2017年08月08日

今食べておくべき有明海の珍味とは?

有明海の珍味は絶滅危惧種?!

分類上その生物は、「顎口上目硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目ハゼ亜目ハゼ科ワラスボ属」というらしい。

有明海特有の魚であって、福岡県柳川市辺りではワラズボといって鮮魚は煮つけにされる。

生きたワラスボを始めて目にしたときは白目のウナギかと思った。

しかも食べる機会はまったくなかった。

最近になって乾物となって店頭で売られているのに気付いた。

乾物は口を大きく開けて歯をむいている様は異様である。

エイリアンのミイラのようである。

大きさは30センチ以上ある。

有明海の特産魚であるが、諫早湾締め切り、埋め立てによる影響で最近は資源の減少が甚だしいということで漁獲も限られていて、いまでは高価な魚になってしまっている。

いずれは絶滅する有明海の生物であろうと思う。
RIMG0385
これを買ってみたのはいいが、食べるのは家族で私以外誰もいない。



触るのも見るのも怖いらしく、家人からは「自分で焼いてね」といわれてしまった。










ワラスボは乾物だけに全体がガチガチに硬い。

ニボシどころではない。

鰹節に近いのかもしれない。


食べる時はワラスボを金づちで叩いて柔らかくしてから食してくださいと説明書きにある。

乾物の賞味期限は一応来年まである。


RIMG0386





















ワラスボの叫び〜その1





ウミタケ(海茸)という海産物をご存知であろうか。

九州の有明海で獲れていたグロテスクな二枚貝の一種であるが、現在では幻の珍味といわれるようになった。



RIMG1092.jpg




ニオガイ科の二枚貝で、貝殻から異様に伸びた水管が出ていて、その形が茸の様に見えることから「海茸・ウンタケ」と呼ばれる。

昔は生でも食べられていたが、多くは粕漬けや干ウミタケとして一般は売られていた。

写真で見る限りありふれた干物にしか見えない。

干しウミタケは少しもグロテスクではないのであるが、生の現物自体はすこぶるグロテスクである。

昔は魚屋さんで、ワラスボ同様に普通に並べて売られていた。

ウミタケそのものについては有明海沿岸に住んでいても原形そのものは余り知られてはおらず、年配者でないと実際に生で食べたことのある人も意外と少ないようである。

私もウミタケという海産物の姿を知ったのは30年ほど以前であって、そのときはじめて干ウミタケを食したのであるがまさに珍味というべきものであった。

それまで加工した粕漬けのウミタケはよく食べたのであるが、干したウミタケそのものは珍しいものに思えた。

その当時から生息数が減っていたらしい。

その食べ方はスルメのように網焼きで炙って、それを縦に裂いて食べるのだが相当に歯ごたえがある。

マヨネーズを付けもよく、酒の肴にはぴったりである。

口の中で海産物特有の香りが広がり、噛めば噛むほど濃厚な旨味が出てくる。



sima2.jpg





最近はこのウミタケが激減したということで、有明海ではほぼ絶滅状態である。

そういうこともあって、久しくこの干しウミタケにはめぐり合わなかった。

すでに伝統的な食品であるウミタケの粕漬けも、原料は韓国からの輸入品でまかなっているのがいまの現状である。

そうした中、最近になってウミタケが無性に食べたくなって有明海沿岸の柳川市や大川市の魚屋や友人に訊ねてみたのだが、もうウミタケはまったく売られていないということであった。

これにはがっかりしてしまったのであるが、それから半年後に思いがけずこの貴重なウミタケを知人が捜し求めてきてくれたのである。

半分諦めていたいただけに再びこのウミタケを目にしたときは、本当に感激であった。

以前のウミタケのように肉厚のものではなかったが、たしかにウミタケ特有の香りが漂っていた。

今回いただいた干しウミタケは表面の硬い皮膜部分が取り除かれていたが、そのまま乾燥した物もある。

乾燥した海産物のウミタケは通常の干物なのだが、やはり原型のウミタケを見たら大抵の人はそのグロテスクな形にぞっとするであろう。

これが貝なのかとまず驚くことであろう?

関心のある方はネットで検索すれば、その原始的な本来の原形を確認することができる。

そういうことでこの貴重な干しウミタケは食べる前に忘れずに、しっかりと記念の写真をとったという次第である。



生のウミタケの画像



有明海の海産物ではウミタケだけでなく、同様にタイラギなどの魚介類も激減している。

タイラギを口にしなくなって、それこそ何年になるだろうか?

二枚貝であるタイラギの歯ごたえのある大きな貝柱部分を食するのである。

この有明海のタイラギは生の刺身でも、そのまま焼いてもとにかく旨いのである。

近年、経済絡みの土地開発で海全体の海流が人工的に変えられてしまって、結果的には海中環境がそうした生物の生息を著しく阻害してしまっているためである。

これなどはまさに愚策というべきであろう。















jidai03



denden3商品詳細
★生体波動測定機器の測定環境も良好に保ちます。ジオパシック・ストレス(風水環境因子)の改善や生体エネルギーのバランス調整にも応用できます。(効果につきましては下記外部リンクのお客様の声をご覧ください↓)
★「電磁番」の広範な効果は生体筋力テスト(Oリング、TL、GSテスト)や波動テストでも確認できます。(関連論文発表)
★「電磁番」はすべて生体波動に同調するようにピアノの調律同様の手法で微調整させて一個づつ手作業で製作していますので、通常の大量生産品とは異なり在庫には自ずと限界があります。
★「電磁番」は治療器具ではありません。防除グッズ、風水グッズとして扱っていただいて結構です。
★製品には詳細な「取り扱い説明書」や健康情報についての資料を添付いたしております。
詳細は外部サイトのリンクページの「環境改善アイテム電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏症や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「環境改善アイテム電磁番」のご案内
電磁波過敏症の症状とはなにか
「環境改善アイテム電磁番」の干渉中和放電効果について
「環境改善アイテム電磁番」のセット方法について
「環境改善アイテム電磁番」を使用されているお客様の声
「環境改善アイテム電磁番」の機能と構造について
「環境改善アイテム電磁番」に関するご質問と解説
「環境改善アイテム電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏症の症状関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
ミツバチと目くらまし電磁波








カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
健康医学専門ネット書店PM2.5汚染・感染症対策PC電脳特選街














ラベル:ワラスボ
posted by モモちゃん at 07:13| 歴史を先取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

電磁波過敏症という病気は存在しないという定説?!


電磁波過敏症とはどんな症状がでるの?本当に病気なのか?
防御方法はあるのか?

その対策方法をご紹介します!


「体に不快感があって、それが長期に渡って続いている。仕事や勉学にも支障が出てきたので医療機関を受診してみたがまったく異常は見つからなかった。

頭痛や耳鳴り、肩こりがあって、全体に疲労感があって集中力がない。
原因が分からないままで過ごしていると次第に眠れなくなってきた。
食欲も落ちて気分が滅入ってしまうし顔色も悪い。
自分でも鬱の症状ではないかと思い心療内科を受診し、薬を処方してもらうが経過は変わらない」

こうした体のストレスや悩みをに日常的に訴えるている方は、少なくないことでしょう。
病名が特定されない場合、その多くは「電磁波過敏症」を発症している可能性があります。

ここで電磁波過敏症といっても、これは医学事典にも記載がありませんし、保険治療でもそのような診断名は日本にはありません。
電磁波環境で電磁波を浴び続けて体調不良を起こしたとする因果関係は医学的には確立してはいないのです。

現状では過敏症の症状を訴える少数の人はいますが、正式な病気として日本では認められていないのです。

現代は都市部を中心におびただしいばかりの電磁波環境の中で生活しているわけですから、電磁波被曝から逃れることはできません。
電気を使う生活から離れられない環境にいる限り、この電磁波とはうまく付き合っていくしかないということになります。

当然こうした電磁波過敏症を発症する可能性が現代人すべてにあるのですが、体の感受性によって個人差が出てくることになります。

電磁波過敏症の場合もこの感受性の違いに気付くかどうかで対応が変わってきます。

世の中にはまったくお酒やタバコを受け付けない方もおられますし、市販されている食品でも特定のアレルギー症状が出て食べられないという方もおられます。
皮膚が敏感でかぶれ易い、虫刺されですぐ腫れ上がってしまうという方もおられます。
多くの場合に個人差、感受性の違いがあります。

ご自分電磁波過敏症の可能性があると自覚できる場合もありますし、まったく気付かないまま不快な症状に苦しんでおられる場合もあります。
これまで続いてきた不眠症や体調不良も電磁波が原因していたのかもしれません。

電磁波の影響そのものは誰も避けては通れないのです。


1.電磁波過敏症とはどのようなものなのか?

下記記述は、あくまでも電磁波過敏症の症状に苦しんでおられる方のための情報です。 日本国内の一般論ではありませんので、誤解のないようご注意下さい。

20世紀末になって先進国を中心に徐々に認知されだした特異な症状ですが、近年日本でも「電磁波環境での過敏症」と呼ばれるようになってきています。

実際に、周囲の人よりも電磁波に過敏なため、家電製品など身の回りのにある機器からの微弱な電磁波を浴びただけでも、身体に不快感を覚えたり頭痛や吐き気、不眠症を訴える人がいます。


アメリカでも「化学物質過敏症」と並んで患者の数が年々増える傾向にあるということです。
最初にこの症状に注目したのはアメリカの医学者ウィリアム・レイ博士であり、彼によってこの傷病名は命名されました。

アメリカのダラス環境医学センターで過敏症患者の治療にあたっている同博士の報告によると、化学物質過敏症と電磁波過敏症の症状との併発率は非常に高く80%にも及ぶということです。

電磁波過敏症の症状を訴える患者の特徴は、最初に目、皮膚、神経など頭や顔面周辺に症状が集中的に現れます。

この状態がさらに進むと呼吸困難や 動悸、めまいや吐き気、不眠症、しつこい疲労感や鬱を伴う頭痛や短期的な記憶喪失、突然の失神、手足のしびれや麻痺、筋肉の強張りや痛みが現れてくる線維筋痛症と診断されるような過敏症の人もいます。

外見上なんの外傷もなく、傷害の様相事態が患者本人の主観的な自覚症状によるものが殆どであるため、病態の把握や検証作業が限られた範囲でしか評価されていないのも事実です。

いわゆるうつ症状やノイローゼや神経症と混同されがちですし、欧米でも実際にElectric Hyper Sensitivity Self Reported(自分でそのように報告をしている電磁波過敏症の症状)という表現もされる場合もあります。

電磁波過敏症の症状として、これまで下記のような多様な症状が確認報告されています。
電磁波過敏症対策 米国の専門医ウィリアム・レイ博士による電磁波過敏症の症状の13の症状分類(括弧内は補足分)

1. 視力障害(白内障・緑内障・網膜剥離)、目が痛い、目の奥がうずく(瞳孔が開く・眼球結膜下出血)
2. 皮膚が乾燥する、赤くなる、湿疹(圧迫感・体が熱く感じる・発汗・ひや汗)
3. 鼻づまり、鼻水など(鼻炎)
4. 顔がほてる、むくみ、顔面の湿疹、ピリピリ、チクチクした不快感
5. 口内炎、歯周病、口腔内がメタリックな味がする
6. 歯や顎の痛み(歯周病の悪化)
7. 口腔内の粘膜の乾燥、異常な喉の渇き
8. 頭痛、短期的記憶喪失や鬱症状(突然の失神)
9. 異常な疲れ、集中力の欠如 (イライラ感・難聴・平衡感覚障害等)
10. めまい、耳鳴り、気を失いそうな感覚、吐き気
11. 首筋や肩のこり、腕の筋肉や関節の痛み
12. 呼吸困難、動悸 (口や手が震える・不整脈)
13. 腕や足のしびれ、麻痺


これらの症状がすでに発現している場合は、持続的な電磁波被曝環境下ではさらに症状が悪化してしまいます。
過敏症の方は苦痛に耐えられなくなって、電磁波環境を意識的に忌避するようになります。

WHO(世界保健機構)は2004年10月、電磁波過敏症の症状に関するワークショップを開催し、次のように公式に報告書を発表しました。(リンク:英文の報告書)
 「EHS is characterized by a variety of non-specific symptoms that differ from individual to individual. The symptoms are certainly real and can vary widely in their severity. For some individuals the symptoms can change their lifestyle.

WHOの日本語の報告書はこちらから
 ・・・電磁波過敏症の症状(EHS)は多数の非特定的な症状によって特徴づけられ、症状には個人差があ るが、その症状自体は確かに実在する。症状の程度には幅があり、症状がある者にとっ ては、当人の生活環境を一変させるものとなる」

WHOは、「電磁波過敏症の症状」という傷病名をより統合的な「Idiopathic Environmental Intolerance(IEI)・特発性環境不耐症」という名称変更を提唱しています。


1-2.日本国内の定説・電磁波安全神話は信じていいの?

電磁波過敏症対策日本では一般にはほとんど知られてはいないのですが、電磁波の危険性について社会的に注目されだしたのは20世紀後半、1979年にアメリカ、コロラド大学のナンシー・ワルトハイマー博士が「アメリカ疫学ジャーナル」誌に発表した研究論文が発端でした。

この報告の中でワルトハイマー博士は、地道な追跡調査の結果、デンバーの変電所の付近の小児ガンの発生率が2.25倍、小児白血病が2.98倍になっていることを突き止めました。
さらに変電所からの送電線に隣接した住居の子供では、6人全員が小児ガンで死亡しているとも報告しています。

ノーベル医学賞に2度ノミネートされた元ニューヨーク州立大学教授ロバート.ベッカー博士は、 細胞分裂がさかんな成長中の細胞が電磁波を被曝すると、 その遺伝子の鎖構造の分裂、 再結合(DNA転写)のたびに遺伝子障害のリスクを負うことになると指摘しています。(「クロス・カレント―電磁波・複合被曝の恐怖」Robert O. Becker著)

それを裏付けるように、電気毛布を愛用していた妊婦の異常出産は6倍になる(マサチューセッツ工科大学の調査報告)とか、妊娠初期(3ヶ月)に電気毛布を使用した母親から生まれた子供は先天異常児が10倍になるなどという研究報告があります。
これらの情報のすべては、一般にはいわゆる不都合な真実と云うことになるわけです。

最近の米国の調査では、市民の健康リスク意識レベルは、1位が「エイズ」、それに続いてこの「電磁波汚染」が第2位に上げられています。
欧米では常にしっかりした危機管理とインテリジェンス(英:Intelligence)情報が選択されることが多いといえます。

すでに米国最大の消費者団体である「コンシューマー・ユニオン」は、妊婦や子供は電気毛布の使用をできるだけ避けるように警告を出しているほどです。

こうした電磁波に対する疫学的、医学的研究の情報はほとんどすべて欧米の研究機関からの報告によってもたらされたものです。

電磁波の軍事医科学分野の研究データーの蓄積がない平和な日本では、それに対応するだけの情報はないということになります。

たとえばケータイ放射線でDNAの二本鎖切断の事実が、すでに米上院公聴会では事実として証言されています。

欧米でもこれは限定された医科学分野の情報ということになります。

画面下の歯車マークをクリックし、日本語を選択すると画面に字幕が表示されます。



ケータイの放射線が危険! 〜モバイル機器の真実〜
画面下の歯車マークをクリックし、日本語を選択すると画面に字幕が表示されます。





2.電磁波過敏症の症状はなぜに認知されにくいのか?

電磁波過敏症の症状といっても一般の医療機関ではほとんど認知されていないのが現状です。
医療機関で受診しても単なる神経症だとかアレルギー性過敏症、うつ症状、あるいは線維筋痛症候群といったレベルでしか診てもらえないことが多いのです。

意外なことですが、電磁波過敏症の症状や線維筋痛症は、保険治療の対象ではなく医療機関ではほとんど知られていません。
最終的には精神的ストレスによる症状として片付けられるわけで、その結果効果的な治療法も改善策も見出せないまま苦しい生活環境を強いられることとになります。

当然のことですが、一連のそうした不快な自覚症状は患者自身でさえ電磁波障害によるものとはまったく気付いていない場合が少なくないのです。

有害な電磁波は人体の細胞レベルで作用し、カルシウムイオンやカリウムイオンといった細胞内外の電解質の代謝や細胞膜のイオンチャンネルやイオンポンプといったイオンバランスを調整する生理機能にも影響を与えているともいわれています。(細胞内サイクロトロン共鳴理論やカナダ、アルツハイマー研究プロジェクトの報告)

これは人体の運動の主体となる筋肉や靭帯、関節部の軟部組織においても細胞レベルで損傷を受けると説明されています。(線維筋痛症・線維筋痛症候群などの疑い)。

電磁波過敏症の症状を自覚している人の多くは不眠症を訴えますが、これには脳内神経物質であるメラトニンやセレトニンの減少がかかわっているという報告もあります。

しかしながら、精密な医療機器や心臓の治療で使われるペース・メーカーが携帯電話などの電磁波から障害を被ることがあっても、それほど精密でもない「人体」そのものは何ら電磁波の影響を受けないというのが日本国内での従来からの定説ということで、医科学的には電磁波過敏症の症状などは存在しないといっても過言ではないということになります。

電磁波過敏症の症状というのは、それだけ特定し難い状況と放置された少数派の肩身の狭い立場に置かれていることになります。


2-1.電磁波過敏症の発症原因は家庭内にある?

こうした現状では電磁波汚染対策が進んでいる欧米といくら比較して議論しても実効性のある対策は早急には取りようがないのが現状です。
結局どこまでも自覚症状レベルの愁訴であって、個人の主観的なそれもうつ病などの精神的問題にすり替えられてしまうことになります。

結局のところ電磁波被曝に対する家庭内での自己管理、自己防衛こそが現実的な最善の対応策ということになるわけです。

もとより電磁波が溢れる生活環境に順応できないことは、現代社会のシステム全般に対応できないということであって、大変な身体的、精神的リスクを強いられてしまわけで、電磁波過敏症の症状についての情報は非常に少なく、そうした弱者への理解は欧米に比較すればいまだに限られたものでしかありません。


2-2.電磁波過敏症の症状を、自分でどのように判別するのか?

電磁波中和放電装置 では一連の不快な症状、苦痛を伴う痛みなどが電磁波被曝の影響によるものかどうかはどうしたら自分でも手っ取り早く確認できるのでしょうか?

現在の不快な自覚症状が本当に電磁波過敏症の症状に起因しているのかどうかということです。
つまり家庭内でも簡単に実行できる何らかの分かり易い電磁波過敏症の症状「判別法」があるかどうかということになります。

まずここでそうした判別法が必要と考えられる必然的状況といえば、身近な家族の誰かがそうした特定の不快な症状を自覚されているかどうかということになります。
 不快な症状があっても医学的検査ではそれらの症状に繋がる原因が見つからない場合が非常に多いのです。

多くは原因不明の慢性的頭痛、めまい、首肩のこわばりや刺し込むような鋭い痛み、不眠症、初期段階では皮膚のかゆみ(掻痒感)、もぞもぞしたりピリピリする感覚(蟻走感)などが日常的に発生しやすい症状です。

アトピー性皮膚炎や化学物質過敏症や車酔いになり易いといったケースでも、その背景に電磁波過敏症の症状が隠れている場合もあるわけです。

簡単な電磁波過敏症の症状判別法は、日常一番身近にある電気製品(テレビや蛍光灯)のスイッチを入れた状態でその傍に近づいた場合と数メートル離れた場合とで自覚している不快な症状の変化を最初に比較検証してみることです。

体が電磁波に過敏に反応するようになると、瞳孔が開いたり、鳥肌が立つ、皮膚がぴりぴりしたりもぞもぞするなどして、身体全体がわずかな電磁波被曝にも反応するいわゆる感知センサーのような状態になっていることに気付くようになります。

何度も反復していくうちに、それらが単なる錯覚ではないことが自覚できるようになります。

ガスコンロの着火プラグ点火時や電気製品のスイッチを入れた瞬間に、不快感を感じる場合などがそれに該当します。

日常的に就寝時に長時間電気毛布を使用していないかどうかといった生活環境も一つづつ確認すべき手順です。

電源モーターのそばに行ったときやパソコンを起動させた時に感じる不快感、あるいは車両運転時だけに発生する頭痛など特定できる身体反応そのものは多種多様です。

電磁波過敏症の症状といっても、すべての電気製品、すべての帯域の人工的電磁波に反応するわけではなく、常に個人差、個体差を考えるておく必要があります。


2−3.身近な道具で検査してみる!

 手元に電磁波測定器(トリフィールドメーター)といった専用の電磁波測定機器がなくても有害電磁波そのものの影響の有無は調べることが出来ます。
電磁波発生源に近づいて不快感が増したり痛みが増す、あるいは特定の周波数レベルで電磁波を被曝したとき、症状が酷くなって目の瞳孔が開くようであれば電磁波の影響があることが疑われます。

筋力反射テストの一種、カイロプラクティックの治療現場で活用されるOーリングテストの知識があれば電磁波被曝を対象にテストすることが可能です。(やり方はネットで情報を検索参照のこと)

 車酔い(頭痛)など車両内での電磁波が原因しているようであれば、乗車して不快感の出現までの時間を毎回計測しておきます。
この場合は車種の構造によっても反応が異なりますが、車両モーターやエンジンの位置や車両内のどこの座席に乗っているかも事前に確認する必要があります。


電磁波過敏症の症状対策また身体の痛みの部分がはっきりしているのであれば、身近にある磁石を患部に当ててみたり細かく振り動かして検証する方法があります。

電磁波過敏症の症状による痛みの判別方法としてはこれは簡単な方法です。

これには検査前に、まず周囲に電磁波の発生源となる他の家電製品などがないことを確認しておく必要があります。

磁石のN極とS極を相互に当ててみて、はっきりした痛みの増減や筋肉のつっぱり感に変化が生じる場合は 電磁波による障害の可能性が高いことになります。

この場合手足の経穴(ツボ)を使った特殊な東洋医学的判別方法もあれます。

磁石の代わりに携帯電話機でも判定できる場合があります。

この際にも周囲に電磁波の発生源となる他の家電製品などがないことを事前に確認しておきます。
検査される者は普通に立った姿勢を保ち、検査をする者が少し離れた位置から携帯電話機の電源を入れ通話状態で被験者の頭や胸の方向に近づけていく方法です。

電磁波過敏症の症状の人は数メートル離れていても身体反応が見られます。
その際に被験者の顔色や瞳孔の変化、姿勢のふら付き、痛みに変化がないかを注意深く観察します。

ただし携帯電話に、すべての電磁波過敏症の症状の人が反応するわけではありません。

電磁波障害による痛みには特有の症状が伴います。
上半身に多く発現しやすく、関節周囲の筋肉や靱帯の強い強張りと同時に重苦しく深部に鋭く突き刺さるような持続性の疼痛があることもその特徴です。

症状がすすむと血行が滞って、いたみだけでなく皮膚面に微妙な腫れやテラつきがみられることもあります。
微細な毛細血管の血行が阻害されやすく、痛みは眼の奥や首筋、背中や肩の周辺部分、または腕全体にまで及ぶ場合があります。

痛みが軽微な場合でも血圧の低下や疲労感、息苦しさ、手足が冷たく感じられ、冷や汗、胸周辺の痛み、不整脈、動悸、吐き気、偏頭痛、目まい、しびれ感、ひどい時はけいれんを起こす場合もがあります。

このように個別に検査をしても明確な原因が特定されないこともあります。

これらの症状は、最近では原因が特定されない線維筋痛症(線維筋痛症候群)やうつ症状と診断されることが多いようです。















jidai03



denden3商品詳細
★生体波動測定機器の測定環境も良好に保ちます。ジオパシック・ストレス(風水環境因子)の改善や生体エネルギーのバランス調整にも応用できます。(効果につきましては下記外部リンクのお客様の声をご覧ください↓)
★「電磁番」の広範な効果は生体筋力テスト(Oリング、TL、GSテスト)や波動テストでも確認できます。(関連論文発表)
★「電磁番」はすべて生体波動に同調するようにピアノの調律同様の手法で微調整させて一個づつ手作業で製作していますので、通常の大量生産品とは異なり在庫には自ずと限界があります。
★「電磁番」は治療器具ではありません。防除グッズ、風水グッズとして扱っていただいて結構です。
★製品には詳細な「取り扱い説明書」や健康情報についての資料を添付いたしております。
詳細は外部サイトのリンクページの「環境改善アイテム電磁番」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏症や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁番についての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「環境改善アイテム電磁番」のご案内
電磁波過敏症の症状とはなにか
「環境改善アイテム電磁番」の干渉中和放電効果について
「環境改善アイテム電磁番」のセット方法について
「環境改善アイテム電磁番」を使用されているお客様の声
「環境改善アイテム電磁番」の機能と構造について
「環境改善アイテム電磁番」に関するご質問と解説
「環境改善アイテム電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏症の症状関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
ミツバチと目くらまし電磁波








カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
健康医学専門ネット書店PM2.5汚染・感染症対策PC電脳特選街














posted by モモちゃん at 14:54| 歴史を先取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月04日

地震被害以前に訪れていた熊本城の写真画像

クマもんはいなかった熊本城!?

九州熊本地震が発生する2年前の冬に熊本城を訪れたときの画像がありました。

当時の熊本城はいつもと変わらぬ姿であったのですが、大地震の被害をもろに受け、現在は修復工事中です。

熊本城はこれまで10回以上訪れていた所なのですが、当時は何故かここ25年間ほど行く機会がありませんでした。

急に思い立って久し振りに訪れたのを覚えています。

以下、そのときの画像です。





RIMG2028

















三の丸駐車場横の石垣。

熊本城の石垣、石組みの形が好きです。






RIMG2029

















さっそく石段を登っていきます。





RIMG2030
















場内は広いです。





RIMG2031
















外堀が見えてきました。





RIMG2032

















堀といっても水がありません。
カラ堀です。

ここは歴史的には有名な史跡です。





RIMG2033

















ここは西南戦争のとき篭城した家族の避難場所であり、負傷兵が介護された跡地でもあります。




RIMG2070


















ちょっとしたグラウンドほどの広さがあります。





RIMG2034

















熊本城は銀杏城といわれるぐらいイチョウの木が多いのですが、サクラの木も多数見かけました。




RIMG2035

















外堀の水門はすっかり閉じられてしまっているようです。




RIMG2036 


















城内に入ると広々とした広っぱがありました。






RIMG2037

















長い石垣が続いています。






RIMG2038


















上がり口があるのですが、狭間から銃口がこちらを狙っています。

本来ここは城の要所になるわけで、ここだけでも狭間の数をさらに3,4段に構えて守りを固めるべきだと思いました。





RIMG2039

















門をくぐると本丸がすぐそこに見えます。





RIMG2040

















ここも広場になっています。





RIMG2042

















清正流の武者返しの石垣です。





RIMG2043

















青空に天守閣が見事に映えて見えます。





RIMG2044


















城内に通じる通路です。

ここは本来薄暗くしていて、ここまで侵入してきた敵兵を襲う仕組みです。

25年前にもここを通ったかのどうか確かな記憶はありませんでした。

ここは新たに改修されていたのかもしれません。




いよいよ城内に入っていきます。




RIMG2045























先ほどの広場からさらに通路を通ってぐるっと回って外に出るとまた広場がありました。

ちょうど城の反対側に出ました。





RIMG2046

















ようやく本丸への入り口がありました。

本丸の階段を上っていくと、眺望が気になります。





RIMG2047


















熊本市内が見渡せます。






RIMG2048




















真下の広場の様子も一望できます。




RIMG2050
















真前の建物では抹茶が振舞われていました。






RIMG2049















天守閣の真下では何かの催しがあるらしく、ブルーのステージの前に席を取っている人たちがいました。






RIMG2051

















ようやく新しい熊本城本丸御殿も見学できました。

本丸御殿内は土足禁止です。

靴はビニール袋に入れていかなくてはなりません。




RIMG2053


















まず最初に入ったところは大御台所(おおおんだいどころ)でした。

天井は吹き抜けになっていて、煙が外へ排出されるようになっていました。

天井部分は、長さ12m直径1mの赤松の木が使われているということでした。





RIMG2056


















本丸御殿大広間の接見の間にも入ってみました。

手前から「鶴之間」「梅之間」「櫻之間」「桐之間」、さらに藩主の部屋である「若松之間(わかまつのま)」、そしてその奥が「昭君之間」(しょうくんのま)です。


公開されたばかりの頃は、この本丸御殿大広間内部の写真撮影が禁止だたそうです。

いまでも内部の「フラッシュ撮影」は禁止です。




RIMG2059

















ここが昭君之間です。






RIMG2060


















立派な襖絵が並んでいます。

ここでも写真撮影はフラッシュ禁止でした。





RIMG2061


















天井絵も見事です。






RIMG2062



















正面の床の間の絵も贅沢な金泥が使われています。

中国の有名な「王昭君」という絶世の美女の物語が描かれています。






RIMG2063


















戸板に描かれた絵も展示されていました。

下絵なのかも知れません。





RIMG2064


















「昭君之間」の直ぐ後に数寄屋(茶室)があるようでしたが、訪問した時期は残念ながら公開されていませんでした。


城内の地震の被害の状況は分かりませんが、以前のような優美な姿に復興することを願っています。














jidai03



denden3


















カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
健康医学専門ネット書店PM2.5汚染・感染症対策PC電脳特選街














posted by モモちゃん at 08:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月03日

コミカルなホラー映画だった「アダムス・ファミリー」

怪奇アダムス・ファミリーの原作とは?

1991年に映画化された『アダムス・ファミリー』(The Addams Family)がヒットして、1993年に続編が作られた。

もともと『アダムス・ファミリー』は、チャールズ・アダムス原作の一コマ漫画から1960年代に制作された連続テレビドラマであって、日本でも「アダムスのお化け一家」というタイトルで放送されていた。

adamus



風変りなアダムス一家は、丘の上にある城のような大きな洋館に住んでいた。

一家は仕事らしい仕事もしていないのだが、とても裕福な暮らしぶりであった。

お化け一家といっても、彼らは不幸な事や邪悪な事、忌まわしい物、不気味な物が大好きなちょっと変わった一家という設定だった。

テレビの画面も白黒だったので、コメディ一風のホラー映画であるところが何となく雰囲気的にも合っていた。

キャラクターもそれらしい設定であった。




La cancion de La Familia Addams / The Addams Family song

 








アダムスファミリー (オリジナル版)  吹替 広川太一郎

 








Best of Morticia Addams

 








The New Addams Family - Keeping Up With The Joneses

 



母親役のモーティシアという名前はモーティシャン(Mortician)・葬儀屋という語彙からつくられているようだ。

モーティシアの趣味は園芸であり、庭には毒草が植えられていたし密かに拷問器具の収集がされていた。


















jidai03



denden3


















カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
健康医学専門ネット書店PM2.5汚染・感染症対策PC電脳特選街














posted by モモちゃん at 07:10| 歴史奇談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

戦国の桶狭間で起こっていたこととは?!

桶狭間に転がった桶とは?

「おわい屋」という語彙を始めて目にしたのは三島由紀夫の文学作品「仮面の告白」の文中であった。

いまや放送禁止用語であり、死語となったこの語彙はおそらく関東周辺地域の古語であったのかもしれない。

「おわい屋(汚穢屋)」とは、便所の汲み取りを職業とする専門用語である。

現代の上下水道完備の若い世代には、この一昔前の便所の汲み取りということさえ理解が及ばないことであろう。

それこそむかしむかしの話になる。

庭の裏木戸があいて誰かが入って来た。小母さんは又,口を袂で押さえて,「ほら,来た来た豊田さん,貞子も。早く早く」といって自分から先に家へ入ってしまった。私も何が何だかわからないで,小母さんの後につづいてお勝手から入った。小島さんがお勝手と廊下をしめた。小島さんに,「何あに」と聞くと,小島さんは,「おわい屋,おわい屋」と言って笑った。…… ガボッガボッとおわいを汲む音が聞こえる。…… 手拭でほおかむりをした,おわい屋さんは,天秤棒をキシキシいわせて,こい桶をかついで出て行くところだった。うす黄色い水が汲み取り口から,点々と三四ヶ所たれていた。小母さんは,「まあ,だらしのないおわい屋さん」と言ってまゆをしかめた。…… 小島さんは小声で,「家のお母さんとっても綺麗好きなのよ。だから,おわい屋さんやなんかきて,さわった所は皆ふかせるのよ」と壜の蓋をしながら言った。』「綴方教室」(「綺麓好き」)(豊田正子著,木鶏社刊)


汚穢屋とはいっても、これはれっきとした歴史のある職業であり、江戸時代以前から重宝されていた。

長屋でも汲み取りの人が回ってきてそうした屎尿を回収していったわけで、その際には回収量に応じて大家にはいくばくかの金銭の支払いがあったのである。

いわゆる臨時収入というやつである。

汚穢屋は少なくとも一般庶民の衛生管理はもとより、農事に欠かせない堆肥をひろく回収斡旋していたことになるわけで、これは戦国時代からその活躍が各所で見られたのである。

糞尿から塩硝が生成され始めたときにも、火薬の原材料という軍事物資にも直接かかわっていたわけで、ここから大いに財を成した者も出てきたことがそれとてく伺えてくる。

戦時には欠かせない兵糧運搬や糞尿処理の現場には、意外にも御用商人が関わっていた。

人間が一時に大勢集まればあらゆる商売の機会が生まれてくるわけで、目敏い商人たらがこうした戦時経済の場へ次々と参画していった。

相手が誰であろうと売れる物があれば売る、買い取る物があれば買い叩く。

もとより戦国時代であれば数千から数万の兵員が集団で戦場まで一定期間行軍するわけであるが、その間は厳しい軍律によって統制されていた。

行軍中は私語や勝手に隊列から離れての用便などは禁じられていたわけで、糞尿は指定御用商人が用意した桶にため込まねばならなかった。

事前にそのような取引が専門業者とされていたのだ。

「こちらの隊の方は、この桶にお願いします!」
「桶の外にはお漏らしになりませぬようご配慮ください。満杯の場合はすぐに次の桶をご用意いたします!」


この時代糞尿は肥やしとして農家に高く売れたのであり、そこらに気安く垂れ流すようなものではなかった。

当然戦時には大軍団にはかならず汚穢屋の屋号が入った肥え桶がぞろぞろと後を付いていったのである。

こうした糞尿回収が戦時経済では機能的に働いていたことになる。

こうした習いがあってのことか、笑い話ではなく実際に田舎では「よその土地で小便はするな!小便するときは自分とこの田圃にしろ!」と子供までが親に口うるさくいわれていたのである。

経済に疎い戦国大名はこうした戦場の屎尿処理まで頭が回ってはいなかったようで、野放図に沿道に糞尿を放置していったこともあって近隣住民からは評判が悪かったのである。

糞尿処理がいい加減な武将は、厳しい戦国の時代を生きながらえることは出来なかったのは確かである。

たとえば籠城戦において城内の衛生環境が悪化したことによって悲劇的な結末を招いてしまったのが、能登(石川県)において行われた天正5(1577)年夏の第二次七尾城籠城戦である。

糞尿問題で話題になる事例である。

七尾城は能登畠山氏の居城であったが、上杉謙信により包囲され、その周辺の領民1万5千人あまりが城内に避難してきていたときのことである。

七尾城は山城であり、山全体に郭が設けられかなりの人数を収容できる大きな城ではあったが、ここでは肝心の大人数分の飲料水の確保と屎尿処理がうまく対応できてはいなかった。

気温の高い夏場、大量の糞尿が城内に溜まっていったことで、井戸がたちまち汚染されてしまったのだ。

籠城戦で飲料水が汚染されてしまえば致命的である。

これが災いして瞬く間に城内に疫病が発生すると、ついには頼るべき城主が早々に倒れてしまう。

表向きは籠城戦ではあるが、結局のところは自分らの溜まりにたまった屎尿が原因であえなく落城に至ったということである。

これが意外過ぎる戦国の糞尿譚なのである。


戦国時代の屎尿処理の事実を知ったとき私などはその合理性に感嘆せずにはおられなかったわけであるが、その際ふとある戦国武将のことが思い浮かんだのである。

それは駿河の戦国大名今川義元である。

2万5千といわれる大軍を率いて尾張に侵攻した今川義元・今川氏真親子に対し、尾張の大名・織田信長が少数の軍勢で今川本陣を強襲し、今川義元を討ち取った桶狭間の戦いがつとに有名である。

このとき昼食の支度にかかった今川陣営には、相当数の肥え桶が設営されていたのではあるまいか。

兵員の多くがいくぶん気が緩んだ瞬間であったであろう。

並べられた肥え桶の周りにも大勢集まっていたはずである。

そこを織田軍団が急襲した。

今川勢は逃げまどい大混乱に陥る。

この間に今川義元は討ちとられ大敗するのである。

それこそ織田勢に攻め込まれた桶狭間の戦場跡には、放置されたままの肥え桶があちらこちらに転がっていたことであろう。

桶狭間に肥え桶である。

戦場が、桶狭間とはまさしく言い得て妙である。




















jidai03



denden3


















カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
健康医学専門ネット書店PM2.5汚染・感染症対策PC電脳特選街














ラベル:桶狭間
posted by モモちゃん at 06:00| 戦国時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

クラシックでも演奏される哀愁のヨーロッパ サンタナ 

クラシックギター演奏でも聴ける!

カルロス・サンタナの1976年リリースのアルバム「アミーゴ "Amigos"」収録曲の「哀愁のヨーロッパ」はサンタナを代表するラテン・ロックの名曲として知られている。

「哀愁のヨーロッパ」をクラシックギター演奏に編曲したネット動画を探してみたところ
とても素晴らしいものがあった。





哀愁のヨーロッパ (Europa) Classical Guitar

 





Europa Santana 哀愁のヨーロッパ サンタナ Solo Guitar

 





哀愁のヨーロッパ サンタナ・ライブ・イン・ジャパン 2017


















jidai03



denden3


















カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
健康医学専門ネット書店PM2.5汚染・感染症対策PC電脳特選街













ラベル:ライブ演奏
posted by モモちゃん at 08:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月28日

記憶に残る映画作品はやはり名作なのか?

最後は女性同士の決闘

映画『大砂塵』を最初に観たのはいつだったろうか。

原題はジョニー・ギター(Johnny Guitar)だったが、普通の西部劇とは一風変わった雰囲気の西部劇であった。

題名のジョニー・ギターとは、放浪する主人公(スターリング・ヘイドン)の名前だが、彼はギターを抱えているそう呼ばれる。

彼と関わる二人の女性がこの映画の実質的な主人公であるが、いくつかの事件事象が重なって女性同士の熾烈な決闘シーンとへ繋がっていく。

当時こうした映画で、女性が銃を手にして争うシーンは始めて観たという感じであった。

個性的な女優が出演していたし、ペギー・リーが歌った主題歌『ジャニー・ギター』も世界的なヒットとなっている。

だから映画より先に「ジャニー・ギター 」という曲名の方が先に耳に入ってきた。

その後も1950年代の映画音楽が、いろいろとアレンジされて演奏されていたからである。

リバイバルで子供の時見たこの映画は、確かに西部が舞台の映画ではあったが、男女の愛憎が絡むストーリー展開は子ども心にはよく理解できず、なんとなく未消化な部分が残ってしまった映画という感じであった。


映画のストーリーそのものは、次のようなものであった。

まだ鉄道も通っていない鉱山の町に流れ者のジョニー・ギターが現われ、昔の恋人だった酒場の主人ヴィエンナ(ジョーン・クロフォード)の元に身を寄せることになる。

ヴィエンナはこの町に鉄道を通そうとする野心を持っていたが、大地主や町の住民の多くはそれに反対していた。

しかも彼女と無法者のダンシング・キッド一味との関係もあって町の人々から彼女は嫌われてもいた。

ダンシング・キッドに恋心を寄せていた大地主エマ(マーセデス・マッケンブリッジ)は、町長たちをたきつけてヴィエンナを町から追放しようと画策し、両者の争いは一触即発の状態にあった。

ダンシング・キッド一味が銀行を襲撃したとき偶然その場に居合わせたヴィエンナとジョニー・ギターは、町の住民に彼らの仲間と疑われてしまい暴徒と化した人々にヴィエンナの酒場は破壊されてしまう。

そして、女性同士の決闘とともに彼らには宿命的な悲しい結末が最後に訪れることになる。

「ジャニー・ギター 」はいまでも心に残る名曲である。

そして、映画音楽といわれるとすぐに思い浮かぶ曲でもある。





Johnny Guitar √ Peggy Lee √ Lyrics

 








The Jokers - Johnny Guitar

 










Jhonny Guitar - The Shadows











ジャニー・ギター (ロス・インディオス・タバハラス)









The Clee-Shays - Johnny Guitar

 
















jidai03



denden3


















カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
健康医学専門ネット書店PM2.5汚染・感染症対策PC電脳特選街











ラベル:ペギー・リー
posted by モモちゃん at 07:11| 昭和という時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

都市爆撃の戦災概況図ってご存知ですか?

わが町久留米市南部の百年!

忘れられた無差別攻撃による「都市戦災概況図」を見る




郷土史ということで、今回はわが町の歴史を古地図の探索によって追跡してみた。


これまで機会あるごとに集めてきた古老の証言も、町並みの発展の経過もすべてがこれらの古地図に集約されていた。


今回、地方都市の片隅でありながら、古地図の中にわが町域をどうにか補足することが出来た裏には意外な歴史の流れと新たな発見とがあった。
pazu






地図そのものは遥か彼方の上空から地上を視たところの鳥瞰図である。


平面的な広がりのある単純な図形としてみることもできるし、想像を広げて起伏のある立体的空間をそこに自在に組み立ててみることもできる。


古地図にしても確かな地勢の記録として、あるいは過去のタイムカプセルに密封されていた遺物さながらに、時空を越えて目の前に過去の異空間が展開することは、視る者に言いしれぬ感慨をもたらすに違いあるまい。


それが自分が長年居住する地域ともなれば、それこそまた格別の興味も湧いてこようというものである。


とはいえ、大都市の中心部というわけでもない片田舎であれば、そうした歴史文化の蓄積や確かな記録というものはそうた易く出てくるものではない。


筑後一円あるいは久留米を中心に同じテーマで考えれば、古代史を含めてそれ相応の歴史的流れや事跡を紹介することは可能であるが、足元の一つの校区に絞って見るとなるとそれこそ思うようにはいかない。とにかく歴史的色合いが少ない新興地域なのである。m1




私がこの地(福岡県久留米市南部)に移り住んだのは40年ほど前であった。


当時と比べて最近の世帯数の増加傾向はそれほど顕著ではないが、町としての様相は随分と変わってきた。


特に周辺地域の開発が活発化してきていることもあって、道路事情も緩慢ではあるが以前よりは改善されてきている。


現在の久留米市南部の地域図をみるとその変化がはっきりと分かる。(地図1参照・平成15年現在)


十数年前、わが町をまさに俯瞰した航空写真が一面に載った不動産広告が新聞に折り込まれてきたことがあった。


これまで地図でしか視ることのできなかった町域を一望の下に見渡したこの写真が、あらためてわが町の百年の歴史をタイムスリップして振り返ってみるきっかけとなった。


ここ久留米市南部域には特別な歴史的遺物というものはほとんど何もない。



しかも数十年前まで田圃が広がっていたいたような地域であればなおのこと、古い地図上で探しまわっても、町名はおろか何の痕跡も残ってはいないというのが普通ではないであろうか。


昭和30年代以降、地方の土地開発が進み始めた頃は山や田圃が掘り返されおびただしい遺跡が出てきたのだが、当時は文化財保護法などは整備されていなかったこともあってそれらの歴史的遺産は次々と破壊されていった。


当時そうした凄まじい状況を見て子供心にもそれはひどく異常なことのように思えたのを記憶している。


しかも周辺の固有の歴史的伝承地名も新しい地名に変えられ、いわゆる昔の面影というようなセンチメンタルな過去の遺物は次第に忘れ去られた。


わが町にしてもそれは同様であるわけだが、数少ない伝承遺物の祠を探しにいったところすでにそこにはマンションが建っていたこともあった。


そうした状況もあって、過去の地図でわが町の姿をどこまで遡ってたどることが出来るのだろうかという素朴な疑問がふと湧き上がってきたのである。


そして、早速手がかりになるような古い地図はないかと心当たりを探しまわってみたのであるが、意外にも予想していた以上にいろいろな地図資料が出てきたのである。


それこそ古地図というものは第一級の史料である。久留米の市街中心部ならば江戸時代の久留米城を中心に古地図がいくつか残っているのであるが、やはり予想通り当時の地図ではわが町域を確認することは出来なかった。


当時のわが町周辺は久留米の市中図には含まれてはいなかったし、その元となる伝統ある町名などといった確かな痕跡は何もなかった。


ただ町域全体が久留米藩の家老内藤家の土地であったというお年寄りからの伝聞しか得られなかった。


南部の牟田山という地名も、むかし牟田左衛門という古キツネが棲んでいたということで、それ以外には明確な地名記録はないということである。


そこで江戸時代の古地図はここで諦めて、明治以降のものを中心にあれこれ探してみることにした。


明治時代の地図作成について紹介すると、当初は内務省と陸軍省がそれぞれ独自の官製の地図を作成し始めていたのであるが、当時すでに内務省はイギリス式の測量と作図法を、陸軍省はドイツ式をそれぞれに導入していた。


興味深いことに国内地図の作成が別々の政府機関で進められていたわけであるが、当時の富国強兵策の元に明治11年になって国内地図の作成はすべて陸軍省に統括整備されることとなった。


ここにきて明治政府は正確な国内地図を完成させるべく、ドイツに技術将校を留学させて帰国後にこの任に当たらせた経緯があった。


この時点で詳細な国内地図は、いわゆる軍事機密的要素を一気に高めたわけである。


わが南校区は後でも触れるのであるが、明治後期より軍都として発展してきた久留米市の市街にも近く軍事上の要衝となる重要な施設が次々と整備されてきた歴史があった。


そのこともあって、市内校区周辺地域では多くの官製地図が作成されていたことが判明したのである。



右の地図2は明治33年(1900)に大日本帝国陸地測量部によって測量されて、翌年製版された本格的な久留米周辺の地図である。m2


これによるとわが町の位置はもとより当時の町域の様子がよく分かる。


細い村道が東西に伸びているだけで町並みや民家はほとんど見られない。


一面の原野と田圃が広がっている。


以前当地在住の九十歳のお年よりに尋ねたとき、ここらは昔は一面の松林であったという情報を得ていたが、地図上でもその確認が取れたことになる。


地名として、先に上げた牟田山とか八軒屋、十二軒屋、江戸屋敷、上津、国分、藤光といった旧来の地名がそれぞれ確認できる。


この地図はいわゆる官製(陸軍)のものであるが、当時どうしてこれだけ正確な地図が久留米市街以外の地域まで広範囲に作成されたのか不思議に思われたのであるが、後にの地に陸軍の練兵場が設置されたと聞いて納得した。


というのは多分に地図というものが、当時軍事的に利用されることを前提にして全国的に作成されていたと考えられるからである。


少なくとも、このような地図は一般人の眼に触れることはなかったはずである。



 たとえば、同時期に民間で発行された久留米周辺部の地図と精度を比較してみれば、その差は歴然としている。


地図3「久留米付近明細図」(明治35年発行)にしても、それまでの略図的表現からようやく近代的地図の体裁が少しづつ整ってきたというところではないだろうか。m3


これら二点の地図を比較してみると、100年前の南部地区の原型がどうにか浮かび上がってくる。


100年前の明治30年代当時のわが町域は、ほとんど民家もなく雑木林か荒れ地という状態であったことがはっきりこれらの地図で確認できるわけである。


この時期、北部九州の軍事的基盤は着々と整備拡張されつつあった。


同時期久留米でも明治30年(1987)に第二十四旅団司令部が置かれ、歩兵第四十八連隊が福岡より久留米市南部の国分村(現国分町)に移駐してきている。


その当時に作成されたらしい地図「国分町全図」を見ると、司令部は現在の国道3号線沿いの久留米市諏訪野町辺りにあり、兵器部、火薬庫がそのすぐ南側に隣接していたことが分る。


その後さらに明治40年(1907)には第十八師団が設置され、久留米はいよいよ北部九州の軍都としての態勢を備えていった。



やはり、このような地方都市の詳細な地図が計画的に作成された理由もここらにあったのではないかと推察するわけである。


明治40年代当時、わが南町地区には騎兵第二十二連隊、軽重兵十八大隊、野砲兵二十四連隊、山砲兵第三大隊が置かれ、広い練兵場を前にその兵舎や関連施設がいくつも連なっていたことを示す地図も出てきた。

(地図4参照・大日本帝国陸地測量部・明治末作図)m4


練兵場の西側の鹿児島本線荒木駅から軍事物資や戦車、その他の重火器が運ばれた。


さらに昭和三年になると、久留米・吉井間に鉄道(久大線)が開通し、陸上輸送の体勢も整ってきている。


直接確認はしていないのだが、現久大線の南久留米駅には戦車を鉄道列車に積み下ろしするための戦車台がいまも残っているということである。


発行年代の不明瞭な古地図でも、鉄道路の有無や施設部分の増設の様子によっておおよその年代が推定できる。


これらの地図によると、練兵場施設周辺や道路沿いに民家が徐々に増えてきているのが分かる。


市中心部周辺からの人や物資の流れがさかんになり、練兵場周辺で次第に関連資材の生産や経済的な活動が生じてきたことを反映しているようである。


戦前の町並みを画いた地域図を見ると、市中心部より練兵場に延びた道沿いに旅館や軍刀を扱う専門店も次々と出てきている。


まさに門前市を成すといった状況がうかがえる。


北部九州の広い範囲から徴兵された兵士は、この久留米の練兵場において厳しい訓練が行われ後、戦時中は外地へと各部隊が続々と出征していった。
(地図5参照・大日本帝国陸地測量部・明治44年測量、大正2年発行)m5



この場所は多くの将兵の足跡が残されていた練兵の地であって、明治、大正、昭和と施設の拡張が続き、戦前まで帝国陸軍の重要拠点として存在し続けていたわけである。


久留米の歩兵第四十八連隊の兵士は主に久留米を中心に福岡県南部と佐賀県から召集され、1936年4月に満州に派遣された。


同連隊は東京(トンキン)城を中心に隊務に就いた後、終戦の年1945年3月には台湾方面に転戦していた。


出征時には、各連隊地から徒歩で久留米駅まで行軍し、そこから列車で長崎佐世保港に向かったという。


 おそらくそのようにして出征していった全体の兵員数は延べ数十万人にも及ぶのではないだろうか。


実際にここに召集され訓練を受けたという人に幾度も遭遇したことがある。


当時の厳しい訓練の様子や立ち並ぶ兵舎の位置関係や家族面会時の思い出などうかがったことがある。


入隊練兵中の兵士らに遠方から面談に来る家族もあって、練兵場上の北側には当時何軒もの旅館や料亭が出現していたようである。
(地図6参照・大日本帝国陸地測量部・昭和3年以降の発行)minami


練兵場の敷地内の東西に兵舎などの施設が立ち並び、それらの建物の南側に広大な練兵場が広がっていたことなどが当時の地図で確認できる。


 兵舎と道路の間には、高い土手があって外部からは覗えないようになっていたことや、広い練兵場の南端には松の木があって、訓練でよくそこまで全力で走らされたということであった。


昭和16年に発行された久留米商工史付録の「大日本職業別明細図・久留米市」(東京交通社)では市中心部の商店名などは詳細に書かれているが、軍関係の施設については一切省かれている。
(地図7参照・久留米市編入当時の国分町全図)tizu3


市南部に施設が集中していたこともあって、道路施設だけが簡略的に画かれているだけである。


地図の編集内容を見ていくだけでも、この当時次第に戦時色が強くなってきていることが感じ取れる。




昭和20年6月18日に久留米市にも近い県南部の大牟田市が爆撃された際、米軍爆撃機が撃墜された。


その1月後、その巨大なジュラルミン製の残骸がこの練兵場に運び込まれ、国民の戦意高揚ということもありその大展覧会が華々しく開かれ多くの市民が見物に訪れたという。


そうした市民の中には、ジュラルミンに覆われた米軍機の堅牢な防弾構造を知って驚き、今更ながらに敵国の物量の凄さを知った人も少なくなかったという。



しかも米軍は、この昭和20年の7月末と8月初めにかけて久留米空襲を予告するビラを相当数撒いており、市民の危機感は高まっていた。


当時、米軍のビラを拾ったら、そのまま警察に届けることになっていたらしい。
(写真(右):B24爆撃機、(左):P38戦闘機


その予告通り、展覧会から間もない8月11日10時20分、終戦の間際、久留米市はB29、B24爆撃機80機、艦載機P26、 P38 約50機の襲来による集中的都市爆撃で多大な戦災被害を受けた。


総重量500トンにも及ぶ多数の大型焼夷弾と爆弾によって、死者214人、重軽傷者160人、罹災者数2万人、消失家屋4千5百戸余の甚大な爆撃被災を受け、久留米市中心部の都市機能はほとんど壊滅状態となった。



当時のアメリカ軍は、日本家屋の大半が木材と紙で出来ていることから、住民もろとも広範囲に家屋を一気に焼き払う目的でM69集合焼夷弾と呼ばれる引火性油脂を主成分とする焼夷弾という新式の爆弾を開発した。


それは六角形の鉄の円筒にゼラチン状の油脂成分を充填したものを束ねた構造で、通称ナパーム焼夷弾とも呼ばれたものである。


米軍は都市攻撃の効果をさらに高めるために、このナパーム弾38発〜48発を一束にまとめて220ポンド〜最大750ポンドの大型焼夷弾を標準化した。


日本本土爆撃においてB29はこれを1機に最大40個を搭載して連日のように飛来し、都市部を集中的に攻撃した。
(右の写真は米軍が撒いたビラ)


大型焼夷弾は投下後、地上約300mの空中で時限装置が作動し自動的に本体が分解してナパーム弾が分散しながら広い範囲に落下する。


着弾時に中身の油脂は四方に飛散し、猛烈な勢いで燃え広がり火災を発生させる。



もとより建物が密集した市街地の建物と市民のすべてを無差別に焼き払う、いわゆる非人道的殺戮焼却爆弾であった。


この爆撃によって一夜にして久留米市の中心部は破壊焼失し、それまでの町並みはまったくの焼け野原となってしまった。


そのため戦後復興後市内中心部の道路は、地図を見ると戦前のそれとはまったく異なった路線となって現在に至っていることが分かる。


市中支部を流れる現在の池町川は、昭和21年の戦災復興都市計画で川幅が約2倍に広げられ、位置も少し南側に移されている。


米軍機による西鉄筑紫駅・国鉄久留米荒木駅への機銃掃射(宇佐市平和資料館映像)





戦後半世紀経って、このときの戦災によって消失した町並みの詳細な地域図が有志によって復元作成された。


撃墜爆撃機展覧会の会場ともなった南部の軍施設や練兵場一帯は、中心部から2キロ以上離れていることもあってこのときの爆撃の被害にはあっていない。



ただし弾薬庫や発電設備だけがピンポイントで攻撃されていた。



練兵場などの軍施設がほとんど無キズであったということは意外である。


米軍の攻撃の目標はこれらの軍事施設ではなく、むしろ市街中心部の無差別の民間人攻撃であり、これは明らかに市民の戦意喪失を狙ったものといえる。


 当時、市内に居住していて当日の爆撃に遭遇し、奇跡的に助かった女性の体験談を伺ったことがある。


その方は、警報サイレンと同時に屋外に走り出て近くの防空壕に一旦非難しようとしたが、周囲から避難してくる人が多く、自分が妊娠中で大きなお腹をしていたこともあってその防空壕に入らずにそののまま逃げたということであった。


後で分かったことであるが、その防空壕には爆弾が直撃し避難していた人たちはみな亡くなったということであった。


戦後復員された方々も、鉄道が寸断されていて移動には相当難渋されたということで、佐賀県鳥栖から久留米まで借りた自転車で走ってやっと家に辿り着くという状態だったという。


久留米市内は焼け野原で荒廃し、かっての面影もない酷い状態が一面広がっていたという。




戦争直後は練兵場の多くの建物施設が引揚者の住宅や開墾農地に転用されたということであったが、60年以上経過した現在ではその面影はほとんど残ってはいない。


元軍属や引揚た人々が多数入植してこの一帯は農地として開墾され、練兵場施設跡にも民家が少しづつ建ち始めたわけである。


そうした経緯から見れば、ここはまったく戦後の新しい町域なのである。


ただ広い面積を占める学校関係の施設と市営住宅や団地が、道路沿いに並んでいるところをみるとこれが当時の建物の区画跡かなと思える程度である。


練兵場の跡地がそのままの枠組みとなって、いまの町域が戦後発展してきたことは戦前のこれらの地図を視れば容易に分かるというわけである。


百年の間にこれだけの変貌を遂げて出来上がった町並みと町域ということで考えると感慨深いものがある。


久留米という一地方都市の片隅を占めるに過ぎないわれらの校区も、このように観てくるとそれなりの独自の歴史があるということである。


それこそ地図で視る郷土の歴史としては、ここの校区の事例は格好の教材になるのかもしれない。
(下の図は久留米市戦災概況図)



kurume




























平成14年11月5日、当方の住所地の表示も全面的に変更整理されて「久留米市南町」から「久留米市南」となった。 



「参考文献・資料」
1.地図1 「南町地区住居表示の実施に伴う町界町名変更(案)久留米市 平成14年
2.地図2・大日本帝国陸地測量部 明治33年発行
3.地図3・「久留米付近明細図」金文堂 明治35年発行
4.地図4・大日本帝国陸地測量部 明治末作図
5.地図5・大日本帝国陸地測量部 大正2年発行
6.地図6・大日本帝国陸地測量部 昭和3年発行
7.地図7・「国分町全図」 作図時期不明
8.「南町地域における新住居表示の実施について」 久留米市 平成14年
9.全国戦災都市別被害状況表 (昭和54年3月内閣総理大臣官房管理室による日本戦災遺族会への委託調査『全国戦災史実調査報告書』
10.第二時大戦に於けるアメリカ陸軍航空軍戦闘日誌(対本土作戦のみ)1945年 6月〜8月
11.「大本営発表」「軍管区司令部発表」昭和16年12月〜昭和20年8月
12.鳥飼行博研究室Torikai Lab Network 日本本土空襲 U.S. Bombing 1944-45
13.全国主要都市戦災概況図


















jidai03



denden3


















カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
健康医学専門ネット書店PM2.5汚染・感染症対策PC電脳特選街











ラベル:都市計画
posted by モモちゃん at 08:24| 歴史発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

巨大地震に日本は常に無防備と言わざるを得ない!

鬼界カルデラか南海トラフか?

世界一の地震国日本の歴史といえば、この地震との度重なる遭遇の歴史そのものでもあった。

記録として残されているのは、わずか千数百年分に過ぎない。

有史以前からの大地震と津波によって、九州や本州中央部、さらには東北において、いくつもの文明や王朝が壊滅したという古史伝承の類がある。

日本の地下にはそうした埋没した歴史さえも人知れず存在するということである。

地震予知は不可能であるということは、物理学者や地震学者が一番よく知っている。

しかしながら巨大地震が発生するであろうことは、その予兆現象を観察集積していけば次第に分かってくる部分もあるのは確かである。

現に鬼界カルデラや南海トラフといったマグマ溜まりがあることが分かっている。

これらの巨大さは、まさしくわれわれの想像をはるかに超えたものである。

これらがある限り日本列島は常に崩壊の危機と直面していることになる。

現代ではこうした自然災害の危険と同時に、原発や巨大ダムといった施設、高層ビル群、高速道といった建造物群が大きな被害を受ければ、さらなる崩壊が二重、三重と重なる事態が発生することとなる。

ここで鬼界カルデラか南海トラフといった未曽有の規模の大地震が発生すれば、数千万人単位の被害さえもが発生することがすでに想定されている。




“リアルな恐怖”南海トラフ起きたら・・・CG映像公開(16/09/28)












【南海トラフ超巨大地震】内閣府が公開した衝撃のシミュレーションCG(最新版)「そのとき何が起こるのか?」 東北地震を超える可能性。熊本地震や鳥取地震が引き金になるかもしれない。











南海トラフ巨大地震










世界一危険な火山は日本に!カルデラ噴火で日本は崩壊へ進むのか!?《衝撃》















jidai03








jidai03



denden3


















カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
健康医学専門ネット書店PM2.5汚染・感染症対策PC電脳特選街











posted by モモちゃん at 05:56| 歴史の盲点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

未開のジャングルでもクラシックが聴ける?!

幻想即興曲をギター演奏で聴く


ギターリストのロス・インディオス・タバハラス兄弟は40年前ギター演奏でクラッシックにも果敢に挑戦していました。

ギターでのクラシック演奏には、大変な技量が要求されます。

ここに紹介するロス・インディオス・タバハラス兄弟は南米アマゾン奥地に居住していたインディオでした。

ロス・インディオス・タバハラス兄弟がギターリストになったのはちょとしたきっかけがあったからです。

アマゾンを探索中の探検隊が置いていったギターを手にした幼いインディオの兄弟は、仲良くつま弾いていくうちに独学でギター演奏を習得し巧みに演奏するようになっていました。

それを偶然目にした白人が兄弟の技量に驚き、二人を音楽学校に入れて正式な音楽教育を受けさせたという経緯がありました。

その結果、幸運にも彼らの才能は見事に開花しました。

その演奏の画動がありましたので紹介します。

ショパンといえばピアノ演奏が普通なのですが、ギター演奏も素晴らしいと思います。



LOS INDIOS TABAJARAS-fantasia impromptu





ショパンの「幻想即興曲」といわれる名曲です。







ロス・インディオス・タバハラス【ショパンのワルツ】LOS INDIOS






この曲も、ショパンのピアノ曲「嬰ハ短調のワルツ」として有名です。

ピアノとは違ったギター演奏も素敵です。








jidai03



denden3


















カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
健康医学専門ネット書店PM2.5汚染・感染症対策PC電脳特選街











ラベル:ショパン
posted by モモちゃん at 09:43| 歴史再発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする