過敏、電磁波音波攻撃対策の防御製品として、
「電磁番AZ」はご利用者の皆様から高い評価を頂いております。
★電磁波中和放電装置「電磁番AZ」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
★製品サイズ 直径10cm 厚さ 1.5cm 重さ 約80g

電磁番AZ使用時の注意事項

★「電磁波中和装置電磁盤AZ」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。


詳細は外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番AZ」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番AZについての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏について
電磁波攻撃によるストレス症状について
「電磁波中和装置電磁番AZ」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番AZ」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番AZ」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番AZ」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏の関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
電磁波被曝と準静電界について
米国大使館電磁波被曝事件
迫り来る次世代5Gの脅威とは



jyou




「天魔王信長の野望を打ち砕く 我が武略に勝算あり」ノンフィクション

tuku
「戦国日本人奴隷貿易の真相とキリシタン弾圧の背景」ノンフィクション

奴隷船

「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」

経絡論

「時代小説短編集・憑依(つく)」
ミステリアスな題材による時代小説

憑依3
「徐福渡来伝説を検証する」太古の日本に渡来した徐福とは何者か?古代史ドキュメント
cover2
「おいしいりょうりをつくろう」
電子絵本シリーズ

dam
「こわいおばけがでたぞ!」
電子絵本シリーズ

dom
「とおせんぼ」
電子絵本シリーズ・ぬりえができる


0_txt

































1
ラベル:TR-3B Aurora
posted by モモちゃん at 15:22| 近未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月02日

ウィルスと電磁波は人類に災禍をもたらす!

目に見えない電磁波は怖い!

今現在、次世代の通信技術として5Gが世界で注目を集めていますが、そのシステムを支える基地局や通信衛星から発生する強力な電磁波による人体の健康被害ついての不安は日本ではほとんど触れられることはありません。

欧米では各方面からの問題提起もあり、従来の電磁波被曝の問題と同様に5Gの安全性については慎重な見方もされてきています。

すでに自動車の自動運転やドローンの商用利用などが先行しているアメリカ国内では、5G対応の基地局など通信企業による投資が急拡大しつつあるのです。

次世代の通信技術としての5G技術が広範な軍事技術にも関連することもあって、アメリカとしても台頭してくる中国に遅れをとることは許されない核心的技術分野であることに間違いはないはずですが、運用面ではすでに中国に質量共に先行されている状況にあります。

そうした焦りもあってか、経済面だけがなおさら優先されてしまって5G運用時のリスクについては見落とされがちですが、検証もなく早急な5Gシステムへの移行は後々思わぬ事態をも招く危険性はないとは云えません。

5Gシステムの利便性だけが表だって報道されがちであり、ここでは健康リスクについては意図的に無視続けたままというのが現状のようです。

アメリカの国立衛生研究所(NIH)がすでに10年の時間と3億ドルの巨費を投じて実証実験を繰り返した結果では、人工的な電磁波がガンの誘発や心臓、脳へ悪影響をもたらすことが公表されていることは欧米社会では一般に知られていることです。

世界の著名な科学達も5Gシステムが健康被害をもたらす可能性のあるとして、すでに警鐘を鳴らしてもいるわけで、専門的分野で研究する41ヶ国の科学者235人が、「International EMF Scientist Appeal(電磁波と無線技術に関する国際科学者の申し立て)に署名しています。

kurosu

かっての1960年代の「米ソ冷戦時代」においてさえ、敵対するアメリカとソ連は電磁波(放射線)を照射する兵器開発の研究を行っていました。
事実そうした研究を反映してソ連では電子レンジが健康に害があるとして、一時期家庭内での使用が禁じられていたほどです。

それさえも利便性と経済優先の政策によって、いつの間にか有耶無耶にされてしまったのです。

いまもまた経済第一主義のまま5Gの普及が優先され、さらには米中間の経済戦争や軍事的対立が深刻化するに従って、いよいよ両国にとっての覇権争いの焦点ともなりつつあります。

とにかく経済戦略として5Gシステムによるネットワーク構築は、世界中で最優先事業としての位置付けがされていることになります。

日本もそうした流れは同様であって、米中の先進技術を導入することで国内での5Gシステム対応の基地局を各携帯電話会社も増設しつつあります。

ひとつ知っておかなくてはならないことは、5Gシステムの運用時には従来のものと比較にならないほど強力な電磁波が放出され続けるという事実です。

それこそ連携する基地局も、都市部を中心にいままで以上に密に設置する必要があって、今後日本国内でも数十万カ所に5Gシステムの基地局が設置されることになります。

さらに5Gシステム運用には膨大な数の通信衛星が打ち上げられることになります。

それは実際に地球表面を覆い尽くすような規模のネットワークを構築するのであって、四六時中膨大な(電磁波)電波が雨のように地上に降り注いでくることになるわけです。

 一般の生活環境中でこうした電波放射源が中継局などとして設置され、ミリ波帯の電波が照射されるといった状況はこれまでにはなかったことなのです。まさに未知の領域であるとも云えます。

しかも今後のインフラ整備としては車両の自動運転などでは、レーダー(車載・歩道)による電磁波被曝はさらに増大することになります。

つまり都市部であろうと農村部であろうと、5Gシステムが全国規模、あるいは全地球規模で展開することになるわけです。
z12

これはいままでにない未曾有の電磁波環境が出現することになります。

それこそ人工の電磁波の網がすっかり地球全体を包み込んでしまうわけですから、これに地上に住む人体がまったく無反応で済まされるとは到底考えられません。

欧米では電磁波環境でもっとも関心が持たれることは、妊婦や成長期の児童への影響です。携帯電話の使用についても一定の制限さえなされています。
イギリス、ロシア、フランスは十六歳未満の使用は控えるように勧告されていますし、ドイツ、イスラエル、ベルギーでは子供の携帯電話の使用を制限していますが、日本ではそうした情報にさえ無関心です。

そこにきていきなり5Gシステムの登場ですから、それこそ何をか言わんやという感じです。

あらゆうる場所でそうした目に見えない電磁波の暴露を否応なく受け続けることになるわけですが、これに対する反対意見はいまのところ日本ではほとんど耳にしませんし報道もされません。誰もが無関心と云うことなのです。

次世代の5Gシステムそのものは現行の4G通信の数百倍の速度とされ、その飛躍的な情報処理能力からみても利便性と経済面では格段に優れているのは確かです。

しかし5Gシステムでは、これまでの4Gとは全く異なる先駆的な技術を使用することになります。

通信衛星から500万㎾もの電磁波エネルギが地上の中継局に照射されるということは、同時に地上で生活する人々もその強力な電磁波をまともに浴びることになります。

5Gシステムで使われる電磁波(電波)は、電磁波自体か直進するため元々は軍事利用として実験試行されていた「超高周波・ミリ波」帯のものであって、地上の建物などの構造物に吸収され易い特性があることから、そのままでは広範囲の通信電波としては使いにくいものとされていました。

これをカバーするために、中継局や基地局はこれまで以上に間隔を狭めて多数個設置しなくてはならなくなりました。
これが結果的には高密度でより強力な浸透力を増した電磁波が必要とされる理由であって、地上の住民は無防備なままに否応なくこうした電磁波に暴露されてしまう環境に置かれてしまうことになります。
ri

もとよりこの種の電磁波(電波)そのものは目には見えませんから、通常の感覚では捉えられることはありません。目に見えないからすべて安全というわけでもありません。

5Gシステムの電磁波暴露が何の影響もないとは云いきれないのであれば、自衛するしか方法はありません。

電磁波も物理的エネギーを増大していけば、より放射線領域に近づいていきます。もとより放射線は物理的には電磁波の範疇なのです。

イスラエルのアリエル大学で物理学を教えるベン・イシャイ博士によると、人間の肌は5Gの放射線に対して一種の受容体として作用し、アンテナのように放射線を吸収してしまうのだといいます。
特に人体の髪の毛はその形状と細さから、電磁波をアンテナのように受けてしまうと云う説もあります。

neko1

だとすると大量の電磁波に人体が被曝すれば、結果的には何らかの健康被害が懸念されることにもなります。 しかしながら、たとえそのような状況が発現してきたとしても、多くの人は一体何が起こっているのか全く気が付かないはずです。

日常的に使われるスマホやデバイスの接続環境が改善されて、しかもより高速で大量の情報がやり取りできる技術的革新そのものには多くの人が満足するのかも知れません。

しかしながらそうした利便性の一方では、人々の健康をや生活環境を悪化させる懸念があることだけはしっかりと頭に入れておくべきです。










ブログ読者登録 - にほんブログ村

5G時代に対応した電磁波防御製品(新製品)の紹介

denden3商品詳細

電磁波過敏対策・5G電磁波攻撃防御製品[電磁番AZ]denjiban-1301 (送料無料)
あなたの気になるその不快感は電磁波が隠れた原因かもしれないのです!
慢性的な疲労感、集中力の低下、頭が重い、耳鳴り、不快なめまい、息苦しさ、眼の奥がいたむ、皮膚が乾燥してひりひりする、すく赤くなる、顔がむくんだりほてる、からだが重く疲れる、肩こりや関節の痛み・・・etc
あなたはこの苦痛を誰に訴え相談されますか?
市役所、消費者生活センターや公的機関、警察、病院、弁護士?・・・etc
そしてすっきりと解消されましたでしょうか?
原因不明の不快な環境ストレスの原因は、多くの場合目には見えない電磁波ノイズが関係しています。
反射錯乱する電磁波ノンズは遮断だけでは防御出来ないのです?!
電磁波中和装置「電磁番AZ」は多用途の機能的防御が可能です。携帯するだけ、貼るだけ、置いておくだけ!
準静電界レベルの干渉による不快な電磁波過敏、電磁波音波攻撃対策の防御製品として、
「電磁番AZ」はご利用者の皆様から高い評価を頂いております。
★電磁波中和放電装置「電磁番AZ」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
★製品サイズ 直径10cm 厚さ 1.5cm 重さ 約80g

電磁番AZ使用時の注意事項

★「電磁波中和装置電磁盤AZ」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。


詳細は外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番AZ」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番AZについての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏について
電磁波攻撃によるストレス症状について
「電磁波中和装置電磁番AZ」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番AZ」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番AZ」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番AZ」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏の関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
電磁波被曝と準静電界について
米国大使館電磁波被曝事件
迫り来る次世代5Gの脅威とは



jyou




「天魔王信長の野望を打ち砕く 我が武略に勝算あり」ノンフィクション

tuku
「戦国日本人奴隷貿易の真相とキリシタン弾圧の背景」ノンフィクション

奴隷船

「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」

経絡論

「時代小説短編集・憑依(つく)」
ミステリアスな題材による時代小説

憑依3
「徐福渡来伝説を検証する」太古の日本に渡来した徐福とは何者か?古代史ドキュメント
cover2
「おいしいりょうりをつくろう」
電子絵本シリーズ

dam
「こわいおばけがでたぞ!」
電子絵本シリーズ

dom
「とおせんぼ」
電子絵本シリーズ・ぬりえができる


0_txt

































ラベル:5G電磁波
posted by モモちゃん at 07:29| 近未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月11日

人と猫との会話を助ける機器がいずれ開発される!

しゃべる猫がいるって知ってましたか?

江戸時代の話であるが、寺の和尚が寺で飼っている猫が小鳥を狙って近づいている場面に遭遇した。

飛びかかろうとする猫に和尚が思わず声を掛けたため小鳥が逃げてしまったのだが、その瞬間に猫が「おしかった!」と声をあげた。

和尚が驚いてその猫を捕まえ「おまえは人間の言葉がしゃべれるのか」と問うと、その猫は「人に飼われて10年もすると、猫も人間の言葉が分かるようになる」といった。

猫はさらに「20年もすると猫も人間の言葉がしゃべれるようになる」といっていずこかへ去って行ったという。

それはさておき、将来本格的な人猫翻訳機が開発されるというニュースも耳にしたが、市販されるのをいまから楽しみにしている。



話すネコ











しゃべるねこ、しおちゃんの【ボキャブラリー集】






ブログ読者登録 - にほんブログ村

5G時代に対応した電磁波防御製品の紹介

denden3商品詳細

電磁波過敏対策・5G電磁波攻撃防御製品[電磁番AZ]denjiban-1301 (送料無料)
あなたの気になるその不快感は電磁波が隠れた原因かもしれないのです!
慢性的な疲労感、集中力の低下、頭が重い、耳鳴り、不快なめまい、息苦しさ、眼の奥がいたむ、皮膚が乾燥してひりひりする、すく赤くなる、顔がむくんだりほてる、からだが重く疲れる、肩こりや関節の痛み・・・etc
あなたはこの苦痛を誰に訴え相談されますか?
市役所、消費者生活センターや公的機関、警察、病院、弁護士?・・・etc
そしてすっきりと解消されましたでしょうか?
原因不明の不快な環境ストレスの原因は、多くの場合目には見えない電磁波ノイズが関係しています。
反射錯乱する電磁波ノンズは遮断だけでは防御出来ないのです?!
電磁波中和装置「電磁番AZ」は多用途の機能的防御が可能です。携帯するだけ、貼るだけ、置いておくだけ!
準静電界レベルの干渉による不快な電磁波過敏、電磁波音波攻撃対策の防御製品として、
「電磁番AZ」はご利用者の皆様から高い評価を頂いております。
★電磁波中和放電装置「電磁番AZ」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
★製品サイズ 直径10cm 厚さ 1.5cm 重さ 約80g

電磁番AZ使用時の注意事項

★「電磁波中和装置電磁盤AZ」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。


詳細は外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番AZ」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番AZについての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏について
電磁波攻撃によるストレス症状について
「電磁波中和装置電磁番AZ」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番AZ」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番AZ」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番AZ」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏の関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
電磁波被曝と準静電界について
米国大使館電磁波被曝事件
迫り来る次世代5Gの脅威とは


「天魔王信長の野望を打ち砕く 我が武略に勝算あり」ノンフィクション

tuku
「戦国日本人奴隷貿易の真相とキリシタン弾圧の背景」ノンフィクション

奴隷船

「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」

経絡論

「時代小説短編集・憑依(つく)」
ミステリアスな題材による時代小説

憑依3
「徐福渡来伝説を検証する」太古の日本に渡来した徐福とは何者か?古代史ドキュメント
cover2
「おいしいりょうりをつくろう」
電子絵本シリーズ

dam
「こわいおばけがでたぞ!」
電子絵本シリーズ

dom
「とおせんぼ」
電子絵本シリーズ・ぬりえができる


0_txt

















ラベル:翻訳機
posted by モモちゃん at 17:11| 近未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月09日

お墓は何故必要とされるのか?

人間が肥料になる!?
世界では当たり前のこと?

誰だって身ぐるみ剥がされる!?



子供の頃、夕方遅くまで遊び回っていると、大人から怖い人に生き胆を盗られるぞと脅かされていた記憶がある。

お年寄りの話によると、一昔前まで、人の内臓を盗み取るのが目的の殺人が本当にあったということである。

どうも鎌倉時代以前からそうした無知と迷信に取り憑かれた殺人者が度々横行していたらしいのである。

人の生き胆を取るなど猟奇的で身の毛がよだつが、何でもそれが病気治療の奇薬に利用されたということらしい。

その上、それで何らかの取引もあったということになると、当方としては思わずぐっと身を乗り出してしまうわけである。

もちろん東洋では植物だけでなく、古くから動物性生薬も治療には使われていた。

犀角、鹿茸、虎骨、オットセイの一物、蛇、それに熊胆などである。

江戸中期の古方派・医師後藤艮山はこの貴重な熊胆丸を処方して手広く売り出したので有名になったという。

とにかく熊の胆は高価なもので同じ重さの金と取り引きされたというから、相当な高貴薬であったろう。何でも激しい痛みをともなう胆石、胆嚢炎、胃潰瘍の鎮痛、鎮静に著効があるという。

では人間の人胆は一体何に効能があるというのか。

おそらく当時の「不治の病」といわれるものに対してではないかと思うのだが、これに関して一つだけ確かな歴史的史料がある。

江戸時代の有名な首斬り役人であった山田浅右衛門は徳川家の御佩刀御試御用役でもあったが、刑死者の生胆を貰い受ける特権があり、それで自家製の薬を作って売ったということである。

人間の胆は労咳(結核)にきくといい、こちらは「人胆丸」と呼ばれ高価な薬であったが、これ自体の出典根拠は大陸や印度から伝わった仏教説話に繋がっていくようである。

当時山田家は試刀の礼金や刀剣鑑定料といった副業もあったが、この「人胆丸」の売薬でその財力は万石の大名に匹敵するといわれた。

原材料は役得ですべて只同然だから、それこそ丸儲けである。

因みに名人とうたわれた八代目吉亮は三百の首をその生涯に斬り落としたというから、「人胆丸」も相当量市中に出回ったことであろう。

一応こちらは合法的に人胆が使われ売買されたことになるが、常に供給不足であったことは察しがつく。

そうであるとなると結局この時代には合法、非合法の「人胆丸」が存在したということになってくる。

当然、偽物もあったであろう。

ここに、冒頭で紹介したような猟奇的事件が発生する背景があったことは想像にかたくない。

ところが、こうした事象は過去のこととばかりとはいってはおれないようなのである。

現代医学の進歩のもとでは、いまや人体の内蔵諸器官はパーツとしての「取引」が可能な時代が到来したのである。

img144af34ezikfzj

昔も今も人間の要求は変わらない。人間の臓器であろうと、生き長らえるために必要であればどこからか市場原理に突き動かされた需要が自ずと出てくる。

そこには、人間の臓器を求めてでもしてどうにかして生き長らえたい、生かせたい命があるという方便である。

医療も関連法規もそういう方便で整備されてくる。つまり臓器移植法がそれである。

経済的に疲弊している後進国ではそうした需要に答える貧しい人々がいるし、暗黒の組織が影でうごめいてもいる。

生活苦から、自ら片方の腎臓や眼球を売っている貧民層の人も少なくない。

死刑囚の臓器パーツが商品化しているところもあるし、臓器移植に金銭取引が絡んだ赤ん坊売買や誘拐事件がすでに欧米や中南米でも頻繁に起こっている。

さてさて、一体どこからこのような臓器売買の発想が出てきたのであろうか。

まさか山田浅右衛門の「人胆丸」に刺激されてということではあるまい。

倫理的にもデリケートな問題であって、いきなり人体再利用といったら言い過ぎかもしれないが、どうやらそうした風潮が巷に徐々に作られつつあることだけは確かである。

平和ボケの日本では想像もつかないが、とにかく治安の悪い国では死体がごろごろ転がっているのである。

日本では比較にならないほど、そこでは人命が軽視されており、やたらと殺人事件が多発しているわけである。

米連邦捜査局(FBI)の発表によると、アメリカでは1990年代以降の殺人事件による死者は24,000人を越えていて統計上は年々増加傾向にあるときいていたが、最近の米疾病対策予防センター(CDC)によると、2011年のアメリカでの銃による死亡者数は約31,000人にやはり増加している。 (ワシントン・ポスト紙では、2015年にはアメリカでの銃による自殺を除いた死亡者数が1万3000名だったのに対し、日本ではわずか1名だったと伝えている。)

それこそ世界一の銃社会であるから、アメリカでは1日平均百人前後の市民が犯罪がらみで撃ち殺されているということになる。

銃社会であるから、当然こうした現実を享受し続けている。

つまりは同じ病院内で、救急で運び込まれた重症の瀕死状態の患者がいて、他方では新鮮な臓器パーツさえあれば助かる危うい命がある。

移植医療の現場から見れば臓器パーツは喉から手が出るほど欲しいに違いあるまい。

ここから出てくる発想は分かり易いはずである。

身近に新鮮な再利用可能な最適の臓器パーツがあれば、そこには必然的に需要そのものは湧いてくるというべきであろうか。

一旦これが合法化されてしまえば、的確かつ迅速な処理と搬送システムの充実が計られ情報ネットや供給体制が整えられることになる。

当然こうしたシステム化にはどうしても経済的負担と効率化が問題になる。

要は高額な経費負担さえクリアすれば実行可能である。

後は臓器パーツの搬送や移植専門チームの編成といった採算コストを考慮した経済至上主義的システムに擦り変わっていかざるをえない。

倫理だ法整備だと面倒な手順を踏まないでいい特定の国では、それが簡単に実施可能だったし実際に行われてきた。

欧米にならった臓器移植の合法化とは、本来そういうものだと考えている。

もとより一般の健康保険の適応外であるから、移植にはべらぼうな費用が掛かる。

日本でも不動産や資産を処分したりして、そうした腎臓や心臓の新鮮な臓器パーツを求めて海外に渡って行く人は少なくない。

それこそ日本でも一昔以前までは売血という行為が、急場の糧を得るために巷で行われていたのも事実である。

余談であるが、中国の『清朝野史大観』という歴史を扱った書物をご存じであろうか。

 yasi


これに食道楽で嬰孩肉(子供の肉)が好物の酷官の話しが出てくるのだが、雇った料理人に人肉を平気で調理させていたということである。

そういう残酷なことがまかり通るというのが不思議であるし、またそうした嗜好に応ずる残忍な供給自体があるということが意外でさえある。

それはその時代がそれほどに経済が疲弊し生活苦に喘ぐ貧しい人々が多かったということの反証であり、非情にも子供を売らざるを得ない親が少なくなかったという過酷な事実を教えてくれるものである。

しかもこの話の場合は主役が官吏だけに余計に皮肉でもある。

現代中国ではこの伝統性は残っているようで、母乳が闇で取引されていて富裕層が希少な栄養剤ということで貧困層の女性から買い取っているということである。

母乳は老人の疲労回復や病後の養生として根強い需要があるらしい。

欧米人が好んで使う高価な化粧品にも、後進国で堕胎された多くの胎児から抽出された成分が使われているし、高価な成長ホルモン剤とて原材料の出どころを追跡すればここらは皆同様であろう。

日本にも当然それらは輸入されている。

このように人間の欲望や要求とは、それこそどこまでも底知れぬものである。

貧困層には病気治療にお金を使い果たしてしまい、どうしても最後の葬儀代が工面出来ない人たちがいる。

そこへ葬儀屋(ボディブローカー)が善意の声を掛ける。死体を献体してくれれば、後の火葬費用等は手前が負担いたしますと。

ボディブローカーとしての仕事自体は需要と供給が下支えしている。

身体パーツの価格相場は変動するらしいが、需要は少なくないようだ。

法的規制緩和が進めば、いずれ日本にも海外企業が進出してくるだろう



以前あるSF映画の中で、食料供給の為に人間の死体が再処理分解されて食品に加工されていくショッキングな部分があったが、その意外性の裏で何やら信憑性のありそうな展開にはっとさせられたことがある。

まあそうした発想からみれば、いまの時代には相当の距離があるとみることもできるのだが、一方で人間が死ねば粗大ゴミと化する時代がきているとするならば、そうした未来社会の到来もただの空想とばかりとはいえなくなる。

身体パーツ、臓器移植のための臓器パーツに国際商標タグが添付される時代もそう遠くはないのかもしれない。


すべての流れは今後の世界や日本の経済がどうなるかで決まってくる。



「人間の肥料化」が合法化されそう、何それ?<墓不足や環境への配慮から、「グリーン埋葬」にこだわるアメリカ人が増えている>2019/4/24
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190424-00010004-newsweek-int


民衆法廷「中国は犯罪国家」と断罪 「良心の囚人」からの強制臓器収奪は今も
続いている 2019/6/19

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190619-00010000-newsweek-int

毎年2万8000の臓器が無駄に、調達機関で不正が横行 米 2019/6/22

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190622-00010000-clc_nytv-n_ame

中国の囚人?「人体標本展」の遺体のDNA鑑定を
2018年10月24日
http://agora-web.jp/archives/2035348.html

人体標本展を中止、拷問死した中国人の可能性 スイス

アメリカ死体市場の闇 貧困層の善意の献体狙う「ボディブローカー」2017年11月7日
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/11/post-8848.php

臓器売買容疑で12人逮捕、大規模ネットワークに関与 エジプト
2017年8月23日
http://www.afpbb.com/articles/-/3140111?

病院から闇市場へ売られる新生児、インド中部 2016年6月13日
http://www.afpbb.com/articles/-/3089560?utm_source=yahoo&utm_medium=news&cx_from=yahoo&cx_position=r3&cx_rss=afp&cx_id=3160390


赤ちゃん売ります──貧困があおる人身売買 ブルガリア
2016年3月2日
http://www.afpbb.com/articles/-/3079016?cx_part=ycd











ブログ読者登録 - にほんブログ村

5G時代に対応した電磁波防御製品の紹介

denden3商品詳細

電磁波過敏対策・5G電磁波攻撃防御製品[電磁番AZ]denjiban-1301 (送料無料)
あなたの気になるその不快感は電磁波が隠れた原因かもしれないのです!
慢性的な疲労感、集中力の低下、頭が重い、耳鳴り、不快なめまい、息苦しさ、眼の奥がいたむ、皮膚が乾燥してひりひりする、すく赤くなる、顔がむくんだりほてる、からだが重く疲れる、肩こりや関節の痛み・・・etc
あなたはこの苦痛を誰に訴え相談されますか?
市役所、消費者生活センターや公的機関、警察、病院、弁護士?・・・etc
そしてすっきりと解消されましたでしょうか?
原因不明の不快な環境ストレスの原因は、多くの場合目には見えない電磁波ノイズが関係しています。
反射錯乱する電磁波ノンズは遮断だけでは防御出来ないのです?!
電磁波中和装置「電磁番AZ」は多用途の機能的防御が可能です。携帯するだけ、貼るだけ、置いておくだけ!
準静電界レベルの干渉による不快な電磁波過敏、電磁波音波攻撃対策の防御製品として、
「電磁番AZ」はご利用者の皆様から高い評価を頂いております。
★電磁波中和放電装置「電磁番AZ」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
★製品サイズ 直径10cm 厚さ 1.5cm 重さ 約80g

電磁番AZ使用時の注意事項

★「電磁波中和装置電磁盤AZ」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。


詳細は外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番AZ」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番AZについての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏について
電磁波攻撃によるストレス症状について
「電磁波中和装置電磁番AZ」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番AZ」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番AZ」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番AZ」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏の関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
電磁波被曝と準静電界について
米国大使館電磁波被曝事件
迫り来る次世代5Gの脅威とは


「天魔王信長の野望を打ち砕く 我が武略に勝算あり」ノンフィクション

tuku
「戦国日本人奴隷貿易の真相とキリシタン弾圧の背景」ノンフィクション

奴隷船

「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」

経絡論

「時代小説短編集・憑依(つく)」
ミステリアスな題材による時代小説

憑依3
「徐福渡来伝説を検証する」太古の日本に渡来した徐福とは何者か?古代史ドキュメント
cover2
「おいしいりょうりをつくろう」
電子絵本シリーズ

dam
「こわいおばけがでたぞ!」
電子絵本シリーズ

dom
「とおせんぼ」
電子絵本シリーズ・ぬりえができる


0_txt

















ラベル:有機肥料
posted by モモちゃん at 09:35| 近未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月03日

意外と知られていない5Gの危険性とは!

「5Gネットワーク」は本当に安全なのか?

今現在、次世代の通信技術として5Gが世界で注目を集めていますが、そのシステムを支える基地局や通信衛星から発生する強力な電磁波による人体の健康被害についての不安は日本ではほとんど触れられることはありません。

これについて、日本では公には報道されることはありません。

欧米では各方面からの問題提起もあり、従来の電磁波被曝の問題と同様に5Gの安全性については慎重な見方もされてきています。

すでに自動車の自動運転やドローンの商用利用などが先行しているアメリカ国内では、5G対応の基地局など通信企業による投資が急拡大しつつあるのです。

次世代の通信技術としての5G技術が広範な軍事技術にも関連することもあって、アメリカとしても台頭してくる中国に遅れをとることは許されない核心的技術分野であることに間違いはないはずですが、運用面ではすでに中国に質量共に先行されている状況にあります。

そうした焦りもあってか、経済面だけがなおさら優先されてしまって5G運用時のリスクについては見落とされがちですが、検証もなく早急な5Gシステムへの移行は後々思わぬ事態をも招く危険性はないとは云えません。

5Gシステムの利便性だけが表だって報道されがちであり、ここでは健康リスクについては意図的に無視続けたままというのが現状のようです。

アメリカの国立衛生研究所(NIH)がすでに10年の時間と3億ドルの巨費を投じて実証実験を繰り返した結果では、人工的な電磁波がガンの誘発や心臓、脳へ悪影響をもたらすことが公表されていることは欧米社会では一般に知られていることです。


世界の著名な科学達も5Gシステムが健康被害をもたらす可能性のあるとして、すでに警鐘を鳴らしてもいるわけで、専門的分野で研究する41ヶ国の科学者235人が、「International EMF Scientist Appeal(電磁波と無線技術に関する国際科学者の申し立て)に署名しています。

電磁波過敏症対策

かっての1960年代の「米ソ冷戦時代」においてさえ、敵対するアメリカとソ連は電磁波(放射線)を照射する兵器開発の研究を行っていました。

事実そうした研究を反映してソ連では電子レンジが健康に害があるとして、一時期家庭内での使用が禁じられていたほどです。

それさえも利便性と経済優先の政策によって、いつの間にか有耶無耶にされてしまったのです。

いまもまた経済第一主義のまま5Gの普及が優先され、さらには米中間の経済戦争や軍事的対立が深刻化するに従って、いよいよ両国にとっての覇権争いの焦点ともなりつつあります。

とにかく経済戦略として5Gシステムによるネットワーク構築は、世界中で最優先事業としての位置付けがされていることになります。

日本もそうした流れは同様であって、米中の先進技術を導入することで国内での5Gシステム対応の基地局を各携帯電話会社も増設しつつあります。

ひとつ知っておかなくてはならないことは、5Gシステムの運用時には従来のものと比較にならないほど強力な電磁波が放出され続けるという事実です。


 それこそ連携する基地局も、都市部を中心にいままで以上に密に設置する必要があって、今後日本国内でも数十万カ所に5Gシステムの基地局が設置されることになります。

さらに5Gシステム運用には膨大な数の通信衛星が打ち上げられることになります。

それは実際に地球表面を覆い尽くすような規模のネットワークを構築するのであって、四六時中膨大な(電磁波)電波が雨のように地上に降り注いでくることになるわけです。

一般の生活環境中でこうした電波放射源が中継局などとして設置され、ミリ波帯の電波が照射されるといった状況はこれまでにはなかったことなのです。まさに未知の領域であるとも云えます。

しかも今後のインフラ整備としては車両の自動運転などでは、レーダー(車載・歩道)による電磁波被曝はさらに増大することになります。

つまり都市部であろうと農村部であろうと、5Gシステムが全国規模、あるいは全地球規模で展開することになるわけです。

これはいままでにない未曾有の電磁波環境が出現することになります。

それこそ人工の電磁波の網がすっかり地球全体を包み込んでしまうわけですから、これに地上に住む人体がまったく無反応で済まされるとは到底考えられません。

欧米では電磁波環境でもっとも関心が持たれることは、妊婦や成長期の児童への影響です。携帯電話の使用についても一定の制限さえなされています。

イギリス、ロシア、フランスは十六歳未満の使用は控えるように勧告されていますし、ドイツ、イスラエル、ベルギーでは子供の携帯電話の使用を制限していますが、日本ではそうした情報にさえ無関心です。

そこにきていきなり5Gシステムの登場ですから、それこそ何をか言わんやという感じです。

あらゆうる場所でそうした目に見えない電磁波の暴露を否応なく受け続けることになるわけですが、これに対する反対意見はいまのところ日本ではほとんど耳にしませんし報道もされません。誰もが無関心と云うことなのです。

次世代の5Gシステムそのものは現行の4G通信の数百倍の速度とされ、その飛躍的な情報処理能力からみても利便性と経済面では格段に優れているのは確かです。

しかし5Gシステムでは、これまでの4Gとは全く異なる先駆的な技術を使用することになります。

通信衛星から500万㎾もの電磁波エネルギが地上の中継局に照射されるということは、同時に地上で生活する人々もその強力な電磁波をまともに浴びることになります。

5Gシステムで使われる電磁波(電波)は、電磁波自体か直進するため元々は軍事利用として実験試行されていた「超高周波・ミリ波」帯のものであって、地上の建物などの構造物に吸収され易い特性があることから、そのままでは広範囲の通信電波としては使いにくいものとされていました。

これをカバーするために、中継局や基地局はこれまで以上に間隔を狭めて多数個設置しなくてはならなくなりました。

これが結果的には高密度でより強力な浸透力を増した電磁波が必要とされる理由であって、地上の住民は無防備なままに否応なくこうした電磁波に暴露されてしまう環境に置かれてしまうことになります。

もとよりこの種の電磁波(電波)そのものは目には見えませんから、通常の感覚では捉えられることはありません。目に見えないからすべて安全というわけでもありません。

5Gシステムの電磁波暴露が何の影響もないとは云いきれないのであれば、自衛するしか方法はありません。

電磁波も物理的エネギーを増大していけば、より放射線領域に近づいていきます。もとより放射線は物理的には電磁波の範疇なのです。

イスラエルのアリエル大学で物理学を教えるベン・イシャイ博士によると、人間の肌は5Gの放射線に対して一種の受容体として作用し、アンテナのように放射線を吸収してしまうのだといいます。

特に人体の髪の毛はその形状と細さから、電磁波をアンテナのように受けてしまうと云う説もあります。

だとすると大量の電磁波に人体が被曝すれば、結果的には何らかの健康被害が懸念されることにもなります。

しかしながら、たとえそのような状況が発現してきたとしても、多くの人は一体何が起こっているのか全く気が付かないはずです。

日常的に使われるスマホやデバイスの接続環境が改善されて、しかもより高速で大量の情報がやり取りできる技術的革新そのものには多くの人が満足するのかも知れません。

しかしながらそうした利便性の一方では、人々の健康をや生活環境を悪化させる懸念があることだけはしっかりと頭に入れておくべきです。




5Gの危険性知らないの?日本で報道されない電磁波の話がヤバイ






【5Gの危険性】日本では報道されない5Gの健康被害を知らなきゃヤバい






5Gが超ヤバイ! 5Gから身を守る5つの方法







5G時代に対応した電磁波防御製品の紹介

denden3商品詳細

電磁波過敏対策・5G電磁波攻撃防御製品[電磁番AZ]denjiban-1301 (送料無料)
あなたの気になるその不快感は電磁波が隠れた原因かもしれないのです!
慢性的な疲労感、集中力の低下、頭が重い、耳鳴り、不快なめまい、息苦しさ、眼の奥がいたむ、皮膚が乾燥してひりひりする、すく赤くなる、顔がむくんだりほてる、からだが重く疲れる、肩こりや関節の痛み・・・etc
あなたはこの苦痛を誰に訴え相談されますか?
市役所、消費者生活センターや公的機関、警察、病院、弁護士?・・・etc
そしてすっきりと解消されましたでしょうか?
原因不明の不快な環境ストレスの原因は、多くの場合目には見えない電磁波ノイズが関係しています。
反射錯乱する電磁波ノンズは遮断だけでは防御出来ないのです?!
電磁波中和装置「電磁番AZ」は多用途の機能的防御が可能です。携帯するだけ、貼るだけ、置いておくだけ!
準静電界レベルの干渉による不快な電磁波過敏、電磁波音波攻撃対策の防御製品として、
「電磁番AZ」はご利用者の皆様から高い評価を頂いております。
★電磁波中和放電装置「電磁番AZ」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
★製品サイズ 直径10cm 厚さ 1.5cm 重さ 約80g

電磁番AZ使用時の注意事項

★「電磁波中和装置電磁盤AZ」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。


詳細は外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番AZ」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番AZについての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏について
電磁波攻撃によるストレス症状について
「電磁波中和装置電磁番AZ」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番AZ」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番AZ」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番AZ」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏の関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
電磁波被曝と準静電界について
米国大使館電磁波被曝事件
迫り来る次世代5Gの脅威とは


「天魔王信長の野望を打ち砕く 我が武略に勝算あり」ノンフィクション

tuku
「戦国日本人奴隷貿易の真相とキリシタン弾圧の背景」ノンフィクション

奴隷船

「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」

経絡論

「時代小説短編集・憑依(つく)」
ミステリアスな題材による時代小説

憑依3
「徐福渡来伝説を検証する」太古の日本に渡来した徐福とは何者か?古代史ドキュメント
cover2
「おいしいりょうりをつくろう」
電子絵本シリーズ

dam
「こわいおばけがでたぞ!」
電子絵本シリーズ

dom
「とおせんぼ」
電子絵本シリーズ・ぬりえができる

tosenbo




























ラベル:次世代
posted by モモちゃん at 14:28| 近未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月15日

量子力学で解明される意識や感情とは?

東洋医学が再評価されるときが来る!

人体で最大の「新しい器官」は、なぜいまになって“発見”されたのか
2018/4/5
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180405-00010000-wired-sctch

【衝撃】「人間はコンピュータである」米有名大学が実証へ! 意識や感情も“量子”で解明、人間観が劇変か!
人間の脳が量子コンピュータである可能性が浮上。その解明に向け、米カリフォルニア大学の理論物理学者、マシュー・フィッシャー教授らがテストを行う予定だと、科学ニュース「Science Alert」(29日付)が報じている。
(2018/03/31)

http://tocana.jp/2018/03/post_16458_entry.html

心と身体をつなぐ「心身相関」の神経回路 名古屋大学が解明
https://univ-journal.jp/31102/


「気」と「東洋医学」の本を書きました!

私事ですが、今回ちょとした専門書をアマゾンから出しました。

中国の伝統医学の基礎理論である「経絡」や「気」についての解説本です。

紙の本にすると約300ページ以上のヴォリームになります。

対象は鍼灸師や整体師、気功師などの東洋系の治療家の方向けです。

東洋医学といっても一般の方が読まれたらちょっと難解な部分もあるかもしれません。

人体の「経絡」や「気」というと、一般には目には見えないものだけにどうしても半信半疑に捉えられがちですが、長年人の体に触れているような治療分野のセラピストや鍛錬を続けてきた武道家には準静電界レベルの生体現象として感じられるようになります。

さらにはこの人体の「経絡」や「気」が分かるようになると、これらを介して治療に必要な身体情報が取り出せるようになります。

一口で言うと、体調不良の様相や状態が気の流れや生体経絡の変化を確認することで、いろいろな反応のレベルでその変化が捕捉出来るようになるというわけです。

かっての古代中国の医師たちはみなこの伝統的な手法を巧みに使って患者を診断し、治療を施していました。

精密な診断機器どころか、レントゲンや体温計さえない厳しい状況であらゆる病人を治療していたのですから驚きです。

そうした二千年前の紙さえなかった時代の最古の医学書や薬物書も少なからず残されています。

すでにその時代に人体の「経絡」や「気」についての詳細な情報と、それを使った治療技術とが記されていました。

古代人は人の体内では血だけではなく、気というものも全身くまなく流れていると考えました。

通常人体には心臓による血液循環が常時全身に隈なく及んでいるのですが、これとは別にさらに目には見えない生体エネルギーの還流があって、それが特定のライン(経絡)を常に流れ続けているのだと古代人は考えていたのです。

古代ではこの人体の「経絡」や「気」の流れが生命活動の源泉であり、人体の生理活動そのものであるとみたのです。

これを現代風に分かり易くいうと、生命活動においては血液のような目に見えるいわゆる分子量の大きな液状物質としての流れ以外にも、さらに分子量の小さな目には見えない極小のもの(気)の流れが生体内にはあるという捉え方なのです。

西洋医学でこの全身の血液循環のシステムが理解されたのは16世紀になってからでしたから、この点だけをみても古代中国では先駆的な生理観がすでにあったことになります。

同時にそこには血液循環だけではなくて、そうした根源的な生体エネルギーである生気の流れが人の生命活動(栄養・免疫・精神活動)を維持しているという考えがあったのです。

つまり病気になるとこれらの生理的な気の還流現象が阻害され滞ると、その変動はそのまま人体の体表面の「経絡」上に病変として現れるものだとして、その変調を診て病状をより詳しく捉えようと試みたわけです。

これを説明するのに古代の中国人は膨大な数の竹欄にそれらの情報を記述して、まとまった医学書として後世に残しました。(『黄帝内経』)

古代の医師たちは病人の顔色を診たり、声を聞いたり、体調を問診したり、さらには直接体表面に触れたりして診察したのですが、もっとも特徴的なのは脈状によって体内の状況を捉えようとしたことでした。

そこでは血液循環だけではなく、病人の脈を直接診ることによって体内の気(生命エネルギー)の還流の様相を巧みに補足することに注力しました。

古代の医師たちは脈の状態や体表面の経絡を探る感覚を研ぎ澄ますことによって、体内の気(生命エネルギー)の還流現象をとらえるという独自の術式を考え出したわけで、これによっていわゆる機械器具を一切使わずに病態を補足できる診断技術を確保したということになります。

同時にそこから、この体内の気(生命エネルギー)の還流を正常な状態に回復するのに適合した多種多様な独自の治療技術を確立していきました。

それが現在の伝統的な鍼灸の術式であり、湯液(漢方薬)であり、導引吐納(気功法・呼吸法・医療体操)・按ギョウ調摩(医療マッサージ)・利関(整体術・整骨)といった多くの治療技術に繋がっているということになります。

うがった見方で言いますと、古代中国においてはこうした人体の「経絡」や「気」を診る診断法と独自の治療技術とが見事にセットになった形で、すでに合理的な側面を見せて治療システムそのものがほぼ完成していたということが窺えるわけです。

この大陸系の医術は古代の日本にも伝わりましたが、おおよそ奈良平安期から江戸時代まで、いわゆる西洋医学が入ってくるまでの間はこうした東洋系の医学が占めていたことになります。

現代でも、日本には伝統的な東洋医学として漢方や鍼灸が継承されてきていますが、当然そこでは「気」や「経絡」という専門用語が使われることがあります。

数千年という文明史の流を経て厳しく淘汰され続けてきたこれらの古代の医療技術がその原型を残したまま廃れることなくあるということは、生体の「経絡」や「気」というものの存在がいまだに無視できないものであると認識されているが故だと考えます。

意外なことですが、「経絡」や「気」というものの実態を解明していく上では、現代の最先端の分子生物学や量子力学は非常に参考になると考えています。それもこの上なく相性がいいのです。

それというのも生体の経絡現象そのものは、量子力学で云うところの情報を瞬時に伝えることができる「量子もつれ」と呼ばれる特殊なシンクロ現象に比定出来る部分が多々あるからです。

さらには生体全体に展開する十二経絡投影というフラクタル次元の精緻な様相そのものは、情報やエネルギーの流れを効率よく循環させる螺旋状の渦巻き循環(トーラス運動)とも見事に符合していると考えています。

「経絡」や「気」についてに関心を持っておられる治療家・セラピストの方々に是非本書をご一読いただけたらと思います。





経絡論







「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論: 東洋医学史」「 Kindle版











「天魔王信長の野望を打ち砕く 我が武略に勝算あり」ノンフィクション

tuku
「戦国日本人奴隷貿易の真相とキリシタン弾圧の背景」ノンフィクション

奴隷船

「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」

経絡論

「時代小説短編集・憑依(つく)」
ミステリアスな題材による時代小説

憑依3
「徐福渡来伝説を検証する」太古の日本に渡来した徐福とは何者か?古代史ドキュメント
cover2
「おいしいりょうりをつくろう」
電子絵本シリーズ

dam
「こわいおばけがでたぞ!」
電子絵本シリーズ

dom
「とおせんぼ」
電子絵本シリーズ・ぬりえができる

tosenbo





denden3商品詳細

電磁波過敏対策・電磁波攻撃防御製品[電磁番AZ]denjiban-1301 (送料無料)
あなたの気になるその不快感は電磁波が隠れた原因かもしれないのです!
慢性的な疲労感、集中力の低下、頭が重い、耳鳴り、不快なめまい、息苦しさ、眼の奥がいたむ、皮膚が乾燥してひりひりする、すく赤くなる、顔がむくんだりほてる、からだが重く疲れる、肩こりや関節の痛み・・・etc
あなたはこの苦痛を誰に訴え相談されますか?
市役所、消費者生活センターや公的機関、警察、病院、弁護士?・・・etc
そしてすっきりと解消されましたでしょうか?
原因不明の不快な環境ストレスの原因は、多くの場合目には見えない電磁波ノイズが関係しています。
反射錯乱する電磁波ノンズは遮断だけでは防御出来ないのです?!
電磁波中和装置「電磁番AZ」は多用途の機能的防御が可能です。携帯するだけ、貼るだけ、置いておくだけ!
準静電界レベルの干渉による不快な電磁波過敏、電磁波音波攻撃対策の防御製品として、
「電磁番AZ」はご利用者の皆様から高い評価を頂いております。
★電磁波中和放電装置「電磁番AZ」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
★製品サイズ 直径10cm 厚さ 1.5cm 重さ 約80g

電磁番AZ使用時の注意事項

★「電磁波中和装置電磁盤AZ」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。


詳細は外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番AZ」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番AZについての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏について
電磁波攻撃によるストレス症状について
「電磁波中和装置電磁番AZ」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番AZ」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番AZ」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番AZ」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏の関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
電磁波被曝と準静電界について
米国大使館電磁波被曝事件
迫り来る次世代5Gの脅威とは






























































ラベル:中国医学
posted by モモちゃん at 09:33| 近未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月08日

新型肺炎蔓延で何故悲観論が出て来ているのか!?

もはやオリンピックどころではあるまい!

医学研究の分野では数理統計学という精緻な統計処理が応用されることがあります。

これは初期段階から時間の推移と共に増大拡散されていく伝染性疾患の蔓延のシミュレーション処理などでも応用されるのですが、ここで高度で精緻な統計処理がされれば、事前に今後展開するであろう大方の予想そのものはほぼ正確に掴めることになるわけです。

そのようなこともあって、今回の新型コロナウイルスの感染の規模と今後の展開予想が欧米の専門家からも次々と出されてきています。

今回の中国内陸部の湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスの感染をめぐり、日増しに世界的な流行拡大を懸念する声が高まっている理由は他にもあります。

すでに日本を始め世界中に拡散しつつある現実を観ても、新型コロナウイルスの感染力そのもののもたらす影響は深刻なのだだといえます。

中国情報はこうした感染拡大に対してはもっぱら隠蔽工作がなされている状況にあっては、正確な情報を掴めないわけで、さらなる混乱と感染拡大が進行していくことは避けられないと思われます。

ここからはさらなる国家レベルの検疫の強化によって防災体制を維持していく必要があるわけですが、世界規模の災禍と云うことになると今後さらなる事態の発生が予想されます。

それだけに日本の危機管理は実にお粗末としか云えません。

政府が救援のチャーター便を飛ばしたことはいいとしても、その後の対応は杜撰としか云いようがありません。

帰国者の隔離の遣り方がまったくなっていないということです。

隔離するなら民間施設などではなく全員を専用の施設に移送し、個別に隔離して経過観察するのが当然の処置のはずです。

検査拒否した者をそのまま自宅に帰すなど云った対応には驚愕してしまいます。

このような場合の国レベルの対応策や法整備はいまだに成されていないと云うことなのでしょう。

こうした場合、緊急に疑わしい感染源、感染ルート、感染し得る人員の接触はすべて確実に遮断しなくては、感染そのものは防ぎようがありません。

クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の場合とて、同様にその対応には呆れてしまいます。

乗客は早急に専用の施設に移送し、個別に隔離して経過観察するのがここでも最善の方法であろうと考えます。

船室は複数の人が利用しているわけで、それぞれ個別隔離と云うことにはなりません。

船内から感染者が発生した以上、すでに船内施設自体がコロナウイルスで汚染されているわけですから、そのまま乗客を危険な場所に同室の状態で居続けさせるというのでは、結局はさらなる感染者を増やすばかりです。

第一そうした乗客を船上スタッフに管理させ続けるという処置自体が不適切であるといえます。

あるいは最初からクルーズ船をそのまま乗客を隔離した病棟船にしてしまうということなのかもしれませんが、余りにもお粗末な対応だと思います。

このままですと、感染のループは途切れずに船内感染者はますます増えていくのではないでしょうか。

一旦新型肺炎コロナウイルスが拡散し始めれば、人口密度も交通網も密集している日本ほど危険性が高い国はないわけですから、ここは最高レベルの危機管理の対応が考えられて当然のことだと思われます。


危機管理手云えば、日本国内だけの問題では済まされない事態も考えられます。

今後のさらなる展開として、特に日本にとっては地政学的にも北朝鮮の動静がもっとも気になるところです


北朝鮮「謎の高熱」で5人死亡、新型肺炎か不明も当局は隠ぺい
https://news.yahoo.co.jp/byline/kohyoungki/20200208-00162156/
2020/2/8

北朝鮮は再三にわたって新型コロナウイルスの自国への侵入はないと云っていますが、中国国境と隣接しており人員による物資の移入が欠かせない以上、今回の新型コロナウイルスが防げるはずはありません。

肝心の防疫体制や国内の衛生管理が不備である以上、急速に国内に感染が蔓延することになります。


新型コロナウイルス感染が流通部門や軍内部の兵員にまで蔓延すれば、独裁的な国家体制は統制が維持できなくなり、たちまち大きな騒乱や暴動に発展しかねません。

情報が統制され隠蔽される下で一旦そうした混乱が発生すれば、大きな危機感と恐怖が国民を襲い国家体制が崩壊しかねません。

もし最悪北朝鮮の体制が崩壊すれば、そこからは大量の武装難民、感染難民が発生します。

そうなると軍の核兵器管理はどうなるかと云うことになり、これとてとても怖いことなのです。


新型肺炎で中国70都市“封鎖”に!? 1億6千万人が事実上“幽閉状態”…習政権の初動対応遅れに国内外から不満噴出! 専門家「中国経済の終わりの始まりだ」 《武漢肺炎拡散加速 中国34座城市封城》
2020.2.7
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/200207/for2002070008-n1.html


デフレ経済の低成長の中にある日本にとって、こうした中国国内の混乱は看過できるものではありません。

中国産品の供給なしには日常的な消費財だけではなく、肝心の工業生産も成り立ちません。

それこそサプライチェーンということでは、中国は非常に重要な役割を果たしているからです。

[爆卦]深セン封城今晩生效,沒有緩衝期
http://moptt.tw/p/Gossiping.M.1581083755.A.A4B

都市封鎖の中に国内最大の生産拠点深セン市がすでに含まれているとの情報が事実であれば、これこそ今後の展開をすべて象徴しているものと云えます。

しかも中国からの何十万もの観光客に大方支えられている観光立国政策にしても、こうなると大きく揺らぐことになります。

中国の経済力すでにそれだけの規模で日本経済を大きく下支えしているわけで、中国経済の減速はたちまち日本の経済に影響を及ぼすことになります。



先月の当方の警告ブログ・

スーパー耐性菌・新型SARSの可能性はありやなしや?2020/01/07
http://denjiha55.blog.fc2.com/blog-entry-2332.html

このようにいち早くブログで心配したとおり中国の新型肺炎は、いよいよ深刻度を増してきました。

ネット上では多くの未確認の情報が錯綜していますが、欧米の専門家からは悲観的な予想が出て来ています。

【新型肺炎】「パンデミックになるのはほぼ確実」「封じ込められなくなりそうだ」米専門家が悲観発言
https://news.yahoo.co.jp/byline/iizukamakiko/20200204-00161616/

台湾、中国本土からの入境禁止    南京など34都市「封鎖」か
2020/2/6
https://this.kiji.is/597971696768681057


さらに一瞬のことですが、中国国内で驚愕の数字がテレビ画面に表示されたようです。

↓この報道が事実なら、2020年の東京オリンピックはほぼ絶望的なことになります。

しかも中国国内の新型肺炎の死亡率そのものは15%を超える事になりそうです。

新聞/藏不住了?中國騰訊疑似曝光武漢肺炎疫情數字 民視新聞網
民視

5a6ced4469f69a972e2de5ee5190517d


https://tw.news.yahoo.com/amphtml/%E5%BF%AB%E6%96%B0%E8%81%9E-%E8%97%8F%E4%B8%8D%E4%BD%8F%E4%BA%86-%E4%B8%AD%E5%9C%8B%E9%A8%B0%E8%A8%8A%E7%96%91%E4%BC%BC%E6%9B%9D%E5%85%89%E6%AD%A6%E6%BC%A2%E8%82%BA%E7%82%8E%E7%96%AB%E6%83%85%E6%95%B8%E5%AD%97-041349411.html


新型肺炎、中国の“衝撃”惨状 感染者「27万人以上」予測も…習政権は“隠蔽”に奔走、「国賓」来日に潜む危険
2020.2.4
https://www.iza.ne.jp/kiji/world/news/200204/wor20020420000009-n1.html?utm_source=yahoo%20news%20feed&utm_medium=referral&utm_campaign=related_link


中国・武漢で対応した医者死亡  病院スタッフが逃げ出す阿鼻叫喚〈週刊朝日〉2020/1/26(日)
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200126-00000016-sasahi-cn


「政府の発表を信じないで」 ネットに医療関係者の告発相次ぐ
2020年1月25日
https://news.livedoor.com/article/detail/17717913/









「新型肺炎の感染規模はSARSの10倍」香港の専門家、「武漢はすでに制御不能」と絶望
浦上 早苗 Jan. 24, 2020,
https://www.yomiuri.co.jp/world/20200125-OYT1T50088/
https://www.businessinsider.jp/post-206340

中国の新型肺炎、広州市の医療関係者も感染との情報
2020年01月20日
https://www.epochtimes.jp/p/2020/01/50840.html

武漢市新型肺炎「患者198人に増加」推計1700人超?米3空港で検疫強化
2020年01月20日
 
https://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/3/2/32780.html

中国の肺炎ウイルス、感染者は1700人以上か 英大推計 米国は空港での検疫強化
2020/1/18
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200118-00000022-jij_afp-int











「天魔王信長の野望を打ち砕く 我が武略に勝算あり」ノンフィクション

tuku
「戦国日本人奴隷貿易の真相とキリシタン弾圧の背景」ノンフィクション

奴隷船

「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」

経絡論

「時代小説短編集・憑依(つく)」
ミステリアスな題材による時代小説

憑依3
「徐福渡来伝説を検証する」太古の日本に渡来した徐福とは何者か?古代史ドキュメント
cover2
「おいしいりょうりをつくろう」
電子絵本シリーズ

dam
「こわいおばけがでたぞ!」
電子絵本シリーズ

dom
「とおせんぼ」
電子絵本シリーズ・ぬりえができる

tosenbo





denden3商品詳細

電磁波過敏対策・電磁波攻撃防御製品[電磁番AZ]denjiban-1301
あなたの気になるその不快感は電磁波が隠れた原因かもしれないのです!
慢性的な疲労感、集中力の低下、頭が重い、耳鳴り、不快なめまい、息苦しさ、眼の奥がいたむ、皮膚が乾燥してひりひりする、すく赤くなる、顔がむくんだりほてる、からだが重く疲れる、肩こりや関節の痛み・・・etc
あなたはこの苦痛を誰に訴え相談されますか?
市役所、消費者生活センターや公的機関、警察、病院、弁護士?・・・etc
そしてすっきりと解消されましたでしょうか?
原因不明の不快な環境ストレスの原因は、多くの場合目には見えない電磁波ノイズが関係しています。
反射錯乱する電磁波ノンズは遮断だけでは防御出来ないのです?!
電磁波中和装置「電磁番AZ」は多用途の機能的防御が可能です。携帯するだけ、貼るだけ、置いておくだけ!
準静電界レベルの干渉による不快な電磁波過敏、電磁波音波攻撃対策の防御製品として、
「電磁番AZ」はご利用者の皆様から高い評価を頂いております。
★電磁波中和放電装置「電磁番AZ」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。
(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
★製品サイズ 直径10cm 厚さ 1.5cm 重さ 約170g

電磁番AZ使用時の注意事項

★「電磁波中和装置電磁盤AZ」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。


詳細は
外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番AZ」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番AZについての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏について
電磁波攻撃によるストレス症状について
「電磁波中和装置電磁番AZ」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番AZ」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番AZ」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番AZ」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏の関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
電磁波被曝と準静電界について
米国大使館電磁波被曝事件
迫り来る次世代5Gの脅威とは

































































ラベル:数理統計学
posted by モモちゃん at 10:42| 近未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月25日

あなたの休眠口座もいずれ消滅してしまう!?

みなさん平均6冊は持っている通帳!

人ごとと思っていたら先日古い引き出しの中を整理していたら、見慣れない銀行通帳が出てきた。

通帳残高を見ると、平成11年5月10日付けで9837円残っていた。

まったく失念していたのであるが、思わぬところから隠し金が出てきた感じである。

それでも20年以上放置していたわけで、全額が引き出せるものかどうか分からない。

残高が9837円ぽっちではあるが、とにかく回収できる分は回収したい。

ところがどっこい、肝心の近くにあったはずのその銀行支店はすでにそこから撤退してしまっていて、現在はATMだけが残っている状態である。

しかも通帳が古いこともあってかそのATMでは認識されないから記帳も出来ないわけで、ここは町中の別の支店を探さなくてはならない。

ちょっと面倒であはあるのだ。

そしてここで確認しておかなくてはならないことは、すでに2018年の1月に「休眠預金等活用法」が出来て、それが実際に施行され「2009年1月1日以降の取引から10年以上、その後の取引がない預金を休眠預金とする」ということで、すでに金融機関が扱う普通預金や定期預金などがその対象になっていることである。

結局のところ銀行口座を長年放置していたら、いつの間にか休眠口座とやらになっていたという話しである。

調べたところ休眠預金状態になってもその残額が1万円以下の場合だと、銀行からは何の知らせもないらしい。

しかも休眠預金状態になってしまうと、毎年口座管理手数料が差し引かれるという話である。

その結果、その少額の預金残高は年々差し引かれて最終的にはゼロになることになる。

そうなるとただの休眠ではなくて、放置された口座は自動消滅するのである。

わたしの休眠口座は消滅しかかっているのだと分かって、慌てて銀行支店まで出かけていったのである。

事務手続きとしての休眠口座の解約にはそれ相応の時間が掛かるのだが、当日清算処理後に残金がようやく手元に戻ってきた。

そして辛うじて掴み取ったその残金は、わずか2891円であった。









「天魔王信長の野望を打ち砕く 我が武略に勝算あり」ノンフィクション

tuku
「戦国日本人奴隷貿易の真相とキリシタン弾圧の背景」ノンフィクション

奴隷船

「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」

経絡論

「時代小説短編集・憑依(つく)」
ミステリアスな題材による時代小説

憑依3
「徐福渡来伝説を検証する」太古の日本に渡来した徐福とは何者か?古代史ドキュメント
cover2
「おいしいりょうりをつくろう」
電子絵本シリーズ

dam
「こわいおばけがでたぞ!」
電子絵本シリーズ

dom
「とおせんぼ」
電子絵本シリーズ・ぬりえができる

tosenbo





denden3商品詳細

電磁波過敏対策・電磁波攻撃防御製品[電磁番AZ]denjiban-1301
あなたの気になるその不快感は電磁波が隠れた原因かもしれないのです!
慢性的な疲労感、集中力の低下、頭が重い、耳鳴り、不快なめまい、息苦しさ、眼の奥がいたむ、皮膚が乾燥してひりひりする、すく赤くなる、顔がむくんだりほてる、からだが重く疲れる、肩こりや関節の痛み・・・etc
あなたはこの苦痛を誰に訴え相談されますか?
市役所、消費者生活センターや公的機関、警察、病院、弁護士?・・・etc
そしてすっきりと解消されましたでしょうか?
原因不明の不快な環境ストレスの原因は、多くの場合目には見えない電磁波ノイズが関係しています。
反射錯乱する電磁波ノンズは遮断だけでは防御出来ないのです?!
電磁波中和装置「電磁番AZ」は多用途の機能的防御が可能です。携帯するだけ、貼るだけ、置いておくだけ!
準静電界レベルの干渉による不快な電磁波過敏、電磁波音波攻撃対策の防御製品として、
「電磁番AZ」はご利用者の皆様から高い評価を頂いております。
★電磁波中和放電装置「電磁番AZ」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。
(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
★製品サイズ 直径10cm 厚さ 1.5cm 重さ 約170g

電磁番AZ使用時の注意事項

★「電磁波中和装置電磁盤AZ」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。


詳細は
外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番AZ」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番AZについての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏について
電磁波攻撃によるストレス症状について
「電磁波中和装置電磁番AZ」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番AZ」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番AZ」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番AZ」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏の関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
電磁波被曝と準静電界について
米国大使館電磁波被曝事件
迫り来る次世代5Gの脅威とは































ラベル:口座管理料
posted by モモちゃん at 17:32| 近未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月19日

科学技術立国が似合わなかった国日本

日本はいずれ衰退する!?

科学技術立国・日本崩壊の真相:
NECはなぜGoogleになれなかったか――量子コンピューター開発「痛恨の判断ミス」 2020年01月14日
https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1912/28/news006.html

私とサムスンの李さんとの和解 シャープ元副社長・佐々木正氏B2012/08/01
https://toyokeizai.net/articles/-/9665

東大合格者17人が海外大に進学した理由 プレジデントオンライン 飯田 樹
2018/04/04
http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%E6%9D%B1%E5%A4%A7%E5%90%88%E6%A0%BC%E8%80%8517%E4%BA%BA%E3%81%8C%E6%B5%B7%E5%A4%96%E5%A4%A7%E3%81%AB%E9%80%B2%E5%AD%A6%E3%81%97%E3%81%9F%E7%90%86%E7%94%B1/ar-AAvrcLl?li=BBfTvMA&ocid=ientp#page=2

日本発の高品質な科学成果発表はさらに3.7%減少
http://univ-journal.jp/20092/

国内大学の論文数、化学、材料科学、物理学分野が急減
http://univ-journal.jp/19950/


「なぜよその国に技術が行ってしまったのか。それは企業の経営者が無能過ぎるからなんです。今、有機ELではSamsungやLGのAMOLED(アクティブマトリクス式有機EL)が知られています。つまりメイド・イン韓国ですね。でも、それは結局メイド・バイ・ジャパニーズなんです。日本は自分のところに実用化のために必要なものが全部あるのに、結局なにもできませんでした。三洋などもすごい技術を持っていたのにです」
城戸淳二教授・山形大学 大学院理工学研究科有機デバイス工学専攻教授 2017年8月10日
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1075333.html


日本からのハイレベルの論文が減るのは当たり前のことである。

いまや優秀な日本人学者は海外に研究拠点を求めている。海外の研究機関の方がはるかに研究資金が豊富だからだ。

限られた時間で多くの成果を得るには、日本国内で燻っていくよりは海外に進出した方が格段に有利であることはたしかであろう。

ひとつ日本人にネックになるのがトイレ事情である。

ウォシュレットで育った若い学生は、いまやウォシュレットのない生活環境には抵抗があるらしい。これは残念なことである。

衰退していく日本で、今後も科学者が優遇されないのは判りきったことであるから、できたらウォシュレットを引っさげてでも若者には海外に飛躍してもらいたいものだ。



発明者は日本人で、東北帝国大学の教授の八木秀次博士(1886-1976)と、当時その助手だった宇田新太郎博士(1896-1976)が1926(大正15)年2月に発明した画期的なアンテナがあった。


それは二十世紀の三大発明の1つともいわれるものである。

八木の指導の下、宇田が実際の開発作業を担当し名称もこの二人の名前に因んで正式には宇田・八木アンテナというが、特許を単独で取得した八木教授の名を冠して一般には「八木アンテナ」と呼ばれる。

戦後テレビ受信用アンテナとして世界を席巻した画期的なアンテナである。

発明された当初、日本では特許も取得されたものの、この発明の重要性が認識されないまま特許権の延長も認められなかったが、八木と宇田の最初の英文報告書は日本よりむしろアメリカで注目され物理学会でも高く評価された。

1928年に八木は米国を訪問し当時のIRE(アメリカ無線技術者協会)等で日本の短波研究の状況について講演してこのアンテナ技術は画期的な先端技術として大きな賞賛を受けた。

1930年頃には米国で宇田・八木アンテナは軍需用(航空機、船舶)としてまず活用され始め、悪天候や夜間(視界不良)に飛行機が空港に着陸するときの誘導システムとして使用されるようになる。

英国は、第二次大戦の1940年当時ドイツからの爆撃攻撃に対して複数地点より観測して目標位置を特定するという原始的な無指向性アンテナを使用する短波帯のCHレーダーから、この格段に機能性が優れた宇田・八木アンテナを使用したVHFレーダーを本格的に実用化することに成功した。

これに対して当時の日本では宇田・八木アンテナの発明がありながら、技術的にはまったく評価されずに捨て置かれたままであった。

しかもこのことが大戦中に皮肉な展開が出てくる。

昭和17年(1942)年2月25日シンガポール戦の後で、日本陸軍は英国軍からの鹵獲物としてレーダーの残骸と操作ノート(ニューマン(Newmann)文書・マニュアル)を入手するのである。

記録によると日本陸軍は、シンガポール占領時に「米国と英国の類似の地上固定式電波警戒機と移動式の対航空機用電波標定機を1組づつ、操作説明書と共に捕獲した。」(佐藤源貞博士覚書)と記録にある。

調査にあたった日本陸軍のもとでこのレーダー装置が相当に優秀な電探装置であることが判明したのであるが、ニューマン文書の中に「Yagi antenna」という言葉が頻繁に出てくるのに遭遇し、これは「ヤジ」と読むのか、それとも「ヤギ」と読むのかその語彙の意味も読み方も技術将校には分からなかった。

日本の情報将校が「Yagi」という記号が日本語であることに気付かないまま、捕虜の技術者にその意味を問うたところ、「あなたは本当にそれの意味が解らないのか?”YAGI”とはそのアンテナを開発した日本人の名だ!」と返され驚嘆したと言う実話が残されている。

米軍は英国とのレーダー技術分野の研究を共有しており、すでに1941年12月7日(現地時間(日曜日)午前7時02分)に米軍がオアフ島の北のオパナ(Opana)に設置した新型レーダーで日本軍が真珠湾を攻撃する飛行機の飛来を約200km北方に接近しつつあるのを事前に発見していた。

だが、米軍側はそれを味方の編隊機と錯覚してしまったことで、この情報は生かされなかったのだが、このときの真珠湾レーダー(Pearl Harbor Radar)にも宇田・八木アンテナがしっかりと装備されていた。

また、広島と長崎に投下された原子爆弾にもこのアンテナが装着されていて、爆弾の爆発高度を決定するために用いられていた。


何故に日本人の画期的な発明である宇田・八木アンテナは、肝心の日本国内で有効に活用されなかったのであろうか?

米英は宇田・八木アンテナの画期的な機能をいち早く認識したうえで、これを使ったレーダー装置の開発に多額の予算と技術者とを惜しまず投入した。

米英は、革新的と評価された新しい技術導入には、それだけ積極的に取り組む姿勢を見せたのである。

この辺りのトップの判断がまさしく戦略的である。

それに比べ日本の軍部にしてもその参謀首脳は低能としか思えないところであり、

もともと日本には並の戦術があっても確たる戦略がないのだという。

日本のトップは総じてそういう部類に入るということである。

日本企業はエンジニアを優遇しないし、エンジニアを優遇しないから日本企業は自ずと凋落していく。

凋落しつつある大手企業の優秀な技術者は次々と外資に取られ続けている。

もはやハイテク分野で二番手、三番手に立ってしまうのであれば、世界の市場でのビジネス展開も思うようには進められなくなっていくであろう。

そういうこともあって、もはやこれからは技術立国ではなく華々しく観光立国に大きく舵を切ったのがここ数年の日本の実情ではあるまいか。

まだまだ日本も、世界の下請け立国でならそこそこいけるのではないのか。







「天魔王信長の野望を打ち砕く 我が武略に勝算あり」ノンフィクション

tuku
「戦国日本人奴隷貿易の真相とキリシタン弾圧の背景」ノンフィクション

奴隷船

「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」

経絡論

「時代小説短編集・憑依(つく)」
ミステリアスな題材による時代小説

憑依3
「徐福渡来伝説を検証する」太古の日本に渡来した徐福とは何者か?古代史ドキュメント
cover2
「おいしいりょうりをつくろう」
電子絵本シリーズ

dam
「こわいおばけがでたぞ!」
電子絵本シリーズ

dom
「とおせんぼ」
電子絵本シリーズ・ぬりえができる

tosenbo





denden3商品詳細

電磁波過敏対策・電磁波攻撃防御製品[電磁番]denjiban-1301
あなたの気になるその不快感は電磁波が隠れた原因かもしれないのです!
慢性的な疲労感、集中力の低下、頭が重い、耳鳴り、不快なめまい、息苦しさ、眼の奥がいたむ、皮膚が乾燥してひりひりする、すく赤くなる、顔がむくんだりほてる、からだが重く疲れる、肩こりや関節の痛み・・・etc
あなたはこの苦痛を誰に訴え相談されますか?
市役所、消費者生活センターや公的機関、警察、病院、弁護士?・・・etc
そしてすっきりと解消されましたでしょうか?
原因不明の不快な環境ストレスの原因は、多くの場合目には見えない電磁波ノイズが関係しています。
反射錯乱する電磁波ノンズは遮断だけでは防御出来ないのです?!
電磁波中和装置「電磁番AZ」は多用途の機能的防御が可能です。携帯するだけ、貼るだけ、置いておくだけ!
準静電界レベルの干渉による不快な電磁波過敏、電磁波音波攻撃対策の防御製品として、
「電磁番AZ」はご利用者の皆様から高い評価を頂いております。
★電磁波中和放電装置「電磁番AZ」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。
(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
★製品サイズ 直径10cm 厚さ 1.5cm 重さ 約170g

電磁番AZ使用時の注意事項

★「電磁波中和装置電磁盤AZ」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。


詳細は
外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番AZ」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番AZについての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏について
電磁波攻撃によるストレス症状について
「電磁波中和装置電磁番AZ」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番AZ」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番AZ」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番AZ」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏の関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
電磁波被曝と準静電界について
米国大使館電磁波被曝事件
迫り来る次世代5Gの脅威とは































ラベル:準後進国
posted by モモちゃん at 09:12| 近未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする